このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2014年10月31日 (金) 23:29 | Xperia SO-03D | 編集 |
先日root化して即文鎮化させてしまったことを教訓に
バックアップを取る事の重要さが身にしみました

自分の場合は
純正アプリの”バックアップと復元”で
事前にバックアップを取ってありましたので
被害はそれ程でも無かったです

しかし新規にシステムインストールして
バックアップからデータを戻しても
一部のアプリや一部設定は消えてましたし
元の状態に戻すのは困難で
大体こんな感じだったかな?って感じの戻し方でした(T.T)

それでも良いことが
”カメラ”使用時に50%位の高確率で最近発生していた
撮影データ保存時のメモリエラーは、
システムの再インストールで無くなりました

そこでバックアップの鬼になりました
ネットでいろんなバックアップアプリを調べて
簡単にバックアップする方法を探ってみました


まずTitanium Backup のバックアップ機能

これは、無料版だと機能が限られているし
うっかり他のアプリがバックブランドで動作しているのが原因か?解らないのですが
バックアップ中にフリーズする事度々

更に文鎮化した場合の復活操作も
正直、操作が複雑そうです

次にJSバックアップ
こちらは、アプリとデータのバックアップと復元が出来ます
更にこちらデータの自動バックアップの設定できるので
通常使用している時はこれは重宝しますが
今回探しているのは文鎮化対策のバックアップなので
これも駄目

もっとシンプルに出来ないかと
調べて色々出てきたワードから
最後に辿り着いたのが”CWM Recovery”

こちらは現在の状態を丸ごとバックアップ及びに復元が
簡単にできるようになるので希望通り!

GooglePlayで検索するも
似た名前の物は在るけどなにか複雑

更に文鎮化した時にこれらのアプリだと起動するのかも疑わしい

PCで検索するも似た名前がゴロゴロ
その中でやっとXperia SO-03Dに対応してる
”ClockworkMod-Based Recovery with cray_Doze Mod for Xperia v2.5”を発見!

ダウンロードページを探して”CWM6-cDM_v2.5.zip”をダウンロード

良く解らないがオリジナルを改良した
Android 4.3 Xperia用のCWM6-cDM v2.5 vfix2と言うのも出ていますが
ドコモのXperia SO-03D は
現在Android 4.0.4 でバージョンが止まっているので
CWM6-cDM_v2.5.zipを選びました

PC(Win,Mac,Unix)から
USB接続したXperiaにインストールするだけなので
とりあえずWin7でインストールさせる事にしました

インストール後起動すると
ちゃんと日本のモデルSO-03Dに対応していることを確認
CWM対応端末

更に概要説明
CWM概要

そして、端末の必要条件
CWM必要条件

ここで、”busyboxインストール済”と在ります

インストールした記憶が無いので
一度インストールを中断

GooglePlayで”Busybox Installer”をダウンロードして
インストールしようとすると

あれ?
インストールメニューのバージョン選択の最新版Ver1.20.2より
新しいVer1.22.1がすでにインストール済でした(笑)

後で解ったのですが
rootkitXperia_20140719をインストールした際に
busyboxもインストールされてます
2014-10-31 21.14.04


再度CWMのインストール操作へ
スマホの設定から開発者向けオプションのメニューにある
「USBデバック」を有効化にしてからUSB接続し
インストール開始

自動でインストールが開始します
途中でスマホの画面にスーパーユーザーの許可確認が出ますので
確認を押します

その後CWMアプリのインストールが完了し
自動でスマホが再起動し
最後にPC側のインストール画面にインストールが完了した案内が出ると終了です


その後のCWMの操作

スマホを再起動操作して
バイブ後青色LEDが光るとボリュームボタンのDownを押し続けていれば
CWMが起動して緑色LEDが光るので
光ったのを確認してボタンを離すと
その後CWMのメニュー画面が表示されます

操作はボリュームボタンのUp/Downでメニューを上下して
選択し電源ボタン押しで決定です

メニュー中から
”backup and restore”を選び
”backup”(sdcard)もしくは”backup for external sdcard”を選びます

今回はexternal sdcardを選択しました
DWM進捗画面

後は放置しておけば、終了後勝手に再起動します。
勝手に再起動する場合は、バックアップの失敗です

バックアップが無事終了した場合はメニュー画面に戻ります

復元操作は
CWMが起動させてリストから
”backup and restore”を選びます
”restore”(sdcard)か”restore from external sdcard”を選び
保存リストから選びます

追記:

その後、深夜に復元操作をしました

外部SDカードに保存していたバックアップファイルは
復元操作しようとしても”MD5 mismatch!” と
表示が出て復元自体出来ませんでした
 これは先に書きましたバックアップに失敗したファイルです

なので、再度内部ストレージにバックアップを取って
そのバックアップファイルを使用して復元操作をすると
書き換え途中で再起動画面になりSONY Ericssonロゴだけ出る消えるのリピート状態に

2度めの文鎮化(T.T)しました

調べると外部SDカードの場合
バックアップ途中に勝手に再起動していました
これはCWMがバックアップを失敗していると考えた方が良いみたいです

問題は、ストレージ側に保存して文鎮化した原因が
まだ解らない事です

これは後日解ったのですが
CWMでバックアップ処理をした後に
一度リブートしないで続けてCWMでリストア処理をすると
高い確率で失敗します


続く(笑)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する