このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2014年08月10日 (日) 23:59 | 車中泊 | 編集 |
5時位に目が覚めたので
歯磨きなどを済ませて
近くのコンビニへ歩いて向かう。

でも途中で、久慈駅で三陸リアス亭のうに弁当を購入するし
そこでホタテそばも食べたいと思っているので、
コンビニに行く必要性が無いことに気がついて
引き返し駅に直行。

7時開店なのに5時20分に来てしまいました。
まぁ前日に始発が5時台だったので駅が開いている事は分かっていました

シャッターの下がっている所が三陸リアス亭
久慈駅 三陸リアス亭前

開店までには、限定の20食分の人数が並んでしまい
開店後、お店の方が人数を確認されて今日は即完売です。

注意しなかればならないのは、
買えるのはお一人1個という事。
家族で子供やパパが代表で1人並んでも
手にできるのは1つのみなので、みんなで並びましょう。

一番乗りだったので、もちろん目当ての
うに弁当は買えたのですが
そこで食べる予定だったホタテそばは、
うに弁当の対応で忙しいという事で断られ
お隣のJRの店を紹介される始末。

うに弁当の対応が終わった後に作って頂ければ良かったのだけど
どうやらこちらの意思が伝わって無かった様だ

もちろん隣のお店に目当てのホタテそばは無いし
営業も7時半ということで道の駅に戻り
ウニ弁当を朝食にすることにしました。
くじ駐車場

車中で早速お目当てのうに弁当を食べました
確かにうまいけど、うなるほどでも無く普通。
蒸してあるせいか、うにも水っぽいし正直次回購入は無いです。
うに弁当

さて道の駅を予定では8時に出る予定だったのですが、
お盆期間は小袖海岸にマイカー規制(小袖海岸周辺マイカー規制のお知らせ - 久慈市)が在る事を昨日の道中の捨て看板で知り
規制が始まる9時前に行っちゃぇ!って感じですぐに向かいました。

※ページの案内では11日からになっていますが
 捨て看板では、9日からに日が変更になっていました。

確かに小袖海岸へ向かう道は、
乗用車でも対向車が来るとスレ違いが難しい箇所が多々有り
更に対向車を退避する場所が少ないと来ている。
これじゃー観光目当ての乗用車が往来すると、
どっちもいけず立ち往生が始まるんじゃないでしょうか?

朝早くでも対向車にヒヤヒヤしながら
8時に何とか小袖海岸に到着!
観光目当ての車は自分を含めて3台

雨も降っていたし朝早いので
もちろんお店も閉店状態
滞在時間は5分前後で次の目的地道の駅のだに向かいました。
小袖海岸

小袖海岸

小袖海岸から野田へ向かう道も
狭くてこちらが上り坂なのに対向車の下りの車が
全然道を譲ってくれない。
なんか、ここで生活する人には
観光の車は邪魔で迷惑をかけるだけの存在のようで
ここでは何か冷たい物を感じました

道の駅 のだに到着したのはいいけど
久慈での出発時間を早めたのと
小袖海岸での滞在時間の短さで
道の駅に8時半頃に到着!

ここで有名な
のだ塩ソフトクリームを食べる予定だったのに
まだ開店前で食べられず

天気も悪いのでここで今後の予定を考えなおす
予定では景色が売りの北山崎に
この後向かう予定にしていたけど、
天気が悪いので後回しにして
天候に左右されない龍泉洞に先に行くことにしました

道中、震災の爪痕を多く見る事になりました
のだ

ポータブルナビの地図データが古い事もあり
何度か案内に無い載っていない道へ
軽い気持ちで入って
結果予定外の場所に出てしまったりして戻ったりしながらも
龍泉洞に到着!

こちらは南下してくる車に興味が無いのか
案内看板も無く駐車場に入るポイントが分からず
結局通過してしまいました。
一度は、もういいや!次行こ!と思ったんだけど
考え直して広い道に出た所でUターンしました。

行くと駐車場は観光目当てのおみやげ店の駐車場しか無く
更に入口には誘導員が満車の看板を掲げている。
※後でパンフレットを観て分かりましたが、かなり離れた所に駐車場は一応在りました

おいおい戻ってきたのに満車かい!
って思いつつお隣に潰れた店?の駐車場が在って
観光客が沢山そこに車を停めていたので
自分もそこに停めて観光へ。

9時50分に龍泉洞の観光へ
一応ライトを当てて観光整備はされているけど
帰りには270段以上の階段が在ったり
通路が狭かったり低かったりして足腰の弱い人には辛いものがあります
ここでの所要時間は35分位。
龍泉洞から出ると一気にメガネが曇りました。
メガネ曇り

そしてお隣の科学館へ
こちらは、学術的に価値がある物が在るらしく写真撮影禁止
勉強したい方にはいいけど、
観光の人には無用な所。
階段も更に急で階段の角に足をぶつけて怪我しました。
正直な所、こちらと抱き合わせの入館料になっているけど、
別にしてそのぶん安くして欲しい。

ここを出て今後南下しておみやげを買う機会が少なくなるので
ここで会社へ持っていくおみやげとして
一応、海老とうにのせんべい別々に1つづつを購入。

大体11時頃になり、先に食事をする事に
龍泉洞から北山崎へ行く途中にある北川食堂へ向かいました。

11時20分位に到着し混んでいるか心配したのですが
まだ開店直後でお客さんもまばらで空いていました。
食べたかった生うに丼は、食べられますが
お値段を見てびっくり!
時価になっていたので勝手な想像をしていたのですが
久慈駅のうに弁当が1500円弱だったので
勝手に2000円台だと思っていたのです。

なのに本日の生うに丼、3,290円です(T_T)
北川食堂メニュー

そこで、ミニ生うに丼(1,750円)を注文しました。
出てきたミニ生うに丼は非常に美味しかった。
正直朝食べたうに弁当は霞んでしまいました。
簡単に味の表現をするとしたら、うにの軍艦巻き寿司を茶碗に盛ったって感じ
まずはそのままの味を楽しんで、
その後、醤油をかけて堪能。
最後の締めに玉子醤油をかけてフィニュッシュ!
この食べ方が正解なのか解らないけど個人的にはこの量でも大満足!でした
ミニ生うに丼

会計の時に、
めったに言わない「美味しかったです」と言ってしまった位満足。

満足感で、北川食堂を後にして北山崎へ
しかし北山崎へ向かう途中から雨と濃霧でもう期待薄。
駐車場に到着してもこの状態。
北山崎駐車場


もう笑うしかありません。
ここまで来たので、一応第一展望台まで行ってみる
予想通り何も見えません(笑)
第一展望台

その後、他の展望台に行くのはやめて
近くに在ったビジターセンターに入る。

中で来た足跡をシールを貼って残し
ハイビジョンシアターで天気の良い時の画像を堪能して
一応来た気分になってみる(笑)
シール

シアター

ここでもう満足。
駐車場に戻り予定では、浄土ヶ浜へ行くつもりだったけど
北山崎の状態から浄土ヶ浜も同じと考えて行くのをやめて
帰路につくことにしました。
ここでルート確認中に地震発生の案内がありその後揺れが来ました。
地震

12時50分
北山崎を出発
盛岡市へ向う途中に
先ほど食べた北川食堂の前を通過。
駐車場は満車状態になっていました。

15時15分
盛岡市へは給油目的。
予定では盛岡冷麺も食べる予定だったのですが
この時間です。
3時のおやつに冷麺は辛いので
食べないで道の駅 雫石あねっこ

16時過ぎに道の駅 雫石あねっこに到着!
最初はここで車中泊だったのですが、
予定を切り上げたので、ここでも今後の予定を考え
まだ時間があるので先に進む事に。
インフォメーションでこの先の道の駅を調べて
距離的に山形県の鳥海という道の駅を目指すことに。

その前に早目の夕食。
ここで南部かしわという地鶏を使った親子丼を食べました。
親子丼

17時前に雫石あねっこを出発
ただ山形県に入ってから睡魔が襲ってきたので
途中で道の駅なかせんへ避難。

車中で一時間近く休憩と仮眠を取り再出発
大仙市でこの先コンビニが在るか解らないので
夜食と明日の朝食用にパンと飲み物を調達して山越えをして日本海側へ

更にこの先、無料の自動車道も存在するし
古い地図のポータブルナビ案内も怖いので
ここで再度、ヤフーナビを使用!

日本海側に出てから
台風の影響で風も強くなり
21時半に道の駅鳥海に到着し今日はここで車中泊。

風も10m超えで半分避難的な状態でした。
夜食もとってもう寝る体制に入ったのに23時頃に外が静かになった。

そう風と雨が止んでました。
そこで明日の事も考えて少しでも先に進むことに。
調べると100km程先に道の駅 朝日 まほろばというのが在ったので
そこまで移動することに。

道は空いていたので、結局1時間半くらいかけて
0時半頃に道の駅 朝日 まほろばに到着しここで本当の車中泊。

ただ、寝るのも最初からや直しで、
明日の朝食用に買っておいた食事を深夜食として食べちゃいました。
まぁ側にコンビニもあるしいっか!って感じです。

その後また雨と風が強くなりましたが、
アメダスで調べても道の駅鳥海付近程ではなくて
後で解ったのですが、
近くに在る鳥海山が影響していたのかもしれません。

この移動したおかげで家までの距離が
残り300km程になり
明日の台風の影響も考えると気分的にすごく楽になりました。



関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する