このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2014年03月09日 (日) 17:10 | 車中泊 | 編集 |
フィットで車中泊準備の為に夜間の車窓をカバーする物や
外した助手席のスペースをどの様にフラットにするか悩んでいます

車窓のカバーは以前ホームセンターで見かけていた
こたつや電気敷きカーペットの下に敷く
省エネ用のアルミ蒸着シートをカットしたらいいと思って
購入しに行ったんだけど季節柄もう売り切れ状態でした

ネットで調べるとまだ物はあるんだけど
送料を考えるとすごくもったいない感があって保留しています

昨日も仕事帰りに近所の他のホームセンターと100円ショップを回ってきました
でも何か使える良い物が無いかとひらめきのアイデア待ちで
ただ商品を眺めてうろちょろしている不審者でした

今日は天気が良かったので午後から再度助手席を外して確認する事に
でもその前に以前確認したシートアレンジをロング・モードにしての助手席との段差を確認しました

19センチの段差分をラゲッジスペースに何かでかさ上げしてフラットにする方法もありますけど
ラゲッジスペースが無駄に少なくなるだけかな?
勿論、そのかさ上げ分をムダにしないようにすることも出来るけどそこまで手間を掛けるのも面倒です
追記:*後日この方法に変更しました

シート段差


今回助手席を外すのにシート固定ネジの目隠しカバーを
取り外す時に破壊しちゃいました
・シートレールカバー破損


とりあえず家にあった色々な使えそうな物を準備してセットしてみましたけど
しっくりいったのが60✕45センチの金網でした
ただしセンターコンソールとの間が57センチなので
60センチだとセンターコンソールの上に乗っける形になります。
6045網

金網を縦にするとこの様な良い感じです
4560金網

この状態で先日購入した低反発マットを実際にセットして確認してみました

勿論実際に頭をラゲッジスペース側にして横になってみましたけど
丁度腰の部分に後部シートの可動部カバーの出っ張りが当たる感じでしたけど
これは身長次第でお尻部分が当たる方も居ると思うし
頭を助手席側にする事で回避できるかも知れませんし
(今回はティッシュボックスで代替したので潰れると思い確認してません)
気になるかどうかは個人差レベルだと思います

どうしても段差だ気になる場合は
段差を解消するものを何か敷いて対応すれば良いことですし
低反発マットセット

後は、別の板を用意するか今回の金網をこのまま利用して
何かで足を追加して対応する形で良さそう。

さ〜残るは車窓の遮光かな
コンパクトにまとまる低反発マット


※最後に、車検証に記載されている乗車人数分のシート数が無い状態ですと、
 不正改造車になる場合があるそうです。取り外しはあくまで個人責任でお願いします
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する