このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2014年03月01日 (土) 18:12 | 車中泊 | 編集 |
以前に書いたんだけど、
フィットで車中泊する時に身長176センチだと微妙に寸法が足りません。

そこで思いついたのが、手っ取り早く助手席を取り外したらどう?って事でした。
日中、時間があったのでシート取り外しをしてみました。

まず最初に、
シート取り外しで、もしかすると後部座席のシートを取り外して
助手席シートを一番後ろに下げるとうまくいくんじゃね?と思って確認しました。

左後部シートの固定ねじは2つなのでこれを外してうまく行けば、
助手席シートの固定ねじ4つを外すより楽です。
左後部座席固定ねじ


外した後に助手席のリクライニングを後ろに倒して
カーゴとの段差が無くなる事を期待したのですが
後部シートが在る時と大差無く駄目駄目でした。
なのでうっかりその写真を撮るのを忘れてしまいました。
後部座席を外す意味は、ほとんど無しです。
強いて言えば、少しでも荷物を積みたい時は
今回の様に後部シートを外せばシートが無い分だけ多く積めるくらいですかね。
後部座席取り外し後写真

後部シートを元に戻して本題の助手席を外しました。
助手席外し写真

これは、予想通り試しにこのままの状態で頭をカーゴ側にして横になっても
足は下がった状態になりこの状態でも普通に寝れるんじゃね?って感じでした。

段差が気になるのであれば、板でも荷物でも置いて対応したら良さそうだし
段差を無くせば頭を助手席側に持って来るポジションにしても良さそう。

なので、車中泊の寝床問題は助手席外しの対応でシートを外した分軽量化にもなるしこれで良しです。

後は、窓から夜間光や他の方からの視線を気にしない様、
中を見られない様にして熟睡出来る様に窓に貼る遮光シートを用意したら車の準備完了かな?

そうそうDC->ACインバーターも用意しといた方が良いかも。

※最後に、車検証に記載されている乗車人数分のシート数が無い状態ですと、
 不正改造車になる場合があるそうです。取り外しはあくまで個人責任でお願いします。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する