このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2013年12月29日 (日) 15:57 | 艦これ | 編集 |
12月にMacBook Proが壊れ急遽Mac miniを購入し
更に壊れたMacBook Proを修理に出してしまい金欠状態になったので、
今日からの年末年始は、
部屋に閉じこもり艦これ三昧予定になりそうな感じの我が輩

昨日までは、E-2攻略の為にとりあえず北上改を北上改二にレベルアップをしていました。

が艦これをやっていていまいち理解出来ていなかった事を、
我が輩の為に詳しく説明して繰れているページを発見しました。

そのページ名はズバリ!「猫でもわかる艦これ

・艦載機の、艦戦・艦爆・艦攻の違いが今ひとつ解らない。
 艦戦は、敵の航空機を落とすのは理解出来るんだけど、
 艦爆・艦攻の違いはなに?

 紹介したページを参考にすると、
 まず艦これで艦載機の呼び名が省略されていたからか更に解りづらかったんだな。

 艦戦→艦上戦闘機:敵飛行機を大型機関銃で攻撃。
 艦爆→艦上爆撃機:爆弾を腹に抱えて敵艦船の上空から急降下爆撃。
 艦攻→艦上攻撃機:魚雷を腹に抱えて敵艦船の真横から水平攻撃。雷撃機とも呼ばれる。
 艦偵→艦上偵察機:広い大海原から敵艦隊を探したり、戦況情報を司令部に報告したり。

 つまり直接敵艦船を攻撃し影響を与えるのは、艦爆と艦攻で
 その攻撃を敵の戦闘機に邪魔されない様に制空権を確保しサポートするのが艦戦という事ですかね。


艦これでの個々の効果は、

・艦戦
 (九六式艦戦、零式艦戦21型、零式艦戦52型、烈風、烈風改、震電改、紫電改ニ)
 敵より優位だとと制空権が得られる(航空優勢)
 航空優勢下では、敵艦攻・艦爆を味方艦戦が大幅に撃ち落とすので、味方艦隊への攻撃が和らぐ。
 逆に、敵艦戦の方が強く制空権を失うと、
 敵艦隊へ攻撃に行った味方艦攻・艦爆が大幅に撃ち落とされて攻撃力が減少し
 喪失した艦載機の分だけ補充時のボーキサイト消費量が増える事になる。

・艦攻
 (九七式艦攻、天山、流星、流星改)
 1機あたりの攻撃力は強い。
 しかし、迎撃に弱いので、制空権が無いと攻撃力が落ちる。
 また、敵艦隊に対空火器が多いと損耗が激しい。

・艦爆(※水上爆撃機:瑞雲 ※水上機母艦/航空戦艦 に搭載できる艦載機)
 (九九式艦爆、彗星、彗星十二甲型)
 艦攻より攻撃力は劣るけど。敵艦戦や対空砲火に撃ち落とされにくい。

・偵察機
 (艦上偵察機:彩雲、水上偵察機:零式水上偵察機)
 積まなくても、艦攻や艦戦を積んでおけば索敵はしてくれる。
(しかし T 字不利回避の効果は彩雲のみに限られる)

つまり的に整理すると
・敵艦隊に強力な空母群の存在が想定される場合は艦戦を多めに搭載。
・味方の損害が多数出ることを覚悟の上で攻撃力を高めたい場合は艦攻を多めに搭載。
・逆に敵艦隊に空母が存在せず艦載機が少ない場合は、艦戦は少なめで艦攻や艦爆を多めに搭載。

という感じですかね?
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する