このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2013年11月07日 (木) 19:55 | 自動車 | 編集 |
先日の名古屋へドライブした際、ダッシュボードに100円ショップで購入したスマートフォンスタンドをガムテープで固定してドライブレコーダーで走行記録を録っていました。

でも後半は、何故か撮影方向がびよーに左にずれていました。

確認すると、前回ドライブレコーダーを試した時にガムテープでスタンドを固定したままだったのですが、どうやら粘着剤が変質してベトベトヌルヌル状態になり走行中の振動で少しずつずれて行ったみたいです。
どうやら、後半雨の中の帰路だったので湿気が原因かもしれません。

ガムテープを剥がしてみると、スマートフォンスタンドもダッシュボードにも粘着剤がベトベト状態で残ってしまいました

早速粘着剤の剥がし方をネットで検索してみると、以下の方法が紹介されてました。

・Zippoオイルをつけて染み込ませて拭き取る。

・除光液を使用して拭きとる。

・ハンドクリームを塗り混みしばらくしてから拭き取る。

・ドライヤーで温めて根気よく拭きとる。

・消しゴムでこする

等など。

まぁオイル系を使用すれば良さそうなので、手元にあった除光液とハンドクリーム2種、オレンジオイル系クリーナーを使用して試してみました。

・除光液 全く効果無し
・オレンジオイル配合のクリーナー ほとんど効果無し
・ハンドクリーム2種 刷り込むようにクリームを塗ると確かに粘着剤が少しずつですが一番効果が在りました。

ハンドクリームでしばらく根気よく拭きとっていたのですが、確認してみると表面にうっすらと粘着剤が残り指で触るとまだベタベタしてました。

途方に暮れている所に、ふとオイル系と言う事ならと、自動車の車体に付着したタールピッチを落とすスプレーでも良いいかもと試してみました。

実際試して見ると、今までの労力が何だったのか?と思うくらい見る見る落ちていきました。
ただ拭きとったクロス面は少し黒くなっています。

どうやら、粘着剤と一緒に表面のプラスチックも溶けている感が在りましたけど、粘着剤は綺麗に取れました。
表面が溶けているかもと思ったダッシュボートの表面も今の所は問題なしです

自分の場合も、使用の際にクロスに表面のプラスチックが溶剤で溶けた形跡が在りましたので、使用の際は自己責任で前もって目立たない所で確認する等して使用して下さい。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する