FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2013年09月27日 (金) 22:22 | 携帯電話 | 編集 |

ふと、スマートフォンにはカメラが在るし
加速度センサーも付いているしドライブレコーダーに使えるんじゃねぇ?
と思って Google play で検索してみるとやっぱりアプリが在りました。

早速以下の2アプリをダウンロードして通勤の行き帰りで試してみました。


Safety Sight-接近アラート&ドライブレコーダー
 損保ジャパンが出している無料アプリでiPhone用も出ています。
起動画面

面白い機能としてカメラを利用しての前方車両接近アラートと前方車両発進お知らせ、と言うもの。

もちろんドライブレコーダー機能もあり
他にも安全運転診断、走行ルートの地図表示などの機能が在り
ドライバーの安全運転を支援する無料アプリです

▼前方車両接近アラート
カメラで前方車両と車間距離を認識。
速度に対して危険な車間距離になると警告し、
ドライバーの安全運転を支援します。
▼前方車両発進お知らせ
停車中に前方車両が発進したことに気が付かなかった場合、
音声でお知らせし、
赤信号や渋滞時のスムーズな発進をお手伝いします。
▼ドライブレコーダー
強い衝撃を検知すると、
衝撃の前後各10秒間の前方映像を自動的に録画します。
10秒間遡って録画することで、
衝撃前の映像も記録することができます。

手動により、その前後各10秒間(計20秒)の任意の録画も可能で
録画した映像は走行した地図と合わせて確認できます。

・手動によって録画した動画表示画面
 *地図表示は意図的に小尺度にしています。
画面


試してみましたが、
設定が悪かったのか前方車両接近アラートは
余り上手く作動しなかった感じがし精度が悪い感がしました。
後日も何度か試してみました。

どうやら前方車両接近アラートは走行速度によって
前車との車間距離でアラートが出る設定が違うようです。
つまり走行速度が速くなるほど、
設定されている車間距離を取っていないとアラートが出る設定で
アラートが出る以上に車間距離が狭い場合は
ほとんど信頼性は無く信頼すると前車に衝突する確率は高く
やはり1台のカメラだけでは精度が悪く気休めです。

これは、運転評価にある車間距離にも関係が在るようで
自分の運転は車間距離が全然取れていないと出ますが、
地図表示で車間距離が取れていない区間を確認しても
実際は、ほとんどが前に車が走っていない状態で何を認識しているのか解りません。

前方に先行車が居ない場合や
カーブしている道路では周辺の建物等も近づいて来る様に見えてしまい
誤認してアラート音声が車中に頻繁に流れてしまいます。

前方車両発進お知らせ機能は、
まだ精度は高いですが良く良く考えると必要が無いかもしれません。
後続車がいればクラクションを鳴らされるだろうし
単独なら車道にうっかり停止しているだけですから。

あと、ドライブレコーダー機能は、
運転中に相当強い衝撃が無いと動作しません。

簡単にいえば、車体に傷が付く接触程度の衝撃だとまず動作しません。
動作には身体に傷を負うくらいの追突された時の衝撃が必要でした。

それと気になったのが、
こちらのアプリはバッテリーの発熱が半端じゃ無く、
約45度まで上昇してました。

ちなみに次に紹介するカルー(CaroO) フリードライビングレコーダーの
バッテリーの発熱は、約37度でした。
バッテリー
7時からのバッテリー温度がSafety Sight、
18時からのバッテリー温度がカルー(CaroO)の
アプリ使用時のバッテリー温度です



カルー(CaroO) フリードライビングレコーダー

こちらは衝撃以外の走行中の動画も録画出来ること。
衝撃検知と、GPSを活用した走行経路保存、OBD-II機器と連動した車両診断及びモニタリング機能等、いろんな機能があります。

録画表示画面は切替表示で、動画、動画/地図、地図の表示切替ができます。

・動画/地図表示画面
(画面左半分が動画ですが動画部はScreenshotに映らず、右半分が地図表示)
2013-09-27 20.22.11

・地図表示画面
2013-09-27 20.22.36
同様に動画表示画面もありますが、Screenshotに映らない為今回は省略しました。

・動画解像度(640x480、720x480)
録画画質(最高画質、高画質、普通画質)
録画映像の長さ(1,3,5,10分)が
設定出来ます(有料版では1280x720の設定も可能)

どちらもアプリも特徴がありますが、
Safety Sightはやはり保険会社のアプリで
自動車事故を未然に防ごうとする機能が付いていて
機能は面白いけど誤作動が多くてには使いものにならない物でした。

逆に、カルー(CaroO) フリードライビングレコーダーは
走行中の全ての画像と走行経路とその時間の記録が残り、
勿論その間に衝撃を感じた時には別メニューでその記録も残る

事故対応では勿論の事
遠出等のドライブでは後で経由地の通過時間等を確認するのに重宝し良さそうです

最後に、どちらのアプリも大体30分使用して20%程のバッテリーの消費で
バッテリーの消耗が激しいので常時充電しながら使用するか
充電器を用意しておく等の対策は必要だと思います

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する