このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2013年09月23日 (月) 10:40 | 車中泊 | 編集 |
9/21の当日になってもまだ行く事に踏ん切りが付いていない吾輩

基本的に人混みや時間のロス(渋滞)が嫌いな性格も猫なのに
行楽シーズン三連休で前の三連休は台風で流れていて
更に連休の真ん中の日に伊勢神宮に行くってもう行く前から想像がついています。

それでもそういう葛藤からなんとか夕方になってやっと親に伊勢に行くことを告げてその気になったっす

それから行く準備等を初めて21時に地元を出発して
滑川インターから高速を利用して伊勢市の夫婦岩へ向かいました。

コースは、北陸道>名神高速>新名神高速>伊勢湾岸道を利用して津インターで降ります。

あれ?
東海北陸自動車道を利用しないの?
なぜ滑川インターから?伊勢まで高速で行かないの?と思った方へ。

東海北陸自動車道を利用すると走行距離が60km程短くなりますが、
高速道料金が高くなり所要時間はほぼ同じ。

東海北陸自動車道では途中1車線道が在る山越えで前に大型車等の遅い車が居ると最悪です。
また、名古屋付近を通過するのは、
渋滞に遭遇する可能性が高くなります(鈴鹿周辺、長島温泉付近、郡上八幡付近等)ので
東海北陸自動車道は利用しないコースにしました。

また少しでも高速代を抑えたかったので、
(魚津IC〜伊勢西IC間の片道通常高速料金:新名神コース9,150円、東海北陸道コース9,600円)
魚津インターからでは無く滑川インターから高速道を利用しました。

そして伊勢西ICは伊勢湾岸道で遠回りしている高速道と一般道利用とで
カーナビで所要時間を比較してみると大差がなかったので吾輩は津インター降りを選択しました。

これらと高速代の休日割引を利用し往復1,100円節約できました

まず、夫婦岩へ

せっかく伊勢まで行くのだからと思い追加したオプション的場所で、
どうせ行くなら夫婦岩のバックに登る日の出を観ようと思い21時に出発!

日の出予定時間は、5時41分で到着予定は3時だったので気分的にはすごく楽な時間割。
途中、小矢部川、尼御前、多賀、安濃SAで休憩しました。

多賀までは、動画を見ながらの走行でした。
多賀あたりでひとつのアニメ作品を見終わり以降も、
他のアニメを見ながらの走行予定だったので
他のまだ観ていないアニメ作品も複数用意していたのですが、
実際見てみると音割れしていたり内容が複雑ぽっくて会話を聞いてないと
理解不能みたいなのしか無かったのでアニメ鑑賞は諦めて音楽にスイッチしました。

走行中伊勢湾岸道あたりから何か金属音のようなキリキリ音が聞こえてきて車に不安を感じましたけど、
窓を少し開けるとそれは鈴虫等の昆虫が発していた音と解り一安心です。
しかし、高速走行している窓の閉めきった車中に聞こえてくる虫の音てどんだけ大きな音か理解できます?

新名神高速道路では、東京方面へ向かう関西発の高速バスを多く見かけました。
距離的にはこちらの方がベストなんでしょうか?

津インターを降りてからは、
時間的にまだ余裕があるので帰る時に慌てないようにと
先にガソリンの補給と思いながら一般道を走ったのですが、
津市の街中を抜けてからのバイパス的な国道にはスタンド自体が少ないです。
更に深夜ですし、できれば持っているスピードパスが使用できる店と言うことで
エッソ系のスタンドを探したのですがこの地域にはエッソ系のスタンドが見当たらないです。

そうそう話がずれますが、コンビニのセブン-イレブンも少ない様な。
やはり地元企業のユニー系列?のサークルKが多く在る感じがしました。

結局、スタンドは見つからないまま丁度3時に夫婦岩の無料駐車場に到着しました。

駐車場には着いたのですが、準備されている駐車スペースがもう満車状態です。
一巡して何とか停めても迷惑にならない様な駐車場内の場所に車を停めて早速仮眠の準備です。

助手席側の車のシートを倒してフラット状態にして横になったのですが、
今一つフラットでは無いのと足が伸ばせないので寝付けない状態で、
更に自分と同じようにその後も到着した車が行き来したりと外が騒がしいので
結局90分ほど横になってただけでした




夫婦岩編へ続く
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する