このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2013年04月03日 (水) 03:39 | Xperia SO-03D | 編集 |
 定期的におじゃましている”MacOSXの新着アプリテスト記録とトラブルシューティング”のページで紹介されていた”Bridge for Mac software”を試してみました。

 紹介ページにもある通り、ソニーのAndroid、XperiaとiTunesの音楽と動画、iPhotoのライブラリの写真等を同期させる事ができるアプリです。

 偶然にも1週間前に初のスマートフォンXperia SO-03D を購入して、今の所おもちゃ状態で格闘しています。Xperiaからファイル転送操作に優れたアプリも在るのですがやはりMacで操作できるのであればそれに越したことはありません!

 紹介ページからダウンロードしてBridge for Mac softwareを起動直後の画面です。
 接続前画面


 MacにXperiaを接続した直後の画面です。
 接続後画面

 不具合が出ているAndroid4.0へのアップデートを控えているので(購入時ドコモの店員さんからもお勧めしないと言われましたし)画面に案内が出ます。
 アップデート案内



 アプリの基本設定画面です。
 Xperiaが内部ストレージと外部SDカードの両方を内蔵している場合、どちらかを選択できるのですが、これって両方選べると何か問題在るのでしょうか? いや使用中そう思ったので(^^ゞ
 基本設定画面



 サイドメニューは大きくミュージックと写真のカテゴリーに分かれています。
 音楽と写真は、マイフォルダで任意のフォルダを複数指定する事もできますのでiTunes、iPhotoのライブラリを参照しないファイルも同期可能の様です。
 我輩の場合は、Dropboxのカメラアップロードフォルダ等を指定してみました。

 このアプリで同期する前に、他のアプリで音楽ファイルをXperia側にコピーしていたのですが、中に存在するファイルはちゃんと認識して緑のマークが付いています。
 MUSIC同期画面


 動画ファイルの方も試しに同期確認してみました。
 ファイルリストをアイコン表示に変更した画面ですが、画面左下のファイルのみ同期指定(チック入り)の同期済み表示(緑ランプ)です。
 ただ、まだソートが貧弱で使い物になりませんでした。
 動画同期画面

 無事Xperiaのアプリ メディアプレイヤーで認識され(リスト一番下)再生出来ました。
 動画リスト


 使用してみてやはり使い慣れたMacでファイル操作出来る事はすごく楽です。
 特にLinuxフォーマットの内部ストレージには、ノーマルのMacではマウント出来ないのでファイル操作ができるBridge for Mac softwareは重宝するのではないでしょうか?

 iPhone等がiTunesで同期出来る感覚で、XperiaがiTunesのライブラリを読み込んで間接的にですが同期できるようになった事には、好感が持てます。

 残念なのが、マイフォルダに動画が指定できない事と、アプリ起動時にのみiTunesとiPhotoのライブラリを読み込んでいる様なので、同時にiTunesやiPhotoを操作していてもファイル情報の更新ができません。
 なので同時に操作する場合は、ファイル情報を更新した後の同期前には必ず、Bridge for Mac softwareを再起動させないとファイルが無いので不具合が生じます。
 いや別に同時にファイル操作しなくてもiTunesでの操作が終了してからBridge for Mac softwareを立ち上げれば済むことですね。

 今回の使用に関して、システム安定の為にか外部SDカードにまだ200MBの空きがあるはずのにBridge for Mac softwareの表示では空きが無しと表示されます。40MBの動画を同期させようと操作すると空きが無いという表示が出て同期ができず、設定を内部に変更して同期を試してみました。

 現在、microSDHC 32GB を注文し届くの待ちなので届いたら、音楽と動画のファイル移動に活躍しそうです。

 おまけ:Xperia内のファイル参照もできます。
 Xperia内ファイルを参照
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する