このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2013年03月03日 (日) 21:24 | 自動車 | 編集 |
毎年恒例となっている自動車保険の見直しです。

ただし自分の場合はとにかく安く済ませる事で、事故時の対応などアフターサービスは重視していません。

いつもの通りネットで一括見積もり依頼をして届いた見積りから安い会社をピックアップして、更にネットでアクセスして条件にあった見積もりを出して一番納得の行った保険会社と契約します。

今の所、頂いた見積もりは以下の通り。

◇アメリカンホーム保険会社 31,370円

◇アクサダイレクト 31,520円

◇三井ダイレクト損保 22,840円

◇おとなの自動車保険 25,880円

◇SBI損保 21,040円

◇チューリッヒ 25,480円


まぁ予想通りいつもの2社(三井ダイレクト損保、SBI損保)が残りました。

とりあえず3月中に契約したいと思っています。



追記:昨年秋に自動車保険制度が改定されてました。

これまでとの一番の違いは、保険を使用した場合、必ずペナルティ料率が加算されます。
自己責任の無い場合でも、等級が1段階の下がり更に1年間のペナルティ料率の加算です。
事故の場合は等級が3段階の下がり更に3年間のペナルティ料率が加算されるというもので、これでは車両保険を付ける意味が薄れるような気がして来ました。

実際、ネットで調べると修理代を自腹にする境の目安は30万円だそうです。
つまり30万円以下なら自腹の方がトータル的に安くなるらしいです。

でも自分の場合は今でも2万円代の保険料でどうなんだろう。

こちらのページを参考に計算すると、

81000円の保険料が20等級(-63%)で割り引かれ保険料約3万円の自分が事故を起こし、3年後の20等級に戻るまでの自己負担増額を大ざっぱに計算してみました。
*実際は車両の車両保険金額は年々経過と共に下げるのが普通ですが今回は固定での計算です。

1年目 17等級 -38% 50220円 +20220円
2年目 18等級 -40% 48600円 +18600円
3年目 19等級 -42% 46980円 +16980円

大ざっぱに毎年2万円の負担増加が3年間で6万円分。
免責が5万円だったらプラス5万円で大体11万円なのでこれが保険を使用するかしないかの境目となるのかな。

ということは、免責を0円にした方が保険を使うのであれば良いのかもしれない。
5万円から0円に変更した場合の保険料負担増しがいくらかによりますね。

追記
やられました。保険会社も考えてますね。車両保険の0−10万円の免責が廃止されてました。
5(車対車免責0)−10万円というのしかありません。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する