このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2013年02月26日 (火) 14:26 | Mac | 編集 |
BUFFALO ノートPC用増設メモリ PC3-8500(DDR3-1066) 4GB×2枚組 D3N1066-4GX2/EBUFFALO ノートPC用増設メモリ PC3-8500(DDR3-1066) 4GB×2枚組 D3N1066-4GX2/E
(2010/10/30登録現在¥ 3,990)
バッファロー

商品詳細を見る


先日、アマゾンで注文した商品が届きました。
2013-02-26 13.13.13


注文時は、5〜7日以内にお届けだった物が2日後には1〜2ヶ月に変わりました。
その後、アマゾンからも入荷遅延のお詫びと入荷数によってはキャンセルさせられる可能性がある事、現在のお届け予定日が2013-02-26 - 2013-03-01である事のメールが届きました。

まぁ値段が上がるという案内が無かったし一応、覚悟していた日より早く届きそうだったのでキャンセルはしてませんでした。

そんな訳で、届いたメモリの交換な訳ですが、ふと以前はメモリ交換したら基盤にあるリセットボタンみたいな物を押していた記憶を思い出したので交換前に一度確認しました。→MacBook Pro:メモリの取り外し方法と取り付け方法
2013-02-26 13.17.03


交換後に押すボタンは無いと確認して早速、交換となったわけですが手順は、リンクしたアップルサポートのページを参考にしていただければと思います。

・交換前のMacBook Pro の内部
2013-02-26 13.18.52


動けば通常の半値位で購入できた事になる、メーカーが動作保証していないメモリを購入していたのでちょっとドキドキものだったのですが、今の所問題無く8GBを認識して問題なく動いてます。
このMacについてメモリ

アマゾンのページを見ると、吾輩が購入した時の値段のまま”通常9~12日以内に発送します。”になっていますね。

メーカーが動作保証していないけど、アマゾンのレビューでもMacBook Pro で動作する可能性が高いメモリなので円安でメモリが高くなる前の駆け込み需要が増えている雰囲気の今、自己責任でトライしてみてはいかがですか?


追記:

Parallels Desktop7でWindows7を立ちあげて、更に複数のソフト(MPEG Streamclip、Firefox、Thunderbird等)を立ち上げたままでも、まだ2GB余裕があって動作にストレスが無く最高です
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する