このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2013年02月19日 (火) 00:17 | Mac | 編集 |
以前ダウンロードしたまま放置状態だった基盤地図ビューア3.4.7というアプリを使用してみました。

マックがサポートされていない本家の対応には残念でしたけど、運良くマックでも見ることが出来るソフトを発見できて良かったです。。

これは国土地理院のウエッブサイトからダウンロードできる「基盤地図情報」地図画像として閲覧するもので、「縮尺レベル2500」のものをサポートしています。街区データは「縮尺レベル2500」として扱えます。基盤地図情報で描画した地図の上に任意の情報をメモ/経路/領域データとして書込むことができます。

・1/5000表示の画像
スクリーンショット 2013-02-18 23.23.02


・1/1000表示の画像
スクリーンショット 2013-02-18 23.23.40



別に何かに使いたいという用途は無かったので放置状態だったのですが(^^ゞ

面白いのが、ゼンリンの元の地図データと同じで道や建物、川等のデーターが分離していて、表示が選べる所です。
・試しに建物、川、標高点を消してみた。
スクリーンショット 2013-02-19 0.03.59



他にも建物や名前、経路を追加したりその距離を測ったりと面白そうなことが色々できそうです。
まぁ何かに役立つ時が来るでしょう(笑)


・円安で高くなる前に、そしてこれからは将来、中のHDDが逝っても3TB問題をクリアしていて3TB以上のHDDに中を入れ替えても使用出来る可能性があるHDDの購入をお勧めします。

BUFFALO 外付けハードディスク PC/家電対応 (Regza[レグザ]) 3TB HD-LBV3.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]BUFFALO 外付けハードディスク PC/家電対応 (Regza[レグザ]) 3TB HD-LBV3.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
(2011/07/01)
バッファロー

商品詳細を見る
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する