猫の手紙

このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです。過度の期待はしないでください

Top Page › 家電・PC・東芝・ゲーム・携帯 › >PC(Mac・Windows・Linux) › simple sync の使い方

2013-02-15 (Fri) 14:39

simple sync の使い方

ファイル同期のフリーソフトを探し操作がシンプルな simple sync を試してみました。

simple sync



設定できるのは、画面表示されている部分のみで、メニューからの設定画面はありません。

手順は、
1.”set source"アイコンをクリックし同期元を選択します。
2.”set desttination"アイコンをクリックし同期先を選択します。
3.”sync”アイコンをクリックすると同期を開始します。

オプションとして、
・delete backup files をチェックすると保存元から削除されたファイルも削除され同期元と常に同じファイルになりますので、ファイルが削除されることを理解の上使用してください。

・auto run にチェックすると次回からアプリを起動する度、保存された設定で10秒後に同期を自動開始します。
 この状態でマックのログイン項目に設定しておけば自動同期しますので使い方によっては重宝すると思います。


ターミナルコマンドの使用で?フォルダ内に含む不可視ファイルも同期しますが、その分処理速度は早い様です。
なので、各Volumeに接続する過程でVolume名が変わる可能性がある場合は注意が必要です。
*上記画像では、設定してたパスは、'/Volume/usbdisk1/' だったのですが同期しない為、確認すると '/Volume/usbdisk1-1/' に変わっていました。

関連記事

最終更新日 : 2020-06-26

Comments

  

業者の方の営利目的の書き込みはご遠慮ください。今後削除させて頂きます