FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2013年02月14日 (木) 00:13 | Mac | 編集 |
ハードディスクを追加購入して、保存方法の見直しをやりだしてから色んなトラブルに遭ってしまい気がつけば2週間が経ってしまいました。

結局、3TB HDDと、1.5TB HDDの2台は、アプリでシンクロさせて作業用兼バックアップ用にして1台はUSB接続し、もう一台はLinkStationのUSBに接続しネットワーク接続、LinkStation本体は、Time Machine と iTunes 、共有ファイル用としてみました。

今朝になってようやく、一段落着ける所までになったのですが、ふと保存してあるファイルの重複を確認する為に、以前、ファイルが消失してしまった時に使用していた PhotoRec というフリーソフトを使用しました。

このソフトの難点は、復活されたファイルに復活前のファイル名までは復活できないことです。
更に、復活されたファイルには、重複している物も多くファイル名が解ら無いので重複しているかどうかも、ファイルが開けて確認できるものは、その都度開いて確認という途方も無い作業になってしまいます。

そこで何か良い物が無いかと探してみると、マックのフリーソフトで DupScan 2.4.1 (32-bit ユニバーサルバイナリ) と言う物を発見しました。
スクリーンショット 2013-02-13 23.33.05

・「ファイル名」「拡張子」「ファイルタイプ」「クリエータ」「作成日」「変更日」「サイズ」「CRC」「内容」のうち指定した項目がすべて一致するファイルを重複ファイルとして検出します。

今回は、500程保存してある動画関係のファイルの中に一緒の物が無いか確認しました。
ファイル名だけでは同じファイルなのかどうか解らないので このソフトの使用となったわけですが、ファイル内容を確認したいので、ファイル内容のチェックサム比較で行う”CRC”での設定でしました。

ファイルの内容と比較する更に深く調べる”内容”で行うことでも出ましたが、今回は”CRC”で充分でした。

結果は、40件程のファイルが気づかずに間違って重複していて、その重複した分のファイルが無いという事が発覚してしました。
無い分のファイルは、日中に何とか補填出来ましたので良かったです。

時間が有る時に、今度は写真や画像関係もしたいと思っています。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する