猫の手紙

このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです。過度の期待はしないでください

Top Page › 家電・PC・東芝・ゲーム・携帯 › >PC(Mac・Windows・Linux) › BUFFALO LS-XHL1.0 が死んだみたい。

2013-02-03 (Sun) 10:46

BUFFALO LS-XHL1.0 が死んだみたい。

先日からLS-XHL1.0を酷使してたせいか、昨夜辺りから動作が不安定になり一度全てのバックアップを取り終わってから再フォーマットしようとして、処理をかけたらそのまま、お亡くなりになったみたい(T.T)
悩んだ結果、LS-XHL1.0の容量1GB分をiTunesとTime Machineに設定するのに変えたんだけどその作業途中でした

起動すると青点滅後、赤色6回点滅のリピートで調べるとE06というこのエラーコードは、ファームウェアの破損らしくネットで調べると自分でも何とか復旧できそうなのですが、メーカーでファームウェアを書き直してもらえば復活なのかな?それともHDDの交換も必要なのか?どちらにしても修理代はどれぐらいになるのかな。

1万弱で同じ容量のNASが購入できるみたいだし、HDD交換を含む修理代を見たら新品がやはり買えるので修理に出すの微妙ですよね。



追記:
結局、午後からネットで紹介されていた方法で何度も復活にトライしてみたのですが、結局復活出来ませんでした。後日復活に成功しました
昨日から徹夜になって、午後から復活にさせようと9時間ぐらい格闘しちゃいました。

initrd,.buffaloとuImage.buffaloのファイルまではちゃんと読み込んでくれたんだけど、HDDに書き込みされずIPアドレスが返って来なかったみたいで、ファームウエアを書き込むアプリでIPアドレスを拾えませんでした。

他の方も書かれていたけど、この方法はHDD換装にも使えるので今後利用するかもしれません。その日の内に試してみました。
関連記事

最終更新日 : 2019-12-15

Comments

  

業者の方の営利目的の書き込みはご遠慮ください。今後削除させて頂きます