FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2011年05月16日 (月) 02:49 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
♫だんご、だんご、だんご、だんご、だんご、だんご大家族わーい(嬉しい顔)

アニメ「CLANNAD」シリーズを観ました。

これは2シーズン物で特別編や番外編を合わせると47話の京都アニメーションの制作物。以前カキコしたんだけど京都アニメーションが制作した代表作の、3つの中の一つという事で見てみました。
ちなみに後2つは、「air」と「Kanon」でこれも観ました。

話の内容は、これも話元は恋愛アドベンチャーゲームで泣きのアニメです。
高校3年生の主人公がいろんな人に出会っていく物語なんだけど、アニメではその中の一人と結ばれていく8年間の物語となっています。
ただし、元がゲームなのでゲームファンの為に他のヒロインとの終わり方も番外編で出ています。

高校編の「CLANNAD」と続きの高校から社会人が描かれた「CLANNAD ~AFTER STORY~」でAFTER STORYの10話までが高校編になります。
また、同時に異次元世界での物語も進行しますがそのお話も最終話まで持ち越します。

そして18話あたりから最終話(22話)まで泣きのアニメになります。
「air」と同様に真っ逆さまに落とされて泣かされます。。
でも「CLANNAD」最終話にさらに落とされて「ここまで落とすのか!」という感じに落とされて泣いてしまいます。。

しかし「air」とはひと味違う終わり方が待っています。

これも泣くアニメですが泣くまでちょっと長いかな。。
早く泣きたい方には「air」がオススメです。

ただし完成度は、「CLANNAD」が一番おすすめですね。

18話の泣きのシーンはこちらだけどネタバレになりますので注意です。




でも、これでは、全然意味が解らないので30分にストーリーをまとめたのを見た方が良いかもしれません。
これは、潮にお父さんとお母さんが出会ってからの物語を話している設定の番外編です。

・Part1


・Part2
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する