猫の手紙

このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです。過度の期待はしないでください

Top Page › >映画・ドラマ・アニメ › 君に届け

2013-01-05 (Sat) 03:34

君に届け

CLANNADの一ノ瀬ことみと声が同じで、キャラ設定が似ているせいか見れば見るほど、当たり前だけど登場人物や設定などはまったく違うアニメなのに、CLANNAD一ノ瀬ことみ主演のスピンオフアニメとしても観ることができました(笑)

その後の3話からは、徐々に話が変わりラブコメ中心の内容になり何度か涙腺が緩んでしまいました。

周りから避けられてた事によって友達も居なく、人とのコミュニケーションを取る経験が無く、相手に誤解されているのに事あることにどう相手とコミュニケーションを取ればといいかと、一人で悩みぎこちなくなった態度や行動にまた誤解されて印象が悪くなるという悪循環の繰り返し。
それでも、純粋な性格から人との交流が無かった分、些細な事でもすぐに感動するし。

そんな純粋な性格の彼女だからこそ、様々な問題をどの様に解決して行くのかという過程と成長を観るのも楽しめました。

2期も続けてみたいと思います。

2話までの感想

主人公黒沼爽子は影が薄くホラー映画役の貞子と呼ばれてクラスに馴染めないでいる役の声をCLANNADの一ノ瀬ことみ役でもあった能登麻美子がしているだけで個人的に良しなのですが、見れば見るほど黒沼爽子役にハマっていると感じます。

そんな女子高校生の物語みたいです。
関連記事

最終更新日 : 2015-11-23

Comments

  

業者の方の営利目的の書き込みはご遠慮ください。今後削除させて頂きます