FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2011年05月18日 (水) 20:52 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
今日は、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」を観ました。

これは今年の春に、最終回の1面新聞広告やその日に合わせて有給休暇を取るといった記事や東北地震の影響下での放送等がちょっとした社会現象としてあったアニメです。

さてさて、「魔法少女=子供向け」という先入観で観るのをためらっていたのですがその後、調べてみると全然違っていたことが解りました。 
確かに放送枠が深夜なんだから子供向けであるわけが最初から無い訳です。

内容は、ここからネタバレになりますが確信は書かないつもりです。

まず、観ていて複数の魔法少女が出てきますが、仲間ではないこともあり互いで殺し合うこともあるんです。

そして、タイトルにある主人公「まどか」ですが、ほとんど活躍しませんわーい(嬉しい顔)
まぁ、その意味は見ていただければ理解して頂けるかと。

細かい内容というか結末まで「wikipedia」の物語に全て記載されてますのでそれを読んで頂くとほとんど活躍しない意味も解ります。
ただし、結末まで解ってしまうので見ないで済んでしまいますよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%94%E6%B3%95%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%81%BE%E3%81%A9%E3%81%8B%E2%98%86%E3%83%9E%E3%82%AE%E3%82%AB

さて自分の観た感想は、何を狙ったのか全然解らない。
萌えでも癒しでも無く本当に新しいジャンルの作品で、悪く書けば自己満足作品。
吾輩には、時間の無駄とまでは言わないけど得るものがなかったかな。

ただし、多くのファンの方に支持されたことも先の社会現象やDVD売上で1位になったことでも伺われます。

魔法少女と魔女との戦いという設定だけど、良い魔女という設定のアニメもあるんですから、魔女=悪という設定にはちょっと違和感がありました。

魔女じゃなく悪魔という設定にしたほうが違和感がないんだけど、そうすると魔法少女の結末の設定では、悪魔というより魔女の方がしっくりくるし難しいところですね。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する