猫の手紙

このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです。過度の期待はしないでください

Top Page › >映画・ドラマ・アニメ › ゼロの使い魔 三美姫の輪舞

2011-07-07 (Thu) 23:28

ゼロの使い魔 三美姫の輪舞

アルビオンとの戦争も終結し、平和を取り戻しました。
才人の使い魔の刻印が消えてしまい今後の二人の関係のあり方で悩んでしまいます。

ここでなぜ二人が使い魔という契約に執着するのか解りませんでした。
王女より貴族の称号を頂けるなら魔法が使えなくても貴族なわけで…。貴族ならルイズとの結婚への障害も減るし…。

その後才人を生き返らせたティファニアも登場し…虚無の担い手を探す謎の組織のジョゼフとその使い魔シェフィールド等さらに面白くなってきました。

その後、ルイズが再度才人を召喚し使い魔となり、シュヴァリエという貴族籍を得ることになり2期では少なかった学園のドタバタパロディーのエピソードも復活しています。

女子風呂のぞきや才人とシエスタの新婚ごっごに惚れ薬等々。

7話では2期で死んだはずのクルベール先生が現れて…、エンディングに合わせて「あり得ない」と思いましたけど、理由は8話の冒頭で解ります。

10話でタバサを助けるためにガリアへ向かう時、往復になっても夜にシルフィードの背中に乗って飛んで移動すれば良かったのでは…と思ったのは私だけですかね。

11話では、巨神兵みたいのをガリア王が作ってました。

12話での冒頭、才人が字が読めないというシーンがあったけど確か前にルイズと色々しないという誓約書を読んでいたんだけど…何故ここで読めないのか不思議です。

2期も面白かったですが登場人物も増えてさらに面白くなってました。

ジョゼフ国王とその使い魔シェフィールドはまだ健在ですから、4期は作られないんでしょうかね。

やはり1期から観る事をお勧めします。
関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

Comments

  

業者の方の営利目的の書き込みはご遠慮ください。今後削除させて頂きます