FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2012年09月22日 (土) 22:29 | Mac | 編集 |
MacでDVDをフリーソフトでコピーをする時の個人的なメモです。
基本ディスクイメージでファイル保存しDVD-R等に焼く事は今の所考えてません。

使用するものは、必要に応じてFairMount(フリーソフト)を使用するのみで、後はDVDからイメージコピー保存する為に使用するソフトを好みに応じて用意します。
*FairMount(フリーソフト)は、 SharewareのMac DVDRipper Proに同梱されているのでMac DVDRipper ProをダウンロードしFairMountのみコピーして使用します。

FairMountを起動させるには、VLC Media Player Vre.1.1.xが別に必要となるようです。
  (最新のVer.2では起動しません。)

自分の場合は、Vre.1.1.12がインストールしたままになっていましたので、問題無く起動しました。
旧タイプのVLCはVLCのHPからFTP archive に入りmacosxの中から使用CPUに合わせたファイルをダウンロードしてください。

一般的には、OS標準のソフトでディスクユーティリティ、もしくはLiquidCD(フリーソフト)の使用でイメージ保存は可能です。

「ディスクユーティリティ」の場合
1.マウントされたディスクを選び”新規イメージ”アイコンをクリック。
2.保存先、保存名とイメージフォーマットタブで”DVD/CDマスター”を選び保存アイコンをクリック。
3.出来上がったイメージファイルの拡張子名が.cdrなので.isoに置き換えます。

 ディスクユーティリティからCD/DVDをリッピング

「LiquidCD」の場合
1.ビデオ DVD アイコンを選択しマウントされたディスクのVIDEO_TS フォルダを選び、左下の歯車をクリックし”ディスクイメージ”で保存を選びます。

 VIDEO_TSフォルダからDVD-VIDEO作成


・「 .dmg → .iso への変換」

ディスクユーティリティを使用する方法

1. ディスクユーティリティーを立ち上げる。
2. メニューの”イメージ→変換…”で、変換元の*.dmgのファイルを選択後、次にイメージフォーマットを”DVD/CDマスター”を選択し、保存。
3.出来上がったファイル名には*.cdrという拡張子が付いてますので、この.cdr部分を.isoに書き換えます。

もしくは、フリーソフト dmg2iso ver1.5 等を使用して変換し終了です。



・円安で高くなる前に、そしてこれからは将来、中のHDDが逝っても3TB問題をクリアしていて3TB以上のHDDに中を入れ替えても使用出来る可能性があるHDDの購入をお勧めします。
BUFFALO 外付けハードディスク PC/家電対応 (Regza[レグザ]) 3TB HD-LBV3.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]BUFFALO 外付けハードディスク PC/家電対応 (Regza[レグザ]) 3TB HD-LBV3.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
(2011/07/01)
バッファロー

商品詳細を見る
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する