FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2012年08月31日 (金) 19:15 | 自動車 | 編集 |
先日フィット GE6 用に
CAROZE『M-03』というリアビューカメラを購入してたので取り付けを行いました
2012-08-29 13.03.17


まず今回参考にさせて頂いたフィットのリアビューカメラ取付のブログです
基本この紹介されている手順で行いましたが
大きく違うのがリアワイパーモーターの取り外しです
吾輩の場合モーターの取り外しは必要がないと判断しまして外さないで行いました

フレキシブルラゲッジボード取り外し
トランク


リアパネルライニングを外します
トランク前カバー


側面のカバーは後部シートベルトが通ってますので切れ目から外します
側面カバー


リアワイパーを外す前に位置の印を付けておきます
リアワイパー位置印


ワイパーのネジ部を覆っているカバーを広げるように手で広げて外します
リアワイパーネジ外し


テールゲートの取っ手を外します
トランク取手カバー


トランクを開けた状態で上部側のカバーを外します
トランク取手カバー外す


後は力任せにカバーを外します
トランクドアカバー外し


何個かは車体側にクリップが取り残される場合があるので
その場合は外してカバー側に取り付けておいてください
取り残し


リアガーニッシュを固定している唯一のネジを外します
リアガーニッシュ固定ネジ


その後まだどこかに固定ネジが隠れているんじゃないの?ってくらい固く止まっていますが
ここも力を加えてリアガーニッシュを外します
今回も車体側にクリップが取り残されてしまいましたが
コレも外してガーニッシュ側に取り付けてください
リアガーニッシュ取り残し


リアガーニッシュを取り外した後に傷が付かないように養生テープを貼ってから作業しました
リアガーニッシュ養生


この時注意しなければならなかったのが
リアガーニッシュの車体側に触れる面に付いていたスポンジ状のテープ

吾輩はそれに気が付かないで養生テープを巻いてしまい
最後にテープを剥がしたら一緒にスポンジ状の保護テープも剥がれてきてしまいましたので
今後される方はこの点を注意してください
リアガーニッシュテープ剥がれ


カメラの取付位置を決めて取り付けネジ径が6mmだったので
手元にあった7mmでリアガーニッシュに穴開けしました
取り付け位置決め


そして車体の内部に配線を通す為に2つのへこみがある内の一つを
同じく7mmで穴開けをしてサビ防止の為にタッチアップペイントしました
穴開け



その後カメラの向きを一度確認したかったので
カメラをリアガーニッシュに仮止めして一度車体に取り付けしました

追記:これから取り付けられる方はなるべくカメラの取り付け位置を車体側に寄せた方が良いです
写真の取り付け位置だと雨や雪がそのままボディーからカメラ前に伝って来てしまうので
あまりよろしくなかったです(T.T)
カメラ仮取り付け


カメラの向きを確認後カメラのコードをカーモニターまで引っ張っていくんですが
写真はここから針金を通してカメラのコネクターを引っ張り出した写真です
トランク配線1


そして吾輩の購入した商品ではここから電源取り込み用の線とモニターまでのコードが一緒になっていまして
丁度、カメラ側のコードの長さがここまでだったので
モニターまでのコードを反対側のゴムパッキンを外した側から針金を通してしここまで引っ張ってきます
トランク配線2


その後、引っ張ってきたコネクターをそのままゴムの中も通してカメラ側のコネクター側に出して繋げました
その時、なんか振動やちょっとした力が加わるとコネクターが外れそうな感じがしたので振動でコネクターが接触して音が出無い様にテーピングして対策をしときました
コネクター外れ対策


トランク上部から下部に持って来た所で
カメラ用の電源をバックランプから取る為に線を結線しマイナスも丁度ここにアース在ったのでここに結線しました
バックランプ線電源入力


実は最初、購入したカメラの消費電力が100mAだったので
常時通電のアクセサリー電源にする為に備え付けシガーソケットを分解して繋ぐ予定にしていたんですが
備え付けのシガーソケットを分解して見てみると非常に線が細くて結線不良が起きそうだったので諦めました
シガーソケット内部


後は車の側面のステップカバーを外して運転席へ
そして運転席の下カバーを通してFH-770DVDのモニター映像入力に結線で終了です

写真は暗いですが後部ステップカバーから運転席のステップカバーにコードを通す為に
途中にある運転手のシートベルトの固定ネジで一緒に止まっているカバーを緩める為に一度外しました
シートベルト外し


そして今度はFH-770DVDのモニター側の配線
吾輩の購入したパイオニア carrozzeria 5.8V型ワイドモニター/DVD-V/VCD/CD/USB/チューナーメインユニット FH-770DVDでは
シフトレバーをバックに入れた信号をバックランプのリード線から検出して
自動でモニターがカメラビューに変わります。

パイオニア carrozzeria 5.8V型ワイドモニター/DVD-V/VCD/CD/USB/チューナーメインユニット FH-770DVD パイオニア carrozzeria 5.8V型ワイドモニター/DVD-V/VCD/CD/USB/チューナーメインユニット FH-770DVD
(2012/02/15)
パイオニア(Pioneer)

商品詳細を見る


なので運転席の足元にあるヒューズボックスからバックランプへのリード線が伸びていますので
ヒューズボックスまでバック信号入力の配線を持って行ってここの緑の線に結線しました
※実はこのヒューズボックスの作業は色々な面で辛いし時間もかかりました
簡単に済ませたい方や分からない方は
素直に後部ブレーキランプまで配線した方が楽ですし時間短縮できると思います
フューズボックスバックランプ線



取扱説明書では後部のバックランプまで配線しそこでリード線に結線する形になっていて
8mも線が在るんだけどヒューズボックス側で結線したので残りは束ねてモニター裏にしまっておきました
バックランプ線結線


そして最終確認です
バックギアに入れてモニターに後部画像が映ることを確認しました

モニター上部に表示されている注意案内は
モニター側から常時表示されていて消す設定がありませんでした
中央部から下部に表示されているガイドラインとSTOP表示は
購入したカメラ側の設定でこちらは設定で消す事も可能です
最終確認


最後に後部の取り付け終了後の写真です
最初の予定ではナンバープレートの取り付けネジをそのまま利用して
カメラを取り付ける予定だったのでボディーカラーを同色の白にしたんですが
その後取付けのネジ径とナンバープレートの固定ネジ径が偶然同じでした
これだとカメラを下向きに合わせられるのか微妙だったので購入後に
純正のカメラ取り付け位置に変更しました
取り付け後


なんだかんだで取付に正味4時間程かかりました
今回、側面のカバーを外して作業しましたが外さなくても取り付けは可能だと思います
ただ外した方がコードを運転席側に取り回すのが楽ですしバックランプ側で電源を取る場合も作業しやすいです

参考書類:フィット(PDF書類)http://www.katch.ne.jp/~atsuro/FIT/ALPINE_148_0710_a.pdf
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する