FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2012年08月04日 (土) 17:55 | 自動車 | 編集 |
フィットにパイオニア carrozzeria FH-770DVD を取り付けてから3日が経ちましたので、今までのまとめや使用感など。

パイオニア carrozzeria 5.8V型ワイドモニター/DVD-V/VCD/CD/USB/チューナーメインユニット FH-770DVDパイオニア carrozzeria 5.8V型ワイドモニター/DVD-V/VCD/CD/USB/チューナーメインユニット FH-770DVD
(2012/02/15)
パイオニア(Pioneer)

商品詳細を見る



・新製品が発売されました

carrozzeria カロッツェリア FH-780DVD 6.1V型ワイドVGAモニター/DVD-V/VCD/CD/USB/チューナーメインユニットcarrozzeria カロッツェリア FH-780DVD 6.1V型ワイドVGAモニター/DVD-V/VCD/CD/USB/チューナーメインユニット
()
カロッツェリア(carrozzeria)

商品詳細を見る


まずは、取り付けた状態の写真ですが、カーナビの音楽リスト表示画面とパイオニア carrozzeria FH-770DVDのラジオ表示画面と一緒に写してみました。
車載画面2



パイオニア carrozzeria FH-770DVDの単なるラジオ受信表示画面だと表示する情報量が少なく無駄に画面が大きく感じてしまいます。
なので別に無意味で必要ないと思うラジオバンドの周波数バーを下部に表示しています(笑)

カスタマイズ設定て壁紙を設定する所がありました。
そこには、このように画面がさびしいのを補う為か4種類の静止画と3種類の動画、チャプター画像、スペアナ、時計表示から設定することが出来るので自分の場合は時計表示させてあります。

なぜなら通常の時計表示は非常に小さいのです。
どれくらいの小ささかというと写真画面で時刻表示している上部に青い文字列らしきものが写っているの解りませんか?
拡大表示すると分かるのですが、ここには日時と曜日が表示されています。(写真では”8/4 Sat")
その表示されている下部に何も表示されていない部分があるのですが、ここに時刻も表示がされています(^^;

これでは、アカンでしょうと時計表示の設定を変える所を探した結果、カスタマイズ設定の壁紙設定で時刻表示を設定することが出来ましたが時刻表示のデザインがこれひとつしかありません。
もっとバリエーションがあればいいのにと思いました。
ラジオ画面


次に動画再生ですが、これには最初すごく悩まされました。
取説には動画再生可能なファイル形式名はDivXとMPEG1/MPEG2/MPEG4と載っているのですが、条件や設定の記載は”.mp4”拡張子では再生できない。再生可能なのは”aviもしくはdivx”の拡張子のファイルのみという事だけで他に情報は何もなし(T_T)
パイオニアさん、これだけの情報でどうやって動画再生出来るのですか?

データー量が多くなるMPEG1やMPEG2で動画を起こす気は無く、圧縮率の高いMPEG4形式でネットで検索すると、価格コムのクチコミで以下の情報を得られました。
ーーー
◇MPEG4につきまして-----------------------------------------------
≪映像≫ ファイル形式:MPEG4  拡張子:.avi/.divx  コーデック:MPEG-4
プロファイル:Simple Profile 最大解像度:720 × 576  最大フレームレート:30fps    
最大ビットレート:10.08Mbps(但し、デコーダとしての上限値であり、超えるビットレートが存在してもエラーとはしません。カクカク再生する場合あります。)
≪音声≫
コーデック:MP3   サンプリング周波数:8kHz~48kHz         
ビットレート:8kbps~320KbpsVBR対応   量子化ビット数:20 bit

音声につきましては、下記コーデックも対応致しております。

コーデック:AC3  サンプリング周波数:32/44.1/48kHz
ビットレート:32~448kbps  量子化ビット数:20bit

◇DIVXにつきまして------------------------------------------------

≪映像≫
ファイル形式:DIVX  拡張子:.avi/.divx  コーデック:DIVX
プロファイル:HomeTheater Ver.3、4、5、6 最大解像度:720×576   最大フレームレート:30fps
最大ビットレート:10.08Mbps

≪音声≫
コーデック:MP3   サンプリング周波数:8kHz~48kHz         
ビットレート:8kbps~320KbpsVBR対応   量子化ビット数:20 bit

音声につきましては、下記コーデックも対応致しております。

コーデック:AC3  サンプリング周波数:32/44.1/48kHz
ビットレート:32~448kbps  量子化ビット数:20bit
ーーー

最初手元にあったアプリでAVIファイル形式で動画変換しても、再生できないファイルと表示され、その後もコーデックやファイル形式の設定を変えたりし、他アプリで変換したりもしました。

そこで最終的にたどり着いた設定は、以下の通り。



アプリでの変換設定

◯動画
動画コーデック:xvid  (DIVXと互換性があり通常再生できます) 
動画サイズ:original 
動画ビットレート:768 
 * 768 = FH-770DVDの表示能力からすると、かなり無駄な高画質設定だと思うので好みに応じて調整してください
ビデオフレームレート:Auto

◯オーディオ
オーディオコーデック:mp3 
オーディオビットレート:128 
サンプルビットレート:44100 
オーディオチャンネル:2 
A/V同期:Default


使用機種は:MacBook Pro OS10.7.4
動画変換アプリ:Any Video Converter、もしくは Kigo Video Converter
これは名前は違いますが中身は同じフリーのアプリでAny Video Converterの方はサポートが終了していますがKigo Video Converterの方はアップデートされていますしWIN版も出ていてそちらの方が多機能です。
ただ、アップデートによって表示デザインが変わり操作が以前に比べるとしづらくなっている気がします。

追記:Any Video Converter、Kigo Video Converter 共に640×360と512×288 等の16:9比率の画面サイズ指定リストが在りませんが、カスタマイズ保存ファイルを書き換えることで可能です。
まず画面サイズ指定以外を設定したい設定にしてファイルを一度カスタマイズ保存します。するとLibraryフォルダ内に”profiles.xml”というファイルができますので、それをテキストエディタ等で開き画面サイズ指定部分のみ希望するサイズ指定に書き換える事で可能です。

ただ我輩は、HandBrake 0.9.3(最新バージョンではaviの書き出しが出来ません)がプレビュー表示確認や2-pass設定が出来る等、マックだと一番使いやすいので現在は、こちらを使用しています。

追記:
Mac限定ですが、動画変換が非常に簡単な Conversion という動画変換ソフトがFH-770DVD の再生動画作成に使用可能でした。
Normal以下の設定にすると音がモノラルになってしまうのが残念ですが変換が簡単だったので紹介します


新たにMac OSX用FFMPEGフロントエンド 変換アプリ「Datura」で、変換が可能で簡単な設定が出来るので、HandBrake等での煩わしい設定が嫌な方にはお勧めします。


▽▽▽追記(2013.6.14)▽▽▽

本家DivX のページよりDivX Plusソフトウェアを無料ダウンロードすることによって、インストールされる"DivX Plus Converter"を使用して動画変換する事によって簡単にFH-770DVD、FH-780DVD 用に再生できるファイルを作る事が可能です。(DivXのページにてFH-770DVD、FH-780DVDの対応表示在り

DivX Plusソフトウェアのレビューはこちらです。

△△△追記(2013.6.14)△△△



我輩の場合、大体の元ファイル動画サイズが16:9の640×360もしくは512×288なので通常original設定で変換して再生しています。
確認していませんが画面サイズに関しては、最大解像度:720×576 を超えない範囲であれば大丈夫なようです。
動画コーデックはMPEG4でもデーターサイズや画質にあまり違いが認められないので私の場合、xvidを使用しました。
オーディオコーデックはAC3だとPCでの再生で音声が再生されない不具合が生じたのと、データーサイズ的にもmp3と大差が無かったので、mp3を使用しています。
動画表示画面



今感じる不満は、動画再生時にファイル名表示が無いこと。
再生中ファイルリストを表示するとどうやら一番上に表示されているファイル名がそのようだけど他に表示させる設定など無い様です。

また、m3uのプレイリストに対応して無くフォルダ毎にファイル名に順番を示す番号を振るなどしてもうまく再生順が設定できませんが後日フリーアプリを使用する事で再生順を設定できるようになりました
動画リスト表示


動画再生には、DVD-R,-R/WやUSBメモリが使用できます。
今回USBメモリを使用しましたがアクセスランプが光るので、特に夜間は目に入ると気になりますので、延長コードや目隠し等が必要かもしれません。

追記:
後日100円ショップのUSB延長コードを付けました。

我輩は、今後しばらくは動画再生はDVD-R/Wで行い、USBスロットは音楽再生用にしUSBメモリやiPodを繋ぎたいと思います。




・円安で高くなる前に、そしてこれからは将来、中のHDDが逝っても3TB問題をクリアしていて3TB以上のHDDに中を入れ替えても使用出来る可能性があるHDDの購入をお勧めします。
BUFFALO 外付けハードディスク PC/家電対応 (Regza[レグザ]) 3TB HD-LBV3.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]BUFFALO 外付けハードディスク PC/家電対応 (Regza[レグザ]) 3TB HD-LBV3.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
(2011/07/01)
バッファロー

商品詳細を見る
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する