FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2012年06月10日 (日) 22:20 | Mac | 編集 |
今日、Macのアプリ”Parallels Desktop7”を利用してWindows7で地デジ放送の番組を取り込んでいると、空き容量が無くなった事を示すメッセージが表示されました。

つい最近まで、30GB程の空き容量がまだあった筈なのにと調べてみると、Parallels Desktop7の仮想ディスクのファイルサイズが何故か?135GBまで膨れ上がっていました。


早速、不要ファイルを削除したたけど空き容量は、5GBしか増えませんでした。

Parallels Desktopの仮想ディスクも、初期設定で自動的に圧縮される筈なんだけど全然、サイズが小さくなる気配が無く。

イメージファイルを圧縮するメニューも存在するんだけど、それを選んでも”スナップショットが存在すると圧縮操作が出来ない”と表示されるし。
スナップショットというのは、そこでその操作をするとその時の状態が保存されるバックアップ機能です。

でもその前に、仮想ディスクがなぜ?ここまで膨れ上がったのかの原因が分かりませんでした。
というのも必要なファイルはその都度全てMac側に移動していて仮想ディスク内には一切残していないのです。

そこで仮想ファイルの内部を開いてみると、”Snapshots”フォルダと”Windows 7-0.hdd”というディスクイメージファイルがあって、そこには過去に録ったスナップショットデータが溜まっている状態でした。
Windows 7.pvm



どうやらスナップショットを録ると、その度にその時のディスクイメージを作っている様なので、過去のスナップショットを全て削除することにしました。
Windows 7-0.hdd


右クリックでまとめて削除できる”下位の全てのスナップショットを削除する”を選ぶと今度は”空き容量が足りません”と表示が出て”物理的ディスクの空き容量を増やすように”と指示される。
空き容量がもう無いから今増やそうと削除しているのに増やせとは、ご無体な(T_T)

結局、一つ一つスナップショットを削除しているんだけど削除するとその時のスナップショットが自動的に作られているし、何なんだこの堂々巡りは?
Windows 7-0.hdd1



ファインダー操作で目の前にあるファイルをゴミ箱に移して削除したい衝動が何度も走んるんだけど、少しずつでも空き容量が増えているので、うっかりファインダー操作で削除して動作が不安定になるのはもっと怖いのでちまちまと1ファイル毎削除(T_T)

何とか20GB程の空き容量が出来た所でやっと”下位の全てのスナップショットを削除する”コマンドが使用できるようになり効率アップ!
しかしこれも一度の操作で済むのかと思えば何故か少しずつしか削除されない。
どこが全てのスナップショットなのか意味が解りません。

その後、全てのスナップショットを削除して空き容量が95GBまで増えました(^○^)

そして、これでやっとメニューから圧縮するコマンドが操作できるようになりました。

メニュー>仮想マシン>圧縮…を選ぶと16.1GB程に圧縮されるとの案内と圧縮をする為に再起動するという確認が出てが出てきて、圧縮をすることを選ぶと一度アプリが再起動して圧縮が始まりました。
再起動画面


圧縮が完了した後、イメージファイルは18GB程になり空き容量が121GBになりました。
スクリーンショット 2012-06-10 21.52.56

その後、新たにスナップショットを作成しようとしたらこの様な案内が。
スクリーンショット 2012-06-10 21.44.48

な〜んだ。
スナップショットを作ると自動圧縮は無効になるんだ。
道理でイメージファイルが小さくならない訳だ。

でも困ったなぁ。
スナップショットも使用期限付きのアプリ使用とかアップデートで動作が不安定時になった時に気軽に戻せたので重宝していたんだけど、今後は保険が掛けれないのか?

どちらにしても、今後は定期的に圧縮しないといけないな。


関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する