FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2019年05月19日 (日) 22:55 | 車中泊 | 編集 |
昨年の夏に購入した車載冷蔵冷凍庫ですが
これを利用して夏は簡易クーラーにも使用しています

車載用冷蔵冷凍庫15L 容量アップと簡易クーラー用の蓋を作る

車載対応 保冷庫 15L マイナス20℃まで設定可能 冷凍冷蔵庫
車で使えるポータブル保冷庫 VERSOS(ベルソス) VS-CB015 ホワイト
by カエレバ

昨年これを簡易クーラーとして使用した時
感じた問題点は以下の通り

車載冷蔵冷凍庫の排気熱(約40度)で車中を温めている

その冷却ファンが本体後にあり後ろから前方向に風を送るので
その排気熱がもろ吾輩に当ってしまう

車載冷蔵冷凍庫をフルに可動させようとしても
内部温度センサーが最低温度設定の−20度に達すると
−18度になるまでコンプレッサーが止まってしまう



これからの夏本番にまた簡易クーラーとして使用したいので
これらの問題点を解決したいと思います

まずは排気熱は車載冷蔵冷凍庫からブロア管にて
車外に排気するようにします
また少しでもコンプレッサーがフル稼働するように
車載冷蔵冷凍庫の庫内にアルミ板を貼り
熱伝導率を上げて熱放出量を上げます

では車載冷蔵冷凍庫の分解です

コンプレッサーや電源ユニット入っている外カバーを外すには
本体側面のネジが2つと底面に3つ
そして隠されている上面のコントロールパネルを外した中に在る
2つのネジを取り外します

実は昨年も届いた時に分解しようと思ったのですが
この隠されたネジが解らず諦めました

分解した後の写真
車載冷蔵冷凍庫 分解

中のヒューズは15Aが入ってました
車載冷蔵冷凍庫 分解

分解後今回はファン用電源から電源を取り
車外へ排気用に追加したファンに取り付けます
※ファン用電源から取るとコンプレッサーが動いている時にしか
 ファンも回っていない事が解りましたので
 電源コード側から取るのに変更して
 常時電源が供給されファンが回る形にしました

またむき出しになっていた銅管の下に
結露の水滴が落ちていた痕跡があり
水滴防止と熱損失をなるべく少なくする様にと
むき出しになっていた銅管の周りに断熱効果を期待して
クッション材を巻きました

水滴の落ちていた跡
車載冷蔵冷凍庫 滴


クッション材を巻いた銅管
車載冷蔵冷凍庫 分解


次に車外へ熱を換気する為に外した外カバーに
持っていた7センチ角の12Vファンを取り付けて
そこに今回コメリで探してきたコメリブランド 75mm径 アルミダクト(598円税込)と
丸型ガラリ(648円税込)とクーラーキャップ(278円税込)を使用します
合計1,524円(税込)でした

コメリ アルミダクト 75mm×3m(598円税込)
アルミダクト

丸型ガラリ 75mm(648円税込)
丸型ガラリ

クーラーキャップ(278円税込)
クーラーキャップ


側面と前面の排気穴は排気ファンの取り付けた部分以外はテープでふさいで完成です
一応排気ファンの電源コードは取り外せるようにして
基本簡易クーラーで使用する時のみファンを使用します
※実際に車載冷凍冷蔵庫を使用している時は
 冬場と走行中以外は常時排気ファン使用で良さそうです
車載冷蔵冷凍庫 分解


クーラーキャップに排気ファンにハメ込む様にして
取り付ける治具を作って取り付けてこれにアルミダクトとガラリを接続して外に排気します
車載冷蔵冷凍庫 分解

車に取り付ける丸型ガラリは
換気扇を取り付けているボードに穴を開けて使用する予定ですが
今回は先に車載冷蔵冷凍庫側を優先します


次に車載冷蔵冷凍庫内にアルミ板を貼り付けます
ダイソーで工作用に販売されている20cm角0.3mm厚のアルミ板で
裏面に粘着テープが付いているので切って貼るだけです

車載冷蔵冷凍庫内の周りの側面内部に
冷却管が上部側に2本走っているみたいで
いつもその上部に2本の霜が付きます

そこに熱伝導率の高いアルミ板を貼って
放熱性を高めて冷却効果を上げたいと考えます
家庭用冷凍冷蔵庫で解凍する為に使用するアルミ板みたいな感じですかね

アルミ板と内部に走る冷却管2本
貼り付けたアルミ板と保冷板

今回側面に20cm×14cm1枚と20cm×6cmを2枚
前側面と後側面には20cm×14cmと10cm×14cmを各1枚貼りました

その後実際に使用してみました
車載冷蔵冷凍庫 分解

全面に霜が出ています
車載冷蔵冷凍庫 分解


側面もこのような感じでアルミ板の全面に霜が付いています
アルミ板を貼っていない角の方はこれまで通り2本の強い霜が出ています
車載冷蔵冷凍庫 分解

下部の辺りでも−19度が出ています
車載冷蔵冷凍庫 分解

底面にセットした温度計の温度も最低で
−12.7度を記録しました
これも以前に中に何も入れていない状態で
−13度まで下がりましたので
極端に性能が下がって居ない事は確認できました
車載冷蔵冷凍庫 分解


排気熱の方は通常使用ではこれまで通り
排気ファンから約40度の熱が発生し排気されています

今回追加した排気ファンを使用すると
大体7度から10度温度が下がる事を確認しました

まぁこれで夏場は使用中でも車中が快適になり
名古屋市内で車中泊できたら良いのですがね

まぁこれで今やれるだけの事はしたという感じですかね
[READ MORE...]
関連記事
2019年05月19日 (日) 18:28 | 日記 | 編集 |
以前にSONY BATTERY CHECKER BC-330Dの電池交換
したのですが
今回コメリに車載冷蔵冷凍庫を改造する為の
材料を探しに来た時に目についた商品がこちらです

コメリのブランド
バッテリーチェッカー DX-300R
外観はSONY BATTERY CHECKER BC-330Dにそっくりです
コメリ バッテリーチェッカー

コメリ バッテリーチェッカー

SONYは使用電池がCR2016電池が2個必要なのに
こちらはCR2032が1個で電池交換ができる優れものでお値段も648円(税込)です

我輩はSONY BATTERY CHECKER BC-330Dが在るので
壊れたらこれが購入候補かな

関連記事