FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2019年05月13日 (月) 23:08 | 自動車 | 編集 |
先日購入したBattery Monitor2
その後の使用感です

まずいちばん期待していた
バッテリー容量表示ですが
単純な電圧からの表示された容量とは違いますが
それでも電圧だけではやはり無理があり
逆に電圧だけで容量表示する物の方が信頼できる場合もあるという事が解りました


サブバッテリーでは満充電状態から
10時間率 ( 10A放電で10.50Vまで出力) 100Ahで
1200Whの使用できます

なのでG500にサブバッテリーから300Whを充電した後の
バッテリー残量は計算上では75%前後になるはずなのですが
Battery Monitor2の表示は以下のようになりました

充電中は86%の表示で期待したのですが
G500 充電中 12.45V 86%

充電完了後に3時間半ほど経過した表示では
99%のほぼ満充電の表示となり
75%からは程遠い物で全く当てにならないことが解りました
G500 充電後 12.64V 99%



ただこれまで会社の駐車場にて充電しているのですが
ソーラーチャージャーの専用アプリの使用では
実際にどれ位の時間で充電が完了しているのかが解らなかったのが
Battery Monitor2を使用することで解るようになったのは良かったと思います

以下はこれまでの例です


8日使用開始
ACアダプターで動作確認した時のデータは
ACアダプターから外した時に本体からデーターが消え
スマホのアプリに保存されていたデーターも
その後のアプリの初期化や変更で消えています

OEMで発売されていた同じ製品用のアプリJMP BattMon IIでは
データーを書き出す機能がありましたので現在はそちらのアプリを使用しています
20190508


9日
7時に家から出勤中からG500に充電しています
11時前にG500の充電が終了して
ソーラーパネルから充電が行われ
14時30分頃に満充電になり
充電モードがBoostからFloatに切り替わっているのが解ります
20190509

その日のソーラーチャージャーのアプリから
430Whの電力が作られG500へ390Whの電力が使用されたことが解ります
20190509_1723


10日
G500に充電した状態にして就寝します
日中はバッテリーの電力は使用せずにバッテリーへ充電だけを行いました
20190510

G500への充電に300Wh使用し
サブバッテリーへの充電に370Wh使用しています
20190510_1659


11日
この日は会社が休みなので
午前中は車庫に入った状態で充電は全くしていません
午後に親と買い物にでかけた時に
G500の充電をしながらソーラー発電もしていますが
G500への充電量の方が多くてバッテリーは満充電まで戻っていません
20190511

60Whの発電に230WhをG500に充電しましたので
-170Wh分不足している状態です
20190511_1531

12日
換気扇とドライブレコーダーの給電を
車のスターターバッテリーから
サブバッテリーに変更する作業をしていました
なので一日車の使用は無くソーラーパネルからの充電もしていません

14時40分頃に作業を終えて
その後はドライブレコーダーの電源は常に入れた状態で
常時駐車録画機能を使用して待機状態です
接続後電圧が12.8V台から12.7V台に下がりましたが
朝の出社するまでの16時間12.7V台をキープしていました
20190512

本日13日
朝からG500の充電を行いながら出社します
ソーラーチャージャーの設定でG500への充電のための給電を
5時間の12時までにしました
5時間G500に充電していれば
500Wh前後の充電で
G500の充電容量の450Whには充分なはずで
これで夕方にはサブバッテリーも満充電になると考えたのですが
結果はグラフでも分かる通り電圧は13V前後で終了しています
20190513

アプリで見てみると
G500への充電に500Wh使用して
本日のパネルからの500Whの発電全てを充電してました
11日に使用した170Wh分が充電できてないや
201905131705

まぁこんな感じでこのBattery Monitor2のアプリと
ソーラーチャージャーのアプリを併用することで
大体の充電時間やサブバッテリーの容量に目安がつくようになりました
関連記事