FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2019年05月01日 (水) 18:09 | 日記 | 編集 |
以前コンビニでの楽天ペイを使用して
決済できない時がありました

後日調べると楽天ペイを使用できるコンビニは
楽天ペイでの一回の支払い上限額と
1日の支払い上限額が設定されています

ポプラ、ミニストップ、ファミリーマート、
ローソン(ナチュラルローソン・ローソンストア100・ローソンスマホレジでのご利用分含む)


・1回あたりの支払い金額の上限は4,000円まで
・楽天スーパーポイント/楽天キャッシュを利用して支払いする場合も
 アプリ上での設定にかかわらず4,000ポイントまで
・1日あたりの支払い金額の上限は4,000円まで

まぁ簡単に言えばコンビニ会社毎に
1日に4,000円分しか購入出来ないということ

レジで決済できない時って
レジの人にも自分にもその理由が分からないから
はずかしいんだよね
後ろに順番待ちのお客さんがいたらさらに恥ずかしいです

期間限定ポイントを保有していたら
優先的に使用できるので
楽天ペイを利用しているけど
PAYPAYに比べるとアプリの動作も遅いし
今は20%戻ってくるのでしばらく楽天ペイの使用を控えてます
関連記事
2019年05月01日 (水) 15:22 | 日記 | 編集 |
丁度一年半前に交換した母親の
腕時計の電池が無くなりました

過去のブログを見ると
2017年11月10日2016年03月06日に交換しているので
大体一年半が交換の目安見たいです

前回に電池を二つ購入していたので
今回はその残りで交換しました
母 腕時計

腕時計用裏蓋パッキンはまだ交換の必要はなさそうで
5分ほどで終了

腕時計用に購入してたはずのプラスチック製のピンセット類が
すでに他に使用して先が一番細いタイプのが折れていたのを忘れてたので
他の先が太いもので交換しました

やはりちょっとやりずらい
でもプラスチック製で電池を挟もうとしても
電池が滑ってしまい作業がやりにくかったです

先端にシリコンが巻かれたみたいなものが良いのかな
まぁ半年に一度ですからね


メモ
交換電池:SR626SW(377)
腕時計用裏蓋パッキン:太さ0.6mm 内径18.9mm

ソニー SR626SW (377)
メール便ご指定のお客様150個(または総重量 1.0kg )まで組み合わせ自由で同梱中
by カエレバ


腕時計用裏蓋パッキン0.5、0.6mm(10〜19.5mm)時計 部品 パーツ
by カエレバ

関連記事
2019年05月01日 (水) 12:01 | 日記 | 編集 |
朝日ソーラーの部品交換を終えて
ボイラー周りのストレーナー付バルブの掃除とパッキンの交換をしました

以前からバルブから水漏れをしていたのを放置していたのですが
今回のソーラーの部品交換を終えて
白いゴムの経年劣化クズが貯水槽内に多く発生していましたので
取水パイプからボイラーまでの配管内にも
この劣化クズが残っていました

一応エアー抜きバルブから
この劣化クズは取り除きましたが
バルブのストレーナーにもこの劣化クズが
こびりついている可能性もあり
これが水圧低下になる可能性もあるので
今回のストレーナー掃除と一緒に
水漏れしているバルブのパッキンも交換することにしました

前日に購入しておいた三角パッキン
三角パッキン


ボイラーにあるバルブは4つで
その内ボイラーに引き込まれている元栓を除くと
太陽熱温水器との切り替えバルブと
太陽熱温水器の給水と取水のバルブです
ボイラー配管

まずは元栓を閉めてストレーナーの掃除です
取水バルブからストレーナーを取り出します
取水バルブ

取り出したストレーナーには
やはり白いものが存在していましたし
サビで目詰まり手前にも見えます
取水バルブ ストレーナー

使い古した歯ブラシなどで綺麗に汚れを取り除いてから元通りに復元しました

同様に他の2つのストレーナーの掃除をしましたが
こちらの元は水道局からなのでこれほどの汚れては無く
ストレーナーにサビが付着している程度でした
やはり太陽熱温水器から戻ってきたストレーナーが一番汚れていました

次にこの作業と一緒に行った水漏れ修理ですが
経年劣化と長年の埃等が三角パッキンに噛んで痛み水漏れしていたのだと思うのです
水漏れバルブ

こちらは三角パッキンの交換ついでに
コマパッキンも手持ちがあったので一緒に交換しました
水漏れバルブ

取り外した三角パッキンとコマパッキンに
新しい三角パッキン
パッキン交換

こちらも取り外した逆の手順で元に復元しました

作業終了後元栓を開けてしばらく放置して水漏れの確認をすると
取水バルブから水漏れしています

増す締めして一晩確認しましたが
やはり水漏れは収まらずよくよく確認すると
元に戻したストレーナーにパイプに巻かれていた
テープが噛んでました(笑)

テープを剥がすのが面倒だったので
ストレーナーの部分だけ切り開いてやったのが原因です
やはり横着するとダメですねやり直しです

テープを剥がし水漏れ箇所に間違いがないかを確認してから
水漏れしていたストレーナーを再度取り外して
念の為Oリングの接触部分を反対面にして
薄くシールを巻いてから元に戻しました

下に新聞を敷いてしばらく水漏れの確認をしてから
全ての保温材を巻き直して今度こそ作業終了しました
水漏れ確認


関連記事