FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2019年03月30日 (土) 22:59 | 車中泊 | 編集 |
29日に有給休暇を取って名古屋に行ってきました


28日
仕事終わりに給油に立ち寄って
19時30分に家を出ます

コースはいつもどおり
国道41号線をメインに南下します

23時20分
いつもの道の駅美濃白川にて休憩してから名古屋市まで向かいます


29日0時50分
名古屋市のいつも利用している駐車場に到着したのだけど
駐車場は閉鎖されていました

そこで以前使用したことが在る他の駐車場に移動します
運良く空きがあり更に一番奥の場所が空いていました

ドライブレコーダーより
タイムズ

一番奥に駐車してから
毎回使用しているローソンストア100に向かい
明日の朝食などを調達します

今回はコーヒーとパンとスイーツの計7品

レジにて楽天ペイで支払おうとすると
レジにPayPayのロゴが在りましたので
PayPayにて支払いを済ませました

支払い後に確認画面を見ると
見慣れない画面が現れています

おぉ「やたら当たるくじ」にやっと当たりました
PayPay

今回支払い分の756円が後日戻ってきます
PayPay

スイーツ類は要冷蔵の品だったので
飲み物と一緒に冷蔵庫に入れて就寝しました

朝は肌寒いですが持ってきたストーブを使用するほどでは在りませんでした
とりあえず冷蔵品のスイーツを先に頂いてパンは後回し
朝の7時位からソーラーパネルでの発電が始まりましたので
8時過ぎに一度冷蔵庫の温度を−10度位まで下げて置いてから
ポータブル電源G500の充電に回しました

昇圧して2時間ほどG500の充電をして
表示上では2セグメント充電しました

今日は天気も良かったので
その後はG500に急速充電で減ってしまった車の鉛バッテリーに充電しながら
16時までは冷蔵庫の保冷に同時に使用する設定に変更しました

16時以降は車内外の気温も下がると考えて
冷蔵庫も21時位までは電源が切れていても10度位の保冷なら充分効いていると考えます

10時30分を過ぎてから11時に開店するいきなりステーキに向かいます
富山を出る前から今日は平日なのでワイルドステーキを食べる予定でした
というか本日は偶然29日で肉の日ですし
吾輩の体も肉を欲しがっていますので夕食もとんかつの予定です

車中の就寝前に29日の肉の日ということで
専用アプリで肉マネーチャージを行いました

通常3000円チャージで1%のボーナスが
本日は5倍で3150円分チャージできました
いきなりステーキ 肉チャージ

11時開店直後にいきなりステーキに行くと
行列は無くすぐに席に案内されましたが
その後も多くの方が来店されてすぐに多くの席が埋まりました

オーダーは殆どがやはり平日ランチ限定のワイルドステーキでした
いきなりステーキ

今回はじめてアプリで会員になり支払いを済ませます
肉マイレージで451gが記録されています
いきなりステーキ

食事を終えてから
一度ドスパラに行き来店ポイントを頂きます
今回も平日だからか10ポイントでした
ドスパラでもPayPayで支払いができるので
実質20%OFFなのでアルカリ乾電池を購入しようかとも考えましたが
やはり来店ポイントで100ポイント頂いた時に購入したほうがお得なので購入を控えました

次にお隣のイオシスに行くと
こちらも以前から気になる
未使用のVAIO Phone VA-10Jが8,980円で販売されています

手にとって操作して見たのですが
もたつきも無く快適に操作できました

まぁアプリもあまり入っていないのですがね
前の操作された方が表示言語の設定を変更していたので
設定で日本語に戻してみようとしたのですが
結局字が読めず日本語に戻す事ができませんでした

こちらも欲しいと思いましたけど
年末年始に中古honor6を3台 合計14,000円を出費していますので
こちらも我慢です

そんな感じでそろそろ猫ギャラリー(Cats Gallery)の開店時間になるので
お店に向かいます

12時開店の5分前には店に着いてしまいましたが
看板にはOpenと出ていたので
入店して平日フリータイムで利用します

お店の方がモコを肩に乗せてくれました
モコ


はな

閉店までの19時までにゃんこを堪能してから
次に無印良品へ向かいます

事前に調べると近くの名古屋パルコの中に入っているようで
ここで以前ネットで高評価で紹介されていた撥水ミニウエストポーチ
気になって実際に手にとって見てみようと思っています

名古屋パルコにて実際の商品を探して手にとって確認してみたのですが
なんとなく大きさが小さく感じてしまいまた生地も薄く購入に躊躇します

悩んだ末実際に使用する機会があまり無いと考えて
今回は結局購入しませんでした
ここでPayPayで支払いできていたら購入していたでしょうが(笑)

名古屋パルコまで北上したので
そのまま栄の黒豚屋 らむちぃへ向かいます

ここは以前行ってコスパも良くて美味しかったので
今回の旅でも夕食はこちらで食べようと決めていました

19時30分位にお店に到着しましたが
やはり週末の夜で前回の時よりちょっと来る時間が早かったので
予想通り今回は満席でした

しばらく5分位待っていると席を案内されました

今回は3人座れるカウンター席です
らむちぃ

注文時に前回気になったエビフライととんかつが一緒になった
合盛りの商品を注文しようかと確認しましたが
合盛りの味噌かつは別料金になり更に大盛りも無かったので
結局前回同様の味噌かつ御膳 大になりました
料金に含まれる食後の品は抹茶アイスにしました

味噌かつ御膳 大 1,880円税込み
今回は別皿でネギをお好みでという事で頂きまして
頂いたネギは全て頂きました

写真はネギをまだ追加していないときのものです
らむちぃ

食後の抹茶アイス
らむちぃ

今回も美味しくご飯等のお代わりはしないで満足して店を出ました

店を出て車に戻る前に一度ヤマナカ つるまい店に行きます

主目的は赤からの1番のだしを購入することですが
もしかしたらと思っていた生せんべいも売っていたので
赤から4パックと店に在った生せんべい3枚を購入してきました

購入してから駐車場に戻り
しばらく車中でくつろぎます
冷蔵庫の庫内温度は11度まで上がっていましたが想定内です

車の鉛バッテリーの充電の方も
放電量(190Wh)より発電量(250Wh)の方が多かったです
ソーラーパネル

22時に駐車場を出て道の駅美濃白川に移動します
23時45分に到着してその後就寝します


30日 8時30分

朝車中でパンとコーヒーで朝食を済ませてから
道の駅美濃白川を出て富山へ向かいます


9時40分
道の駅 飛騨街道なぎさに到着です
ここで以前から気になっていた飛騨牛の串を頂きました
ジビエ肉の串も気になっていますが高い!

ここには飛騨牛の串を売っている所が2箇所在りますが
今回は外の小屋で売っている方の塩を頂きました

中のお店のは1本400円ですがこちらは450円
焼いてもらっている間に隣との値段の違いをちょっと聞いてみると
お隣さんのは分からないけどうちのは
下呂のホテルでさばいたA5ランクの冷凍していない冷蔵肉を使用しているそうです

焼く前の冷蔵肉も見せてくれましたがそれだけでも美味しそうなきれいな肉でした

実際食べてみると塩にして正解でした
うみゃい!ちょっと小さいけどここはリピート有りですね
飛騨牛串

結局30分ほど道の駅美濃白川に滞在してから
次に高山市に入ります

そこで気になっていたトラン・ブルーというパン屋さんにも立ち寄ります

こちらも相当以前から気になっていたパン屋さんですが
紹介ページによっては高級パンと分類になっている自分には猫に小判のお店
全国的に有名なお店で行列や朝は整理券が配られる人気店なので
これまで行くのを躊躇していました

今回も車が止められないようなら諦めて素通りしようと考えます

でも9時半に開店してしばらく経った
10時35分位に店の前に行くとちょうど良い時間だったのか
道路には駐車場整理をする係員が2人体制でしたが
駐車場に止めるスペースには余裕がありすぐに案内されて停める事が出来ました

駐車場には広島ナンバーの車も居ましたが
実際のお店は地元にあるパン専門店より狭く感じるくらいローカル的な普通の規模のお店です

雨が降っていたので店の入り口の写真のみで店の全景写真は在りません
トラン・ブルー

今回は5点を950円で購入
トラン・ブルー

トラン・ブルー

入り口に掲げられていたクロワッサンの焼き上がりの時間帯には
きっと混むのでしょうね
でもこの時間帯は意外と空いている事も解りました
今日の昼食はインデアンカレーなのでこれは今日の夕食にするかな

その後もフロントガラスに飛び石が当たるアクシデントが在りましたが
ガラスに問題無く地元に到着します
後でドライブレコーダーで確認すると飛んでくる小石が写っていました

13時10分に地元のスタンドにて補給した後に
インデアンカレーに向かいます

13時20分にインデアンカレーに到着して
いつものやさいたまごカレーにとんかつトッピングして700円!を
美味しくいただきました
やっぱりこのコスパは最高です
インデイアンカレー ヤサタマとんかつ700円

13時40分
店を出て13時50分に無事に家に到着しました
関連記事
2019年03月22日 (金) 23:30 | ヘルスケア | 編集 |
今週になって就寝中の深夜に喉の違和感から目が覚めてしまう症状が現れました

最近は春の時期のみに起きる咽頭炎の様です

鼻うがいをすることによって
以前より症状は軽微になったのですが
それでも毎年春にまだ再発します

初日(20日深夜)は何とかそのまま寝ました
この時はまだ咽頭炎とは考えず

2日(21日深夜)は深夜にのど飴をなめて紛らわします
ここで咽頭炎の再発と考えました

そして3日目(22日深夜)に鼻うがい(「霧滴微粒化ミスト吸入」法)をします
2日目と同様に違和感が現れてアメを舐めます

今夜も鼻うがいをしてから寝たいと思っています
関連記事
2019年03月18日 (月) 18:21 | 自動車 | 編集 |
先日、日常的には家の屋根にソーラーパネルを設置して
G500に直接接続して充電した方が良いような気がしていると書きましたが

良く考えるとその度に家の屋根と車の屋根に
ソーラーパネルを移設するのは面倒です(笑)

そこで良く考えると車に取り付けたソーラーパネルから
ソーラーチャージャーを通さずに結線を変更して
G500に直接繋いで充電したら済む事でした

早速今日は全国的に天気が良かったので
実際にどれ位充電できるのか確認してみました

朝の7時に車庫から出して
G500にソーラーパネルを直接接続します
充電前の残量は1セグメントの表示でした
そして確認してみると早速2Wで充電しています(笑)

1セグメント目が点滅した充電状態
G500 ソーラーパネル充電

会社に車で移動して会社の駐車場にてそのまま充電継続です
昼休みに車に戻って確認すると順調に充電していました

3セグメント目が点滅していました
G500 ソーラーパネル充電

17時に仕事が終わり確認すると
満充電で充電が完了していました!
G500 ソーラーパネル充電

天気が良ければ日中に車中放置で満充電できることが確認できました
朝7時から確認した夕方17時までの10時間で充電出来ました
ACアダプターでも空の状態から充電しても10時間位掛かるので
これは想像以上の結果でした

これなら車中にG500持ち込みで充電する方が良いですね

満充電したG500は早速PCのモニター等に接続してこのブログ書き等に使用しています
単純に500回の充放電が出来ると考えると年に50回使用しても10年かかりますので
リチウム電池の寿命が来る前にG500が壊れると思います

これでは車中泊にだけに使用していたのではもったいないので
G500が壊れる前に積極的に充電して使用して行きたいです

アメダス7時〜17時(600分)中の日照時間合計:563分
[READ MORE...]
関連記事
2019年03月16日 (土) 22:19 | 自動車 | 編集 |
フットGE6を購入して丁度10年になりました

メーカーが奨励する交換サイクルの上限は冷却水の場合
初回 200,000km / 11年と在り来年が交換時期です

来年は車検なので車検の時に一緒に交換するのが良いのですが
前回の車検で冷却水の不足分を補充されてしまい
それに756円も加算されていて
ちょっと不愉快だったので
次回に交換されるのがちょっとしゃくなので
自分で来年の車検前にクーラント液の交換を行います

取扱説明書にはリザーブタンクを含めて規定濃度50% 4.4Lとありましたので
余裕を持って6L分を用意します
※後で記述していますが6L分の必要は無いです

クーラント液は古河薬品工業(KYK)の原液タイプのLLC 2Lを
他に精製水を4Lとラジエーターの洗浄剤を1つ注文しました
【古河薬品工業 KYK】ロングライフクーラント 95% EX 緑 2L LLC-EX
by カエレバ


ソフト99 プロスペックラジエーターフラッシュ 300ml
<ラジエーターに注入するだけでサビ、水アカ、汚れを強力洗浄し、冷却効率が向上
by カエレバ



でも実際に届いたLLCの交換手順には先に原液をラジエーターに入れた後に
水道水で不足分を満たすと書かれてました
KYK LLC-EX
ネット上では精製水の使用を奨励していましたが
確かに考えてみれば今後は2年に一度の頻度で交換になりますので
水道水でも問題なさそうです

ではLLC交換作業に入りますが
その前にラジエーター洗浄剤を購入していますので
先にこの洗浄剤をラジエーターに入れて循環させないといけません

ラジエーターのドレインコックを緩めて
洗浄剤を入れる分だけ約300m程度の冷却水を抜きます

商品の手順には「20~30分アイドリングまたは走行後
必ず1~2時間以内にラジエーター及びエンジンブロックドレインから排水してください。」とあります
フィット LLC交換

交換作業をする時間から逆算して洗浄剤入れないといけません

吾輩の場合は買い物の用事を済ませてからLLCの交換作業をする事にして
洗浄剤を加えてから買い物に出かけました

赤っぽい液でサビ取り液の酸の匂いがしました

予定通り2時間以内に家に戻りLLCの交換作業をしました

ラジエーターのドレインコックを緩めてLLC液を抜き
その後水道水を加えてからエンジンを回して
ある程度冷却水を循環させて中の空気を抜いてから
エンジンを止めてラジエーターのドレインコックから
また水を抜くという洗浄作業を繰り返します

この時に暖房を内気循環の最大温度設定にし最大風量にて使用して
暖房に使用される冷却水側の液も循環するようにします

洗浄の為に水を抜くタイミングですが
冷却水が温まるとサーモスタットが開き
ラジエータの冷却水の水位が下がりますので
それを目安にするかもしくはラジエータの電動ファンが回るのを目安にします

まぁどちらかの目安時間を一度測っておけば
この作業の繰り返しが楽になります

しばらくこの作業を繰り返しますので
空いた時間を利用して先にリザーブタンクに入れる
約400mlのLLCを作ります

実は交換作業前にLLC液の劣化を確認する方法の一つに
LLC液に含まれている消泡剤の効果で確認する方法が紹介されていましたので
一応その方法でLLC液の劣化を確認してみました

写真右側が今回抜いた純正の10年使用した50%の青色SLLCで
写真左側が今回交換に用意した33%濃度で作った緑色LLCです

これを同時に振った直後の泡の発生状態がこちらの写真です
フィット LLC交換

泡の発生が全く違いますね
消泡機能に関しては10年使用で確実に劣化している事は確認できました

さてこの洗浄作業を繰り返していておかしな事に気が付きます
毎回ドレンコックから抜いた水の量が4Lより少ないのです

ほぼ満水の状態にして水を抜いていますが
抜ける水量は大体が2.3L程の量でした

つまり1.3L フィット(GE6)の場合
説明書に書かれていた冷却水の規定量4.4Lから
まずリザーブタンク分0.4Lを引いた
4Lから実際に水を抜く事が出来るのは2.3L程となり
1.7L程が中に残ってしまう事になります

この事からも中に水道水が1.7Lも残ってしまいますから
精製水の使用してもほとんど無意味になってしまいます

今回の使用は4Lの内LLC原液が1.5Lとなり
中に残った水道水が1.7Lとなり
補充する精製水の使用は0.8Lとなる事からも
精製水の使用は意味が無いと思います

これでLLCの濃度は計算では38%位となります
交換前は50%より薄い33%になる予定でしたが
結果的には38%位の濃度となりました

仮に原液を2.3L加えても58%までがDIYでの上限という事かな

また今回偶然に原液タイプを購入していたから良かったものの
もし50%のストレートタイプを購入していたら
50%濃度を2.3L入れても中の水道水1.7Lで薄まってしまい
結果的には濃度が約30%になってしまうので
原液タイプを購入して結果オーライでした

何度か洗浄作業を繰り返しましたが日も落ちてきたし
完全に中を洗浄する事もできない事が解ったので
まだ青色が残っていますがここで洗浄作業は終了しました
フィット LLC交換

先の作業手順通り原液1.5Lをラジエーターに加えてから
せっかく買ったので精製水を加えます
でも実は今回精製水4Lを購入したのですが
購入後に持っている事を忘れていた精製水の残り1L程を見つけてしまいました
なのでこの古い精製水を使用しました

リザーブタンクにも先に作成していた33%のLLCを入れて
とりあえずLLCの交換作業を終了です

後日リザーブタンク側の液量を確認して液が減少していれば補水して完了です


最後に抜いたLLCの処分には簡易トイレにも使用できる凝固剤を使用しました
Newsorb(ニューゾーブ) 簡易トイレにも最適:約100回分
高吸水性樹脂(1kg)自重の約400倍から700倍もの水を吸収してゲルを形成
用途例は、農業・園芸用、保冷剤、残土処理剤、結露防止壁紙、ゲル型消臭
by カエレバ

関連記事
2019年03月16日 (土) 11:54 | 自動車 | 編集 |
先日時速90キロ程で走行中に
屋根に取り付けていたソーラーパネルが
風圧で外れるというアクシデントに合いました


運良くソーラーパネル自体には損傷は少なく
細かな傷が付いただけで
電源ケーブルはMC4コネクター部分からちぎれていたのを
新たなMC4コネクターを取り付けて復活しました

今回の事を教訓に
風圧対策として前側はワイヤーで固定しました

そして今日は更にパネルが飛んだ原因の
風圧で屋根とソーラーパネルの隙間に風が入って浮いてしまうのを
防止する為に風よけをソーラーパネル前に付けました

以前購入して手元に残っていた
ダイソーの10mm幅のマグネットテープを2列にして
20mm幅にしてそこに15mm幅の防水すきまテープを貼りました
ソーラーパネル 風対策

これをソーラーパネルの前にマグネットで屋根に貼り付けているので
屋根とソーラーパネルの隙間に空気が入って浮く事は無くなり
これで90キロ以上出しても大丈夫だと思うのだけど。。

夏場の屋根熱で磁力は徐々に落ちていくと思うので
もし風圧で飛んでいってもダイソーで2点を216円で購入して
また作れるしこれ以上の出費はもう良いかな

最近になって高速道を走れる様にしなくても
車中泊をする時は基本有料道は使用しないですが
最近は無料の高速道も在る訳でして
まぁめったに高速道は使用しなので
高速道を使用する時は逆にその時だけ車から取り外して走ればいいじゃん!って気がしてきました

でも取り外すの面倒なんだよね
晴れていればいいけど雨の時とか夜に取り外す場面があったらどうするの?って感じですね

日常的には家の屋根に簡易的に設置してG500に直接接続して充電した方が
天気が悪くてG500の充電待機状態が続いて更に残量が減る事があっても
これまでの様に車に設置して昇圧してG500に充電して
バッテリー上がりをする心配はまず無いので
より安全に充電出来て良いような気がしています
関連記事
2019年03月15日 (金) 19:10 | 自動車 | 編集 |
ドライブレコーダーKENWOOD(ケンウッド)DRV-325の使用で
パソコンの専用のビューワーソフトROUTE WATCHER IIでは
表示される走行経路が1ファイル分(設定で最大5分間)しか表示されません

そこでグーグルマップのマイプレイスを利用して全走行経路を地図表示する方法として
これまでKENWOOD ROUTE WATCHER IIで全走行経路を地図表示する方法にて行っていましたが
もっとシンプルに変換で来る方法が無いかと調べてみると
RouteConverterという無料のGPSツールの存在を知りました
このツールはウィンドウズ、Linux、マックに対応しています



まずこのRouteConverterは82種類のGPSのログファイルをサポートしているので
これにてGPSログファイルを取り込んで
グーグルマップのマイプレイスに読み込めるファイル形式で書き出します

今回は2019.2.9-11 名古屋に往復した時のGPSログデータを使用しました




書き出す前にGPSの測位誤差の位置修正等の編集を
マップ表示して修正できます

編集前のGPSの測位誤差が生じている経路表示
編集前

RouteConverterで経路編集後の経路
編集後


修正後ファイルを書き出しますが
書き出す時は”ファイルをエクスポートする”を選びます

名前をつけて保存でも書き出せるのですが
この方法で行うと編集中に読み込んだファイルを
分割しポイントリストに複数リストが存在している場合
複数のリスト全てが保存されてしまいます

メニューのファイルリストからの”保存”や”名前を付けて保存”は
RouteConverterの作業ファイルを保存するメニューであり
他にファイルを読み込ませる為に書き出す場合は
ポイントリストメニューに在る
”ファイルをエクスポートする”を選びます

マイプレイスに読み込めるファイル形式は
CSV,XLSX,KML,GPXで容量の上限は5MBまでです
マイプレイスインポート

個人的にはデータ量がシンプルなGoogle Earth 3 (*.kml)形式が好みですが
こちらは表示したいデーターによって使い分けると良いでしょう
ただし先にも書きましたが上限のファイル量は5MBまでです

これで今までより簡単な方法で経路を編集し公開出来るようになりました
自宅周辺の経路を編集し削除した経路

関連記事
2019年03月11日 (月) 23:10 | 自動車 | 編集 |
前日の日曜日に
これまでソーラーパネルと車体のルーフ部分の
凸面を収めるのに銀パネを使用してパネルに仮止めした状態で
車体に取り付けていたので
これをダイソーの隙間テープで外周りを貼り
内部をこれまで使用していた銀パネを再利用して貼り付けました

今日の仕事帰りに
ふと来月に東京まで行くのを思い出し
ソーラーパネルを着けた状態で初の高速道走行という事になるので
確認しておかないとと思いつき
丁度前後に車が居なかったので確認する事に。。

加速していくと時速90キロ位でいきなり屋根から音がした!って
思った瞬間と同時にソーラーパネルが外れて後ろに飛ばされていました

丁度トンネルの中を走行中だったので
トンネルの外に出てから車を止めて
外れたソーラーパネルの回収に向かいます

取りに戻っている途中で
すでにソーラーパネルはお釈迦になって
再度購入しないといけないなぁ〜と思いつつ
後続車にパネルを少しでも踏まれない様にと久々に小走りして急ぎます

何台かの後続車が通過していきましたが
路面に落ちているソーラーパネルを無事に回収できました

外観は見た目そんなに傷んでいません
車に踏まれたようなタイヤ痕跡も無しでした

家に戻ってから再度確認確認します

車体側に損傷は全くなし

ソーラーパネル外観は細かな擦傷がありますが
落ち方が運良かったのでしょう
大きな目立つ傷は無く電源ケーブルは
コネクター部分で切れていました

ソーラーパネルを車体に固定していた4本の紐は
車体側のハトメの部分が4つ共ち切れていました

とりあえずテスターで電源が来ているか調べると
問題無く電源も生きてました

そしてよく見るとタイヤ痕らしき跡が1本在りました

新しいMC4コネクターに付け直してソーラーパネルは復活しました
車に戻り結線してソーラーチャージャーにて再確認しましたが
ソーラーパネルに問題はなさそうで良かったです

今回ソーラーパネルが飛んだ原因は
もちろん風圧に耐えられなかった事ですが
前日に隙間テープと銀パネを
これまでより多く使用してしまいました

その結果ルーフの凸面にこれまでよりフットせず若干の隙間が生じていたので
固定した紐をこれまでより強く引っ張った状態で固定しました
これまでより強く引っ張った状態で
隙間によりこれまでより浮いてしまい
その結果強い風圧が加算されたので紐が切れたのだと思います

なので以前購入していたワイヤーを使用して固定をやり直します

風圧が掛かる前側はワイヤーにて固定して
後部側はこれまで通りの方法でハトメで固定します


これで時間が無くなったのでとりあえず一般道走行は大丈夫だと思うので終了します

後は固定したパネルの状態はワイヤーに変更した以外は
全く同じなので今回同様ソーラーパネルが浮き外れる可能性があるので
ソーラーパネルが浮かないように
後日車体とソーラーパネルの間に空気が入って浮かない様に
隙間テープを前に貼りたいと思います
関連記事
2019年03月09日 (土) 22:18 | 家電・PC・ゲーム関係 | 編集 |
2950円という衝動価格に釣られて
衝動買いに近い形でヤフーショッピングでLEDシーリングライトを購入しました

Sonilux LEDシーリングライトリモコン付き
10段階調光 8〜10畳 最大4200lm HLCL-002
by カエレバ


届いた商品を早速取り付けてみると暗い

4200Lmの商品のはずなのに
今回交換した8年前に購入した4050LmのLEDより暗い
なぜ?

スマホで簡易照度計を利用しての測った数値は
8年前の4050Lmが624で
この4200Lmの商品は370と明らかに暗い

色は白色LEDと在りましたが電球色に近い色で
確認すると色温度:約 5300kと在りました

まぁこちらは色の確認しなかった吾輩の落ち度と言われればそれまでです

まぁいつもなら2950円の安物を購入したで諦めが付くのですが
今回の商品はちょっと騙された感が強いです

なぜなら商品説明には常夜灯付きと在り常夜灯が点灯している写真も掲載されていましたが
実際は調光機能で一番暗くしているだけの商品でした

同じ商品を販売している所ではこの事を説明している丁寧なお店も在りましたが
購入した店と同様に常夜灯が在ると説明があるお店も在りました

とりあえずレビューにはこの事を書き込みましたが
お店にはすでに通電していますし連絡する予定はありません

まぁ安かったのは事実ですが
この価格でこの機能というのであれは納得もできます
関連記事
2019年03月08日 (金) 21:24 | ヘルスケア | 編集 |
調べた限りでは2012年の春からリピートしている
美味しさは元気の源 【自然の館】の
完全国産100% 未来雑穀21(二十一穀米)+マンナンですが
いつも年二回春と秋に1kg1000円送料無料のセールの時にまとめ買いしています

\今なら半額以下/ 未来雑穀21+マンナン 1kg(500g×2)
完全 国産 雑穀で栄養・健康 お試しセット雑穀ご飯 送料無料
by カエレバ


今年もそろそろまとめ買いに時期なので確認してみると
以下のような案内が出ていました

ーーー
お客様へ大切なお知らせ
 平素より当店をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。 この度、2019年3月31日をもちまして日本郵便が提供する「ゆうメール」での 食品の配送サービスが廃止となります。それに伴い新しい配送方法として 「ゆうパケット」(※ポスト投函、追跡可)に全面的に切り替えを行います。

 誠に勝手ながらこれに合わせて、 2019年3月下旬ごろより随時、一部商品の販売価格の見直し、内容量の見直しを行う運びとなりました。

 今までも複数回の契約運賃の値上げがありましたが、原料原価の見直しや生産性の向上などで維持・吸収を行っておりましたが、 今回の大幅値上げは当店の想定を遥かに上回る結果となり、送料及び商品価格の改定を急遽、お客様へお願いするに至りました。
 お客様には大変ご不便ご面倒をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますよう心よりお願い申し上げます。

2019年3月吉日 自然の館 スタッフ一同
ーーー

完全国産100% 未来雑穀21(二十一穀米)+マンナンがこの対象商品なのかは
確認できませんが今回は多めにまとめ買いすることにしました

購入のタイミングによって
割引クーポン等が利用できるので
楽天市場とYahooショッピングのどちらかで購入していますが
今回は楽天市場で2つのクーポンが使用できました

2回に分けて合計7kg7,000円分からクーポンで300円引きで注文しました
関連記事
2019年03月08日 (金) 00:24 | 自動車 | 編集 |
先週から日中ソーラーパネルからポータブル電池 G500へ充電して
夜に充電した電気を使用しています

これまではバッテリー上がりに注意して控えめに充電していましたが
週末に大体の充電の構図が解った所で今週は攻めの充電にしました

まず月曜日は車のエンジンが掛かった移動中のみの充電で大体1時間弱の充電量
発電 消費エネルギー

発電量は60Wh
消費量(G500への充電量)は80Wh

火曜日
車で通勤中の往復と日中は15時までのソーラーパネルからの充電
発電 消費エネルギー

発電量は360Wh
消費量(G500への充電量)は330Wh

水曜日
火曜日と同じ条件
発電 消費エネルギー

発電量は180Wh
消費量(G500への充電量)は260Wh

木曜日
前日の2日間と同様の条件ですがこの日のみ曇と雨で日差しは無し
発電 消費エネルギー

発電量は40Wh
消費量(G500への充電量)は160Wh

この日は天気も悪く充電は期待できないと思いましたが
電圧が12V以下になるとソーラーチャージャーの保護システムと
G500の充電用に使用していいる昇圧モジュールが働かなくなり充電しなくなるので
バッテリー上がりはしないと思っていたのですが
結果的にバッテリー上がりをしてしまいました

仕事が終わりエンジンを掛ける前にログを取得して
電圧は12.2Vで問題無し
そしてエンジンを掛けようとセルを回すと
セルは一瞬回るけどエンジンは掛からず
バッテリーログ

ここでバッテリー上がりに備えて
準備していたジャンプスターターが初の出番です
使用して3度めでやっとエンジンが掛かりました

これで家に戻りますが
移動中の電圧をモニターしていても
バッテリーは空のはずなのに12V台で全く充電していない時間の方が多い事に気が付きました

これでは充電できていないので家に戻り充電器で充電する事にしました
充電していないのは最近の低燃費車には
まず搭載されている充電制御システムが関係しているみたいです

とりあえず充電をしてみると初期電流は5A流れていました
充電器 5A

2時間半後に確認してみると電流はまだ2.5A流れていましたが
バッテリーからは気泡の発生している音がしていましたので
ここで早めの充電終了です
後はオルタネーターとソーラーパネルからの充電に任せることに

終了直後の電圧は13.1Vでソーラーチャージャーのバッテリー残量表示は70%になっていました
このバッテリー残量表示は電圧で変化しますし
直前のバッテリー使用状況でこの残量表示と実際の残量とは全く違いあてにならないので
なるべく同じ条件で確認する事が重要です

つまり毎朝出社前のエンジンを掛ける前の電圧で確認するとか
走行しエンジンを止めてから1時間後に確認するとかです

話を戻して
簡単に今週の発電量と消費量を計算してみると
発電量は合計 640Wh
消費量の合計 830Whとなります

この段階で-190Whですが
ここにオルタネーターの発電分が消費量に加算されるのですが
今回のバッテリー上がり後に家に帰るまでの電圧をモニターしていましたが
全くオルタネーターによる充電がされていない様です

そこでこの充電制御システムについて
家に帰り再度調べてみると
カーバッテリーメーカーの説明では
「充電制御システムは省燃費技術の一部で
カーバッテリーの充電時間を短縮することで燃費を向上させています

しかしカーバッテリーにとっては必要最低限の電気しか蓄えられない
うえに充放電が頻繁にくり返され劣化が進行しやすくなるため
大容量バッテリーが求められています。」との説明でした。

実際の充電制御システムの動作ですが
自動車メーカーや車種によっても制御は微妙に違うと思いますが
調べると大体がこの様な制御をするようです
ーーーー
始動直後の一定時間はバッテリーに補充電し
補充電完了後オルタネーターの電圧はバッテリーの電圧相当に低下する

巡航時(Dレンジ)では
オルタネーターの電圧はバッテリーの電圧相当にの状態が維持されるので
基本バッテリーには充電されない


では充電する条件は
先に書いた 始動直後の一定時間

減速時 アクセルを戻すと共にオルタネータ電圧が昇圧される(充電開始)

Nレンジにする 停止中もオルタネーターの電圧はバッテリーの電圧相当の状態を維持していますがNレンジにするとバッテリーに補充電される

ワイパー、エアコン(ブロアモーター)、ヘッドライト等消費電力の大きい部品の動作中は補充電される

その他に長時間走行

充電制御中(未充電)時間が2時間を経過後
定期的に充電容量を確認し長時間の充放電により生じる電流積算値の誤差を修正することにより
バッテリー容量の低下を防ぎます
つまり高速道路の走行等の長時間の走行状態が続くと容量不足になるのでこれで補正します

運転時間の累積が20時間を経過した時も
定期的に十分な充電を行い充放電を繰り返すことによるバッテリーの寿命低下を防ぎます
ーーーー
まぁ他にもいろんなセンサーからの情報を元に補充電をするみたいです

どうやらバッテリー直付けで充電制御システムを通さないで
ソーラーチャージャーから充電と放電をしているので
充電制御システムの電流積算値に誤差が生じ
充電制御システムはまだ十分にバッテリー容量が残っていると認識して
今回の様な事が起きたとも考えられます

つまり通勤中の移動だと車バッテリー充電されているのは
エンジンを始動した後の一定時間と減速中の時と
暖房等の空調でブロアモーターが動作している時のみ
全く充電されていないのです

※ブロアモーターが動作していても充電しない条件が在る様です

確かに今日の帰りに電圧をモニターしていましたがこれで合点がいきました
走行中はオルタネーターから充電されていると思っていたのですが
通勤の走行ではほとんどオルタネーターからは充電されてなかったのです

これではバッテリー上がりますね
それも大体目安にしていた200Whに近い190Whで
今回はバッテリーが上がってしまいました

これは今後の充電は考えないといけませんね
とりあえず雨の日は充電しない
バッテリーにも休肝日ならぬ容量を貯める為に
G500へ充電しない休充電日も必要ですね

ソーラーチャージャーの電圧監視によるLOAD制御も
ソーラーパネルの発電中では電流に関係無く電圧が上がってしまい
バッテリーに充電されているので
LOADの電圧による制御が出来ていない事も今回解りました


まぁソーラーチャージャーは
日中は充電のみして夜に蓄えた電力を使用するのが基本みたいで
吾輩みたいに日中にソーラーの発電と同時にG500の充電に電力を使用しているからこの様な事が発生します

[READ MORE...]
関連記事