FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2018年12月28日 (金) 22:04 | 家電・PC・ゲーム関係 | 編集 |
メモ的な感じです

アルカリ電池やボタン電池が必要となる事があるのですが
以前なら100均で購入していました

でも液漏れや容量の少なさと
意外と安いなりの品質という感じしかしません

所が最近では探せば100均より安くて
もしくは実質安いアルカリ電池やボタン電池が販売されています

吾輩最近では上海問屋です

単三や単四アルカリ電池が8本で150円(税込)
アルカリボタン電池 LR44 (AG13) も10個で1パックで150円(税込)

リチウムボタン電池も各種類が5個1パックで150円(税込)で
全てが100均よりも1個あたりだと実質安くなります

更に現在送料無料で販売しています

安いなら性能もそれなりなのでは?

2011年06月17日に99円で販売された時の
記事「なんと8本99円、上海問屋が高容量で安価なアルカリ乾電池を発売」には
各商品のCDプレーヤーの連続再生テストを行なっています

その結果は国内メーカー品よりもバッテリー駆動時間が同等もしくは長いという結果になりました
もちろん100均電池でもテストした結果が載っています

現在も8年前と同じ性能なのかは確認できませんが
電池の販売ページには「100均電池より安くてしかも高容量で長持ち!」と
商品を紹介しているので100均よりは信頼して購入できそうです

もちろん他にも
アルカリ乾電池 単二 4本組で230円(税込)
アルカリ乾電池 単一 4本組で329円(税込)
こちらも100均よりも安く購入できます

先日試しにアルカリ乾電池 単二 4本組を購入しましたが
推奨使用期限は製造日から最大5年間(本体に印字)で
購入した印字は2023.11で
この商品もほぼ製造直後の商品が届きました
ドスパラ 上海問屋単二アルカリ電池

まぁ使用条件によっても変わると思いますが
予備の電池で持つのであれば
100均の電池よりは液漏れも少なく元容量も多く在り
推奨使用期限は製造日から最大5年間(本体に印字)なので
とりあえず持っていても良いと考えます

吾輩も今後は名古屋に行った時に必要に応じて購入したいと思います
関連記事
2018年12月28日 (金) 16:39 | 自動車 | 編集 |
今年の春にMonotaROで購入したHIDバーナーが返金・返品対応となりましたので
そのかわりのHIDバーナーを注文していたのが届きました

新たに購入したのはモデル信玄 3,980円(税込送料込み)
HID D2R 白光 【送料無料】モデル信玄
by カエレバ


これまでのは発色は4500Kでしたが
ポジション球のLEDの発色に合わせる為に
明るさが犠牲になるかもしれませんが
ケルビン数は近い6000Kにしました

HID D2R モデル信玄

HID D2R モデル信玄

早速交換しました

そうそうネットで注文する時はうっかりしていましたが
各商品が1年とか保証期間を設定していますが
これは専門知識を持った業者・ディーラーに交換してもらった時のみで
自身での取付作業による不良・故障は保証対象外になります

この商品もそうでした

手順は前回に書いてますので省きます

今回は明るさの比較ということで
前回は測定レンジオーバーで計測できなかったので
スマホの明るさセンサーを利用した照度計を利用して
明るくなったのか暗くなったのかだけを数値で確認しました

なので明るさセンサーにフィルターを貼り
遮光し減光した状態での計測なので数値を比較して判断します

まず交換前にシャッターまでの距離で測った平均は
左右どちらも平均で1300から1400位でした

その後まず運転席側の片側を交換して点灯の確認です
HID D2R モデル信玄

助手席側が4500Kかもしくは不良で黄色くなっている不良返品するHIDの一つです

問題無く点灯しましたので助手席側も交換しました
HID D2R モデル信玄


交換後明るさを計測すると
おかしな事に運転席側が平均で3000台で
助手席側が平均で1500台

発色も微妙に助手席側が暗い?もしくは黄色い?
もしかして純正バラスト個体差もしくは不具合なのでしょうか?

でも交換前は左右の明るさに差が無かったです
でもどちらかが発色の不良品なので明るさに左右の差が無いのは不良品で偶然なのかもしれません

それでも見た目は発色も揃えましたので
実際に車の前にて発色の確認です

光軸も問題無さそうですしポジション球との発色差も無くなり
HIDバーナーもこれまでと違い左右の色の差は確認できませんので
とりあえず交換完了です
HID D2R モデル信玄

周りが暗くなってから再度確認してみました

スマホの簡易照度計での平均値が右が2300左が1300
最大値は右が4500左2800
日中より値が低いのは窓からの外光の分か?
左右の色もやはり左が若干黄色く見えます
これが黄色いのか明るさが暗い分黄色く見えているのか
プラスチックレンズフード内部の曇りからか
白光 モデル信玄

どちらにしてもこれ以上は素人には無理だし
気にしても仕方がない
個人的にもこれぐらいなら前回のモノタロウ製レベルだし
個体差としても受け入れられるかな


これがダメになったら次回は更に高い1年保証のfcl製
fcl HID D2R 6000K/8000K/10000K/12000K 純正交換用 バルブ35W
4,400円(税込送料無料)

fcl 35W D2R 純正交換用HIDバルブ 6000KFD2R-X-350206V
by カエレバ


もしくは信頼性で行くなら更にお高い3年保証で
フィットのHIDの純正品と同じフィリップス製かな
6,600円(税込送料無料)
PHILIPS(フィリップス) ヘッドライト HID バルブ D2R 6000K 2300lm 35W
純正交換用 車検対応 3年保証 85126WXX2JP
by カエレバ

関連記事
2018年12月28日 (金) 00:05 | honor6 Plus | 編集 |
中古のhonor6が手に入ったので
これまで使用していたhonor6をバッテリーを交換してみました
honor6 battery交換

バッテリーを購入してから半年以上経過しているので
そろそろ充電してやらないとバッテリーの劣化が進みそうです
honor6 battery交換


honor6 Plusの電池交換の方法はネットで探せば出てくると思います
HUAWEI Honor 6 Plus 交換用電池パック + 交換用簡易工具キット
by カエレバ



自分が参考にしたのは
バッテリーを購入したページに出ていた手順を参考にしました
honor6 battery 交換法

実はこれが罠でした

写真の手順通りカバーを開けてます
この時、ドライヤーで温めてから開けると
カバーを固定している両面テープが剥がれやすくなります
honor6 Plus


その後5箇所の固定ネジを取りカバーを開きます

所がここのネジが5箇所じゃなくて6箇所なのです
honor6 battery交換

最初それに気づかずカバーの裏に接着剤でもついているのかと思いつつ
ちょっと力任せに外そうとしましたがそれでも外れず

途方に暮れて手順写真を確認すると
元に戻す時のネジの箇所が6箇所になっていました

原因が解りカバーを無事に外すことができましたが
すでに遅しでカバーは変形してしましました
honor6 battery交換


その後も手順通りにバッテリーを外しますが
これも情報通りバッテリーが両面テープで強力に固定されています

これを外すのにも一苦労しました
最終的にはこちらも力任せでバッテリーの外見が変形するのを
承知の上で剥がし取りました
honor6 battery交換


剥がしている段階からカイロみたいに少し熱を持って来まして
取り出した後は外観が膨れて来て発熱も相当な物でした

バッテリー交換をするのを思い立った時
丁度バッテリー充電し終わって満充電の状態でした(笑)

実際に赤外線温度計で測ってみると90度前後出ていましたので
これはもしかすると破裂か発火するかとこれはちょっとやばいかな〜と
思い金属の箱に入れて離して放置してました

放置後熱が冷めて膨らみも引いた取り出したバッテリー
honor6 battery交換


なんとかバッテリーも取り外して後は手順通りに元に戻して
裏カバーをする前に動作確認です
honor6 battery交換

問題無くバッテリー残量は46%残っていましたので
早速充電しようと充電コードを挿しても全く反応しません

接触不良を考えて何度かバッテリーをつけ直してみたり
しましたけど結局充電は出来ません

カバーを取り外す時にプラスチックのピンセットを差し込んだ時に
カバーに隠れていた基盤を傷つけたか
力任せでカバーかバッテリーを取り外した時かは解りませんが
電源コードを挿したコネクターの部分まではちゃんと電流が流れていました

どちらにしてもお亡くなりになりました


今回交換して気づいたのがバッテリー残量がなるべく少ない状態で
交換した方が交換時のバッテリーの発熱が抑えられると思います

またカバーを開く時に電源ボタンに触れてしまい
うっかり電源が入ることが度々起きてしまいましたので
触れても電源が入らないようにスイッチにカバーをするとか
対策をしてから作業するといいと思います

またバッテリーを外す時は
一度外したカバーをして基盤を保護する事もお勧めします
もしくは基盤を全て外しましょう

基盤が無い側のボディ端からバッテリーを外したかったのですが
隙間が無くて基盤がある方からヘラを差し込んでテコの原理で浮かせてましたので
その時に基盤に力がかかって傷つけたのかもしれません

まぁこの様に失敗することもありますので交換される方は自己責任でお願いします
とりあえず購入した交換用のバッテリーは外して
もう一台のバッテリー交換の時に使用したいと思っています

交換に失敗した吾輩が言っても説得力が無いですが
交換自体は簡単です
罠にハマらなかったら今回も交換できていたと思います

また自分は今回バッテリーを購入していたので
自分でしましたが今はファーウェイやファーウェイ認定修理店で
バッテリー代を含めて7000円(税別)から12800円(税抜)程で交換してくれますので
自信がない方や面倒な方は保険代と思って交換依頼された方が良いと思います

Huawei Huawei honor6 plus 32GB (PE-TL10) [Gold 国内版 SIMフリー]
by カエレバ


【全国送料無料】HUAWEI ファーウェイ honor6 Plus スマートフォンバッテリー HB4547B6EBC
by カエレバ


関連記事