FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2016年10月31日 (月) 21:46 | 携帯電話 | 編集 |
その後楽天モバイルの解約のタイミングを
再度確認すると楽天モバイルヘルプの
Q.他社へのMNP転出の仕方を教えてください。にジャストミートの回答がありました

以下抜粋
ーーー
A.MNPの予約番号を取得する必要があります。
 予約番号は弊社メンバーズステーションから可能です。

 他社へのMNP転出後は、弊社に転出連絡が来た後に自動的に解約になります。
ーーー
昨夜フリーテルにMNPの予約番号の連絡をしたので
うまく行けば今日の午前中発送かな?と思っていたのですが
メールで発送の案内が来たのが21時台
これで早ければ明日の日中に届きます

届いたら即切り替えの手続きをと思っていたのですが
上記の回答で自動的に解約になることが解ったので
とりあえずフリーテルへの切り替えは
切替えセンターに切替え依頼の電話をしないでいると
有効期限日に自動的に切り替わるので
MNP予約番号有効期限まで切り替え依頼しないで
楽天モバイルを使用します

せこいけどせっかく月基本料を全額払うんだから
ギリギリまで使い倒してフリーテルの使基本料を抑えないとね

追記::翌日SIMが届きました
フリーテルsim


関連記事
2016年10月30日 (日) 22:23 | 携帯電話 | 編集 |
28日の夜に急に思い立って
楽天モバイルからフリーテルへMNPしました

ただ楽天モバイルからMNP番号を取得するのに2日掛かりました
楽天モバイルMNP

しかし予約番号が発行されたという案内ももう無いんですね
解約するユーザーには冷たい事💢

フリーテルには予約番号無しで申し込んでいるので
メールで予約番号を送りました
これで問題がなければ早くて明日の31日発送で1日にはsimが届く予定です
関連記事
2016年10月30日 (日) 13:14 | Xperia SO-03D | 編集 |
【CWM】ClockworkmodでのカスタムROMの書き込み(ROM焼き) の記事
読むと違うAndroidバージョンでも書き込みが可能らしい
そこでXperia SO-03Dで
実際にAndroid4.0.4からAndroid4.1.2に可能なのか確認です


CWMでROMのWipeを以下の3つの項目で実行します

wipe data/factory reset
 …data以下のユーザー領域をwipe(cache含む)、端末の工場出荷状態に近い
 ※sdcard領域内(/data/media)にあるデータは消えません
・mounts and storage>format /system/
 …systemをformatしOS自体が消去されます
・advanced>wipe dalvik cache
 …dallvik cacheをwipe

その後CWMでバックアップを取ったAndroid4.1.2のファイルでリストア
リストア完了表示後にシステムリブート

その結果はダメでした

Sony Ericssonのロゴ表示後に青LEDが点灯し
その後画面が変わりそのままブラックアウト!
画面が落ちて最初の起動に戻るというリピート状態に

ダメだと解ったところで
青LED点滅時にボリュームボタンを押して
CWMのリカバリーモードには戻れたので
Android4.0.4に戻すことに

CWMのAndroid4.0.4バックアップファイルで
再度リストア処理をして4.0.4には無事戻れました

4.1.2の起動は出来ませんでしたが
Android4.1.2からAndroid4.0.4には戻れましたから
Androidのバージョン違いの書き込み自体には問題はないのかもしれません

もしかするとですが
日本の端末向けのAndroid4.0.4から
海外向けのAndroid4.1.2を書き込んだのが原因かもしれません
関連記事
2016年10月29日 (土) 01:03 | 家電・PC・ゲーム関係 | 編集 |
最近良く利用しているロジテックダイレクト@楽天市場店

ご購入者様限定SALEの案内で
再生品ポータブルHDD 500GBが2,780円 (税送料込み) と言う事で衝動買い

Seagate Backup Plus Slim

楽天ポイントが在ったので
2680ポイント使用して100円の支払いで購入しました

注文後2台購入しとけば良かったかなとちょっと後悔しましたけど
このご購入者様限定SALEはよく案内が来るので次回も利用したいです

本日注文した商品が届いて再生品の動作などをチェック

届いた箱の中には、本体とケーブルそして取扱説明書
Seagate Backup Plus Slim 箱

HDDの外観は綺麗で下面には傷保護のフイルムも貼らたままの外観は全く問題無し
返品の製品だけど製品自体には全く問題のない商品が届いたみたいでラッキーです
Seagate Backup Plus Slim 外観

購入後にこの商品を調べて標準でDashboardというバックアップソフトがHDDの中に入っているのですが
それが入っているのかちょっと心配でした

早速HDDをMacに接続すると空の状態
やっぱりソフトはつかないのか〜と思いつつ

商品の説明を見るとやはり「Dashboard」はHDDに通常は入っている
どうやら返品された商品ということで初期化されたようだ
説明書

「Dashboard」をダウンロードできないか調べてみると
Seagate のHPでダウンロードできそう

Mac用の「Dashboard」をダウンロードし
スマホ用のバックアップアプリ「Seagate Backup」もGooglePlayからインストール
Seagate Backup

結果から言うと
アプリはHDDに入っていませんでしたが
ダウンロードする事によって使用できました

とりあえずモバイルデータとFacebookのデータをバックアップ
「Dashboard」メニュー

最初、バックアップが取れなかったのですが
HDDの出荷時フォーマットがNTFSだったので
Macでは書き込みできず
HFSに再フォーマットしたのですが後で
MacでもNTFSフォーマットに読み書きができる
Mac OS用パラゴン・ドライバ(10.9.以上)が提供されていました

NTFSなら外出先のネットカフェでも使用できるしと思い
早速NTFSに再フォーマットしMacに
Mac OS用パラゴン・ドライバをインストール

無事NTFSでも読み書きできるようになりました
Seagate 情報


詳しい「Dashboard」の操作方法などは先程のASCII(アスキー)
Seagate純正!スマホ内データを自動保存する外付けHDDをチェックで詳しく出ているのでそちらをご覧ください


まぁこれは良い買い物でした
関連記事
2016年10月29日 (土) 00:01 | 携帯電話 | 編集 |
現在楽天モバイルの3.1GBパックの契約をしていますが
9月に以下の案内がメールで楽天モバイルから在りました

問題は(6)と(7)です

ーーー 一部抜粋 ーーー
【重要】楽天モバイル ネットワーク環境変更に伴うAPN(アクセスポイント名)設定変更のお願い

◎APN設定変更後のサービス変更点
APN設定変更後は、以下の点についてサービス仕様が一部変更となります。
 (1)3.1GBパック/5Gパック/10GBパックは、各3.1GB/5GB/10GBプランに名称が
  変わります。
 (2)3.1GB/5GB/10GBプランからベーシックプランへの変更時でも、プラン変更前の
  高速通信残量は消失せず、プラン変更後に繰り越し分として引き継がれます。
 (3)「容量追加パック」でご購入の高速通信容量にも、高速通信のON/OFFが適用に
  なります。
 (4)通信速度制限時でも、通信開始時の75KB分は高速通信となります。
 (5)APN設定のご変更前は「メンバーズステーション」へのアクセス時でも高速通信
  容量を消費しておりましたが、変更後は消費対象外となります。
 (6)APN設定のご変更前は「容量追加パック」のご購入により、3日間制限中でも高速
  通信が可能でしたが、変更後は高速通信は不可となります。
 (7)低速モード(200kbps)時の通信も、3日間制限の通信量の対象になります。



楽天モバイルでは、引き続きサービス向上に努めて参りますので、お客様のご理解と
ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
ーーー

吾輩はたまにしか使用しないので
ず〜と繰越し毎月6.2GBの通信残量が在ります

今月も後5日残して現在0.7GBの使用
楽天モバイル今月の使用量


3日間通信制限まで残り510GB
楽天モバイル3日間

最近は月1GB使用したら良い所なので
(6)の様な追加パックの購入は今後もまず無いと思います

それでも今後利用したい時も出てくるかもしれませんが
その時に追加パックを購入しても低速のままでは全く意味が無い

これではもしもの時の安心感がない!

更に繰越しで6.2GBを頂いても3日間で540GB使用したら通信制限がかかります
これでは計算上
1日180MB(540MB/3日)の1ヶ月(31日)で5.58GB

結局6.2GB使えないじゃん
まぁ翌月繰越で残りは使い切ることも可能ですが
先程も書きましたがそんなに使用する機会が無いのです


追記:訂正です
3日間の合計で540GB使用したら通信制限がかかるのは翌日です
なので通信制限前に6GB残っていればまるまる使用できる事に

フリーテルへのMNP最終日に使えるだけ使ったのですが
540MB以上使用しても速度制限が掛からず
確認した所アプリ画面に”翌日の高速通信制限まで”と書かれているのを見つけましたm(_ _)m
残り0MB



とどめが
(7)の低速モードの通信量も3日間制限の通信量の対象って何なんだ!

どこがサービス向上なのでしょうか?
サービス低下としか思えないので理解と協力は無理!
楽天モバイルとの付き合いはこれで終わったと思いました


そこで次の乗り換え先候補はフリーテル

「使った分だけ安心プラン」の契約にすれば
利用通信量にあわせて請求されるので
これまでの楽天モバイルの3.1GBの基本料(データ通信+SMS+音声)1600円
1GB超えの3.0GBまで使用できます
もちろん1GB使用しなければ1199円になります

つまり今の使用量から考えると月1,199円になるはず
差額401円

使った分だけなので3日間制限等の通信制限も
現在は10GB(3,170円)まで無し
2016年12月からはプランが追加されて
20GB(5,570円)まで通信制限無しになるのだと思います

サービスも料金も吾輩のニーズに在ったものだし
低速モード(「フリーテルの名称は節約モードで最大で200kbps」)切り替えサービスも在ります
もちろん「節約モード」の時は料金が上がりません

ネットで調べると
フリーテルの「節約モード」時の最大200kbpsというのがちょっと気になります
「最大」なんだよね
楽天モバイルは200kbpsとなっているし実際フリーテルは遅いみたいです

まぁ今後購入してみないと解らないし
使用場所の通信環境でも変わってくると思うので
ど田舎の吾輩の地域では都会のような激遅にはならないと思うんだけど甘いかな?
あっ!ど田舎だとバックボーン自体が細いかも

楽天モバイルの解約手数料も1年経過したので無し
電話番号乗り換えのMNP転出手数料が1電話番号につき3,000円

フリーテルが現在キャンペーンで初期手数料3,000円が299円
docomo SIM発行料(2016年10月1日より) 394円

SIM発行料が今月からというのが痛いがSIMの送料だと思う様にします

後注意が必要なのがフリーテルのMNP転出の時のMNP予約番号発行手数料

楽天モバイルは3,000円ですが
フリーテルから他社へMNPする場合1ヶ月目15,000円から毎月減額
12ヶ月目で4,000円13ヶ月以降で2,000円となり
短期でMNPすると高額のMNP予約番号発行手数料が請求されます

後は楽天モバイルの解約月の月額料金は満額かかるので1,600円

つまり少しでも安くしたい場合
月末に手続きすれば
フリーテルの「使った分だけ安心プラン」契約だと
999円(〜100MBまで)で済む場合も

ここまで書いた時点でフリーテルに申し込みしました
注意しないといけないのが楽天モバイルは
MNP予約番号の発行に申請してから最短で翌日~3日程度時間が掛かること
楽天モバイルMNP


31日までに楽天モバイルを解約したいと
急に思い立ってフリーテルに申請した後に
楽天モバイルにMNP予約番号の発行を申し込んで発覚!

こんなに時間がかかるとは
解約する客にはサービス悪いのね
他社も予約番号発行にだいたいそれぐらいの時間を頂いてました

楽天モバイルから予約番号が発行されてから
フリーテルに番号を申請してその確認ができてからSIMの発送だからまず間に合わないだろうね

日曜までに発送されれば31日着でギリギリ良いんだけど
切り替え手続きの受付が9時〜18時までとは

追記:

楽天モバイルの
携帯電話ナンバーポータビリティ(MNP転出)項目には
「解約時にMNPでの解約を選択された場合は他事業者へのMNP転入手続きの完了日がサービス終了日となります。」

お申し込み/ご契約・ご解約の項目には
「毎月15日までに楽天モバイルカスタマーセンターにて解約のお申し込み手続きが完了された場合、当月末で解約となります。」

とあるので自分は「解約時にMNPでの解約」を選んでいません
ただ「MNP予約番号の発行」をしただけ

ただ発行申請の時にMNP(解約)の理由みたいのが在ってそこで選んでいるのが解約なのかな?
MNP後に確認して解約されていなければ15日までに解約したら良いのかもしれません


その後再度確認すると楽天モバイルヘルプの
Q.他社へのMNP転出の仕方を教えてください。にジャストミートの回答がありました

A.MNPの予約番号を取得する必要があります。
 予約番号は弊社メンバーズステーションから可能です。

 MNP予約番号の申込みをしてから2~3日後に予約番号が払い出しになりますので
 メンバーズステーションにてご確認ください。

 他社へのMNP転出後は、弊社に転出連絡が来た後に自動的に解約になります。

自動的に解約になることが解ったので
とりあえずフリーテルは
切替えセンターまで切替え依頼の電話をしないでいると
有効期限日に自動的に切り替わるので
MNP予約番号有効期限まで楽天モバイルを使用します


関連記事
2016年10月25日 (火) 22:10 | honor6 Plus | 編集 |
先日ROMバックアップツールをTWRPにして
やっとhonor6 Plusのバージョンアップが落ち着いたのですが
ちょっと気になる事が

CWM Recoveryをインストールしたシステムに
更にTeam Win Recovery Project(TWRP)をインストールしたので
内部ストレージにCWM Recoveryのフォルダが残っていて
それを消してもすぐに自然発生してきます

CWM Recoveryの削除を検索して
CWM Recoveryの削除場所を探しても全く該当するフォルダもファイルも全くなし!

インストールしたCWMと消えないフォルダが気になるだけなんだけど
honor6 plusの場合どこにインストールしてあるのでしょうか?

  情報求む!です

もう一度インストールして
TWRPバックアップを利用して
システムだけ入れ替えれば済むのかな?
関連記事
2016年10月23日 (日) 23:22 | Xperia SO-03D | 編集 |
SONY製のカメラなんだけど
ガラケー時代からカメラのファイル名が”DSC_****.jpg”

昔からこのスタイルだったので
これまでこれが当たり前だと思っていたのだけど
初期化やフォルダを空にすると連番が元に戻ってしまって
更にこれまでのガラゲーもSONY製だったので
過去に同じファイル名が何度在ったことか

これはどうにかならないものなのかと
ふと思って検索してみると
やはり在りました

DSC Auto Rename

日本語対応で一応Xperia専用みたいに書かれているけど
他のスマホでも可能みたいな(確認してません)

SONYだと「DSC+連番」のファイルが作成されるけど
それを自動でも手動でもフォルダ指定することで名前を変更してくれます
同様に設定で動画ファイルの変更も指定出来ます

名前の変更する方法も以下から選択できます
・ファイルが保存された時間
・ファイルが最後に変更された時間
・EXIF情報

DSC Auto Rename メニュー

名前変換をするタイミングも
選べますが最初初期設定より遅く設定していると
名前を変換する前に
ファイル共有で写真が同期転送されますのでご注意を💦

また写真や動画を撮影した事を監視する方法も
選べますので
DSC Auto Rename 自動リネーム


名前変更も基本自分で好きな形に指定でき
設定したファイル名の例も表示されて確認できます
変換様式

もちろんオリジナルのファイル名を残して
変更したファイルを別にフォルダ下に作ってくれたり
どちらにしても他にも細かな設定が出来て自由度が高いので
好みにファイル名を自分のわかりやすい形に変更できますので一度試してみてください


関連記事
2016年10月23日 (日) 19:57 | 携帯電話 | 編集 |
honor6 Plusで初期化を繰り返す度に
LINEの引継ぎ登録をしていたら
頻繁すぎるのでしばらくお待ち下さいって感じで
電話番号の登録ができなくなりました

その時は後で再登録したら良いという
軽い気持ちでいたのですが

その後もhonor6の初期化をして
これまでと同様に引き継ぎ登録をしようとしたら
電話番号が登録されていないので
認証コードが届かない!

色々何か方法が無いかと探りましたけど
無い!

結局LINEは新規登録しました
LINE登録してあった方にはこちらからメッセージを送って
登録の変更をしてもらいました

アプリの設定の最中に更に仕事が増えてしまった
関連記事
2016年10月23日 (日) 17:17 | honor6 Plus | 編集 |
honor6 Plus のAndroidを5.1.1にしたのですが
その後からCWM Recovery の保存サイズがおかしい

一度はスマホ自体の動作は安定しているので
このまま使用していくつもりでしたが
そのつもりでCWM Recoveryでバックアップを取ろうとしても
今度は保存ファイルのサイズが大きすぎて
取ることが出来なくなりました

最終的には18GBまでサイズが膨れ上がりました

honor6 Plus には32GBストレージが在りますが
内部ストレージは25.77GB
そこのアプリとデータが入れると
簡単に空きが足りなくなりCWMが使用できなくなるのです

どうしたもんでしょう
ここで考えたのは
「もうAndroid4.4に戻そう」と

【CWM】ClockworkmodでのカスタムROMの書き込み(ROM焼き) の記事を参考に

CWMでROMのWipeの3つの項目を実行します

・wipe data/factory reset
 …data以下のユーザー領域をwipe(cache含む)、端末の工場出荷状態に近い
 ※sdcard領域内(/data/media)にあるデータは消えません
・mounts and storage>format /system/
 …systemをformatしOS自体が消去されます
・advanced>wipe dalvik cache
 …dallvik cacheをwipe

この時点でふと思ったことですが
この記事が2年前だからなのかnonor6 Plusが異端児なのか
Androidのバージョンが違うからかは分からないのだけど
記事には※sdcard領域内(/data/media)にあるデータは消えませんとあるけど
・wipe data/factory reset実行すると
honor6の場合
内部ストレージも初期化されてしまいます

CWMの書き込み為に準備したROMファイルも消去されてしまい
結果CWMでは書き込み事が出来なくなり先に進むことが出来ませんorz

なのでHonor 6 & 6Plus Multi-Toolを使用してインストール

前回、3つのwipeを実行しないでインストールしていたので
一度CWMをインストールして症状が改善されていないか確認しましたが
やはり初期状態でも保存ファイルは4GB超えorz

これでCWMでのバックアップを諦めました
CWMがこの端末のAndroid5.1には未対応という事で結論づけました

正直CWMでの保存も10ヶ月間使用してなかったので
安定していれば純正のバックアップで問題無さそう
今まで感謝です

その前にせっかくだからと
初のTeam Win Recovery Project(TWRP)をインストールしました

現在開発の更新が止まっているらしいCWMよりは
今後の将来性を考えるとTeam Win Recovery Project(TWRP)らしい

Honor 6 & 6Plus Multi-Toolを使用してTWRPをインストール

2.8.7.0というバージョンがインストールされ
起動方法が解らなかったけど
CWMと同じ音量大ボタン長押しで起動を試しました

いつもどおり画面がグレーになったら我輩の場合ボタン押しを離します

すると問題なくTWRPの起動画面表示になりました(手ブレ写真ですいません)
TWRP 初期起動画面

後はネットで使用方法を見ながらの操作
【TWRP】Team Win Recovery Project(チームウィンリカバリプロジェクト:TWRP)の起動と操作・使用

タイムゾーン設定
メニューから「Settings」>「Time Zone」に進んで
リストから「UTC +9(DSTチェック無し)」をえらんで
CWMでは設定ができないタイムゾーンを日本に変更します

そして試しにROMのバックアップ
メニューから「Backup」を選んで
バックアップしたい項目にチェックを入れ
最後に「Swipe to Back Up」の矢印ボタンを右にスワイプすると実行されます
※通常ROMのバックアップは「System」「Data」「Boot」の3つで問題なし
TWRP バックアップ設定画面

この時点で保存されるサイズが分かるので
CWMより良いですね
アプリを復元インストールした時点での
ファイルサイズは3.5GB前後

おっこれは使えるかも!

早速矢印ボタンを右にスワイプしてバックアップを実行

結果は内部ストレージ内にバックアップファイルが作成されました
保存されたファイルも3.4GBとこれまでのCWMの保存サイズ並

内部ストレージに保存されるので
これだとPCにバックアップを移動するもの
Android File Transferを使用してUSB接続で簡単に移動出来ます
Android File Transfer

TWRPが使えることが解ったので
一度CWMのバックアップで取ってあるファイルで
ある程度の設定まで戻してから
TWRPを上書きすることにします

あっ!これ動作が不安定だった時のCWMファイルでした
今回バックアップ取ろうとして取れなかったので
Android4.2に戻そうとしていたのでした(笑)

なので再度設定をしていきます

CWMの保存サイズがおかしいせいで
結局今週の休日も終わってしまった

これで問題がなければしばらくhonor6ネタは無いかな〜
関連記事
2016年10月22日 (土) 20:03 | honor6 Plus | 編集 |
18日会社のロッカーで着替え中に
スマホが棚から下に落ちてしまい保護ガラスが割れてしまった

先週からスマホは不運続き
嫌な予感がしたんだけど
電源も入りその時はホッとしたんだけど

後で見ると保護ガラスが割れていました
保護ガラス

まぁ保護ガラスだけですんだとラッキーだと思う事にします

即ネットで探して注文しましたけど
送料税込で488円!

一年でずいぶん安くなりましたね

偶然Xperia SO-03Dのも売っていたので衝動で同時に注文しちゃいました


クロネコDMで届きましたけど
問題無しです

早速honor6は張り替えましたけど

エア無しでやはりガラスは綺麗に貼れていいですね

関連記事
2016年10月22日 (土) 19:38 | honor6 Plus | 編集 |
先週からhonor6 PlusのAndroid5.1.1へのアップデートをしています

なんとかAndroid5.1.1にはなったのですが
初期化直後にCWMで保存したサイズが4GBと大きい
初期ファイル量

気になるので
また週末で時間が作れるので
二週連続で
再インストールする事にしました


まず準備としては
これまで設定したスマホのバックアップです

honorの端末に標準でインストールされている”バックアップ”で
連絡先、マルチメディア、アプリとデータ、システムデータをバックアップしました
バックアップ

zipファイルを作成
Titanium Backupのバックアップから
CWMでアプリをインストールする為にzipファイルを作成


更にCWMで保存
この時点で16GBのサイズになっていました
おいおい
やっぱりこれ絶対なにかがおかしいと思う
CWMでB336のアプリ設定後のサイズ

そして内部ストレージ内のCWMのROM保存ファイルを外部ストレージに移動して
バックアップ終了後

まぁ心配性なのでバックアップを3種取りました


さてこれからが本番のアップデートの操作


ところがここで問題


標準のローカル操作のアップデートが使用できない


ローカルで更新の操作をすると
再起動後CWMが先に起動してしまい更新できません

そこで荣耀6Plus可刷第三方REC
MT7-TL10_Recovery.exeを使用してリカバリー操作

ところがこれも使用できません
前回もですが何度操作してもリカバリーの進捗画面が出ません
どうやら自分のPC環境が原因の可能性が濃厚(WIN10使用)

次にHonor 6 & 6Plus Multi-Tool

ここで文鎮化した時に使用する予定に準備していたUnbrick機能を使います
前回はバージョン違いが原因だと思われる文鎮化しましたけど
今回は楽天用で同じバージョン
ただしここでもめんどくさかったので
PE-TL10C900B333から作った物を使用しました

元のスマホや初期化して入れるバージョンは
新カメラ機能も使用できるPE-TL10C900B336です

メニューから6:Unbrickを選びます
Honor 6 & 6Plus Multi-Tool:Unbrick進捗画面

データを流し込み終了の案内が出たのを確認してから
スマホの3つボタン押しの操作で
Huaweiの純正更新アプリEMUIが起動し自動インストールされます
emui SOFTWAREインストール

インストール完了後自動で再起動しますが
初期化されていますので
起動時間が通常より長いです

起動後使用言語を選択する画面が表示されます
使用言語選択画面

案内される使用言語や使用許諾、Wi-Fi接続設定等を
必要に応じて設定してアップデートは終了

これでほぼ初期状態のスマホの出来上がりです
次にroot化します

Honor 6 & 6Plus Multi-Toolでroot化

次にHonor 6 & 6Plus Multi-Toolを使用してroot化します
操作は以下の3つ

・BootloaderのUnlock化
・CWMのインストール
・SuperSUのインストール

HONOR_6_and_6Plus_Multi-Tool_menu

細かな操作方法はAriさんの
Honor 6 Plus をRoot化してみるを参考にしてください

ただし吾輩はStock Recoveryのインストールはしていません
これはStock Recoveryの操作方法と意味が理解できず必要性を感じなかった為です

上記の3つの操作をして
root化終了です


バックアップからのシステム・アプリ等の復元


すぐにTitanium Backupで作成したアプリのZIPファイルを使用しても良かったのですが
先にCWMでこの状態を一度保存しました

これは初期化直後のROMファイルが欲しかったのと
先の初期化後の保存サイズとの比較確認のためです

その後Titanium Backupで作ったZIPファイルを指定する予定でしたが
前回同様予想通り初期化時に内部ストレージも初期化されています

なので手っ取り早く
純正で入っているバックアップの
ローカル復元から復元してみました

この方法で大体のアプリは復元できました

前回と同様
LINEと燃費マネージャー、aSQLiteMangerはダメでした

LINEの年齢認証で使用する
aSQLiteMangerは
一見動いているんだけど
書き換えができず

LINEとaSQLiteMangerは
一度削除して再ダウンロードし
インストールすることで対応

ただしLINEはあまりにも頻繁に
アプリを入れ替えていたので
電話番号の登録にだけ制限がかかりましたが
年齢認証は書き換え済み

年齢認証書き換え前
LINE年齢認証未確認


年齢認証書き換え後
LINE年齢認証確認済み


最後に最初の初期化と今回の初期化での
CWM保存ファイルのサイズ確認ですが

前回は、4.13GB
CWMで初期化後のサイズ


今回は4.22GBでほとんど変化無しです
Android5.1初期化サイズ

どうなんでしょう?
Android5.0からメモリ保存関係の仕様が変わっている感がするので
これが関係しているのでしょうか?

後記:Android4.4で変わり5.0で改善されてました

なんとなく内部か外部ストレージ域の一部まで保存されている感が在ります

前回は壁紙の設定で
ロック画面の壁紙指定が表示上は保存されましたと出るのですが
ロック画面の画像表示は変わらず原因不明で変更できてなかったのですが
今回は問題無く指定保存できています
壁紙



前回の初期化後には4Ḡアイコンが表示されていたのですが
いつの間にか消えてましたが今回は復活して今の所在ります
4Gショートカットアイコン


Google Play開発者サービスは
前回同様に初期化後にはインストールさせていない状態で
Google関係アプリから案内が出ましたが
今回はちゃんとダウンロードできインストールされました

今回完全に初期化されたみたいで
Titanium Backupを起動すると
Android ID が変更されたという案内が出ます
Android ID確認

これはどうしたものかと悩むのですが
今の所問題がないので
書き換えは保留中です

まぁ書き換え前に在ったAndroidの不具合は今の所無しです

関連記事
2016年10月20日 (木) 23:59 | honor6 Plus | 編集 |
前日からの続き

とりあえずCWMが起動できなくなった原因ですが
Honor 6 & 6Plus Multi-Toolで
CWMをインストールした後に
Stock Recoveryのインストールの案内が出て
いつもはしないのに何故か今回一緒に行ったこと

まぁStock Recoveryのインストールしか原因が思いつかないです

そこでHonor 6 & 6Plus Multi-Toolで
再度CWMをインストールしてみると
CWMは問題無く使用できるようになりました
*後日音量大ボタン長押しで起動しなくなりました
 音量大+電源ボタン長押しで起動します

ここで一度前日に行ったアプリの保存をしたかったので
CWMで保存

しかし何故かバックアップ途中でエラーが出ます
最初は原因が解らなかったのですが
調べるとCWMの1回のファイルサイズが10GB前後在ります

過去に2回保存していたので内部ストレージの空きが全く無い!

アップデート前のファイルサイズが5GB位だったのに💦
それがなぜ10GBにふくれているのかな
おかしくないですかこれ?

意味が分からない

とりあえず
先にインストールしたStock Recoveryは
ネットで調べても必要無さそうだし
microSDカードを32GBのFAT32フォーマットに入れ替えて
System Tunerで昨日のアプリ設定の労力をバックアップ取り
CWMでも現在の状態を保存する事に

ところが2回分のCWMを削除して
新たに保存すると12GBに
バックアップの構成を見ると
約1GBのデータファイルが12個も在る!

いらないゴミデータが在るみたいですね
Honor 6 & 6Plus Multi-ToolのUnbrickや
MT7-TL10_Recovery.exeの転送データが残っているのでしょうか?


バックアップ後
一度工場出荷状態に戻してみますか

ということでバックアップです

Xperia SO-03Dで使用しているmicroSDカードを取り出して
PCにコピーして初期化

honor6 Plusに指すと
低速microSDカードだと注意される(笑)

まずSystem TunerでmicroSDカードにバックアップ
更にAndroidの設定>バックアップとリセット>
データのバックアップと自動復元を選択しデータをmicroSDカードにバックアップ

更に更にCWMで内部ステレージに保存後にmicroSDカードに移動

そして
設定>バックアップとリセット>データの初期化>内部ストレージの消去

その後EMUIのメニュー画面で工場出荷状態に戻す予定だったのですが
CWMが起動してしまいます

CWMをインストールしてたのが原因だと思います

そこでCWMメニューに在るwipe data/factory resetを使用しました
この操作では完全な工場出荷状態では在りませんが
その近い状態まで戻せるみたいです
root化の状態とCWMは残っていました

*ここで余談ですが
吾輩の勉強不足で
これまでAndroidのバージョン違いを焼く事ができないと思っていました
過去にXperia SO-03Dで4.0.4から4.1のバージョンへ変更するのに
また逆の場合もCWMのrestore操作で文鎮化してました

【CWM】ClockworkmodでのカスタムROMの書き込み(ROM焼き) の記事

現在のROMをWipe(消去)するに

特に、ROMのインストール手順でWipeを指定されている場合
異なるバージョンや種類のROM(例:Android 4.3→4.4やCM→AOKPなど)を書き込む場合は必ずWipeを行って下さい
と在ります

つまりWipe操作をしていなかったので文鎮化した
Wipe操作をちゃんとしていればバージョン違いでも焼けるという事ですよね
4.4.2バージョンのCWMバックアップファイルで試したい衝動が起きてます💦

話を戻してCWMのwipe data/factory resetを実行した後にリブート
いつもより起動に時間がかかりますが無事起動しました

初期状態に戻っているので使用言語から選んで行きました
ここでこの初期状態をCWMでバックアップ

保存されたファイルサイズの確認です
初期ファイル量

4GBまで落ちましたけど
う〜微妙
何故なら購入時の初期ファイルサイズは1.1GBでした
そしてアップデート直前に保存したファイルサイズは5.6GBでした

これが正常な状態なのかご存じの方もしくは
アップデート後の初期状態のCWM保存サイズをご存じの方情報をください
m(_ _)m

とりあえずこの状態でアプリなどを一度設定保存してからまた考えますか


4GBとまだゴミが入っていそうなので工場出荷状態に一度戻したい

アップデート前にCWMでバックアップしたAndroid4.4.2に戻して
再度アプリデータをバックアップしアップデート後のスマホに移行したい


その後Titanium Backup(寄付版)でCWMの保存ファイルからアプリを復元できることが解りました

Titanium Backupの使い方2:CWM(ClockWorkMod)のバックアップファイル(Nandroid Backup)からアプリを復元する。


Titanium Backupに694円の寄付をして
Titanium Backup寄付

System Tunerで取れてなかったねこあつめを
CWMファイルから復活です!
ねこあつめ

ねこあつめの壁紙がお気に入りでこれが欲しかった
ねこあつめ壁紙

ねこあつね壁紙2


lineはダメみたいです

あと燃費マネージャーも不安定で記録したデータがまず読めず強制終了します
ただレビューを見るとこれは機種変した方やAndroidバージョンアップされた方に起きているアプリ側の不具合みたいです
関連記事
2016年10月19日 (水) 00:14 | honor6 Plus | 編集 |
実は週末に行っていたAndroidのアップデート

ローカルで更新を行っても
以下の写真の様に失敗していたのですが

ローカルで更新

root化していても普通にインストールできるという情報も得ていたので
なぜ?って考えて見ると外部ストレージにアップデートファイルを保存しての操作

良く考えると外部ストレージのmicroSDカードはSDXC

フォーマットがexFATなので
対応していないと全く使い物になりません

今の所、問題在りのアプリは

CWM
 認識しません

ES File Explorer

最近何故かESファイルエクスローラでファイル操作するときも
外部と内部のストレージ表示が逆だったりしていました
アップデート後にストレージの表示は直ったのですが
何故かファイル操作をする度にexFATが原因でおかしな案内が出ます

ヒントで操作手順が出ていますが読めない
ES File Explorer


後記:後日こういう仕様になったのだと理解しました
 Android5.0で可能になったSDカードへの書き込みを試す


System Tuner
過去のバックアップファイルを認識しなかったり
新たにバックアップ操作をしても保存されずに終了します

後記:こちらはこちらのSystem Tunerの設定ミスでした



話を戻して

もしかすると原因はSDXCかもと思い
そこで内部ストレージにコピーして
再度ローカルで更新の操作を行ってみました

すると今までの苦労が嘘のように
インストールが終了して
システムを最適化しています

起動画面で楽天モバイルのロゴ表示が
復活してしまいましたがこれは仕方が無いですね

これで無事アップデートできました

と言いたいのですが
何故かアップデート後
Google関係のアプリから案内がでます

Google Play開発者サービスをインストールしてください。と

案内をクリックしてスマホからインストールしようとしても
アプリは強制終了してダウンロードできません

それならばPCでGoogle Playからダウンロードしようとしたら
何故かインストール済みとの表示で
ダウンロードできずorz

そこで再度3ボタン押しで強制的に更新操作
すると今度は中身が綺麗に初期化されて
立ち上げると使用言語の選択画面に
出荷状態に戻っちゃいましたorz
使用言語


これではバックアップを取っていたCWMが全く使えません
5.1でルートを取りCWMでバックアップを取ってからだったら良かったのですが
バックアップ無しになりました


後記:こちらの勉強不足でまだ確認は取っていませんが
    Androidのバージョンが違ってもCWMでwipe操作をする事で可能です



System Tunerのバックアップが在りますし
ゲーム系はサーバーにデータ保存されているし

それでも月曜から火曜日までは
ダウンデート(Android5.1⇒4.4)出来ないか試行錯誤してました

しかしうまく行かず

水曜はアップデート前に保存したCWMのバックアップは使用できませんが
とりあえずは、5.1で使用できるように
System Tunerからバックアップの在るアプリを復元したり
Google Playからダウンロードしたりして何とか使えるように

残念だったのは
ねこあつめの直前のデータが保存されて無く
更に古いデータから復元したのですがそれが相当古かった事orz

コンプリしていたので
また途中からは辛いっす

後記:ねこあつめは復元出来ました

ここで再度CWMでバックアップしようとしたのですが
何これまでの操作で
故か音量大押し起動ではCWMが起動せず
EMUIのメニュー画面になります
emui_menu

う〜むどうしてかな?

とりあえず
今日はここまで就寝です
関連記事
2016年10月16日 (日) 17:06 | honor6 Plus | 編集 |
ずーと保留にしていたhonor6 Plusのアップデート

今年の夏にはバージョン6にまでアップデートしているのに
吾輩のスマホは
まだ4.4のまま

購入して丁度1年経過して
保証も切れたのでそろそろ5.1にバージョンアップしようかと考えています
というかroot化した時点で保証は切れてますね

6はメーカーからダウンデート用が出ているくらいで
あまり評判が良くないので保留です

以前紹介していただいた
Honor6 Plus リカバリ CWM を参考にしました

root化していて
まずは文鎮化が怖いので
文鎮化した時の対応を先に準備しました


その後

荣耀6Plus可刷第三方RECダウンロードし解凍後
フォルダ内にあるMT7-TL10_Recovery.exeを起動します

MT7-TL10_Recovery.exe

中国語で表示がおかしく読めませんが
ここで3を入力後


MT7-TL10_Recovery.exe USB
電源を落とした状態でUSBケーブルを挿し
音量下げるキー+電源キーの長押しを続けて
PCの画面が変われば成功!?みたいですな?

中国語で案内が短時間出るのですが成功しているのかわかりません
画面保存もできませんでした

後記:通常リカバリ中と表示され進捗状況が表示されますので
    我輩の場合は失敗でMT7-TL10_Recovery.exeを使用できてませんでした


その後2つの音量キーと電源キーの3つを同時押しにして
起動させて楽天モバイルのロゴ表示後に
そのまま画面が灰色の表示になるとキーを離します

うまくいくと以下のHuawei software innstallingという画面が表示されて
dloadフォルダ内のUPDATA.APPでアップデートされます
Huawei software innstalling


この画面が表示されるまで悪戦しました
手順かキー操作が間違っているのだと思います

ところがです
この画面のダウンロード過程の進行表示のバー表示が
終了手前でフリーズした様に止まった感じになります(残り1mm位で止まります)

後記:この原因は外部ストレージのmicroSDカードにアップデータファイルを置いていたのですが
    外部ストレージのmicroSDカードはSDXC
    フォーマットがexFATで対応していないのだと思います


その後更に30分程放置しましたが
全く変化が無し

とっくにダウンロードも終わっているし
ダウンロード開始してからも3時間経過していたので
業を煮やして電源キーを押すと
電源キーが押された。システム破損したかもという案内が
Huawei software innstalling ng


再起動すると問題無くこれまで通り

その後も試行錯誤


次にメニューから2を選び
CWMを使用する方法も試して見るが
しばらく放置していたけど見た目全く変化なし

色々試したけどWindows10がいけないのだろうか?


ここでMT7-TL10_Recovery.exeを諦めて
文鎮化した時用に用意していた
PE-TL10C900B333から作ったファイルで
強制的に焼いちゃえ!って感じの最終手段

HONOR_6_and_6Plus_Multi-Toolを使用する事に

HONOR_6_and_6Plus_Multi-Toolの
メニューから6:Unbrickを使用します
HONOR_6_and_6Plus_Multi-Tool_menu


そして文鎮化


強制的に焼いてから起動しても
以下の写真のエラー表示に
文鎮化

やっちゃいました

まぁ後から考えるとAndroid4.2に5.1を強制的に入れて動くはずがないですよね

確認すると何とかFASTBOOT&RESCUE MODEは生きていたので
先のHONOR_6_and_6Plus_Multi-Toolメニューの6:Unbrickを再使用して
以前中華サイトからダウンロードしておいたPE-TL10用の
PE-TL10C900B324(Android4.4バージョン)を使用して再度焼いてみる

再起動するがやっぱり変化なし
楽天ロゴの後に先と同様のエラー画面


そこで次はCWMの再インストール

HONOR_6_and_6Plus_Multi-Toolを使用して
CWMの再インストールし再度電源を入れると
運に良くCWM画面に

メニューからリストアを選んで
この作業の前にバックアップを取っておいたファイルを使用

問題無く焼けて再起動させると
楽天ロゴが出ないでいきなりhonorのロゴが!

おぉ〜
楽天の起動ロゴが何故か消えたぞ

きっと中華版のPE-TL10C900B324(Android4.4.2バージョン)を入れたのが原因でしょうね

その後見慣れたアニメーションのhonor画面に切り替わり
いつもの見慣れたホーム画面に戻りました

何とか文鎮化から復活しました

休日はこれで終わってしまいました

今日この操作をしているときに
何度か工場出荷状態に戻すメニューが現れていたのだけど
これを使用したら良かったのかな?
emui_menu

それともこれを選ぶのが正解だったとか?
後で確認しましたがこれもダメでした

関連記事
2016年10月14日 (金) 22:16 | Xperia SO-03D | 編集 |
Xperia SO-03Dの液晶割れを直す為に
Xperia 液晶割れ



注文した中古特価品が届きました
届いたSO-03D

液晶に問題が無ければいいんだけど(笑)

まずは外観
塗装がはげている箇所が多かったけど
ボディが白なのでそんなに気になりませんでした
角の部分に落下によると思われる欠けが2箇所在りましたけど
他は全然綺麗で全く問題無し

液晶画面部分も気になるほどの深い傷は無く
手持ちの余った液晶保護フイルムを貼れば全く気にならないと思います

次に中身
電源を入れて起動させてみる
カメラ、バイブ、ワンセグ、スピーカーなど
思いつく動作確認をしたけど
問題無さそう
起動

液晶を交換しないでこのまま使用しても良いんじゃね?っと思うほどでしたが
すでに液晶割れのスマホは分解済みなので
同じ要領で分解

実は分解するまで
中の液晶部品だけ交換する予定でしたが
分解してみると
液晶とケースの部分が一体形成になっていて
分けるの無理でした
ケースと一体化した液晶

写真で見て上部に3箇所ネジで止める部分が在るのですが
どうやらここの部分の足に力がかかって中の液晶が割れた感じですね

そこで最初の予定通り
外した液晶とケースの部分を交換して
後は元に戻すだけ

はい
ちゃんと戻りました
交換終了

バッテリーの状態も良好表示でまだ使えそうだし

楽天の期間限定ポイントを使用したかったので
切りの良い1900円にして購入

まぁ良い買い物だったかな

並べて液晶表示を見比べるとちょっと液晶焼けしてる部分が在り
一度気になるとちょっと気になります
これは液晶割れ対策にもっと買っておいても良いかも
関連記事
2016年10月12日 (水) 22:15 | Xperia SO-03D | 編集 |
先日割れてしまったXperiaの液晶画面
Xperia 液晶割れ

もうほとんど使用していないんだけど
防水仕様だし意外と面白いスマホで紫ウォークマンはまだまだ魅力的
4.1.から4.0.4にバージョンを戻してワンセグやおサイフケータイも復活させたのに

なので最初は白ロムを購入するつもりだったのですが
Bランクのスマホは売れ切れ状態に

実は昨日まで2品Bランクが出ていてその日に売り切れてました

そこで同店から出ている訳ありスマホ 2,116 円(税送料込み)
部品取り目的で購入しました


ネット検索でSO-03Dの分解方法を調べていて
動画で見ると意外と分解も簡単そう



更に業者に頼むと2万円近く取られそうで
この動画を参考にすると
取り外した液晶画面側のパーツだけ
取り替えれば安く済みそうです

この業者のXperiaの修理目安表を見ると
液晶割れで19,800円
バッテリー交換でも12.800円で
但し書きには
※新品部品を入荷できない機種に関しては、中古スマホからの部品取りにて修理を実施いたしますとあり

新品でなく中古スマホから部品取りするなら
液晶画面側だけ交換なら自分でも出来そうです

週末にまで届けば休日の暇つぶしになるんだけど
関連記事
2016年10月09日 (日) 19:00 | 携帯電話 | 編集 |
Xperia SO-03Dの液晶割れで
白ロムの価格調べメモ

丁度楽天のポイントが5000ポイント超えなので
楽天市場で「白ロム SO-03D」検索する

Bランクの中古で送料税込みで 5,594 円

Bランクでこのお値段ならお買い得なんだけど
ちょっと書き込みでお店の批判が在ったのが気になりますが
まぁ書き込みの在った商品は訳あり中古でDランクでもない特価品ですからそこは納得しないとかな


出来ればポイントのみで購入できれば良いんだけど
ポイントがちょっと足りない(^_^;)
15日にはポイントが加算されポイントのみで買えるので
その時に商品がまだあれば注文してみようか

そこでふとhonor6 Plusの方の中古はどうよ?って調べてみると
何と!購入した価格より高い価格で中古品が売られている

新品はファーウェイ オンラインショップで21,384円税送料込みと中古品より安く更にお得!

まぁ最近新商品honor 8が出たので価格改定!で下がったみたいです

ちなみにhonor 8は46,224円 (税込)で売り切れ状態
楽天限定モデルだと税込38,664円で安く更に
特典で・HONOR GIFT BOX(マイク付きイヤホン、USB TypeCコネクタ、microUSBケーブル、自撮り棒のセット)が付きます

ただしキャンペーン期間中に"honor 8+SIM"のお申し込みをしないといけないので
本体だけ欲しい場合は46,224円 (税込)になっちゃいます
[READ MORE...]
関連記事
2016年10月09日 (日) 17:14 | Xperia SO-03D | 編集 |
honor6の不具合で
microSDカードを確認の為に
Xperiaから取り出したのだけど

確認後にふと画面を表示すると
今までに観た事のない模様が!

あれ?
microSDカードを入れた時に
不具合が生じたかと思い再起動したけど
変化無しでよく見るとなんか液晶割れてない?

それも液晶の表面では無く中の部分が割れているし

最近は机の上においていただけなのになぜ?
Xperia 液晶割れ

何か突起物が画面に当たったのかな?
なんか昨日からはスマホに色々起きます

白ロム買うか?
調べると5000円前後で販売されていますが悩みますね〜
本当にウォークマン専用機になっちゃいますね
関連記事
2016年10月09日 (日) 16:04 | honor6 Plus | 編集 |
9月の頃からカメラのデータが上手く保存できていない事が
たまに起きていました

そして昨日スクリーンショットの操作をすると
保存できませんでしたという案内が

購入して丁度一年
保証が切れたらこれかよ💢

一応原因が本体かSDカードなのかを調べる

再起動したり
ゴミファイルを削除しようと
設定からストレージを表示して
ストレージクリーナーを使用してみても

スキャン途中でフリーズしたり
画面自体が真っ黒表示で操作自体出来なかったり


他のアプリで確認しようとしたけど
今まで起動していた一部のアプリも起動しない

何かおかしなアプリアップデートしたかな?

ここでmicroSDカードに読み書きしている
アプリが動作しないことに気が付きました

microSDカードもhonorの購入に合わせて購入したのだけど
先程のストレージで確認すると
このカードの認識が遅かったりしなかったりしている

”マウント解除”操作をしても
解除しないで同じ画面に戻ってきたり

”カード内データを消去”の操作をしても操作が完了しない

どうやら不具合原因はこのmicroSDカードみたいです

とりあえず他のmicroSDカードと入れ替えて動作確認すると
やはりストレージでもすぐにカードを認識してくますし
動作不良を起こしていたアプリも
すべて問題無く起動動作しました

原因が判明したところで
不具合の起きているmicroSDカードを
一度Macでバックアップを取り
その後Macのディスクユーティリティで初期化フォーマット

バックアップしたファイルを戻して確認を取ると

復活しました!
普通にストレージで開いても認識されているし
アプリ動作も今まで通り

もちろんスクリーンショットも問題無くできました


一年前に購入した
microSDXC 64GB UHS-I クラス10 超高速90mb/s 変換アダプタ付 クリアケース付バルク品
【特価】1998(円) (税込、送料込)

やはりバルク品が悪かったのかな?

一年経過した現在
バルク品を購入した価格以下で
ブランド品の海外パッケージ物が購入できいる様になっています

まぁ今回のような頻度が増えれば買換えですね

関連記事
2016年10月02日 (日) 23:21 | 自動車 | 編集 |
以前から観光名所で走り出している公道カート

面白そう乗りたい欲しいって感じなのですが
公道カートを販売しているページを観てしまいました

50万円前後で買えちゃうんですね
ちょい乗りなら良いかも

まぁメモ的な感じです
関連記事
2016年10月02日 (日) 17:41 | 家電・PC・ゲーム関係 | 編集 |
最近 楽天でたまったポイントを使うのに
楽天をうろちょろしていたら
Bluetooth ワイヤレスイヤホンが目に止まった

そういえばMacBook Proのイヤホンジャックも壊れているし
USB接続でのイヤホン使用を考えて探して商品チェックはしていたのだけど

USB オーディオ 変換アダプタ USB A to 3.5mmステレオミニプラグ(ヘッドホン+マイク)USB サウンド アダプター PS3/Windows 98/SE/ME/2000/XP/Server 2003/Vista,Linux,MacOSなど対応可能 シルバー 日本語取扱説明書付きメール便発送

この商品に980円払うくらいなら
手持ちのスマホ2台にMacBook Proの1台に接続使用できる
Bluetooth ワイヤレスイヤホンかなと

楽天にてBluetooth イヤホンで検索すると

QCYブランドのイヤホンがなんか目に止まりました
何やらQY8という機種がイヤホンで楽天で最も売れているとか

楽天でQCY QY8が3,480円(送料別)

ところがこの商品
Amazonで調べると2,099円!

なんと!1500円近くも安く更に送料も無料で売られている


それならと上位機種のJPA1で値段比較すると

楽天では3,480円(送料別)なのに

Amazonでは3,120円(送料込)

Amazon安っ!
ここで楽天で買う事は無くなりました

後は在庫処分価格だと思われるQY8にするか
上位機種のJPA1にするか

吾輩
どうせ買うならと上位機種JPA1を注文しました

金曜の夜に注文して
日曜の昼に配達終了!

Amazonの過剰梱包(笑)から取り出し
中から商品の箱を取り出し
JPA1

中を開けるとこんな感じ
JPA1_1

中に入っているのを全部出してみる
JPA1_2

ここでAmazonで購入後に
JPRiDEからォローアップメールが届いていて
商品が届いたら行う手順説明がのっていました

箱の中にはもちろん日本限定商品なのだから日本語の説明書ももちろん入っているのですが
確かにこの説明書説明不足
最低限以下の事しか説明されて無く
もっと詳しく書けないものか

電源のON/OFFの操作方法も書かれていない(笑)
最初焦りましたよ
これはマルチファンクションボタンの長押しでした

長押しで青LED点灯しONと同時に音声案内が在ります
同様に長押しで赤LED点灯しOFFと同時に音声案内が在ります

ただ音声案内は英語
日本限定商品なら音声案内も日本語にして欲しかったかな

ON状態の時は青LEDが点滅しています

購入後最初に充電を行う事がご注意の項目に書かれているけど
商品が届いたら行うこの最初の手順説明というものが全く書かれてない

なので最初に届いた時の手順は以下の通り

以下フォローアップメールからのコピペです
ーーーー
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■
♫ 商品が届いたら:
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

 ♪ 付属のUSB-MicroUSBケーブルで充電して下さい。

 ♪ 充電が完了すると、ランプの色が変わります(赤 → 青)。
   
 ♪ お使いのブルートゥース機器を起動して下さい。
 
 ♪ 電源のボタンを押して下さい
   
   電源OFF:ランプ消灯
   ↓
   電源ON:ランプ青(このまま押し続けます)
   ↓
   ペアリングモード:ランプ 赤青 点滅

 ♪ お使いのブルートゥース機器上で、イヤホンを選択してペアリング完了
ーーーー


と言う事でまずは充電
充電用USBポートにモバイルバッテリー充電器を接続
充電端子

充電時間は2時間と書かれていましたが
気がついた時には1時間未満で充電終了してました
充電中

honor6 Plusでペアリングして早速音の確認

マクロスフロンティアのライオンで聞いてみましたけど
まぁ元のMP3ファイルの問題も在るし
正直あまり音にこだわりが無いので違いも分からないし
これまでと違和感も無いので問題無しです

次に壊れたイヤホンジャックのMacBook Proで
Bluetoothペアリングして動画再生

こちらも問題無く
音声出力がイヤホンに切り替わり
これでMacBook Proで堂々と動画再生できます

またフォローアップメールのよくある事例の中に
SONY XPERIA が音飛びするというのが在りました
---------------------------------------
♪ ケース7:SONY XPERIA が音飛びする
---------------------------------------
特定の機種で見られる現象ですが、
ソニーのエクスペリアで Bluetooth接続する音声機器が音飛びする、
という現象があるようです。

その症状を改善する方法として、
設定をする時にBluetoothの設定からではなく、
「機器接続」から「Throw」を選びヘッドホンを選ぶとペアリングし、
そこからペアリングしてみて下さい。


一応サブ機Xperia SO-03Dでも接続し確認してみる

接続の方は問題無し
音飛びも一応短時間での確認では無し

更にマルチポイント接続
同時にhonor6 とSO-03Dを接続して
切り替えて同じ曲を聴き比べましたが
違いは解らず

今気になるのは
説明書に在るボイスコントロールをオンにする

これはiPhoneで接続した時の機能なのか
使えません

honor6 plusでも使用の確認できました

商品説明に在るISO電池表示

これもスマホに残量表示されるんだと思うのですが
どうやらこちらはiPhone接続での機能みたいです
 追記:Androidバージョン5.1にアップデートすると表示されるようになりました
[READ MORE...]
関連記事