FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2015年11月15日 (日) 22:15 | メモ | 編集 |
以前購入した使い捨てプリンター
Canon プリンター インクジェット PIXUS iP2700



6月に購入してまだ箱からも出していないのですが
年賀状シーズンを迎え
Amazonの詰め替えインクの在庫も少なくなっている気配

更に地元の店頭にも並んでいないし
ネット通販でプリンターインクを専門に販売している所にも
リストから無くなっている状態

このインクはもしかして今後品薄状態になるの?

そこで今年は必要無いと思うけど
来年の3月に有効期限を迎える
アマゾンギフトの関係もあったので
詰め替えインクを注文しました

サンワサプライ 詰め替え(初回)用インク BC-311用 INK-C311S30S



サンワサプライ 詰め替え(初回)用インク BC-310用 INK-C310B60S


カートリッジに穴を開ける工具が手に入り
この詰め替えインクが無くなれば
その後はダイソーの詰め替えインクオンリーです💦

まぁ使い捨てプリンターですから
極力コストを抑えないとね

インクヘッドに寿命が来たら
再度本体を購入し同梱のインクのみ使用し
本体は一応壊れた時の予備かな?

もちろん本体が先に壊れたら
保証期間外ならまた本体を購入ですかね
関連記事
2015年11月15日 (日) 18:18 | 車中泊 | 編集 |
車中泊歴2年を経過して
夏場の車中の暑さ対策はまだまだです

2度めの夏も暑さに悩まされ
後部ドアを半開きにしたりして対応していましたけど
ドアロック出来ないのはやはりちょっと不安です

悲しいことにフィットを購入した時に
通常サービスで取り付けて頂けるサイドバイザーを
タバコも吸わないので換気も必要ないと思い
意図的に付けなかったのが最近になってちょっと後悔しています

取り付けていれば
降雨時にもウインドを少し開いて換気出来たのに

そこで以前ふとネットで見ていたリアゲートを開いて換気する方法を思い出して
来夏はその方法で対応したいと思っていました
この方法なら雨も入りづらいし

再度検索すると
ESボーンバー 大小2本セット【換気用バックドアフック】という販売されているものが
ヒットして確か以前見ていたのもこの商品

しかしお値段が8,640円(税込)💦

他の方法を探すと
過去に何度か参考にしている
日本一周 たそがれの旅に自作する方法が紹介されていて
参考にして吾輩も作ってみました

日本一周 たそがれの旅 車中泊の装備(13) バックドアのフックを作る

地元のホームセンターで
丸カンボルト8×70(¥80)とアイナットユニクロ8(¥200)を
合計280円で購入してきました
丸カンボルト

それを金鋸でカットし
ヤスリでカットした部分をR処理して完成!
テールドアフック完成


早速確認で取り付けてみましたが
ドアロックしても予想通り
隙間から手を入れてカットした部分から
外してドアを開けることが出来ました

防犯上これはどうしたものかと考えましたが
フックを通した後に長さ調整で丸カンボルトを締めることで
いい塩梅にボルトに引っかかり外れなくなりました
外れなくする

これで問題解決ですが
やはり70mmだとちょっと開きすぎかな〜

実は120mm角か80mm角のUSB5V電動ファンを購入して
隙間にセットし強制換気をしようかと思って
意図的にワンサイズ長いタイプを購入してきました

でもこれだと虫どころか小動物が入ってきそうです(笑)
これはもう少し閉じても良い様な気もします
後日丸カンボルト8×40を追加購入し
丸カンボルトの交換で開き具合を調整できる様にしていてもいいかもしれませんね
商品バージョンがそうだし💦

もしくは丸カンボルトをカットして短くして対応するかだけど
丸カンボルトはまだ安いので追加で購入した方が良さそうです

まぁ後は防虫対策にネットかカーテンして
できれば更に隙間にUSBファンをセットして
強制的に換気できる様にしたいです



でもどうなんですかね?
バックドアからは自然吸気にして
リアドアのウインドウから強制排気した方が効率は良いのかな

車内からの状態
施錠状態

車外からの状態
半開き状態


関連記事