FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2013年02月15日 (金) 20:42 | Mac | 編集 |
Volumeを同調させる

処理速度を上げる

タイムアウトエラーを回避する


・Volumeを同調させる

SyncTwoFolders の通常の設定では、フォルダを選ぶことは出来るのですが、Volumeを選ぶことが出来ません。

ただこれは出来ないのではなく、SyncTwoFoldersではこれを推奨していないのです。
なのでドライブ全てをシンクロさせたい場合は、Preferenceメニューから”Allow Synchronization with Volumea”を選びます。
スクリーンショット 2013-02-15 18.38.41



すると以下の様な"推奨しません"と、確認画面が出ますので構わず”Continue”をクリックします。
スクリーンショット 2013-02-15 18.38.49


これでVolume全体を同調する事が出来るようになります。

あくまでも推奨しないモードですので、個人責任での使用をお願いします。



・処理速度を上げる

・SyncTwoFoldersは、ファイルコピーを行うのに通常AppleScriptを使用しています。
それをオプションである、シェル・コマンド「cp -a」を使用してコピー処理を早く行う物です。

手順はメインウインドウ左下に在るチェックマークボタンをクリックするとオプションが表示されます。
後はリストに在る、"Use shell command to copy"にチェックを入れるだけです。
スクリーンショット 2013-02-15 20.13.49



後は、通常通りコピーされますが、コピー中Finderのコピー進行の画面表示が出ないので、一見するとフリーズしている様に見えますので注意してください。
吾輩はログを表示する事で進行が解るのでこれを回避しています。

 ※上記の紹介ですが、動作が不安定になり逆に処理時間が遅くなっている感じがしますので訂正します。



・タイムアウトエラーを回避する

これは、紹介するほどの事でもないのですが、SyncTwoFoldersは、ファイルコピーを行うのに通常AppleScriptを使用してますのでサイズの大きいファイルのコピー等、コピー終了に時間がかかると、”タイムアウトエラー”になるというものです。

これを回避するには、Preferenceメニューを開き"Copy timeout error in seconds"の初期設定”240”秒をより長く設定することで回避することができます。
関連記事
2013年02月15日 (金) 17:57 | Mac | 編集 |
SyncTwoFolders の同期機能を良く使っているのですが、英字メニューの為に今一つ理解できない項目もあり調べてみました。

基本操作は、こちらのMacOSXの新着アプリテスト記録とトラブルシューティングの”OS運用記録12月2”ページを参考にしていただければ大丈夫だと思いますが、このページでも触れられていない項目の動作を今回調べてみました。

確認したのは、Replace more recent という機能。

通常のSource replaced Taget モード に Manage dates 機能を追加し使用しますが、このモードに更に Replace more recent を追加した場合で、同名ファイルでSourceよりTarget側にあるファイルの方が新しい場合の動作です。

仮にSourceフォルダにA、TargetフォルダにBのフォルダを用意し、同名”swap用disk のコピー.dmg”のファイルを用意し作成日と変更日がより新しい物をBフォルダにしての確認です。
1Manege dates



この状態で、Simulation もしくは Synchronize を行うとログが表示されますが、Bフォルダに保存されてファイルの方が新しいので、選択ボタンが無くシンクロを行う事が出来ません。
Synchronize モードで行なった後にも同様に、書き換えせずに案内でログが表示されます。
2Manege dates log



しかし同じ条件で、Replace more recent 機能を追加した場合はどうなるでしょうか?
Replace more recent の意味は”より最近のものにする”という意味合いだと思うのですが。
3Replace.png



Simulation モードでのログを見ると、今度は選択ボタンが現れ書き換えも可能です。しかし見ると新しいファイルに古いファイルが上書きされる表示です
4Replace log




なので Synchronize モード で行うと新しいファイルに古いファイルが上書きされてしまいました
5Replace Synchronize



Replace more recent通常使用しなくても良い、注意が必要なモードの様です。
何かの間違いでBフォルダに上書きしてしまい元に状態に戻したい場合に使う物でしょうか?

関連記事
2013年02月15日 (金) 14:39 | Mac | 編集 |
ファイル同期のフリーソフトを探し操作がシンプルな simple sync を試してみました。

simple sync



設定できるのは、画面表示されている部分のみで、メニューからの設定画面はありません。

手順は、
1.”set source"アイコンをクリックし同期元を選択します。
2.”set desttination"アイコンをクリックし同期先を選択します。
3.”sync”アイコンをクリックすると同期を開始します。

オプションとして、
・delete backup files をチェックすると保存元から削除されたファイルも削除され同期元と常に同じファイルになりますので、ファイルが削除されることを理解の上使用してください。

・auto run にチェックすると次回からアプリを起動する度、保存された設定で10秒後に同期を自動開始します。
 この状態でマックのログイン項目に設定しておけば自動同期しますので使い方によっては重宝すると思います。


ターミナルコマンドの使用で?フォルダ内に含む不可視ファイルも同期しますが、その分処理速度は早い様です。
なので、各Volumeに接続する過程でVolume名が変わる可能性がある場合は注意が必要です。
*上記画像では、設定してたパスは、'/Volume/usbdisk1/' だったのですが同期しない為、確認すると '/Volume/usbdisk1-1/' に変わっていました。


関連記事