FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2013年02月04日 (月) 18:44 | 東芝 REGZA | 編集 |
今日ふと録画しているHDDを見るとアクセスランプが緑色でした。
今まで赤色だったので前日、HDDの箱を分解した時にきっと電源表示部の緑色とアクセスランプの表示部との仕切りでもずれた状態で組んでいたのかなと思っていたのですが、その後録画番組リストを表示したらめちゃくちゃ表示が遅い。

どうやら今朝からUSB1.1通信で録画していたようで録画していた2番組は共に録画はしているけど通信速度が遅く画面はブロック表示になり見るに耐えないので即削除しました。

とりあえず接続部の確認をして一度電源を切り再度確認をしたらアクセスランプが赤になり問題無くなりました。

何故USB1.1通信になってしまったのかは不明ですが、しばらく注意したいです。
関連記事
2013年02月04日 (月) 16:54 | Mac | 編集 |
最近ず〜と見直しばかり

それというのも3TBハードディスクを増設したので、今までのパソコン環境を見直し新しい環境に作り変えている途中にNASのLinkStationが壊れたせい

なので、その場しのぎで環境をまた変更したのですが、データのバックアップをするTime Machine用のハードディスクと今回購入した通常使用しているデータ関係の入っているハードディスクの2つが常時ノートパソに繋がっている状態で他のUSBが挿せなくなりました。

USBハブは2.0用を用意しないといけないし、LinkStationから取り出したまだ使用できるHDDは、放置状態で箱を用意しないといけない。

NASハードディスクも正直欲しいけど、ほとんどノーパソに移行してしまった現在、めったにデスクトップ機を使用しなくなり共有するデータは、ほとんど必要としていないのが現状だけど在ったらやはり便利です。


USB接続HDD 3TB( PC:OldOS起動用、Recoveryディスク起動用、通常データ保存用)
USB接続HDD 1.5TB(PC:Time Machine等の各バックアップデータ、DVDイメージファイル)
USB接続HDD 1TB(東芝REGZA:録画専用)

只今放置状態:iTunesデータ、REGZA用メディアプレイヤー再生用動画ファイル、1TBHDD(LinkStationに内蔵されていた物)

ちょっと、仕切り直しでネットで市場調査をしてみます。
関連記事
2013年02月04日 (月) 15:59 | 家電・PC・ゲーム関係 | 編集 |
昨日の書き込みをした後で、よせばいいのにHDDの換装に挑戦してしまいました。
先に書いておきますが、長々と書いてありますが換装には失敗しました。
今回参考にした換装に成功された方のページは、”NASのHDDを交換するぞ!LS-XH1.0TLの2TB化 後編”なのでよろしくです。

2/6追記:その後別の方法を使用して復活することが出来ました

最初はファームウェアが壊れているHDDを取り出して再フォーマットして戻してファームウェアを書き換える計画でした。
ただ取り出したHDDをパソに繋ぐためのケーブルは持っていなかったので、東芝REGZAの録画ディスクとして使っているHDDの箱を使用することにしました。


その為、2つの箱を分解するはめに

まずは、LinkStationの方の分解。
こちらを見ると、ネジが周りに一切無くて、ネットで調べると分解方法が動画でアップされている程難しそう。
分解時にはほとんどの方が、箱を止めている爪を割っているようでしたが、なんとか割らずにHDDの取り出しに成功!
LinkStation分解後


中に入っていたのは、SAMSUNG製のHDD
LinkStationのHDD


その後、REGZAで使用中のHDDも分解してフォーマットしました。(ここではノーパソの方が、Time Machineとファイルコピーに使用中でUSB端子がふさがっていて、デスクトップマシンの登場です。)
こちらのHDDは写真を撮るのを忘れるぐらい(徹夜中で意識が無かっただけかも)簡単!
ネジ3つ外すだけでHDD本体まで外せた簡単な構造でした。
HDDフォーマット中


最初、LinkStationのフォーマットがXFSというLinuxで使用されている物というのは解っていました。
なのでここではLinuxのフォーマットでトライしたのですが、何度しても何故か途中で止まるという不自然な動きをしたのでLinuxのフォーマットをここで諦めて、MacのHFS+でフォーマットしました。


その後、BUFFALOから出ていたDisk Formatter2というフリーアプリを使用してテレビ設定のフォーマットをしました。
これはアプリは製品出荷状態のフォーマットに戻すもので、このアプリのフォーマットリストにテレビ設定というのがあります。
東芝REGZAで使用されているフォーマットがXFSなので、勝手にXFSだと思い込みでこれを選択しました。
※今思い返せば、東芝製とは書かれて無い他社製のテレビ録画にも対応していたフォーマットなので、何故これを選んだのか不思議です。


蛇足ですが、東芝REGZAで録画したHDDのデータリストは通常PCにつないでも表示されませんが、同じXFSフォーマットを使用しているLinkStationでは、増設用USBにこのHDDを接続すると表示されます。ただカスタムアクセス権表示が出ますのでコピーや移動はできずファイルが加工できるかは確認していません。
usb



話を戻して、思い込みXFSフォーマットをした後にLinkStationに戻して、再度ファームウェアの書き込み作業。
結果は、復活できず
[READ MORE...]

関連記事