このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2013年02月28日 (木) 22:11 | 自動車 | 編集 |
・新製品が発売されました
carrozzeria カロッツェリア FH-780DVD 6.1V型ワイドVGAモニター/DVD-V/VCD/CD/USB/チューナーメインユニットcarrozzeria カロッツェリア FH-780DVD 6.1V型ワイドVGAモニター/DVD-V/VCD/CD/USB/チューナーメインユニット
(2013/02/28 ¥24,680)
カロッツェリア(carrozzeria)

商品詳細を見る


アクセス解析してみると、”パイオニアFH-770DVD 走りながらDVDを見る方法”等で検索されて訪れている方が多いようです。

この方法を、ここで書くことは控えますがよくよく考えればすぐに解ることです。
大体の機種が同様の方法で走行中の操作を限定したり映像を見る事が出来ない仕様になっています。

ヒントは、何を検知して車が停止しているのかと判断しているかです。

安全の為にサイドブレーキに接続するコード線は1本で、サンドブレーキを引いている時と引いてない時の違いは何でしょうか?

そう電気が流れているか、流れていないかの違いだけです。

なので繋いでいない時は、電気は流れないので電気が流れるようにしてやれば良いのです。

もうほとんど答えでした

国が安全の為に、そしてメーカーが後で訴えられない為の機能ですがドライバーはともかく助手席の方も見られない機能というのはどうしたもんでしょうね。

後は、あくまでも危険が生じるという事を充分理解して自己責任でしてください。
関連記事
2013年02月28日 (木) 18:05 | 家電・PC・ゲーム関係 | 編集 |
Dropboxは、色んなボーナスで保存できる容量を2GBからアップさせる事が出来ます。

友達等を紹介して登録してもらえたら友人と自分に500MB、TwitterでDropboxをフォローしたら125MBというようにボーナスで記憶容量を増やす事ができます。

そのボーナスにDropboxに追加されたCamera Upload機能を使用する事でボーナスがもらえるサービス(英文)が追加されました。

これは、Camera Upload機能を使用する事でまず500MBボーナスされ、その後500MBアップロードする度に500MB加算され最大で合計3GBの容量がボーナスで頂けます。

一度ボーナスを頂いて増やしておけば、Camera Uploadファイル以外にも使用出来ますから容量が足りなくなる前の時間が在る時にでも増やしておく事をお勧めします。

方法は、簡単です。
携帯電話やカメラからファイルを3GBアップロードするだけです。
*必ず携帯電話やカメラからファイルをアップロードしてください。PCに設定しているDropboxフォルダ内の”カメラアップロード”フォルダに直接ファイルを加えた場合は、ボーナス対象外になります。

手順
・まず合計で3GBのファイルを用意します。
この時、3GBで1つのファイルを用意するよりも分割して500MBのファイルを6つ用意する等した方が、途中でアップロードを中断する事になっても3GBを分割していた場合には、アップロード完了しているファイルがある可能性が出てきます。ここは接続するアップロード速度の通信環境で各自で判断してください。

*もし3GB分のファイルが無い場合は、しばらく携帯で動画を撮る事でも可能ですし、ネット検索すると3GB分をダウンロードサービスしているサイトも存在してます。

・用意できたファイルを一度携帯電話やカメラの記録媒体に保存します。

・その後、Dropboxに自動接続されるとDropboxアプリが過去にアップロードされていないファイルが在る場合は自動的にアップロードしていきますのでしばらく放置してください。

・アップロードが完了してしばらくするとDropboxからボーナスの案内表示があり終了です。

そこで、この手順で吾輩も実行しました。
我輩の場合、500MBのCamera Uploadsボーナスを過去に頂いているので残り2.5GB追加できます。
188.png





・紹介した方法でファイルをUploadが完了し合計で3GB分の容量を頂きました。
ボーナスの確認後、使用したファイルを削除して終了です。
438.png


もしこれからDropboxを初められる方は、こちらのhttp://db.tt/rf44EGl紹介URLから登録いただけると、私とあなたの両方にボーナスの500GBの追加スペースがもらえますのでよろしくお願いします。
関連記事
2013年02月27日 (水) 18:45 | 自動車 | 編集 |
今日、送り主の記載が無く、注文した身に覚えの無いがメール便が届きました。

紙の茶封筒に入っているので中身も解らず。
もしかして、勝手に商品とその請求書を送りつけてくる詐欺かな?と返品出来る様に丁寧に恐る恐る開けてみました。

中に入っていたのは、なんと!

昨年の10月にネット通販で注文して配達中に行方不明になっていたフィット用 LED室内照明 3点セットでした。

4ヶ月もどこをさまよっていた事やらそしてそれを今普通に送り届けてきて、ここの商品の物流管理にも再度恐ろしい物を感じてしまいます。

当時代替品を頂いているので、もう必要ないのですがどうしたもんだろうコレ。

遊びでフィットのカーゴ照明を付け替えてみるかな。
姉や姪っ子の車に試して見るか?

う〜むどうしたもんだろうコレ
関連記事
2013年02月27日 (水) 17:25 | 自動車 | 編集 |
パイオニア carrozzeria FH-770DVDの後継機、 カロッツェリア FH-780DVD 6.1V型ワイドVGAモニター/DVD-V/VCD/CD/USB/チューナーメインユニットが発売されました。

carrozzeria カロッツェリア FH-780DVD 6.1V型ワイドVGAモニター/DVD-V/VCD/CD/USB/チューナーメインユニットcarrozzeria カロッツェリア FH-780DVD 6.1V型ワイドVGAモニター/DVD-V/VCD/CD/USB/チューナーメインユニット
(2013/02/27現在¥24,680 )
カロッツェリア(carrozzeria)

商品詳細を見る


まだ、実際に触ってはないんですが、パイオニアの製品情報”AVメインユニット FH-780DVD | カーAV | carrozzeria”を見てみました。

変わったのは、デザインと、操作性、そしてモニターの大型化と高精細化です。

デザインは、個人個人の好みがありますのでなんとも言えませんが前面にあったUSBポートが後面に移動しました。

操作性の改善は、画面の表示変更と英語表記だった部分を日本語表記に変更する等して分かりやすくした事と、表示画面が大型化され高精細化された事です。
更に、タッチパネル操作はフリック操作に対応した事により操作性が良くなりました。

タッチパネルは、5.8インチ→6.1インチと対角線上の計算で約8mmと微妙に大きくなり画質が高精細化されました。

詳しく知りたい方は、パイオニアのパージから製品の取扱説明書をダウンロードして下さい。


新製品が出たという事で、どれぐらいがっかりするかと思ったのですが、確かに新製品という魅力はありますけど、ダメージの無い一安心レベルでした。

デザインは先程も書きましたが好みですから、別にどうでもいい感じでした。
液晶画面の高精細化と大型化もドライバーとしては、運転しながら観る訳も行かないし8mm大きくなっても見比べても測らない限りわからないレベルでしょうし、全然気になりませんでした。

操作性も、慣れてしまったらそれが当たり前になってしまうものです。
前機と現機の両方を操作した時にその実感を感じるわけですが、その操作になれてしまえばまたそれが当たり前になってしまうので、別に良いです。 つまり実感するのは最初だけです。

そして、取扱説明書をダウンロードしてみての感想です。
まず画面表示と操作性は新製品の方が良くなっていると思うので、取扱説明書から機能や数値で明確に変更された事が分かる部分重視で並べてみました。

・前面にリセットボタンが追加されました。
・USBポートが後面に移動しました。
・CD TEXT にはまだ未対応のままです。
・拡張子が「.MP4」のMPEG4ファイルにはまだ未対応のままです。
・通常の時計表示が大きくなりました。(製品写真から)
・画質調整の設定表記が変わりました。(明るさが黒の濃さに、ディマーが明るさに、黒レベル設定は無くなりました。)
・MIXTRAX機能の追加(曲の再生時間や再生時の画面演出、手動で曲切替時や曲間で流れる効果音設定)
・バックカメラ極性設定の表記変更。(off→battery→GroundからOff→High→Low→Off)
・壁紙設定の数が減った様です。3種類から選べた動画が2種類になりました。
・画面有効表示面積が、128.4mm✕70.9mm → 136.2mm✕72.0mm (縦+7.8mm、横+1.1mm)
・iPodやiPhoneの対応機情報が追加されてました。
・AACデコーディングフォーマットはMPEG4 AACで同じですが、対応しているiTunes Ver.9.0.3 以前の物が、10.6以前の物に変更されてました。
・USB接続のみの対応に、WAVが追加されました。
・JPEGの拡張子では、.jfifは未対応になった様です。
・mp3のID3 tag はVer.2.4が対応に追加されましたが、m3uのプレイリストには未対応のまま。
・USBで再生出来る最大フォルダが、6000(DivX/MPEG-1/MPEG-2/MPEG-4は700)から1500フォルダに、最大ファイル数が65535ファイルから15000ファイルと少なくなってます。
・外形寸法の(奥行き)と重量は全く同じです。*縦と横寸法は2DIN規格なので基本変わりません。


取扱説明書から解かった事は、ハード部品で変更の在ったのは(細かな部品等は取説からは勿論わかりません)、モニター部のみで、寸法と重量、他の部位の機能と性能スペックまで全く同じ物でした。

なので今回の大きな違いは液晶画面の変更に伴った画面表示デザインと操作性(フリック)の追加によって中身のプログラムの一部変更と追加削除しただけです。

一番の驚きは、取扱説明書に記載されているページ数が91ページから60ページに激減している事で、勿論以前と同じで動画再生についての情報も以前のままでした。

取り扱い説明書を見た限りでも新製品が出たショックは全然無いです。
今の所、価格の差は2,700円位です。
これなら前機が在庫処分価格モードになった時には、お得感が増す可能性はありますね。

パイオニア carrozzeria 5.8V型ワイドモニター/DVD-V/VCD/CD/USB/チューナーメインユニット FH-770DVDパイオニア carrozzeria 5.8V型ワイドモニター/DVD-V/VCD/CD/USB/チューナーメインユニット FH-770DVD
(2012/02/15 ¥21,960)
パイオニア(Pioneer)

商品詳細を見る


関連記事
2013年02月26日 (火) 17:12 | 東芝 REGZA | 編集 |
東芝 REGZAで LinkStation LS-XHLに DLNA接続して
MP4(H.264/AVC)ファイルの再生を確認出来ましたが
Baseline規格で再生される画質にどうしても納得出来ません

何か良い方法が無いかとネットを探してみると
MPEG4 H.264/AVCのプロファイルとレベルの変更というのがヒットしました

単純に再生できない動画のファイルを
バイナリエディタ等でプロファイルとレベルだけを書き換え変更し
騙して?再生を可能にする方法でした

これなら再変換による画質低下も無いので
出来たら良いかもと思い早速調べて試してみました

探してみるとこの様な
MP4(H.264/AVC)のプロファイルとレベルの変更するツールは3つヒットしました

単純にプロファイルとレベルの書き込まれる位置は解っているから
その部分を書き換える自動物が2つと
一度ファイル内を検索して場所を特定して手動で書き換えをする手動物でした

勿論最初は操作が簡単な、自動物を試したのですが、結果が良くなかったです
 
mp4ファイルといっても色んな種類が存在する為か
成功する物も稀に在りましたけど
ほとんどが見当違いの所を書き換えしている感が在り
ファイル自体が破壊されましたので書き換え前にはバックアップすることをお勧めします

当たり前なのかも知れませんが
音声フォーマットで高圧縮仕様のHE-AACは100%書換不可能でした


次に手動の物を試してみました
手作業だとMacでバイナリエディタを使用出来るので楽です

手順はバイナリエディタファイル内のProfileの書き込まれる前の文字「61 76 63 43 01」を
16進検索してその後の文字を希望するProfileとレベルのコードに置き換えて保存するという全てが手動物です

・紹介例では
「61 76 63 43 01」の後に続く3文字「64 00 1E」がプロファイルとレベルを表しています

「64 00 1E」最初の64 00 は"HighProfile"、1Eは”3.0”です
REGZAは3.2まで対抗している様なので
この場合プロファイルの書き換えのみ必要でレベルの書き換えは不要です
プロファイルの”64 00”のみBaseline Profileの”42 E0”に書き換え保存します
binary(バイナリ)



こちらも、”Baseline”に書き換えの後にProfileを見てみると
今度は”開いたファイルを間違ったか”と思う程一切変化が無くて
Codec profileは”High”のまま
これも書換が失敗した様だと思いました
------
Stream 0
Type: video
Codec: h264
Codec profile: High
FourCC: avc1
Duration: 00:01:00
Width: 640
Height: 360
Sample aspect ratio: 1:1
Display aspect ratio: 16:9
Pixel format: yuv420p
Frame rate: 23.98 fps
Bit rate: 211 kb/s
Meta info:
handler_name: Apple Video Media Handler
creation_time: 2013-02-25 20:13:07
language: eng
-----

しかし使用したこのアプリにはレベル表示が無いので
次にレベル表示があるアプリで再度調べてみると
やはりH.264Profileは”High”のままでLevelも”L3.0”と変更前と一緒でした

やっぱり駄目だったかと思って見ていたら
その下に見慣れない文字が在りました。

”Muxing mode : Container profile=Baseline@3.0”と在り
書き換えた設定がここに在りました

早速REGZAで再生できるかを確認してみると
このモードで”High”の画質のままで再生できることが解りました

ただしPC側のQuickTimeでの再生では
逆にノイズが発生してましたが
他のプレイヤー(VLC2、Movist、MPlayerX)では問題無く再生出来てました

-----
Video
Format : AVC
Format/Info : Advanced Video Codec
Format profile : High@L3.0
Format settings, CABAC : Yes
Format settings, ReFrames : 16 frames
Muxing mode : Container profile=Baseline@3.0
Codec ID (FourCC) : avc1
Duration : 1mn 0s 18ms
Bit rate : 212 Kbps
Width : 640 pixels
Height : 360 pixels
Pixel aspect ratio : 1.000
Display aspect ratio : 16:9
Frame rate mode : Constant
Frame rate : 23.976 fps
------

しかし偶然REGZAのDLNA接続で
Profileが”High”モードの再生ができる方法を見つけちゃいましたが
これで作って良いものなんでしょうかね

これまで通りm2tsフォーマットでLAN接続HDDで再生した方が楽そうな気がします。
後日m2tsの動画を再生すると
後半に音声が切れている症状が全てのファイルで確認されましたので
全て破棄しいました

何か時間だけが浪費して終わる気がしてきました
というか今の時点で浪費しているんだけどね



追記:
その後この書き換え方法を使用して
Format profileがHigh@L4.2の動画を
Baseline@3.1に変更し東芝REGZA 42Z3 での再生確認ができました

また動画の変換をせずに音声のみ変換し
画像の劣化無しの状態でプロファイル書き換えするだけで
再生可能に出来ることが解り時間節約になりました
Macで動画の画像を無劣化でREGZA用に書き換えする
関連記事
2013年02月26日 (火) 16:45 | 東芝 REGZA | 編集 |
先日東芝 REGZA 42Z3 でLinkStation LS-XHLに
DLNA接続したMP4(H.264/AVC)ファイルの再生を確認しました

そこで手持ちのファイルをDLNA接続で再生できる様に変換していこうと思い
まずは大体の設定を決めておこうと思い立ちました

今わかっている東芝 REGZA 42Z3 とBUFFALO LinkStation LS-XHLを
DLNA接続した場合で再生確認できたファイル仕様は以下の通り

・MP4(H.264/AVC)
 ・Format : MPEG-4
 ・VideoFormat : AVC(Advanced Video Codec)
 ・AudioFormat : AAC(Advanced Audio Codec)

 ・Codec profile:Constrained Baseline(main と High の設定は再生不可)
 
 ・H.264 Level:2.1、3.0、3.1、3.2

 ・フレームレート: 23.976、24、25、29.970、30fps

 ・確認済み画面サイズ:640x480 (4:3比率表示再生になります)
            256x144、512x288、640x360、720x480、1280x720

 ・再生不可画面サイズ:704x396、720x400、1024x576、1920✕1080*説明書では再生可能です

Macのフリーアプリでは唯一まともなMP4(H.264/AVC)の作成ができるのでは?と
思っているMPEG Streamclip にて
まず1分の基準となる元ファイルを作り各種設定を変えて変換し比較をして
一番気に入った設定を見つけ出そうという気が遠くなる事をしました
*後日HandBrakeでもBaselineで作成できる事を確認しました

MPEG Streamclip でMPEG4に変換する場合
x264Encoder を使用する時にいろんなオプション設定ができます
スクリーンショット 2013-02-26 14.53.50

しかし自分にはちんぷんかんぷん(意味が解らない)なので
ネットでこの設定の説明を調べてみると
x264Encoder 0.5.2設定参考 : ageha was hereと言うページを見つけ参考にさせてもらいましたm(_ _)m

まずこのページを参考にして解る所は同じ設定にしました
・FLAGの設定画面
load1flags.png


・Valuesの設定画面
load1Values.png

この設定で一度変換作成してREGZAにて再生できる事は確認できたのですが
画質にはちょっと納得いきませんでした

そこで画質を良くする方法は無いかとlimit data Rateの数値や設定を色々変更したりし
MPEG Streamclip に前もってプリセット設定が在った事に途中で気がついて
この設定も使用して見なおしたり試行錯誤したのですが思うような結果は出ませんでした

・MPEG Streamclip のプリセット設定画面へ
プリセットボタン


・変換速度を選べます
 下の設定を選ぶほど(変換時間がかかる設定)程高画質になります
プリセット


・再生する素材や用途に合わせて画質の設定が出来ます
プリセット2

*この設定だと確かに画質はアップしましたが
このままのプリセット設定ではCodec profileが”High” の設定になってしまい
REGZA のDLNA接続では再生不可になってしまいます
SloweranimeValu.png

・なので単純にプロファイル設定だけ"Keep Baseline"にしたのですが
この設定でもREGZA のDLNA接続では再生不可になってしまいました
SlowanimetionValues.png


Codec profileがHigh と Baseline では
仕様が違うので単純にプロファイル設定を Baseline にしても駄目な様で
また設定を探って"Baseline"では必要ない設定を削り再度再生できる設定は見つけ出したのですが
画質は”Baseline”設定と同じく意味が在りませんでした

というか今思えばH.264 Profile limitの設定で”Baseline keep”を選んだ時点で
画像の圧縮率が”High”では無いのでは?と今気が付きました。



でもその時はその事に気がついていなかったので
何か良い方法が無いかとネットを探してみると
MPEG4 H.264/AVCのプロファイルとレベルの変更というのがヒットしました


MPEG4 H.264/AVCのプロファイルとレベルの変更に続く

関連記事
2013年02月26日 (火) 14:26 | Mac | 編集 |
BUFFALO ノートPC用増設メモリ PC3-8500(DDR3-1066) 4GB×2枚組 D3N1066-4GX2/EBUFFALO ノートPC用増設メモリ PC3-8500(DDR3-1066) 4GB×2枚組 D3N1066-4GX2/E
(2010/10/30登録現在¥ 3,990)
バッファロー

商品詳細を見る


先日、アマゾンで注文した商品が届きました。
2013-02-26 13.13.13


注文時は、5〜7日以内にお届けだった物が2日後には1〜2ヶ月に変わりました。
その後、アマゾンからも入荷遅延のお詫びと入荷数によってはキャンセルさせられる可能性がある事、現在のお届け予定日が2013-02-26 - 2013-03-01である事のメールが届きました。

まぁ値段が上がるという案内が無かったし一応、覚悟していた日より早く届きそうだったのでキャンセルはしてませんでした。

そんな訳で、届いたメモリの交換な訳ですが、ふと以前はメモリ交換したら基盤にあるリセットボタンみたいな物を押していた記憶を思い出したので交換前に一度確認しました。→MacBook Pro:メモリの取り外し方法と取り付け方法
2013-02-26 13.17.03


交換後に押すボタンは無いと確認して早速、交換となったわけですが手順は、リンクしたアップルサポートのページを参考にしていただければと思います。

・交換前のMacBook Pro の内部
2013-02-26 13.18.52


動けば通常の半値位で購入できた事になる、メーカーが動作保証していないメモリを購入していたのでちょっとドキドキものだったのですが、今の所問題無く8GBを認識して問題なく動いてます。
このMacについてメモリ

アマゾンのページを見ると、吾輩が購入した時の値段のまま”通常9~12日以内に発送します。”になっていますね。

メーカーが動作保証していないけど、アマゾンのレビューでもMacBook Pro で動作する可能性が高いメモリなので円安でメモリが高くなる前の駆け込み需要が増えている雰囲気の今、自己責任でトライしてみてはいかがですか?
[READ MORE...]
関連記事
2013年02月24日 (日) 16:41 | Mac | 編集 |
Streamclip.png

QuickTime等のプレーヤーでは開けるのに、まれにMPEG Streamclip 等の変換アプリでmp4ファイルを開こうとすると、”ファイルが開けないというエラー表示”が出ます。
スクリーンショット 2013-02-24 13.47.06


案内にある通り”サポートしていないファイルタイプだよ”という事ですが、構わず開いてみます。
結局、映像トラックか音声トラックが見つからなく開けないのですが、これが開けるかもしれないのです。
スクリーンショット 2013-02-24 15.31.45


これはソフトが動画を開く時に、ファイル情報を読み開けるか判断してユーザーに確認後開いているわけです。
ちなみに開こうとしたファイル情報の一部は以下の通りで赤字の部分を書き換えれば、開く可能性が在るようです。
→ 参考ページ ニコ動からダウンロードしたmp4動画をMPEG Streamclipで開く方法
------
Format: QuickTime/MPEG-4/Motion JPEG 2000 format
Stream count: 2
Duration: 00:24:00
Bit rate: 231 kb/s
Meta info:
compatible_brands: isom
minor_version: 1
creation_time: 2013-01-04 13:39:42
copyright:
copyright-eng:
major_brand: isom
-------

”ニコ動からダウンロードしたmp4動画をMPEG Streamclipで開く方法”で紹介されている方法もありだと思いますが、自分の場合は、開けない時のMiro Video Converter で今回はまとめて変換でき更に情報だけを書き換えれる様になったMiro Video Converter3を使用しました。
mvc3.png



Miro Video Converter3 を開くと、Vev.3からある新機能だと思うのですが、”Format”アイコンをクリックするとリストの中に”Same Format"がありますので選びます。
スクリーンショット 2013-02-24 15.11.38

・フォーマットリストから”Same Format"を選択
スクリーンショット 2013-02-24 15.11.24

後は、変換したいファイルを選択して、”Convert to Same Format”ボタンを押すだけです。
スクリーンショット 2013-02-24 15.11.50

mp4のフォーマットコンテナを書き換えるぐらいなら、1件数秒程で完了してしまいます。
変換後の、ファイル情報は以下の通りに書き換えられました。
------
Format: QuickTime/MPEG-4/Motion JPEG 2000 format
Stream count: 2
Duration: 00:24:00
Bit rate: 232 kb/s
Meta info:
compatible_brands: isomiso2avc1mp41
minor_version: 512
creation_time: 2013-01-04 13:39:42
encoder: Lavf54.6.100
major_brand: isom
------

変換されたファイルを MPEG Streamclip で再度開いて見ると問題無く開くことが出来ました。

今回はMiro Video Converter3を使用しましたが、つまり MPEG Streamclip がmp4のプロファイルを読めない場合、プロファイルを他のFFmpeg等のアプリでフォーマットコンテナを再構成してやれば読めるようになる可能性が在るようです。
スクリーンショット 2013-02-24 16.13.24


・円安で高くなる前に、そしてこれからは将来、中のHDDが逝っても3TB問題をクリアしていて3TB以上のHDDに中を入れ替えても使用出来る可能性があるHDDの購入をお勧めします。

BUFFALO 外付けハードディスク PC/家電対応 (Regza[レグザ]) 3TB HD-LBV3.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]BUFFALO 外付けハードディスク PC/家電対応 (Regza[レグザ]) 3TB HD-LBV3.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
(2011/07/01)
バッファロー

商品詳細を見る

関連記事
2013年02月23日 (土) 18:27 | 東芝 REGZA | 編集 |
※東芝 REGZA 42Z3 のDLNA接続では
以下の設定のMP4(H.264/AVC)でも動作する物としない物があります。


追記:2016.12
注意!:こちらでDNLAサーバーにて動作確認に使用している機器はLinkStation LS-XHLです

同じメーカーのLS-410Dでの動作確認をしてみた所
更に再生条件が厳しくなって以下の条件だけでは再生出来なくなっていました
以下の条件で全ての機種のDLNA接続で再生できることを保証できません



基本MP4(H.264/AVC)
 ・Format : MPEG-4
 ・VideoFormat : AVC(Advanced Video Codec)
 ・AudioFormat : AAC(Advanced Audio Codec)


LAN接続ではMP4(H.264/AVC)は再生できず
USB端子接続やSDカード接続では一部の再生が可能です

DLNA接続では上記の基本設定で更に以下の様な設定である事が
東芝 REGZA 42Z3 では必要で再生の確認をしました

 ・Codec profile:Constrained Baseline 
            (*main と High の設定での再生不可を確認しました)
  追記:*後日、動画のプロファイルとレベルを書き換える事で再生が可能になる場合がある事が解りました。
    MPEG4 H.264/AVCのプロファイルとレベルの変更 

 ・H.264 Level:2.1、3.0、3.1、3.2
          (設定次第で上記設定でも再生できない場合があります)

 ・フレームレート: 23.976、24、25、29.970、30 fps
            (30fpsでは一部で再生不可を確認しました)

 ・確認済み画面サイズ:640x480 (4:3比率画面表示再生になります)
            256x144、512x288、640x360、720x480、1280x720(16:9比率全画面表示再生になります)
            
  確認済みNG画面サイズ(704x396、716x480、1024x576、*1920✕1080
                       *Z3取扱説明書では再生可能になっています


マックのフリーアプリでMP4(H.264/AVC)作成が可能なのは
HandBrake、MPEG Streamclip とリリースが古い iSquint 1.5.2 です。

iSquint では profile が Constrained Baseline:Level3.0 設定なので後は残りの設定をするだけです。
ただし残念なのはどちらかの問題で、iSquint 1.5.2 では、東芝 REGZA で保存日時の表示が出ませんでした。 
追記:これはiSquint 1.5.2では変換時に変換日時をファイルに記録していないのが原因でREGZAで表示できないだけで再生には問題ありません

それと、リリースが古いのでその後に新しい規格が追加されている為か原因がはっきり解りませんが、Format profileが High で Level4.2 以上の物はiSquint 1.5.2で変換出来ませんでした。

最近の設定の少ないフリー動画変換アプリでは、Codec profileの設定が main や High になっていて変換しても再生不可になる可能性大の様です。

なので今の所、完全に東芝 REGZA に対応したMP4(H.264/AVC)ファイルが作成できるMac版のフリーアプリは知るかぎりで、MPEG StreamclipとHandBrake、MPEG Expoter TNG 3 です。
[READ MORE...]
関連記事
2013年02月23日 (土) 07:04 | 東芝 REGZA | 編集 |
東芝 REGZA 42Z3にてネットワークHDD接続(buffalo LinkStation LS-XHL)とUSB端子接続(USBフラッシュメモリ、HDD、SDカードスロット:SDメモリカード)にて再生できる動画フォーマットを一度まとめてみました。

LAN接続HDD(LinkStation LS-XHL本体、増設HDD:usbdisk1)
・m2ts H.264/MPEG-4 AVC再生可
・mpg MPEG-2 再生可
       (東芝RDシリーズvobファイルは、拡張子をmpgにする事で認識し再生可)
・mp4 MP4(H.264/AVC) 再生不可
・mp4 MPEG-4 再生不可


DLNA接続HDD(LinkStation LS-XHL本体、増設HDD:usbdisk1)
・m2ts H.264/MPEG-4 AVC 再生不可
・mpg MPEG-2 再生可
       (東芝RDシリーズvobファイルは、拡張子をmpgにする事で認識し再生可)
・mp4 MP4(H.264/AVC)
        再生出来るものと出来ないものが在り設定が必要です
・mp4 MPEG-4 再生不可


USB端子接続:USBフラッシュメモリ、SDカードスロット:SDメモリカード
・m2ts H.264/MPEG-4 AVC 再生可
・mpg MPEG-2 再生可(東芝RDシリーズvobファイルは、拡張子をmpgにする事で認識し再生可)
・mp4 MP4(H.264/AVC) 再生可
・mp4 MPEG-4 再生不可

USB端子接続(HDD)

リストを選んでも”コンテンツ情報取得中にエラーが発生しました。”と言う表示が出て操作不可能でした。


以下は確認に使用した動画ファイルフォーマットデーターです。

・m2ts (Format:MPEG2-TS(BDAV))*H.264/MPEG-4 AVC
  Video (AVC, 512x288, 23.000 fps, 255 Kbps)
  Audio (AC-3, 64.0 Kbps CBR, 48.0 KHz, 2 ch)

・mpg (Format:MPEG2-PS)*MPEG-2
  Video (MPEG-2, 720x480, 29.970 fps, 3 568 Kbps)
  Audio (AC-3, 192 Kbps CBR, 48.0 KHz, 2 ch)

・mp4 (Format:AVC)*MP4(H.264/AVC)
  Video (AVC, 512x288, 29.970 fps, 193 Kbps)
  Audio (AAC, 256 Kbps CBR, 48 KHz, 2 ch, English)

・mp4 (Format : MPEG-4 Visual)*MPEG-4
  Video (MPEG-4 Visual, 512x288, 25 fps, 195 Kbps)
 Audio (AAC, 165 Kbps VBR, 48 KHz, 2 ch, English)

東芝 REGZA 42Z3 で利用可能なMP4(H.264/AVC)の作成と設定
関連記事