FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2013年01月24日 (木) 13:02 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
11eyes イレブンアイズのタイトルから中心メンバーが6人のパーティー(主人公は日常片目なので11の瞳)なんだろうなということは予想できるのですが、冒頭から意味不明な状態でどこまでこの意味不明状態を引っ張るのかなと思うくらい引っ張ってくれました。

物語設定は納得ですが、単純頭で魔法物の苦手な私には、後半はちょっとややこしすぎて理解するのに苦しまされ見終わった時には、何も生まれず残らなかったです。

見ている時から思ってたサービスエロカットの多さは、後で元がアダルトゲームだったことで理解出来ました。
関連記事
2013年01月24日 (木) 12:02 | 自動車 | 編集 |
以前から交換時期を迎えていたカーバッテリーですが、今日用事に出かけようとした所、エンジンがかかりませんでした。
中3日でとうとう掛からなくなったので交換することにしました。

用事を済ませて、先日確認していたホームセンターに行くと今日から全品5%offセールをしていたので3,980円のバッテリーは3,781円でした。

帰りはバッテリーが横転し液漏れしないように気をつけながら家に帰り早速交換。

我輩のフィット GE6 に積まれた純正バッテリーは、38B19Lだったので40B19Lに交換しました。ただしフロントガラス熱線非装備車の場合は、34B17Lが積まれているので注意してください。

交換した新しいバッテリー外箱
交換した新しいバッテリー外箱


手順で重要なのは、取り外す時はマイナス端子側を先に外して次にプラス端子を外す。と言う事だけで取付の時はその逆で行います。

作業前の状態
作業前の状態


我輩の場合、先にバッテリーを固定しているネジを緩めバッテリーをすぐに取り出せる状態にしてから、各端子をゆるめました。固定ネジは完全に外す所まで緩めることは無く、ある程度緩めるとバッテリーを固定しているステーがフック状になっているので引っかかっている穴からフックを外すと取り外せます。
プラス端子側に付いている赤いフューズカバー部は取り外さなくても交換可能ですが、端子部を緩める作業に邪魔だったので取り外して行いました。

固定金具を外して端子を外す前の状態
固定金具を外して端子を外す前の状態

取り出したバッテリー(右)と新しいバッテリー(左)
取り出したバッテリー(右)と新しいバッテリー(左)

後は、外した順番と逆に作業を行い終了で写真撮りながらの作業で正味20分位でした。
2013-01-26 13.40.141

説明にはないのですが、バッテリー交換時カーステやトリップメーターのメモリが消えるのを防ぐ為に、バッテリーチャージャーを取り付けて常時通電状態にして行ないました。
今回は、購入したホームセンターで使用済みバッテリーを無料回収してくれるので、トータルコスト(ネット注文バッテリー2700円+送料600円+バッテリー回収750円=4,050円)でホームセンターで購入しましたが、使用済みバッテリーの回収必要がない場合はネット注文がお薦めです。

カーバッテリー単品で一番安かったのは、楽天市場のこちら販売されていた”40B19L/SB パナソニック Panasonic 自動車バッテリー SBシリーズ”はカード払い2,700円でカード決済以外だと2,600円です。今回ホームセンターで購入した商品が1年または2万キロの保証ですが、ネット通販の方は保証が2年または4万キロと保証が倍で値段が安いのです。
ただし、パナソニックの商品ラインナップではホームセンターで購入したXEXシリーズの方が格上みたいですが、保証以外の違いがわかりません。

なので今回は261円をけちって(今日からお店が5%OFFしてなかったら70円だったかも)ホームセンターで購入しましたが、楽天購入ポイント分とバッテリー性能を考えるとネットで購入した方が良かったかもしれませんね

関連記事
2013年01月24日 (木) 03:05 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
基本は、ドタバタラブコメなのですが、冒頭は主人公である元花菱財閥の跡取り息子だった花菱 薫とその許嫁だった桜庭 葵との再会から始まります。

その後訳あって、桜庭家所有の洋館とその使用人用の離れに別々に住むことになった二人と葵の教育係である神楽崎 雅の元に主人公を慕って集まり使用人用の離れがアパート化していきます。

幼い時から主人公との結婚を夢見て花嫁修業をしていた大和撫子で世間知らずのお嬢様育ちの葵が、ひたむきに花菱 薫を思い続ける姿には感動モノでした。

そして続きの”藍より青し〜縁〜”
前作の出会いからの2年後、大学院に通う花菱 薫とその許嫁である桜庭 葵は、その事実を周囲に隠しアパートの住人と大家として暮らし続ける。

そうと知らずに花菱 薫を慕い集まってくる女性たちとのドタバタラブコメと言うのが、前作からの流れなのですが、出会いから2年経ち二人の今後の将来を見据えて考えないといけない主人公の動向も気になりますし、タイトルに有る”縁”から、人と人とを繋ぐ縁がテーマだと思うけど、タイトルにつけるだけの意味は?と期待しながら見てみました。

見終わった感じは、全てが中途半端で何か物足りなく終わってしまいました。

これだと、続編を希望したいとしか書けませんね。
関連記事