FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2013年01月31日 (木) 16:31 | 日記 | 編集 |
あまり政治のことは書きたくない。
テスト問題と違い正解が無いからなんだけど、そういう同じ理由で宗教関係のことも人それぞれ信じる所が違いますから、それでいいと思います。

だから今から書くことも、こういう考えを持っている人が居るというだけのことで、勿論間違った情報をうのみにして書いているかもしれませんが指摘や反論は無用です。軽く読んでください。

国民に”今やらなければいけない”と増税等を踏み切り支持率を落とし、政権が変わって2ヶ月。
今の政権は前政権との違いが、解かりやすい政策で支持率を上げています。

凍結されていた公共事業計画の再開やデフレ脱却、円安といったの政策目標を掲げて株も円相場も今後の景気を期待して良い方向に動いてます。まだ実行していないのに。

その為に、国と地方の借金、国債と地方債を合わせると1000兆円を突破する予定です。
これは全人口一人あたり1000万円の借金が在るということです。今生まれた赤ちゃんにも、生まれた瞬間に1000万円の借金がかせられるんですよ。これはギリシャの破綻額をはるかに超えているこの先が恐ろしい国です。

なぜ、目先の景気回復だけで国債のバラマキ政策ばかりする政党を再度選んだんでしょうね。
確かに自分は12月の選挙では選べる政党が無くてはじめて棄権しました。そういう浮動票が今回は相当数棄権してました。お影で投票比率で残った政党は固定票の多い今の借金を作った張本人の政党に戻りました。
今回この政党が獲得した投票数は前回とそれほど違いはないらしいから、今回この党が大勝したのは国民がこの政党を選んだんじゃなく、浮動票が他の政党に投票しなかったせいで固定票の多く一人勝ちに見えるだけ。

確かに、政界と経済界の繋がりが昔から強い政党ですから、儲けたい経済界の求めにホイホイと国債を発行して赤字を作って金を経済界にばらまいて企業だけうるおっているこれまでの社会がおかしいのです。

これまでの政策ではダメだからと前政権の党を国民が選び期待しましたが、政権運営の勉強と経験不足が政策に如実に現れて悪いイメージばかりでした。でもだからって、元のダメだった政党にすぐに戻すの? まぁ戻したので無く結果的にそうなってしまっただけですが残念でした。

先に書きました公共事業計画の再開等、デフレ脱却、円安といった目標を掲げて株も円相場も良い感じですが、個人的にはデフレだけはもっと進んで欲しいのです。

昔、国民所得倍増計画を掲げて公共事業をばらまいて国債を発行した今の政権の政党。
この後確かに所得は倍以上になり国民は裕福になったと目先の所得と生活水準があがりみーんな勘違い。おかげで国の借金は雪だるま式で増えたけど他人ごとで無感心。
今その時の公共事業で作られた物が老朽化で立て替え時期を迎えて更新しなければならない公共物がちまたに溢れてますが、その更新は限られた予算内で優先順位を付けて行うしか無く更に公共事業計画を抑えていた前政権のあおりで公共事業を行う人手も激減しており、新政権が公共事業を見直しいきなり再開計画を出してもそれに対応するだけの体力が今の公共事業社には残っていないそうです。

国民の所得が増えたおかげで人件費がうなぎのぼりの今、人件費を削る為に少しでも安い人件費を求めて正社員雇用はせずに派遣等の契約社員での対応や海外へ進出する企業。
人件費が高く全ての生産物が高くなってしまう今の日本は、国際競争を今後もするのであれば人件費は抑えなければならない。

けど、目先の生活が大事で裕福に今の生活に慣れてしまった政治家や経済界の持ちつ持たれつの人にはそういう英断は無理なんでしょうね。

という訳で、このままでは日本の将来は解っているのに解決策もなく先送り感が強い今の日本に未来は在るのでしょうかね。

という訳で、今のネガティブな生活環境化で思ったことを走り書きしました。
一報道だけから得た情報だけでたわごとだと反論も沢山あると思ますけど、先に書いた通りこの書き込みに関しては書き込みを不要でお願いします。
関連記事
| Top▲
2013年01月31日 (木) 14:49 | 家電・PC・ゲーム関係 | 編集 |
先日紹介したAmazonで販売しているバッファロー製のメモリが在庫なしになっていたので、調べたら1枚¥1,600と、もっとお手頃価格のものが存在してました。

うっかりハードディスクを買ってしまったしなぁ。
注文時、バッファロー製のメモリが在庫なしで他のを調べなくてメモリも同時に買おうという選択肢が無かったのです

Transcend JetRam ノートPC用増設メモリ PC3-8500(DDR3-1066) 4GB 永久保証 JM1066KSN-4GTranscend JetRam ノートPC用増設メモリ PC3-8500(DDR3-1066) 4GB 永久保証 JM1066KSN-4G
(2013/01/31現在¥1,600)
トランセンド・ジャパン

商品詳細を見る

関連記事
2013年01月30日 (水) 17:39 | Mac | 編集 |
先日、貴重なファイルがうっかり上書きされてしまい大変な目にあったので、今までディスク空き容量の不足からTime Machineによる完全バックアップをしていなかったので、これを機会にポチっと注文しました。

これですべてのファイルをバックアップする様に設定する予定です。
後は、内蔵HDDがハズレメーカーで無い事を願うだけです。

BUFFALO 外付けハードディスク PC/家電対応 (Regza[レグザ]) 3TB HD-LBV3.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]BUFFALO 外付けハードディスク PC/家電対応 (Regza[レグザ]) 3TB HD-LBV3.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
(2013/01/30現在¥12,980)
バッファロー

商品詳細を見る

関連記事
2013年01月29日 (火) 23:45 | Mac | 編集 |
Macbook Pro 13-inch, Mid 2010 モデルのメモリ増設用にこれを2枚に交換して8GBにしたらさくさく動くかな

BUFFALO ノートPC用増設メモリ PC3-8500(DDR3-1066) 4GB D3N1066-4G/EBUFFALO ノートPC用増設メモリ PC3-8500(DDR3-1066) 4GB D3N1066-4G/E
(2013/1/29現在¥2,080)
バッファロー

商品詳細を見る

関連記事
2013年01月28日 (月) 20:14 | Mac | 編集 |
正確には、今も使用しながら書いています。
早朝Downloadをしていると、うっかりファイル名に同名の物が在り上書きされている状態が発生してました。

いつも使っている設定だと同名のファイル名でも連番が付く設定だったので安心していたのですが、今回はうっかり違う設定でダウンロードしていました。
すぐに気がついたのですが、3ファイル上書きされていました
バックアップを取っていない物だったので、ネットで削除したファイルを復活できるフリーアプリを探してみると見つけたのが、PhotoRec と言うアプリで、 Windows NT 4/2000/XP/2003/Vista/2008/7、Linux、FreeBSD, NetBSD, OpenBSD、Sun Solaris等のOSにも対応している。

リストから早速、Mac版用のMac OS X Intel 6.13 をダウンロードしてすぐ復元開始しました。そうそう、Downloadファイルを保存指定する場所は、復元するパーテーション以外を指定して下さいね。

PhotoRec の使い方に関しては、WIN版を使用しての使い方説明ページですが、こちらがお薦めです。
→ -パソコントラブルと事故解決- > 「PhotoRec」の使い方 ファイルを復元するソフト

復活開始後、経過時間と終了予定時間が随時表示されるのですが、1.4TB容量のディスクを復元にかけたので終了予定時間が100時間以上の表示になっていたので、ここで寝ることにしました
昼に、一度起きて昼食を摂ったのですがその後こたつでうたた寝して起きたのが夕食でした
夕食後、PCを確認してみると復活したファイルでPCのHDD空き容量を全て使用し尽くして止ってました
*後で他の方のブログを見て解ったのですが、この時は”空きディスクが無くなった状態なので新しい保存先を指定してください。”と言う感じで新しい保存先待ちの状態で止まっていたそうです。

それでも1800件ほどのファイルが復活していたのですが、欲しいファイルは運悪く破損していました。
上書きに気がついた時にすぐにDownloadを止めれば良かったのですが、あと少しでDownloadが終了する別ファイルが在ったので続行してしまいました。すぐに止めていれば破損していなかったかもしれません。

復元して欲しいファイルはファイルサイズに見当がついてたので良かったのですが、PhotoRec で復元されたファイル名は”f272293472.mp4”といったように、英数字名に復元した種類の拡張子が付加されただけの物でファイル名の復元ができず正直見当がつきません。
まず作業するのに必要な空き容量を先に確保する為に欲しいファイルサイズ意外のファイルは即削除し削除したファイルを探したのですが、削除したファイルの中に欲しいファイルの以前の小さいファイルサイズの物が含まれていた事に気がついた時には後の祭りです。

再度、復元を試みることにしたのですが、何かもっと早く復元する方法がないものかと、今回はこう少しメニューを見て調べてみると、[File Opt]で、復元するファイルの種類を拡張子指定でできることが解り"mp4"のみを指定して再度復元を開始しました。
PhotoRec

今回は、リアルタイムでファイルが復活されている事も分かりましたので、空き容量を確保する意味でも復元されたファイルを確認し削除しながらの作業中です。
フリーアプリなので仕方が無いのですが、復元の時にファイルの種類指定の他にも、復元するファイル名を検索して復元する機能とかが在れば、時間も復元されるファイルの量の確保にも気にせずに復活にかけれるのですがね。

今回は、Time Machineでバックアップ指定を外していたディスクだったので、復元に大変時間を浪費してしまいました。Time Machineでバックアップする指定領域を広げる事を考えないと
[READ MORE...]
関連記事
2013年01月27日 (日) 07:54 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
テレビアニメ版 図書館戦争 の続編としての劇場版作品。

劇場版でどこまで、メディア良化法に立ち向かう図書隊が、劇場版のタイトルに有る通りこれまでのメディアへの弾圧に”革命”を起こし表現の自由を手に入れれるか!興味津々でした。

そして主人公笠原 郁と教官堂上 篤との関係や、その周りを取り巻く仲間達の関係などが、どこまでこの劇場版で進展するのかも見ものだったのですが、最後にはそこまで行っちゃったの!って感じで終わりました。

最後まで、面白く見終わることが出来ました。
関連記事
2013年01月26日 (土) 02:59 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
よんでますよ、アザゼルさん。見てみると、制作がProduction I.Gで、ちょっと意外で、こういう作風もやれるんですね。

そして、物語自体も羽の着いたエンジェルのアニメは意外とあるんだけど、真逆の悪魔が主人公アザゼルで関西弁を使う。

ヒロイン?の佐隈りん子も含めて本性丸出し人間達と、デフォルメされた悪魔たちが繰り広げるドタバタギャグアニメです。

ボケに突っ込み、エロやエロパロディに下ネタに汚物等、自主的モザイクも多用され笑えるアニメでした。
関連記事
2013年01月24日 (木) 13:02 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
11eyes イレブンアイズのタイトルから中心メンバーが6人のパーティー(主人公は日常片目なので11の瞳)なんだろうなということは予想できるのですが、冒頭から意味不明な状態でどこまでこの意味不明状態を引っ張るのかなと思うくらい引っ張ってくれました。

物語設定は納得ですが、単純頭で魔法物の苦手な私には、後半はちょっとややこしすぎて理解するのに苦しまされ見終わった時には、何も生まれず残らなかったです。

見ている時から思ってたサービスエロカットの多さは、後で元がアダルトゲームだったことで理解出来ました。
関連記事
2013年01月24日 (木) 12:02 | 自動車 | 編集 |
以前から交換時期を迎えていたカーバッテリーですが、今日用事に出かけようとした所、エンジンがかかりませんでした。
中3日でとうとう掛からなくなったので交換することにしました。

用事を済ませて、先日確認していたホームセンターに行くと今日から全品5%offセールをしていたので3,980円のバッテリーは3,781円でした。

帰りはバッテリーが横転し液漏れしないように気をつけながら家に帰り早速交換。

我輩のフィット GE6 に積まれた純正バッテリーは、38B19Lだったので40B19Lに交換しました。ただしフロントガラス熱線非装備車の場合は、34B17Lが積まれているので注意してください。

交換した新しいバッテリー外箱
交換した新しいバッテリー外箱


手順で重要なのは、取り外す時はマイナス端子側を先に外して次にプラス端子を外す。と言う事だけで取付の時はその逆で行います。

作業前の状態
作業前の状態


我輩の場合、先にバッテリーを固定しているネジを緩めバッテリーをすぐに取り出せる状態にしてから、各端子をゆるめました。固定ネジは完全に外す所まで緩めることは無く、ある程度緩めるとバッテリーを固定しているステーがフック状になっているので引っかかっている穴からフックを外すと取り外せます。
プラス端子側に付いている赤いフューズカバー部は取り外さなくても交換可能ですが、端子部を緩める作業に邪魔だったので取り外して行いました。

固定金具を外して端子を外す前の状態
固定金具を外して端子を外す前の状態

取り出したバッテリー(右)と新しいバッテリー(左)
取り出したバッテリー(右)と新しいバッテリー(左)

後は、外した順番と逆に作業を行い終了で写真撮りながらの作業で正味20分位でした。
2013-01-26 13.40.141

説明にはないのですが、バッテリー交換時カーステやトリップメーターのメモリが消えるのを防ぐ為に、バッテリーチャージャーを取り付けて常時通電状態にして行ないました。
今回は、購入したホームセンターで使用済みバッテリーを無料回収してくれるので、トータルコスト(ネット注文バッテリー2700円+送料600円+バッテリー回収750円=4,050円)でホームセンターで購入しましたが、使用済みバッテリーの回収必要がない場合はネット注文がお薦めです。

カーバッテリー単品で一番安かったのは、楽天市場のこちら販売されていた”40B19L/SB パナソニック Panasonic 自動車バッテリー SBシリーズ”はカード払い2,700円でカード決済以外だと2,600円です。今回ホームセンターで購入した商品が1年または2万キロの保証ですが、ネット通販の方は保証が2年または4万キロと保証が倍で値段が安いのです。
ただし、パナソニックの商品ラインナップではホームセンターで購入したXEXシリーズの方が格上みたいですが、保証以外の違いがわかりません。

なので今回は261円をけちって(今日からお店が5%OFFしてなかったら70円だったかも)ホームセンターで購入しましたが、楽天購入ポイント分とバッテリー性能を考えるとネットで購入した方が良かったかもしれませんね

関連記事
2013年01月24日 (木) 03:05 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
基本は、ドタバタラブコメなのですが、冒頭は主人公である元花菱財閥の跡取り息子だった花菱 薫とその許嫁だった桜庭 葵との再会から始まります。

その後訳あって、桜庭家所有の洋館とその使用人用の離れに別々に住むことになった二人と葵の教育係である神楽崎 雅の元に主人公を慕って集まり使用人用の離れがアパート化していきます。

幼い時から主人公との結婚を夢見て花嫁修業をしていた大和撫子で世間知らずのお嬢様育ちの葵が、ひたむきに花菱 薫を思い続ける姿には感動モノでした。

そして続きの”藍より青し〜縁〜”
前作の出会いからの2年後、大学院に通う花菱 薫とその許嫁である桜庭 葵は、その事実を周囲に隠しアパートの住人と大家として暮らし続ける。

そうと知らずに花菱 薫を慕い集まってくる女性たちとのドタバタラブコメと言うのが、前作からの流れなのですが、出会いから2年経ち二人の今後の将来を見据えて考えないといけない主人公の動向も気になりますし、タイトルに有る”縁”から、人と人とを繋ぐ縁がテーマだと思うけど、タイトルにつけるだけの意味は?と期待しながら見てみました。

見終わった感じは、全てが中途半端で何か物足りなく終わってしまいました。

これだと、続編を希望したいとしか書けませんね。
関連記事
2013年01月22日 (火) 03:09 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
まず登場しているキャラにメインと呼べるようなキャラが存在しなくて物足りなかったです。

登場人物数に余裕がない様で仕方が無い事なのかもしれませんが、その結果あまりにも狭い世界感での数々の出会いになってしまい、通常ではありえない程の恋愛密度になっています。

タイトル通り初恋をテーマに限定し数々の恋愛が展開されますけど、片思いのままの物もあれば、失恋するものや成就するものといろいろで恋愛数を欲張り入れ過ぎた感じになってしまいその結果、中身が薄くなり物足りなさを感じてしまいました。
関連記事
2013年01月22日 (火) 03:08 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
見てみるとバレエの才能に優れていた主人公の”尾形 琳”が怪我によってバレエを辞め、偶然乗車したライトバックという変形バイクをたくみに乗りこなしてしまい才能を開花してしまったことから始まりました。

何故ここでバレエが必要だったのか考えちゃうと訳が解らなくなります。別にアムロ・レイみたいに、知識が全く無いのにライトバックを乗りこなしてしまったでいいのでは? 確かに最終話でライトバックで追手を破壊しながら踊るシーンがあるのだけれど、これもバレエにこじつけた感がありこれも同様に必要だったのかな?と思ってしまいます。

原作がそうだから仕方が無いと言われればそれまでですけど、余りにもバレエ=ライトバックに関連性が無くて説得力が無かったです。

なので、最初はバイクレースものみたいなものと思ったのですが、政治が絡んで全然違う展開でした。

12話だった事も原因なのか展開が詰め込み過ぎて物語設定がもったいない感じもしました。
主人公の”尾形 琳”がライトバックに乗ってもっと成長する姿や活躍する場面が欲しかったです。
関連記事
2013年01月21日 (月) 03:12 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
大学の”変態生理ゼミナール”通称『変ゼミ』内で起きる日常アニメでう。

あまり目にすることの出来ない変態の日常生態を描いているけど、中身は基本真面目な内容でこういう世界も在るんだよって感じで軽い気持ちで見るのが良いと思います。

あんまり深く考えないで観るも良し、哲学的に考えて見るも良しですがまぁ色々と考えさせられる内容かと(^^ゞ
関連記事
2013年01月21日 (月) 03:11 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
相当以前観ていた作品です。
まぁ物語重視の方がまじめに見るに耐えないアニメではないかな。

娯楽で深く考えずに見ないと最後まで見ることは難しいかもしれませんが、”豊乳は富であり絶対、貧乳は人にあらず”というこの物語の設定でどういう世直しで終わるのかという結末に興味が湧きました。

まぁ現実味がない設定ですが、こういう仮想世界が在ってもいいんじゃないかな。
というか、ドキュメンタリー以外、アニメや映画はほとんど仮想世界ですけどね。
関連記事
2013年01月20日 (日) 03:13 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
大変面白く見てしまいました。

あらすじを読んでいただければ大体の解りますが、自分の意志に関係なくマフィアに飼われる暗殺者に教育されていく日本人旅行者だった主人公のツヴァイ。

多くの人を殺めて行くツヴァイの結末はどうなるかすごく見どころでした。

ただ、アニメタイトルから”あ〜なるほど”となる訳ですが、観ていて最後にたどり着くのは納得の行く結末でした。

まぁ終わり方はどこで終わるかで制作者の意図が解りますがこういう終わり方も現実味が在って好感が持てました。
 サンキュー(0)
関連記事
2013年01月18日 (金) 03:14 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
続編が作られていた事を知らなくて『ラストエグザイル-銀翼のファム-』を先に見てしまったのですが、最初に思った疑問が、そんなにラストエグザイルと続編”銀翼のファム”間に時間経過が無いと思うのに、世界事情が全く変わっていた事に違和感を感じました。

多くの登場人物が”銀翼のファム”にも登場するのでそれもたのしめました。
本編での主人公が”銀翼のファム”では車椅子だった理由が見落としたのか解りませんでした。

後”銀翼のファム”で、宇宙に6つ浮かび見えていたエクザイルは、この作品では見えずどこから現れたのかも解らないままでした。

単にこの作品は、”銀翼のファム”のスケールより狭い地域の2国間とギルドの争いのみを描いていたのでしょうかね? 


物語自体は、”銀翼のファム”の方が更に楽しめましたし、作画のクオリティーも”銀翼のファム”かなぁ。

どちらにしても、面白く仕上がっていたと思います。
関連記事
2013年01月18日 (金) 00:15 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
何気なく観始めた作品でしたが、空中戦が非常に楽しめました。

なにげに銀英伝を思い出すほどの艦隊戦と紅の豚を思い出す空中戦。
スターウオーズを思い出すグランレースや、ナウシカを思い出すヴァンシップと言いとこどりの様なスピード感があふれた仕上がりと戦艦などのデザイン等、背景を含め作画の綺麗さには参りました。
作画の仕上がりは劇場版レベルじゃないでしょうか?

物語も、戦争の虚しさが描かれていて大変良かったと思います。
戦う両方が平和を願っているのに考え方と進め方のちがいによってひずみや憎しみが生じてしまう。
これからも人類は争い続けるんだろうなという虚しさも感じました。

グランエクザイルに突入した時に、余りにもリアリティーを出すためにヴァンシップのライトによるハレーションまで描いたのはどうかと(^^ゞ レンズカメラで撮ってますっていう効果はありますが、別に必要無く普通の感じの方が良かったんじゃないかな。

コレを見た後に、この作品がLAST EXILEの続編だったことが解りました(T.T) しまった。

LAST EXILEも観たいと思います。
関連記事
2013年01月17日 (木) 03:17 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
明治のロシア戦争を舞台に”らいむ”という人が動かす霊体を武器にロシアと戦うと言うもの。

女学院に教師として赴任してきたのだが、そこにいる5人の生徒は全てが個性が強い人物ばかり。

何故明治で、日露戦争を舞台にしなければならなのか理解不能で、いらぬ設定を無くしらいむ使い同士の戦いを重視した方が楽しめたかも。
設定は明治なのだけど全然明治と言う時代感が無く結果的にただエロいだけの作品になってしまっていて残念です。

作り手が悪いとここまで悪くなると言う手本みたいなアニメでした。
 サンキュー(0)
関連記事
2013年01月16日 (水) 03:18 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
単純明快で分かりやすく面白く観ることが出来ました。
続きが見たいのですがこのアニメの続きはまだ作られてないのですね。

今回、何となくややこしいアニメのような気がして1話毎にここにメモを取り整理しながら見たという初の試みでした。

-零-は、神楽が一人前の退魔師になるまでを描いたアニメになってましたので、神楽が活躍すると思われる喰霊の方が作られたなら続けて見たいです。

12話の感想

殺生石を身につけた神楽と黄泉。
黄泉を追う神楽この二人の戦いの結末はいかに。

父から霊獣・白叡を受け継ぎ黄泉と戦う神楽に、紀之が参戦する。
しかし、黄泉を切れない神楽だったが宿命を受け入れ涙ながら戦う神楽。

そして黄泉は、戦いの中望みを叶える石、殺生石に私より神楽を助けることを願い神楽に切られる。

そしてその2年後、退魔師として霊と戦う神楽の姿があった。


11話の感想

神楽の目の前に神楽の父が登場し黄泉と戦う。
黄泉を取り押さえトドメを神楽に命じる父だったが、神楽は躊躇してしまいそのすきを突いた黄泉は、逆に神楽の父が傷つけてしまう。

助けに居合わせた対策室・室長らは、額の光る黄泉に殺生石の存在に気がついたが時すでに遅し。
室長自ら黄泉との戦いに出向くが、惨敗。

神楽は致命的な傷を負った父と最後の時間を過ごし死に際に殺生石を受け取る。

そこで、刀匠マイケルより宝刀マイケル13号を受け取る。


10話の感想

黄泉が病室から消え神楽は、黄泉が霊に取り憑かれたのではないかと心配する。
そして、話は2話では描かれていない部分を含めた場面に戻る。

黄泉は、叔父に病室から奪われた宝刀獅子王を取り戻す。
そして、婚約を破棄した紀之と対峙し殺してくれる事を願うが、紀之には殺せない。
そこで黄泉は囚えた桜庭一騎を助けたければ私を殺せと紀之に言うが紀之は桜庭一騎を見殺しにする。
紀之は”意気地なし”と言われその場を立ち去る黄泉に何もすることが出来なかった。


9話の感想

戦いで再起不能になり通常の生活も送れないくらいの傷つき昏睡状態だった黄泉は2ヶ月後に意識を取り戻す。


諫山 冥を殺害したという事実から親族に恨まれそこに更に、追い打ちを掛ける婚約破棄、そして信じていた神楽が流す涙から神楽も信じてくれていなことを悟り信頼を裏切ってしまった悲しみを霊につけこまれ、動けない体と憎しみから殺生石を受け入れ憎しみの心を増大させた悪霊として復活したようだ。


8話の感想

前回の事件で、今度は黄泉も追い込まれてしまいます。
黄泉と神楽の出会いから3年経過していて、冒頭の物語と同じ時期になっている事になります。

ここまで来たら、5話での予想通り1話の話に繋がって話が終わる流れなのかな。宝刀は取り戻しているので、後はどうして黄泉は反旗を翻したのかですね。


家督と宝刀獅子王を奪われた黄泉。
宝刀を手にした諫山 冥は、過去を思い出し一度は正気に戻るのだが、自分が犯した罪の重さに再度霊を受け入れてしまう。

そして、黄泉は家に落ちていた羽からすべてを察し冥との戦いに出向き冥を殺害する。

7話の感想

前回の事件で、神楽は精神的に追い込まれてしまう。
そして家督を次ぐ事が当たり前で宿命だと思っていたのに、友人から別の人生も在る事を気付かされる。

そして、黄泉の家督を次ぐ時期を早めた義父の諫山 奈落は、次回の分家会議でその旨を伝える準備を弟に託します。
その側には、何故が前回切られたはずの諫山 冥の登場します。

そして諫山 冥は、黄泉の義父 諫山 奈落を分家会議前に殺害してしまう。


6話の感想

予想通り諫山家のお家騒動に展開する話だとおもっていたのですが。
血の繋がりの無い養女である黄泉の叔父の娘である諫山 冥が本格的に登場する。

なのに、お家騒動を起こす前に諫山 冥があっさり殺されるって何?またまた予想を反する展開です。

そして、霊に乗っ取られた先生を切り悲しみに暮れている場面を級友に見られてこの回は終了。


5話の感想

前話からの続きですが、タイトルに零が付いている理由は、もしかすると黄泉が行方不明になるまでの物語だからなのか?と思っています。

どうやら、血の繋がりの無い養女である黄泉が将来諫山家の家督を次ぐ事になったことによって今後起きると思わせるお家騒動が、もしかすると反旗を翻した原因なのかな。

そうそう、まさかこのアニメでフラグという台詞が出てくるとは(笑)回が進み毎に話の内容に遊び心が徐々に増えてきて笑える内容になって来ています。

4話の感想

3話から話は続きますが、どうやら神楽と黄泉のこの二人がこのアニメのWメインヒロインの様だと思わせる展開です。

刀の手入れにまさかあれを使うとは(笑)

3話の感想

冒頭、前話で神楽がお姉ちゃんと呼ぶ諫山 黄泉に切られた場面から話が3年前に戻りこの二人の出会いから関係を主に描いています。

2話の感想

前話で除霊し倒したはずの霊が再生してそこに今度は環境省管轄の機密部隊が新たに登場しその霊を倒し一段落。

今回の作戦で防衛省の精鋭部隊は事実上壊滅した事が報告され、環境省がこの拾集のために防衛省に出向いていた。

再度除霊し一段落の着いていた現場で、再度霊が再生されそこに、現れた敵は行方不明のなっていた仲間諫山 黄泉だったという展開。

その黄泉を追い、おいおい、他の刀のさやが合うはずないだろう。
そして、またまた最後には、おいおいおい。
予想をまた裏切る展開でした。

なんなんだこのアニメは。

1話を見ての感想

冒頭から霊と戦う防衛省の第4課特務小隊という部隊の活躍から始まり、無事に霊を倒し作戦終了と言う事で、この部隊の活躍を描くアニメと思っていたら、 その4課特務小隊はそこで、襲われて全滅してしまうという主役は誰?って感じで意味不明になってしまった。そこから驚きの展開が待っていたアニメでした。

まだ意味が解らないナゾだらけのアニメなので、とりあえず続けてみて行くつもりです。

あと効果音がちょっと大きすぎて台詞が聞き取りづらい場面やカット割りの描写で文字が読み取れず一度再生を止めて戻してしまう事が在りちょっと制作者側の不親切感が伝わってきます。

まぁ台詞もカット割りに関してはそれほど重要では無かったのですがそれは、見ているこちら側には解りませんから制作側の施設名のリアルと効果音の迫力感や作戦の緊迫感を出す為の意図かも知れませんが、事情で軽視して欲しくなかったかな。
関連記事
2013年01月15日 (火) 03:22 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
今の日本人の忘れかけている、もてなす心や侘び寂びの心を持った可愛い女の娘。

単身で19世紀にフランス文化を学びにやってきた長崎のお嬢様で、文化の違いに戸惑いながらも健気にホームステイ先に奉公をする日本人の鏡みたいな女の子でして見ているだけで萌え〜でした。

個人的に最終話はもう少し欲しいと言うか消化不良というか不満足な終わり方でした。アニメでは裕福なお嬢様がフランスにやってきたアニメですけど、実社会では売られて商品としてやってきた方のほうが多いと思うので、(実際アニメでもお金持ちお嬢様が湯音を買おうとしてました)そういうフランス社会の偏見や上流社会の裏事情もちらりと表現されていてちょっと考えさせられて楽しめました。
関連記事
2013年01月15日 (火) 03:20 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
最後まで楽しめました。

未解決の部分が在るのでセェルティさんの首は、情報屋の折原 臨也がその首を利用してヴァルハラへ行くことを策略しているはずでまだ続くのかなとも思うのですが、とりあえず終了といったところでしょうか。

今後の続編を希望したいアニメですね。

---以下過去書き込み分
12話まで観ました。
まだ完走していませんが正直こういう展開が待っていたとは驚きでした。
最初、このアニメの主人公はいったい誰?って感じで観ていたのですが、すべての布石がつながり謎が解決しました。

そうそう12話までで解決していない事が在るのですが 切り裂き魔と折原 臨也って何者?、第一章での一区切から第二章に入る感じです。

日常から非日常に行っても3日もそこにいればそれはもう日常になるかぁ。日常と非日常の線引きは、個々それぞれ違うんだね。

---以下過去書き込み分
池袋を舞台に高校生の日常が、犯罪などに巻き込まれていくのを描いてます。

暴力シーンに、誘拐、流血、喫煙、飛び降り自殺と見方にもよると思うのですが、そういうシーンだけ見ているとちょっと鬱になりそうな欝の人は見たらヤバそうな気がする描写が多いです。

確かにコレも日常であり犯罪も日常に起きる非日常だけど、目を背ければ済む事例の描写がこのアニメにはあります。

でも最後まで全て観れば、そういう事を否定して希望をくれるアニメの様です。

そうそう猫耳ヘルメットは、ぐっと!です。

なので最初は、正直今の所観るのを断念しそうな感じで葛藤しながら見ていたアニメなのですが、4話辺りから展開が変わって来まして、色んな謎要素がだんだん繋がって来て面白くなって来ました。
関連記事
2013年01月14日 (月) 03:24 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
続編みたい!
見終わった後の正直な感想です。

ソードアート・オンラインと同様にオンラインの仮想ゲームの話ですが、レベル10に何が待っているのか知りたいですよね。

まぁそこまでたどり着くのかレベル9のままで終了するかもしれませんが、仮想世界と現実世界で話をもっと盛り上げつつ謎を明かして行って欲しいものです。

ーーー以下過去書き込み分

豚に真珠

1話めを観ながら書いてます。

容姿のさえない以前どこかで見た事の在るようなキャラクターの主人公が、仮想世界で知り合った女性から謎のプログラムをインストールする所から話が始まりました。

好みの仮想世界在りのSF物のようなのでこのまま見ていきたいです。
関連記事
2013年01月14日 (月) 03:23 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
このアニメは、謎の生命体から地球を守るパンドラという特殊能力をもった女性を育成する学校でのお話なんだけど、軍の学校だから上下関係等の規律はすごく厳しい。

その為、この戦闘能力のレベルが学力テストと同様に絶対的なランク付けされている中で、こういう血の気が多い彼女達と戦闘をサポートする男性が集まった絶対的女性優位の軍学校の日常生活になると、必然的にこの様な状態になるのかなと思うほど、日常生活でもストレスを発散させる為のように、戦闘以外でも競い合い奪い合い戦いを挑んだり策略したりと校則という規律が一応有るけど学校もそれが解っているのかある程度はやりたい放題。

ほとんどがそのような学園での日常を描きながらの社会や軍の事情や主人公とメインヒロインとの関係を散りばめています。

アニメ制作時の女性描写が規制が甘くできた放送環境だったようですし、さらに女声優陣も豪華でした。

評価次第ですが話の方は個人的にはプロローグでまだまだ続く感を残して終了したと思うので、 軍内にも謎が多く、メイン?の謎の生命体との戦いも終わってないし、主人公とメインキャラとの進展等もまだまだ見たいので 今後の展開にも期待です。
関連記事
2013年01月13日 (日) 03:26 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
あにこれの評価が高かったので見てみました。

冒頭のOPを見て、制作がプロダクションIGだと解り納得と言う感じの背景とアクションシーン、そしてお得意のSFアニメで期待して見始めた第一話。

ミニタチコマもどきや遠隔操作される装甲ロボット等、過去の作品で見たことの在るようなプロダクションIGらしいデザインと思いつつ、このアニメの時代背景や設定などを理解しつつも多くの謎も残し、メインヒロインの歌姫には不相応に思える裏の活動とミステリアスな雰囲気にベストマッチに思える声担当を最近よく聞き人気急上昇している感がある茅野愛衣がして結局、最期まで見てしまいました。

人間の裏表、陰と陽、感情表現と描写が多く取り入れられて、各キャラクターの思いや葛藤が伝わりそのことがこのアニメ自体の物語の進展にも左右されていて最終話まで楽しく見ることが出来ました
関連記事
2013年01月12日 (土) 19:44 | 自動車 | 編集 |
以前からだましだまし使用しているカーバッテリーがそろそろやばくなって来ました。

今まで中6日放置でも何とかエンジンが回ったのですが、昨日は中5日で採用試験に向かう時にエンジンが掛からなくてちょっと焦りましたけど、何とかブースターで回して会社に行ってきたのです。

今日は、ちょっと地元で購入できるバッテリーの価格調査みたいな感じで回ったのですが、カー用品ショップのオートバックは、新神戸物38B19で3,980円、ホームセンターではパナソニック40B19で同じく3,980円でやはり地元で買うならホームセンターで購入の方が性能が良い物が買えるみたいです。

正月前後にホームセンターチラシで同じ商品か解らないけど3,480円で出ていた時に購入しとくべきだったかな。

3月まで騙し騙し使えそうならまた安くなると思うんだけど。
関連記事
2013年01月12日 (土) 03:27 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
魔法系のアニメがちょっと苦手だったので、今までタイトル名だけで判断して観ていなかったアニメでした。

ただ実際見てみると、1話めから引き込まれる物語の展開と悪魔サタンの子供の物語という設定には興味が湧きました。

苦手な訳の解らない魔法用語とかも出てくるのですが、主人公自体が用語を知らないので、その場その場で説明があるし魔法関係自体が話の展開にあまり細かな設定が必要としない設定だったので最後まで疲れず見ることが出来ました。

猫好きなので、10話、11話、11.5話の特別番外編クロの家出は良かったなぁ。特に10話と特別番外編はちょっと涙腺が(^^ゞ
出来ればもう少しクロの描写が可愛い設定だったら良かったのですがケットシーだから仕方が無いですかね。

それに、基本祓魔師の物語なので血生臭くなる事が多くなるはずなのですが、個人的に杜山 しえみのキャラに花澤香菜の声が相乗効果で場を和ましてくれてましたし、主人公を取り巻く周りのキャラもグッジョブでした。
関連記事
2013年01月11日 (金) 16:42 | 日記 | 編集 |
ある企業の採用試験に行ってきました。

昨年、ハローワークに申し込んだ時点で自分を含めて2人だったので申し込んだ人が少ないのかと思っていたんですが、6人いました。

2時間の試験内容は、最初の1時間は高校生程度の問題をマークシートに記入する5択タイプでして国語、数学、理科、社会、英語、化学等など多科目に及んでいました。

マークシートなので漢字の読み書きはなかったのですが、文章を読んで答える問題やこの中から昆虫を選べとか、サイコロをある4方向に何度か転がすと上の目は何?とか二次方程式と一気に疲れました。
もちろん最後まで答える前に、時間終了。

後半の1時間は、性格診断で2択の文章から自分に合うものを1つ選ぶというものと、1つの文から自分に合うものを3択(YES,NO,どちらでもない)から選ぶというものでした。

その後、個別に面接を15分程受けて終了!
これまでで一番、ネットに紹介してある面接に近いのを受けました。
こんなんだったら、もう少し、想定して練習や答えを考えておくべきだったかもね。

帰りにドーナツを買いに行こうかとも考えたんだけど、リクルートスーツのウエストが予想通りキチキチでやばい状態だったので、今回は我慢して4時過ぎにはもう家に到着。

さあ、一週間後には結果が解っていると思うけど、どうなることやらね。


追記
そろそろ結果が送られて来る時期なんだけど今日は、認定日だったのでハローワークに問い合わせてみると予想通り先にハローワークの方に連絡が来てました。

結果は不採用でした。
さ〜っ!つぎつぎっ!

関連記事
2013年01月11日 (金) 10:20 | 東芝 REGZA | 編集 |
REGZA 42Z3で番組録画しようと番組表から録画設定すると、一瞬録画容量が足りないという表示が出て録画が失敗しました。

調べてみても、ハードディスクの空き容量残表示は60%とあり、録画リストには、失敗した番組がまだ録画中と表示されてました。
録画できるか確認のためにW録画予約した番組は問題無くW録画されていました。

この状態で、失敗したファイルを削除しようとしても録画中であることを理由で削除できず、一度ハードディスクを取り外すことで録画を終了した事と認識できないか試したのですが、これでも削除は失敗。

その後、録画番組の修復を行なっても修復不可。
動作テストを行なってもテスト動作をしないで即NG表示がされました。

最終的に、REGZA本体の電源スイッチを長押ししてリセットすることによって復旧しましたが、原因は不明です。

ただ、予想するに今回は録画開始時間が間近の番組を番組表から録画設定したために、その開始時間に本体もしくはハードディスク側の準備が間に合わず録画領域不足と表示され失敗したのでは?と思います。
関連記事
2013年01月10日 (木) 03:28 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
創剣のアクエリオンから続きを観ました。

前作同様に、ちょっとおふざけありで面白い設定には、感心するくらい良くできていたと思います。

前作からの一万二千年後ではエレメント能力もニュータイプ以上に進化していて機械天使を使用無いエレメント能力のみの必殺技も増えてさらに面白かったです。
関連記事
2013年01月09日 (水) 03:30 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
音楽が菅野よう子と言う事で、音楽関係はOPの歌詞でこの物語のイメージも解りと良かったと思います。

ただ、いまどき合体ロボットって、そしてこの必殺技。
正直なんじゃこりゃー!って感じで搭乗する人の感情と能力の数だけ在るような必殺技ってなに?
ここまで来たらこれが普通の技のような気もしますが、このロボットは感情にパワーが左右され搭乗者の能力が必殺技になる為か普通の兵器が逆になさすぎる。

合体シーンとかその為に起きる合体依存症とか見ているとまじめに作っているのかと思ってしまうほど、たまにおかしな設定やシーンありますよね。

それでも、時代設定やキャラ設定は良いいものがあり結局最後まで見てしまいました。

続編のEVOLも見てみたいと思います。
関連記事