FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2011年07月31日 (日) 13:49 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
以前から問題だったんだけど、RD-X8 の番組表で地デジのNHKがほとんど表示されない。

ほとんどの場合手動で番組データを更新すればダウンロードされるんだけど、ダウンロードしても2日分だけとかで1週間後の予約できないので不便だな。

富山のNHKが更新していないからか?

関連記事
2011年07月31日 (日) 13:19 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
最近流行りのつぶやきだけど、そのつぶやきで人生が左右されることもたくさんあるみたいで怖いですね。

自分とこの甥っ子もだけど(^^ゞ

まぁ自分は登録はしているけど、つぶやいていないしたまに他の方のつぶやきを読む程度です。

そのつぶやき系を題材にしたドラマで怖いと思ったのが、
「クリミナル・マインド5 #22 インターネットは永遠に [終]」
http://channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ch_userid=cir4736000&skey=%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89&prgid=42649880

まぁつぶやいている方は、個人情報の流失にご注意くださいね。

自分はブログまでにしときます。

関連記事
2011年07月28日 (木) 13:49 | mixiからの引越しブログ | 編集 |

先日、クーポンやチケットの共同購入クーポンサイト「ポンパレ」にて370円で購入したコンパクトスピーカが届きました。

(過去日記)

http://nanarou.blog.fc2.com/blog-entry-76.html

早速、ノーパソに繋いで試聴してみたんだけど、いきなりステレオ感を実感できました。
ノーパソもステレオだったんだけど、周波数特性も一応20~20,000Hzで、今後は、ノーパソの蓋を閉じてiTunesで音楽聞いたり携帯やiPodに繋いでも良い感じです。

ただ、電源のLEDが明るすぎるかな。

(エレコム)
http://www2.elecom.co.jp/avd/cellphone/speaker/ms-mpp06/

関連記事
2011年07月25日 (月) 02:00 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
以前は、RDでDVD-RにVRモードで記録した動画をMacで再生する事出来なかったんだけど、今の機種(MacBook Pro OS10.6.8)で出来るんだね。

今試しにMacに入れたらマウントが出来て、VLCメディアプレイヤーで"VRO"という拡張子ファイルを開いたら再生できました。

もちろん、コピープロテクトかかったものはダメだと思います。

調べたらOS10.4あたりから出来てたらしい(^^ゞ
以前した時は10.3だったし出来なかったので出来ないと思い込んでいました。

以前、wikipediaでffmpegを調べていたら、”動画を東芝のREGZAが認識できるMPEG2形式に変換する例”と言うのを見つけてコレが出来るならPCで読み書きできるのか?と思ったんですよね(^^ゞ(時代遅れだけど…)
http://ja.wikipedia.org/wiki/Ffmpeg
http://ja.wikipedia.org/wiki/FFmpeg
関連記事
2011年07月25日 (月) 00:37 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
自宅のテレビはCATVなのでアナログ波は4月ぐらいからデジアナ変換されていたので全然実感有りません。

アナログテレビも今まで通り写っているから、実感したのはレコーダーの番組表が死んで追っかけ録画が出来なくなった事と、WOWOWが正午から映らなくなったくらいかな。

一応、衛星劇場とスター・チャンネルはまだ生きているのでRDのアナログ機は、衛星チャンネル視聴専用とあと編集に動画保存機を担当させて後世を生きていかせます。

ネットで、一応アナロク放送が終了した瞬間の動画を見てみたけど、感想は特に無かったです。

しかし、今までアナログだったテレビの歴史が変わった事に変わりは無くひとつの歴史に立ち会えた感じですね。

関連記事
2011年07月23日 (土) 02:40 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
地デジ未対応のHDDレコーダで番組予約をするのに良いものがないか探していたら以下のものを見つけました。

タイニー番組ナビゲータ
http://sourceforge.jp/projects/tainavi/

これで、番組表を見ながら録画設定できるようになりました。

さらに、複数台のRDを持っていても録画予約設定をパソに落として全ての録画予約設定を一括して一覧で見れるので録画予約の重複することも無くなりました。

7月21日に最新版が出ているので更新も今の所問題なしですし、アナログの東芝RD機時代から有名なソフトだったみたいですね。。

何かアニオタには嬉しい機能も付いていたけど、地方の人間には空しくなる無用な機能でしたふらふら

Javaで製作しているのでWindows XP/Vista/7、Linux、MacOSXに対応してます。

関連記事
2011年07月22日 (金) 16:46 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
地デジに未対応のレコーダーの番組表が24日の午後から使えなくなってましたふらふら

考えてみれば当たり前なんだけど、ケーブルテレビのサービスでデジアナ変換されて来年の3月末まではアナログで延命できていたのに…。

まぁ昔のビデオ録画の設定に戻っただけだけど一度この便利さになれるとめんどくさいね。

何とかレコーダーを騙して番組表を入れる事できないかな…。

関連記事
2011年07月22日 (金) 01:51 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
「コクリコ坂から」がハリーポッター、ポケモンに次いで3位という好発進してますね。

その関係の記事でNHKが8月9日に制作の裏側を放送するみたい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110721-00000002-flix-movi

この記事にあるけど、やはりゲド戦記を宮崎駿は認めてなかったんだね。

そんでもって、今回は企画・脚本を担当していたとは、驚きでした。
少しは期待して良いのか?

でも、ジブリお得意のファンタジーがないアニメが通用するのかな。

吾朗の絵を前に苦悩する宮崎駿…本当に、ジブリ正念場って感じです。

関連記事
2011年07月21日 (木) 17:53 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
う~む。。

難しい映画だったけど、若い時の事を思い出しました。

ノルウェイの森 (松山ケンイチ 出演) [DVD]
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=4277788&id=1470611

関連記事
2011年07月21日 (木) 17:14 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
以前から気になっていた割引チケット共同購入サイトでのマックカード80%引き100円につられて新規登録して購入しました。

そしたら新規登録で1000円のギフトが頂けたのでさらに、エレコムからスマートフォン用スピーカーなるものが50%引きの1370円で出ていたのでギフトを使って370円で購入。

ネットで調べると安くて1700円台で売っていたのでマックカードと合わせて2200円分を370円で購入できたのでラッキーでした。

でも支払いもエコポイントで頂いたEdyで支払いしたので実質0円。

http://ponpare.jp/delivery/tokyo/ginza/0022976/?itr=JW706hC9OaYOhfDNb%2B2HyQ%3D%3D&vos=cppprorgcanp110218005

でもポンパレを利用することもう無いかな(^^ゞ


関連記事
2011年07月20日 (水) 01:28 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
う~む。。

最近のジブリは、駄目だ。。
最近観た3作品の感想です。

借りぐらしのアリエッティ [DVD]
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=4277788&id=1416910

ゲド戦記
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=4277788&id=751201

海がきこえる
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=4277788&id=4119

関連記事
2011年07月20日 (水) 01:18 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
過去に見ないと断言していた実写版「BATTLESHIP ヤマト」を落とすことが出来て観ちゃいました。

レビューにも書いたけどこれから観たい人は、以下読まないでください。

まず基本は、宇宙戦艦ヤマトで登場人物もほとんど同じだけど設定がほとんどアニメとは違います。

森雪が戦闘機乗りだし、佐渡先生が女性で高島礼子、なのに酒瓶持たせてるし、アナライザーはコンピューターのユニットで戦闘ロボに変形するし、他の設定も大分違う別物だった。

なんたって、放射能除去装置は、沖田艦長のついた嘘だったし…。

冒頭の戦闘シーンで、艦橋が写っていたけど照明で光を左右に振っていたけど何それ?…

波動砲を打てないようにガミラスがミサイルで砲門を塞いだけど、アニメのように実はドリルになっていて中に入って行くのでは無く本当に最後まで塞いだだけだった。

最後の波動砲打つ場面で、キムタクに風が当たって髪がなびくって何?

ダサい演出って感じでしたし計器類は現代ぽくて全然、未来という感じもしなかったです。

ほんと担当者出てこい!でした(^^ゞ

別物と考えれば普通に楽しめる映画だけどヤマトである必要がなかった気がします。

ただただキムタクがかっこいい!ってだけで、後半メインでは島と森雪以外は殆ど死んじゃうし…最後では森雪が古代進の子供だと思われる子を連れていて…任務中でも船の中でやることはやっていました!みたいなシーンは要らないでしょう。ってかんじでした。


関連記事
2011年07月19日 (火) 20:49 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
風営法の問題でネッカフェの個室が無くなるかもしれないと騒がれだしたこの頃…そろそろ、ネッカフェに行きたいと思っているんだけど、今日から台風が近付いているお陰で過ごしやすいです。

明日も日中は天気悪そうだし、早くて明後日にでも行こうかな。


関連記事
2011年07月18日 (月) 23:14 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
先日、テレビで放送された番組を録画しておいて観たのですが途中で見るのを辞めました。

その後、時間ができたので再度観たのですが途中で寝てしまう事2度…戻して何とか最後まで観ましたがやっぱり駄目でした。

最初は、ジブリらしいファンタジーにスピード感と臨調感があって”おっ!”っと思って期待したのですがやはり続きませんでした。

これは必要なのか?と思うジブリお得意の綺麗な景色描写のカットが何場面もあり、これが話を止めてしまいます。

過去作品なら、音楽を加えたりや動きを加えて耳と目を楽しませてくれました。

中盤につまらなくなる原因はこの、過去のジブリ作品は一種のジェットコースタームービーだったけど、最近の作品には、そういう技術が無く話の展開に重要で無い場面は、ただつまらなくなっているようです。

やはり最近のジブリ作品の多くがつまらないです。
原因はやはり監督だと思います。

成分に「安心と信頼のジブリ作品」というのがありますが、
自分に言わせれば「安心と信頼の宮崎駿作品」でした。

”ジブリ作品=宮崎駿作品”では無くなった今、
”ジブリ作品=安心と信頼”を求めるのはもう過去で残念です。
関連記事
2011年07月15日 (金) 23:16 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
原作が銀英伝を書いた田中芳樹なので期待したのですが、ちょっと難しいと言うか大人向けだったのか、事件がタイトル通り怪奇事件で常識離れした事件ばかり扱ってます。

主人公薬師寺涼子だけが突っ走って、事件を解って行動しているみたいで、それがいいのかもしれませんが私には理解不能でした。

本当に、本ページのあらすじに書かれている通りの内容だけの話でおもしろくなかったです。
関連記事
2011年07月14日 (木) 23:17 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
これなんなんだ。

終わり方にも配慮がほしいと、思うほど12話では欝になる終わり方で出た言葉でした。

これには、”ひぐらしのなく頃に”以来の衝撃を受けました。

ここに出てきた主人公の周りを取り巻く女子生徒でギリギリ許せたのは、学級委員長の清浦 刹那ぐらいで後の女性はほとんどまともじゃないです。

余りにも道徳が常識離れしているというか…。

学園祭での女子の間で引き継がれている伝統が休憩室とは非常識ですよ。

主人公が、流れやすい性格と言うのも理解できるが、優柔不断で意思表示も無く態度をハッキリしないままで、後半は常識無さ過ぎで女漁りの色情魔になってしまいました。

でも良く良く考えると、そういう彼を創ったのは、桂 言葉に好意を持っている事を知り応援すると言う口実で近づいた西園寺 世界であり…他の女生徒との関係も近づいて誘って来たのは女性からなんですよね。

まぁどちらにしても、観るほどのアニメではないのでお勧めはしないです。
もしくは、11話でやめてください。

12話では、誰もハッピーエンドにならないバットエンドが待っていますので欝になりますよ。

関連記事
2011年07月14日 (木) 16:48 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
映画「告白」を観ました。

これって確かハリウッドでリメイク決まったんでしたっけ?

面白かったです。
日本映画にしては…です。

予告で見てた「ドッカン!」の意味も解ったし…。

関連記事
2011年07月13日 (水) 23:21 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
観ましたけど、ここまで心に何も残らない劇場版アニメには驚きとがっかりでした。

ページのあらすじ説明にも有るけど名前の"借ぐらし"とは、必要な分を借りて暮らしている。と有るけど、借りるという事は返すと言うことです。

だけど、どう見ても小人側の都合の良い言い分で、ただ盗んでいるだけではないですか?

お手伝いさんが言う"泥棒小人"と言う表現は正しいと思います。

盗みを助長する様なアニメまで作る様になってしまったのかな?ジブリさんは。

やはり、スタジオジブリは宮崎駿が監督で持っていた会社というのが最近の作品のデキで解ります。

豪華な俳優を声優に使った話題性と作画が綺麗なだけで、もうダメなのかな…この会社。

何を訴えたいのか?全然判らなかったです。

劇場映画の制作をやめてライトノベルのアニメでも作って勉強した方がまだいいんじゃないでしょうか?


関連記事
2011年07月13日 (水) 23:19 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
レビューを観て思いつきで観ましたが、すべてが普通でした。

物語は、ひとつの話が終わった後に途中でフラグが立ったところに戻って話が分岐して、また進んでいきますので、話の展開自体は通常より短いです。

まぁ、ハーレム状態になるのは、最近のアニメでは普通だし、恋愛ゲームからのアニメならそうなるのも仕方が無いことですね。

レビューでエロイ描写に関しての書き込みも有りましたが胸の描写が在るくらいで全然R-15の普通でした。

近親相姦に関しても、日本が法律や道徳で禁じられているだけで、国によって法律も道徳も変わります。

逆に言えば、いとこ同士の婚姻を認めている日本ですが、他の国では禁じている国もありますから。
関連記事
2011年07月13日 (水) 23:18 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
まぁ、原作本があるわけですし、ジブリの若手が作った作品ということで宮崎駿もこの作品をジブリ作品と認めていないですし。

自分も観ていて、ジブリワールドを感じるものがなかったです。

つまり、どこにでもありそうな話の普通のアニメなのに、さらに何も得ない感動しない終わり方。

こうなってくると、ジブリの看板を背負った若手は大変ですね。
最近のジブリ作品を見ているとそう感じます。

毎回、新作公開前に行われるテレビでの新作番宣を兼ねたジブリ映画の放送…。今年は3週連続です。

この作品も放送されます。
この作品は尺が短いのでその分2本の放送です。

もしかしたら、今年の作品はこれまでよりも自信が持てないダメ作品なのかもしれません。

スポンサーの日本テレビも今は大変なお荷物ですよね。

関連記事
2011年07月13日 (水) 16:38 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
先日、ポータブルナビ用に購入した8GBのSDHCカードが容量一杯になってしまいました。

まさか、購入1ヶ月を待たずに一杯になるのは想定外…。

まぁアニメを相当数入れましたから仕方がないですわーい(嬉しい顔)

後日観ようと思っていれている映画を消化しないと空きがうまれないな。

関連記事
2011年07月13日 (水) 16:24 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
7/10北日本新聞記事"経験と資金不足 カターレ低迷の背景"の、コピペです。

J2・カターレ富山が低迷している。14試合を終えて2勝8敗4分けの勝ち点10で20チーム中19位。横浜FCとの開幕戦こそ勝利で飾ったものの、最近10試合は7敗3分けと白星から見放されている。リーグ中盤を迎えた現在も浮上のきっかけをつかめない現状と、その原因を探った。

 低迷の大きな要因の一つに「経験の浅さ」がある。昨季、19チーム中18位に終わったカターレは、安間貴義監督の下、若手を中心とした陣容に選手を大幅に入れ替え、13位以内を目標に今季の戦いに臨んだ。チームの世代交代を進めるとともに、伸びしろのある若手を積極的に起用することで、将来の大黒柱を育成することが主な狙いだった。

 ふたを開けてみれば、セットプレーから相次いで失点するなど、経験の浅さが敗北に直結した試合も少なくなかった。元日本代表FW黒部ら実績のある選手はごく一握り。身長2メートル超のFWオーロイを擁するジェフ千葉、日本代表クラスの選手を要所にそろえるFC東京など、戦力的な開きは歴然としている。安間監督は「選手は人一倍熱心に練習に打ち込んでいる」と擁護する一方、「(他チームに比べ)技術的に劣る部分は確かにある」と認める。

 さらに今季5戦目のFC東京戦だけでDF池端、吉川拓、MF谷田の3人が負傷退場。その後、DF吉井、主将のDF足助も負傷するなど、主力の大量離脱という想定外の事態が低迷に拍車を掛けた。

■人件費抑制
 もう一つの要因は「資金力の差」だ。プロスポーツの世界では、クラブの財政規模がそのまま戦力差に直結する例は珍しくない。Jリーグによると、09年度の各クラブの人件費はJ2平均約4億2千万円。同年、J1昇格を果たしたセレッソ大阪、ベガルタ仙台、湘南ベルマーレは約11億~約6億円に上った。カターレは平均の半分にも満たない約1億7千万円。今季のデータは未公表ながら、状況は大差ないとみられる。営業収入の40~50%を人件費に投じるクラブが少なくない中、カターレの人件費の割合は約30%と、低さが際立っている。

 清原邦彦社長は「身の丈に合った財政規模であることが大前提」と堅実な経営を強調。長引く不況でスポンサー企業からの広告収入が伸び悩む中、「財政基盤を築きながら戦力を整えていく」と説明する。

■観客数最低
 ただ、広告収入と並ぶ財源の柱である入場料収入でも、カターレは苦戦を強いられている。今季ここまでのホーム7試合の平均観客動員数は2901人とリーグ最低。リーグ平均の6119人はおろか、カターレの昨季平均4463人にも及ばない。

 今季は、大勢の観客が見込めた3月12日の今季ホーム開幕戦が東日本大震災のため中止。これが痛手となったのは間違いないが、このところの成績低迷も少なからず影響しているとみられる。現在4位の徳島ヴォルティス、6位のサガン鳥栖など好調なクラブは、ホームタウンの人口規模でいずれも富山を下回るが、平均動員数はカターレを千~2千人上回っている。

 選手によるサッカー教室など、ピッチを離れた社会貢献活動は昨年度の約70回から本年度は120回を計画。ファン獲得に努めているが、カターレ富山を応援する「ヘル・バレー」の五十里安弘副会長は「勝敗にかかわらず観戦に行くコアなサポーターばかりではない。戦力の差は分かっていても、やはり結果が伴わないと観客は増えない」とみる。

 現在のJ1やJ2上位陣の中にも、過去に勝てない時代を経験したチームは少なくない。清原社長は「選手を育てることでチーム力強化を目指すカターレにとっては、まさに今がその時期」とし、「つらい時こそ、スタジアムに足を運んでもらい、支えていただきたい。声援に応えられるよう選手もフロントも全力を尽くす」と話している。(社会部・八ッ橋和磨)

関連記事
2011年07月13日 (水) 05:45 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
ネコ好きには、たまらない学園コメディーです。

毎回主人公と絡み、増え続ける新キャラ登場でハーレム状態になっていくし…。

音楽、しゃべる猫、猫耳、各所にさり気無く出て来る数々の猫アイテム。

"日常"の坂本を太らせた様な体格のニャムサス。

猫と話せて、猫の願いを100個叶えないと猫になる呪い…自分は喜んで呪いに掛かってネコになりたい…。

随所に笑いがあり、はまっています。

すいません。猫で評価ポイント高いです。
関連記事
2011年07月12日 (火) 22:50 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
昨日、ファイル共有させたリスト表示で同名のファイル名が表示される問題が起きていて、その後、動画のエンコードをしながらファイル移動しました。

まずは重複していないファイル名だけを、移動後そのファイルは削除…。

そうすると、今まで見えなかったファイル名が出現しました。

コレを繰り返して残りファイル数が10ファイルになって同名ファイルのペアが5つに…。

一度、同じ名前のファイルのペアを一緒に移動させてみると同名のファイル名の最後に枝番がついていて、確認で見てみると同じファイルでした。

なので、次にペアの一つを移動させて削除…。

そうしたら消えていたファイルが表示されました!

コレを繰り返して何とか全てのファイルを移動できました。

何が原因だったんだろうね。

一応、フォルダ内に100ファイルはヤバそう。

音楽ファイルが800程有るけど消えたら怖いなぁわーい(嬉しい顔)


関連記事
2011年07月12日 (火) 00:41 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
アニメ関係で今、パソコンデータで全話動画保存しているのが、"めぞん一刻"と"涼宮ハルヒの憂鬱"でしたけど、昨日から"あの日みた花の名前を僕達はまだ知らない。"と"にゃんこい!"をポータブルナビに入れるために変換中です。

"あの日…"は、今年上半期で一番良かったアニメだと思うし、"にゃんこい!"は今日見てただ面白かったのでついでに入れとくか…と言うレベル。

"にゃんこい!"は猫がいっぱい出てくるからね。

関連記事
2011年07月12日 (火) 00:34 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
バッファローのLinkStationでファイル共有している同じフォルダー内でまったく同じファイル名が表示されます…。

めぞん一刻の全アニメ動画ファイルのバックアップファイルなのでまだ大丈夫なんだけど、フォルダー内に100ファイル有るんだけどその内の10ファイルほどが同じファイル名で並んで表示されてしまいます。

もちろん両ファイルを開いても同じファイルが開くけど、ファイル数は合っているので開けないファイルがあります。

ファイル名に使ってはいけない文字も使ってないし…原因不明です。
一応、旧パソからは問題なく表示されてました。
でも、ノーパソから見ると先程の症状が出ます。

一応、バックアップファイルの保存先を変更しておくかな。

関連記事
2011年07月10日 (日) 21:12 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
今月でアナログ放送が中止になることを受けて、ケーブルテレビもアナログからデジタルに変更になるので年初めから今月中までに変更する依頼が来てました。

だけど、基本料が450円アップするんだよね。
こちらが望んでいないんだから同じサービスで同じ値段で提供して欲しいのに、チャンネル数増やして基本料を上げてきやがったのです。

国の政策のおかげで支払いが増す意味が納得いかなかったので先月までは保留にしてました。


先月問い合わせがあったときには、デジタルに交換する事にしたんだけど、今月に入って観ていた番組は全て終わっているし良く良く考えると、ケーブルの有料チャンネル自体2ヶ月前から一切観ていないのでこの機会に有料チャンネルをキャンセルすることにしました。

今日、デジタルへ交換の確認電話があったので、使っていないIP電話と合わせて解約の旨を伝えました。

月基本料も下がるし待機電力も減るしね。

後日、デジタルチューナーを取り付けると5250円取られるらしいけど半年以上経てば損はしないから外します。

関連記事
2011年07月10日 (日) 00:54 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
今月のMAG・ネットは、劇場版が公開されたハガレンの特集とNHKの春ちゃんが喋った!?と言うのと、NHKなのにTBSのJINを上半期一、注目されたドラマとして紹介し、コミックと先生紹介等々。

ハガレンは、アニメ版が二つ在るのは知っていたけど違いが解らなかったんで後に放送された分は観てませんでした。終わり方が、前に放送されたのが、連載終了していなかったのでアニメオリジナルの終わり方だったんですね。

今回の劇場版は完全オリジナルストーリーで続編ではなく、ストーリーの中で起きた追加物語。

次に春ちゃん。今年喋ったということでちまたを賑わしていたけど3年前からいるキャラだったんですね。その声優の紹介で、豊崎愛生が出演してました。
豊崎愛生といえば、今回「あの花」とか「花咲くいろは」に出てる人でした。
過去なら、けいおん!の平沢唯かな。

そんで、番組のメニューの中で"「あの花」を見て号泣きする外国人動画が人気"と言うのが在ったんだけど番組で扱われなかったので調べてみました。

これかな?
http://ceron.jp/url/www.nicovideo.jp/watch/sm14859977

まぁそのまんま、外国人があの花の最終回を観ながらただ泣いている動画なんだけど…そんだけです。

関連記事
2011年07月09日 (土) 23:23 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
今シーズンもエンディングソングが毎回その話のテーマに合わせたナツメロです。

また、EDの後にも話が続きますので注意です。

5話以降、少しずつシナプスや主人公が見る夢の謎が解明していきます。

それによると智樹はシナプス人で地上に居るのは空で夢を観ている自分の分身と言う事なのかな

それで、両親が居なくケガの復活力が早いのかも。

エンジェロイドも第二世代タイプが登場し面白くなっていました。

とりあえず2期終了ということで大変楽しめました。
関連記事
2011年07月09日 (土) 23:22 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
このアニメを見て思い出したのが、「ああっ女神さまっ」。

設定はぜんぜん違うんだけど、シナプスという謎の浮遊大陸から落ちてきたイカロスというアンドロイド?

主人公の望みを叶えるし学習機能はあるみたいだけど、幼児並みの知能で天然ボケするし面白いですね。

まだ話は謎で全然、話が見えてきません。
空飛ぶパンツ、無人島で一ヶ月生活って何?(笑)

バカだ!(笑)、くだらね~ぇ(笑)
自然に観ていて出た言葉です(^^ゞ
でも面白かったです。

エンディングソングは青い三角定規とか…ゆけ!ゆけ!川口浩…。
最初何故に懐かしい曲を集めているか意図が判らなかったけど、その回の内容からのチョイスなんですね。

エンディングの後にも話が続きますので注意です。

でも、最後まで夢の謎を残したまま次回作に続くでした。
関連記事
2011年07月08日 (金) 23:58 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
今日は午前中は過ごしやすかったのですが、午後から一気に暑くなってしまって、1階のリビングから2回の暑い部屋に動く気しねー。と言うわけで夕方まで1階で寝てた。

そろそろ、漫画を読みに行く予定にしていて、どうせ行くなら暑い日にと思って昨日も今日の予想気温は29度だったので家にいたんだが…。

土日は料金が高くなるお店なのでがまんだけど…。

今も2階は暑いっす…。

関連記事
2011年07月08日 (金) 23:25 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
このOVAの前に、もう一つ出てる話の続編なので観たい方はまずそちらからご覧下さいね。

まぁ皆さんが書かれている通りなのですが、近親相姦×2という物語が大変まずい…。

それが東京都から倫理に触れるコミックになってしまったわけですがアニメは違いますので…。
同じテーマでなら恋風も同じですけどね。

なので当たり前ですが成人アニメの様なモザイク描写は一切無いですし擬似描写も一切ないのでこの点は、他のアニメよりは真面目なのかもしれません。

話は中途半端に終わっています。
続編は難しいと思いますがコミックはもっとすごいことになっていますが最後には社会的には認められませんが、アキとソラは結婚するみたいです。

ただ、駄目な物には蓋をしろという東京都の考えには、同意できませんね。
ダメ!観るな!と言われれば逆に観たくなるのも心情です。

東京都の発表が宣伝になって逆に観る人が増えることになったのではないでしょうかね。

こう言う事はやっては行けないことです。と思って観ましょう。

関連記事
2011年07月07日 (木) 23:28 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
アルビオンとの戦争も終結し、平和を取り戻しました。
才人の使い魔の刻印が消えてしまい今後の二人の関係のあり方で悩んでしまいます。

ここでなぜ二人が使い魔という契約に執着するのか解りませんでした。
王女より貴族の称号を頂けるなら魔法が使えなくても貴族なわけで…。貴族ならルイズとの結婚への障害も減るし…。

その後才人を生き返らせたティファニアも登場し…虚無の担い手を探す謎の組織のジョゼフとその使い魔シェフィールド等さらに面白くなってきました。

その後、ルイズが再度才人を召喚し使い魔となり、シュヴァリエという貴族籍を得ることになり2期では少なかった学園のドタバタパロディーのエピソードも復活しています。

女子風呂のぞきや才人とシエスタの新婚ごっごに惚れ薬等々。

7話では2期で死んだはずのクルベール先生が現れて…、エンディングに合わせて「あり得ない」と思いましたけど、理由は8話の冒頭で解ります。

10話でタバサを助けるためにガリアへ向かう時、往復になっても夜にシルフィードの背中に乗って飛んで移動すれば良かったのでは…と思ったのは私だけですかね。

11話では、巨神兵みたいのをガリア王が作ってました。

12話での冒頭、才人が字が読めないというシーンがあったけど確か前にルイズと色々しないという誓約書を読んでいたんだけど…何故ここで読めないのか不思議です。

2期も面白かったですが登場人物も増えてさらに面白くなってました。

ジョゼフ国王とその使い魔シェフィールドはまだ健在ですから、4期は作られないんでしょうかね。

やはり1期から観る事をお勧めします。
関連記事
2011年07月07日 (木) 23:28 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
前作、アルビオン共和国からの進軍を迎え撃つために参加したルイズを守る為に、異世界にとどまることになってしまった才人との続きの2期作品目。

アルビオンとの戦いが続く中、学校でも男子は徴兵されて戦争色が強くなり、君主のために命を投げ出す貴族であるルイズと異世界から来た才人との間で、戦争での命の価値の違いに数多く対立してしまいます。

また、貴族で在るプライドが才人に素直に自分の気持を伝えられないというルイズの葛藤も出てきます。

1期シーズンよりもラブコメ色が強くなった感じがしましたが、それ以上に戦争を通して色んな策略が描かれたりと話の内容も濃くなって面白くなっていました。

11話、12話は特に良かったですね。

この調子で3期も観ていきます。
関連記事
2011年07月07日 (木) 23:27 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
釘宮理恵が担当しているという事だけの前知識のみで鑑賞を開始しました。

ルイズは、完璧に釘宮理恵に、はまり役ですね。

そして、物語の設定も皆さんの中では逆でしょうが、先に放送されていた「アスタロッサのおもちゃ」を思い出す魔界の設定でした。

しかし大きく違うのが、人間界の存在有無が周知されているかどうかでしたね。

人間界(異世界)から持ち込まれた兵器が伝説の宝具として伝わっていてそれを、召喚された結果、あらゆる武器を扱える力を持つ事になった平賀才人が使用して大手柄。

平民扱いだった彼が次第に一目を置かれる存在になっていく。

アスタロッサのおもちゃと同じ1クールで、同じ魔界物でこれだけ中身のある面白いアニメが作れるのだから3期までの続編が作られた事にも納得です。

続けて2期を観たいと思います。
関連記事
2011年07月06日 (水) 23:31 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
前知識無しで観ました。

まず冒頭の作画が意図的だと思いますけど10年前のアニメ感が出ていてさらに選んだアニメとは程遠いキャラと場面の設定で一瞬間違えたかと思いました。

理由はその後理解できましたけど、第1話も終わりかけた頃にやっと声が、釘宮理恵だという事に気が付きました。
平野綾はその後だいぶん経ってから気付きました。

物語は、基本は学園ラブコメで主人公と優姫が出会い翌日に主人公の通う学校に転校してくるベタな設定で始まり…。

そのまま、ドタバタしながら後半は主人公と優姫と良い仲になりハッピーエンドという。これまたベタな終わり方をすると思っていたのですが11話から雲域が怪しくなり一波乱。

そして結末は…。

これには賛否両論有りますが、自分は結局な所、主人公の気持ちはハッキリしたけど、何も解決していないしフリダシに戻っただけのような気がしていますけど…皆さんはいかがですか?

元が、ゲームなので登場人物の全て(男性も含む)が主人公には好意を持っています(笑)

面白かったですが、正直仲が良くなっていく過程のドタバタ劇はそれほど重要で無かったような。
もっと言えば、前半の1話から3話を観た後、11話まで飛ばして観ても十分な感じがしました。

それと、EDの曲が毎回のように変わり登場キャラが歌っていますのでそれを聞くのも良いかもしれません。

関連記事
2011年07月06日 (水) 23:30 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
まずこのページのあらすじにも書かれている通り、政府が「メディア良化法」という法案を通し強権的かつ超法規的な行動として武力行使をおこない、その対抗手段として、図書館が表現の自由を求めて武装する!といのが、余りにも現実離れしている気がしました。

政府に対抗するのになぜ?図書館が…。
その対抗する為の資金源はどこから?
図書館だって、公的機関です。
近未来の話と言う設定ですが、これはあり得ない。

元号が『平成』ではなく『正化』という設定なのでパラレルワールドっぽいんですけどね。
できたら、完全にパラレルワールドとして欲しかったです。

戦闘も開館時間までとか殺傷能力抑えているとか意味がわからない。
これじゃー、戦争ごっごしているとしか思えない。

そして話の内容も、残念ながらベタ…。
普通に笑えるし面白いですが、内容はスチュワーデス物語。

先が読めて結末までも読めてしまいました。

関連記事
2011年07月06日 (水) 23:27 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
今日も2作品のアニメを見終えました。

そして、ふと最近観たアニメを数えてみました。

ざっと数えて120作品だから月平均40作品ぐらいかな。

実は、今までmixiに書いていたアニメの感想は他のページに移行しました。

先日も紹介した「あにこれ」というアニメ情報ページに自分の棚が作れるのでそこで、観たい、観終わった、観ていますって感じで分類して、その上作品ごとに感想や評価を入れることが出来ます。

招待制なので、よろしかったら以下からどうぞ
http://www.anikore.jp/gate/flvrbEW7D5

限定人数がありますので限定数をこえて登録できないようでしたら連絡ください。

関連記事
2011年07月01日 (金) 23:32 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
ヒロインの声が、「とらドラ!」の大河の声の釘宮理恵でさらに性格や容姿も似た設定なので大河とかぶってしまいます。

ライトノベルが元で大分原作の方も売れてる本なんですね。

最終話まで観ましたが正直な所、これで終わり?って感じの終わり方。
ブラドが敗れ去りこれから面白くなって行きそうな感じです。

イ・ウーの組織の謎も残したまま終わっていきましたし、いろんな意味で完結してません。

今から続編が作られないと怒るぞ!的なアニメです。

関連記事
2011年07月01日 (金) 23:32 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
布団を体に巻いた不思議ちゃんエリオの居る叔母の家にやっかいになることになった同じ年のいとこ丹羽真のお話です。

同級生の天然娘流子とコスプレ好きの前川さん、劇中で40になったエリオの母、キャトルミューティレーションでもうすぐ宇宙人にさらわれる予定のお婆ちゃん。

そして、宇宙服を着た自称超能力を使う宇宙人の登場と電波女だらけでした。

ただ、このアニメは不思議ちゃん=エリオが社会復帰していくのを描いているのか、エリオが言う宇宙人の存在を確認するのか、それとも単なる学園モノにエリオが居るだけなのかが、まだ意味が分からないまま話が最終話まで来てしまいました。

タイトルを素直に理解するなら、エリオとそのいとこの話なんだけど、いとこを取り巻く人々も少なからず電波入っているから笑えました。

結局な所、電波女というのは、エリオを含む丹羽真に関係する全ての女性というところでしょうか?

そして、青春を謳歌するために転校した丹羽真は、色んな世話をやかされる女性と出会い青春を謳歌できるようになった。

楽しめましたけど、納得しないまま終わってしまった感が残りました。
関連記事
2011年07月01日 (金) 16:24 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
先日、オープンセールの初日開店一時間後に、SDカード欲しくて行ってきましたけど買えませんでした。

今朝の折り込みチラシに再度限定50個で同じSDHC8GB クラス6 で千円売りしてたので用事ついでに午後によってみたら予想通り有りました。

それも山ほど。
予想通りというのは、ど田舎でSDHC 8GBを欲しがる人はそう多くないと思っていたので前回のオープンセールで購入され今回需要が無くなっていると読んでました。

Edyでも購入できるということでエコポイントをEdyにした分で購入してきました。
その時に、ケーズデンキあんしんパスポートというのを勧められて会員になってきました。店頭価格よりさらに5%引き。

つまり他店のチラシより安く売るとうたうヤマダより魅力になるかも…。
どちらにしても、価格戦争がやっと地元で始まったので嬉しいかな。

さて、ポータブルナビにおもいっきり音楽と動画いれとこうわーい(嬉しい顔)

関連記事