FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2011年06月30日 (木) 23:36 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
前期からの続きで、舞台がローマに移ります。

ヴェネツィアに新たなネウロイの巣が出現します。

地元に戻っていた芳佳は学校を卒業し、診療所を継ぐことを決めていたが、そこに亡くなったはずの父親からの手紙が届く…。

その手紙の内容がわからない芳佳は、上官である坂本少佐を尋ねるがそこで新たなネウロイの出現を知ってしまう。

一度は、坂本から軍人ではないと追い返されるが、ヴェネツィアに向かうことを知った芳佳は、坂本を説得して一緒に欧州に向かい話が始まります。

前回と同じく面白く楽しめました。

魔力を原動力として空を飛ぶ「ストライカーユニット」を真横からみると戦闘機のシルエットだし。

戦艦大和等の二次世界大戦に登場した兵器が出てきます。

ストライクウィッチーズのレビューにも書きましたが、サクラ大戦の昭和版のようなイメージが強かったです。

主人公芳佳の父親がもしかしたら生きているのでは、期待したのですがそれは無かったですね。

これで完結のようで、大変楽しめました。

関連記事
2011年06月30日 (木) 23:34 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
前知識無しに観始めました。

ネウロイという未知の敵に襲われた地球はヨーロッパ全土を制圧される。

その対抗手段として、魔法の力を動力としたストライカーユニットという航空部隊を設立しネウロイと戦う物語。

まず最初に思ったのは、制服がセーラー服とブルマ、それが軍服まで…。それにパンチラは必要なのか…それに看護師もそうだった。

魔法を使うと耳と尻尾が生えるって何?
犬や猫、うさぎぽいのも居たけどこれによって魔法の種類が違うのかは解らなかった。
まぁこれは個人的にはネコ好きだから猫耳は特別に良しです(^^ゞ

これ見てると魔法使うしサクラ大戦の昭和版みたいですね。空母赤城がいるし。

ストライカーの飛行音はプロペラやエンジンの大きさから考えると音が低すぎというかレプシロエンジン音じゃん。
この音じゃ戦闘機のエンジン音そのままです。

でも話と設定その物は面白かったです。
このまま、2期を観たいと思います。
関連記事
2011年06月30日 (木) 23:30 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
1分という短編アニメ。

このページのあらすじに書かれているとおりでこれ以上書くと終わっちゃいます(笑)

ネコが好きな人が書いた脚本の様に感じました。

ただ、終ったときにクスッと笑えるアニメです。


関連記事
2011年06月30日 (木) 01:39 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
7月からの3期放送前に観てみました。

子供の頃から妖怪が見えて両親や親族、そして学校などで気味悪く見られてきた主人公は、遠縁の家に引き取られるが過去のトラウマが影響して、遠慮し周囲に対しても一歩引いてしまう。

祖母のレイコが残した妖怪との誓約書である友人帳を所持していて、妖怪を誓約から開放したりと叔母が生前にしでかした事の後始末を色々していきます。

今シーズン、人と関わる事を望まなかった主人公の気持ちに変化が現れます。

友人帳を狙う妖怪から守るという建前でにゃんこ先生(まだら)が傍にいるんだけどこのキャラの行動が面白いです。

おやじギャグやドラえもんみたいな事してました。

妖怪との話ですがほのぼのして癒される作品です。

前作からの続編なので前作から観ることをお勧めします。
関連記事
2011年06月29日 (水) 22:40 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
正直な所、3話ぐらいまで断念しょうかと思いながら観てました。

アニメのギャグは面白いけど、他が何もない日常なのです。
そのまま惰性で見ていて、単なる学園モノのアニメのギャグアニメという事で何とか全て見ることが出来ました。

ただ最終回の主人公が生徒会に入った経緯は良かったですね。

つまり主人公は生徒会の女子4人に影響を受けて学び成長して生徒会入った。
そしてその人格を作ったのもその4人だったというオチだったのかな。

何も得るものがなかったです。

関連記事
2011年06月28日 (火) 22:45 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
■中国、日米欧などで「新幹線」技術の特許乱発
(読売新聞 - 06月28日 13:22)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1652773&media_id=20

中国を信じ目先の利益を優先して技術提供した平和ボケした日本人がバカなんだよ。
中国国内だけの使用に限るっていう確約を信じた企業も馬鹿だね。

コピーする事に関して全然悪気がない風土なんだから…。

以前も書いたけどアメリカに中国産新幹線といううたい文句で日本の技術提供で作った新幹線を売りつけてるし、国内ではこの新幹線を純中国産だと思って誇りに思っている国民だらけです。

関連記事
2011年06月28日 (火) 20:42 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
ニャンコ先生と言えば…いなかっぺ大将!。
これで歳がバレる(笑)

これって一応三毛猫?そんでオスだよね。貴重だ!
まぁ冗談はさておき、このアニメは面白いですね。

大筋は、妖怪が見える主人公が、同じく見えていた叔母が残した友人帳という出会った妖怪の名前が書かれた名前を主人公が代わってその妖怪達に返していくお話です。

これはその毎回出会う妖怪の話で、観る度に妖怪の生い立ち等にほのぼのされたり癒されたりして一気に引きこまれました。

日本を代表する妖怪物ゲゲゲと比べると違う魅力があってこちらのほうが、自分は馴染めます。

このアニメでの魅力の一つに、やっぱり主人公をしのぐニャンコ先生が有るので無いでしょうか。

長く祠に封印されていたのに、現代用語「ちょ~最悪」って言ってるし猫なので、普通に周りの人に慕われて勝手に名前付けてもらっているし…そうそう猫じゃないんでしたね。

また良いアニメに巡り会えた気分で皆さんにもお勧めします。
関連記事
2011年06月28日 (火) 15:43 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
卒業生はその将来を約束される宇宙一の大学の最終試験に望んだ10人がひとつのグループになり、宇宙船で53日間のサバイバルを行う。しかし、宇宙船に集まった受験生は11人。

予想通り受験生たちには不信感が生まれ、船内で起きるいろんな問題に対応していく…。という簡単なお話なんだけど。

まず、このサバイバルと言う状態でまず思いついたのが漫画「宇宙兄弟」でした。ここでも、似たような試験をしてました。

観ながら11人目を考えたんだけど、最初、一番自分の中で有力だったのは、大学の内部の者が潜り込んでいる。でした。

でもこれは、主人公の直感能力で直ぐに違う事となり…。

次が主人公が幽霊…。もしくは主人公が宇宙船でコールドスリープ状態の中で見ている夢の話…。と順に変わっていたんだけど…。

結果は、正直な所恐れ入りましたm(_ _)m でした。

やられた!って感じでした。
そういう手があったか…騙された!ってね。

まぁ他の方のレビューを参考に見させてもらいましたが面白かったですし、他もご指摘通りで参考になりました。


関連記事
2011年06月27日 (月) 23:46 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
まず、最初に2部作品です。

こちらはその2部目で、1部目の事件が終了後、また新しい事件が起こります。

電車内である事件に巻き込まれたりと不可解な事件に巻き込まれていく主人公が、電波的なヒロインの協力を得て事件を調べ解決していきますが犯人が猟奇的でした。

この作品も、もしかしたら今の社会で起きるかもしれない出来事でした。
関連記事
2011年06月27日 (月) 23:45 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
小学生の主人公カペタがレーシングカートに憧れ、父親や周りの協力を得てカートを手作りから始め成長していく姿を描いたアニメ。

アニメでは、高校生までの成長を描いて一応終了していますが、原作はまだ続いています。

原作とは違う終わり方をしたので将来続きの2期を作るのは難しいかもしれませんが、成長とライバルとのレースバトル等が面白く仕上がっています。
関連記事
2011年06月27日 (月) 23:40 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
まず、最初に2部作品です。

こちらはその1部目で始まりから猟奇的な場面から始まり、意味が分からないまま話が流れていきます。

初めの場面の意味は後半に判明しますが、タイトルにもある電波的な彼女は、主人公が常に見ていないと危ない様なタイプではありません。

主人公も最初は、その言動の理解に苦しみ受け入れられなかったのですが徐々に理解し信頼していきます。

そして、最終的には主人公の周りに起きる奇妙な事件を調べ助けるヒロインになります。

この起きる事件ですが、何となく現代社会に起きてもおかしくないような事件だったので考えさせられる物でした。
関連記事
2011年06月27日 (月) 21:48 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
このアニメは、風の谷のナウシカと天空の城ラピュタを足した感じが強いです。

ナウシカで出てくるようなのゴーグルに、飛行船のデザインもそう。

ヒロインが登場するシーンはナウシカが独りで移動時に使用していた小型飛行機メーヴェの様な物を操りラピュタの様に、空から舞い降りてきたのを少年が助けますし…。

飛行石のペンダント代わりにブローチが出てきて…、まぁこれはちょっと無理がありますか(^^ゞ

このアニメもヒロインを追いかけて来ますが、シータを追いかけた一味も女性がリーダーで子分はお馬鹿と同じでした。

とどめは、ナウシカ役の島本須美が祭司長役で出ています。

物語の方は、ラピュタ同じくヒロインと少年は飛行船で移動します…。
ここでは、少年だけが働かない者は乗せないということで働かされます。

このような感じで前に観たようなシュチエーションが出てきますが、ヒロインを追ってくる組織に追いつめられて最終的には戦いを挑むことになります。これもラピュタみたいかな。

そうして、最後にある決断をして世界を救うんだけど…最後にお約束の感動がありました。

これを読まれた方は、ナウシカとラピュタを頭の隅において観られたら他の意味で楽しめるかもしれません

関連記事
2011年06月27日 (月) 15:49 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
ハリウッドが作ったアトム。

あれ?アメリカにはアストロボーイが鉄腕アトムだし日本でも鉄腕アトムではなく単にアトム。

確かに登場する見なれたキャラは、アトムと天馬博士と、お茶の水博士位で設定も鉄腕アトムと違う世界。

まぁパラレルワールドと考えればいいのかもね。

なので、鉄腕アトムだと思ってみると期待はずれですが単なる劇場版娯楽アニメと観る分には普通によく出来たアニメでした。

ちなみにアトムの声は上戸彩が日本語担当してます。

関連記事
2011年06月27日 (月) 14:33 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
アニメ「海底少年マリン」

この作品名を知らず、ず~と今まで記憶の片隅に残っていたアニメ。

子供の頃、それも小学校1年から4年生位に観た記憶でした。

覚えているのは、白いイルカと海の中をガムをかむことによって呼吸できるという事のみ。
その事が、子供の時に強烈に印象付けたんでしょうね。

今までトリトンとか観てみたけど違っていて一生解らないでこのまま
終わると諦めていたのですが今朝偶然、あにこれの放送時期別ランキングを過去から順に見ていたら見つけました。

その後、情報を探して声や歌を小原乃梨子と野沢 雅子が担当していてびっくり。
自分が観たのは、日テレ系が再放送した1971年以降で6歳以降かな?

いや~インターネットという技術がこの世に生まれてこなかったら一生解らず終ってました。

もしかしたら、このアニメが今のアニメオタを決定させたのかも…。




関連記事
2011年06月27日 (月) 13:51 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
アスタロッサ役の釘宮理恵は、本当にこういうキャラが似合いますね。

物語の設定とかは、アスタロッサの男嫌いのとらうまにしても内容はすごく大人な昼メロでドロドロ関係なはずなんだけど、そこは上手く処理しているし…。

いやらしくないというか、これでもか!という感じで当たり前のようにパンツを見せたり、脱いだり、脱がしたり、履いてなかったりと…。

おこちゃまの「かわいい!」が、そこにあってそれがすごく良くてアニメは全12話で終了しました。

今後のアスタロッサとおもちゃ役の塔原 直哉とのこの先を知りたいですし第2期が作られることを願います。

自分の子どもとアスタロッサが、同じ母親で異父姉妹の関係で在るのに、そのアスタロッサの愛人役に雇われて、お互いひかれ合っているってこの先どうなるの?って感じにならないですか!

原作ではまだ続いているみたいで出来たら、ぜひ2期を作って欲しいです。
関連記事
2011年06月26日 (日) 22:52 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
2期が始まる前に観ました。
学園コメディーでおもしろいです。

背景のドット多用に気づいたらず~と気になります(^^ゞ

何故か? リボンが動きます。
他のアニメのパロディーが沢山入ってます。
姫路の弁当、木下秀吉のお色気、霧島の水中鬼、吉井明久の姉と、色々笑える所満載でした。

バカなおに~ちゃんの吉井明久は、こちらの期待を上回るバカになってましたし、笑えました。

しかし試召戦争でのF組の勝率は良すぎる気配が…。
さらに、勝っても部屋を交換しないのでは、F組の他メンバーから普通不満でないのかな?

それに、2年のクラス振り分け試験でどうして、成績最低の吉井明久の隣で成績優秀の姫路が試験していたのもおかしくない?
1学年の時は、クラス違うだろうに…。

関連記事
2011年06月25日 (土) 23:52 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
学園ラブコメで、お嬢様に、執事、メイド、魔法少女、コスプレ、元女子高、王女、男装、貴族、オタク、裸、童顔、貧乳、巨乳、ロリ、天然、ドジっ娘、メガネっ娘。

まぁ、これだけ萌え要素を入れ込んだアニメも珍しいのでは、と思うくらいだけどその分話の内容はお粗末。

でもそれを補うラブコメディーで楽しめました。

そうそう、いつもツンデレ役の釘宮理恵が男装してる女役で出ていて違った一面を観れた感じでした。

関連記事
2011年06月25日 (土) 18:09 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
今度はプラスチック米、「水に浮く」「つまむと弾力」で発覚―江蘇省南京市
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1649658&media_id=31

待ってました!わーい(嬉しい顔)

関連記事
2011年06月25日 (土) 17:54 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
地元のテレビ局で相棒をプレシーズンから順番に2まで放送されていたのに今日から、3を飛ばして相棒4になってしまいました。

何故?
もしかしたら、以前に3を放送した事があって再放送は飛ばしたのかな?
3を観たかも記憶にないんだけど…。来週3を見てみます。

こんなことなら他局で今3を再放送している方のを最初から録画して観ておけば良かった。

その時は気づかなかったけどねふらふら

関連記事
2011年06月25日 (土) 15:55 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
何を訴えたいのか解らない作品。

2053年の近未来作品のはずなのに、出て来る電話やポータブルゲーム機は、今の物よりお粗末だし、CGも2010年作品にしては、お粗末で…。

全てがお粗末です。

あえて良い所と言うなら、エンディングの音楽が元ちとせで良かったくらい。

これだとジャパニメーションの恥だよ。
関連記事
2011年06月25日 (土) 14:56 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
このアニメは、前半の半分以上はダラダラ話が進み正直つまらなく感じます。

あらすじにもあるように、自分の幻影を見始める頃から新しく話が展開始めるのですがこれが、パラレルワールド的に複数出てきて理解しようとしても次々と裏切られていきます。

この話の真相は?…。

見てしまえば、このアニメの見せ場は先ほど書いた複数のパラレルワールドだけ。

真相もありがちで、何も残らなかった。残らない作品でした。

大友克洋ぽいと言えばそうなんだけど、あくまで企画協力なので中途半端で仕方がないですね。

関連記事
2011年06月25日 (土) 06:57 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
オープニングの一瞬実写かと思うほどに精細な宇宙画像から始まったので驚いたのですが宇宙センター内の画像からは通常のアニメに戻ってがっかり。

そして、場面が地上の東京に変わり…。

まぁ冒頭はあらすじを読んで頂ければ大体は解るのですが、その後はもっとスケールが大きくなって、今後続きが作られることを期待したい未完結アニメでした。

一応、「A KITE」という18禁アニメの続編となってますが、これは観なくても大丈夫です。

関連記事
2011年06月25日 (土) 00:58 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
自主規制あり過ぎでそこがギャグアニメになってます(笑)

いや規制しすぎてギャグも成立していないかも…。

最終話だけ感動する場面がちょっとだけ有るのだけどそれだけのアニメです。

もうちょっと真面目に保健体育するアニメかと思ったんだけど裏切られました。
関連記事
2011年06月24日 (金) 20:59 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
未来を担保にアントレプレナーになり資産運用をするというのは理解できるんだけど、週一回そのアントレ同士で戦う、戦わなければならない理由がわからない。

そして、負けた者の資産を取られた分だけ周りの未来が書き換えられるのだが、でも勝者の方は相手の資産をもらうだけで未来はもらっていない。

これでは、負けの方はハイリスクで偏り過ぎで勝者にリターンが少なすぎる。
これではどうやっても最終的には破綻するのが決まっているシステムに見えてしまうけど…。

そしてこのシステムを仕切っているミダス銀行に何の目的があって何の利益があるのか?が分かりません。

自分が馬鹿なだけかもしれないけど、他にも理解出来ない設定が多いんだけど、娯楽と考えて楽しむ分には面白くこれからも見て行きたいな。

(観終わった後の追記)

結局、ミダス銀行は、神だったのか?
円が消えて未来を買い戻して…結局最後まで理解不能で終わってしまいました。

これは、迷作ですね。

関連記事
2011年06月24日 (金) 20:40 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
先ほど、最終回観ました。

最近では良いアニメでしたけど、出来ることならもう1話欲しかったです。

せっかく戻って来ていたんだから家族とのお別れもして欲しかった。

個人的には最終話だけは、期待しすぎて消化不良で終わってしまいました。
関連記事
2011年06月24日 (金) 20:00 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
面白くて、全話一気に見てしまいました。

簡単にいえば、生徒会の運営の為にもお姉様の卒業の前に妹(スール)を作ることを急かされてしまうヒロイン福沢 祐巳の葛藤と成長を元に松平 瞳子が心の奥に抱える事情とその二人との関係が描かれています。

このページで紹介映像に使われている電車の中の二人のは、最終話での場面ですね。

クリスマスから2月末までの二人の関係描写にすごく良いものがあって、正直な所何度かもらい泣きしてしまいました。

しかし、これまで全4期で1年半位しか時間が進んでいないという贅沢で丁寧な進み方。

早く次回作がみたいですが、もしかしたら我慢できなくてライトノベル本を読んでしまうかもしれないと思うほど、この先が早く知りたいと思いました。
関連記事
2011年06月22日 (水) 20:01 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
このアニメを観る前に観た「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」と共通点がありました。

それは、お互いのヒロインが隠れオタクと言うことです。

あらすじはこのページ上で書かれているとおりですが、オタクな設定なので秋葉原や夏コミと共通の場所に行く場面もあり、なにか観たような場面やキャラが居たりシャナのコスプレをしていたりと楽しめます。

お嬢様で天然キャラから来るギャップやラブコメもあり。そしてこういうアニメでは当たり前のように他の周りの女性から好意を持たれていくという物で楽しめました。
関連記事
2011年06月21日 (火) 20:02 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
ライトノベルで花澤香菜さんの声ということでちょと期待したのですが、物語としては良い作品だったけど期待しすぎてしまいました。

ツンデレで妹、それでいてオタクが入っていて設定も面白かったのですがよっぽどの世話好きのおせっかい兄じゃないとダメですね。

一応、2通りの終わり方がありますけど、結局同じさやに収まる様な感じでした。

コメディーで笑える場所も各所にあって幼なじみの田村 麻奈実や黒猫、沙織・バジーナは、良い設定だと思いましたけど、個人的には沙織・バジーナの活躍がもう少し欲しかったです

関連記事
2011年06月20日 (月) 22:34 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
今日までアニメ「ARIA」の全シリーズを見てました。
このアニメは、全てが癒しという感じで他に何もないので逆に好き嫌いがはっきり分かれそうなのアニメです。

遠い未来の文明がすごく発達した火星での世界のはずなのに、日常の生活は過去の反省なのか、文明に頼りすぎていない。

基本は一話完結です。
あとオープニングにも話が入っていていますので飛ばさないようにしないといけません。
そうそうエンディングにも入っていることがありますよ。

昔の地球の良き時代を再現したかのような火星自体がテーマパーク化した観光の星アクアになっているようです。

主人公が生活するヴェネツィアを真似た町並みを再現した様なネオ・ヴェネツィアアや山々等の景色。

主人公が感動や感激したときに言うセリフに毎回ツッコミが入るほど、非常に夢がかっているけど、そこが忘れてしまっている大人や現代人にはまたここち良くて…。

そして時々ファンタジーで別世界の過去に行ってしまって、温かい出会いが待っていたりと、人や猫等いろんな出来事との出会いや訓練で人としても水先案内人としても成長していく人と人とのつながりを感じるほのぼのする癒しの物語でした。

関連記事
2011年06月20日 (月) 21:58 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
先日、RD-X8の保存容量が一杯になってファイル削除したんだけどそれでも20%の空きしか確保出来ませんでした。

そこで、さらに空き容量を増やす為にTSファイルをVRファイルに変換することにしました。

結果、45%まで空き容量が増えました。
まだ、TSファイルは山ほどあるので時間があるときに変換しょうと思います。

最初から、VRモードで録画出来たらいいんだけど、RD-X8はVRモードで録画している最中だと他の操作が何も出来ないんでTSモードで録画してます。

最近の機種もそうなんだろうか…。

関連記事