FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2011年05月07日 (土) 05:42 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
ゴールデンウィークに放送された「涼宮ハルヒの憂鬱」と「消失」を観ました。

涼宮ハルヒの憂鬱作品は、まぁ原作が素晴らしいお陰だと思うけど完成度が高い作品でした。

でも個人的には、この作品涼宮ハルヒが退屈したり願うと世界がその通り変える力が有り精神が不安定になると閉鎖空間というのが無意識に作られるという事で、それを防ぐために未来人や宇宙人や超能力者等が涼宮ハルヒに気付かれない様にストレスを発散させてコントロールしている様な話なんだけど、これって実は

「ハルヒでは無くキョンにその力が有るのでは?」と考えています。

それは何故かというと、まず1つがこの物語を素直に考えればキョンが主人公。でキョンが中心に話が進んでいくという点。

これはほとんど、主人公が死んでいることを知らない映画「シックスセンス」です。

そしてもうひとつ、アニメ版の冒頭でキョンがこういうナレーションをして物語が始まります。

「俺は心の底から、宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力者や悪の組織が目の前にふらりと出てきてくれることを望んでいたのだ。」
「宇宙人、未来人、超能力者そんなの居るわけねぇ、でもちょっと居て欲しい。みたいな」という下りがあるんだよね。

これは、キョンが望んだからその後、涼宮ハルヒに出会うしその後、長門等の宇宙人や未来人、超能力者が涼宮ハルヒによって偶然に集められ、さらに彼らから短期間の間にその自身の秘密を打ちあけられる事になる。
この事は自分の周りに宇宙人、未来人、超能力者が居ると自覚させる事で話が自分の都合のいい願望通りの面白い展開に発展できる様になっていく。

エンドレスエイトでもそうだ。

夏休みを延々と繰り返していたが、その原因は涼宮ハルヒがやり残したことがある為となっていたけど。
そのやり残したものが「勉強会」で8月31日にキョンの自宅に集まって夏休みの宿題を終わらせてエンドレスから抜け出している。

涼宮ハルヒは、宿題を夏休みの最初に全て終えているので、これが涼宮ハルヒのやり残した事とは思えないんだけど。
なのでこれも、31日に夏休みの勉強をやり残していたキョンが、夏休みを終わらせたくなかった為に毎回時間を戻した結果、エンドレスで夏休みが続いていた。

もちろんキョン自身がそれを起こしている自覚が無いから30日の別れ際に勉強会をしよう!という提案も出てこない。

朝倉涼子がキョンを襲った事件もそうでした。

朝倉涼子が「毎日の生活が楽しい方向に変わるような事件だったらちょっと素敵かもね」と望んだから、この「パーットした事件」も朝倉涼子を巻き込んで起きてしまった。
それも下駄箱にラブレターの様な形の呼び出しを入れられて。

それでキョンが朝倉涼子に襲われるんだけど、涼宮ハルヒの監視が目的の長門がキョンを助ける理由が無いんだよね。
ただ襲われている時に、キョンがこの様に望むんだよね。
「解るやつが居たらここに来い。そして俺に説明しろ!」ってね。
そして長門が現れ朝倉涼子が敗れます。

この時キョンは長門に「メガネをしてないほうが可愛いと思う」と伝えると、翌日から涼宮ハルヒ監視役の長門がメガネはしなくなっている。

TV版だと涼宮ハルヒの行動にいやいや呆れながらも行動を共にする感じだが何故か放課後帰らず部室に向かってしまう。行動を共にするのは何故?
それは「消失」で、キョンが自答して元世界の方が面白いという事を自覚して平和な改変世界から元の世界に戻す決意をする。

まぁ例を出すとまだまだ在るんだけど(^^ゞ

キョンが閉鎖空間に涼宮ハルヒと一緒に閉じ込められるのもキスをしたいキョンの欲望でキスをしたから閉鎖空間から出ることができた。
キョンが閉鎖空間を作ったきっかけは、妹がノックもしないで部屋に入って来てハサミを持っていったストレスが引き金で夢で閉鎖空間を作り出した。

でも実際に出来ていた閉鎖空間に二人は居ないし会っていない。
何故なら寝ていたはずの二人が閉鎖空間で目を覚めるとお互い制服姿だし、そこから出たハルヒは悪夢を見たと言うが閉鎖空間でキョンは、ハルヒ中心に世界が回っている事を伝えキスをするがその事はうやむや。
これが現実で普通なら覚えているだろうし会っていたのならキョンはベット上で目覚めないだろうし家に戻った記憶もあるはず。
体はベットにあり意識だけ会っていたという説明もできるが、それを悪夢と思い本当にハルヒに世界が変える事ができるのであればそんな世界は変えているはず。

でもキョンは閉鎖空間でハルヒに自分はポニーテール萌えで以前似合っていたと伝えた翌日からハルヒはご希望通りポニーテールで現れるし、後の市内不思議探索では都合よく他の3人が欠席になり2人でデートする。
長門は2時間ほど2人はこの世界から消えていたというがそれは、キョンの都合で改変された事。

後、毎回集合に遅れたバツで支払っている昼食代等のお金はどこから出てる?

朝比奈さんのコスプレで次は何がいいと聞かれたキョンは心の中でナース服を希望したら後にその姿で朝比奈さんが登場する場面もある。

野球で打順は4番。最終回ピッチャーになり勝利投手!
2回戦は、古泉に急用が出来たりして辞退。

さらに撮影した映画編集を任されたキョンだが眠ってしまい編集が出来ていないはずなのに目が覚めると編集が終わっていたり。と何もかもがキョン中心で都合がいい。

閉鎖空間で古泉等が神人を倒し消滅させているが普通誰もいない閉鎖空間ならほっておけば良いと考えるがそれができないらしい。
閉鎖空間が大きくなると将来、現実社会と入れ替わるという説明だったけどその証明と証拠は無い。

つまり、涼宮ハルヒはキョンの欲望願望を満たす為の自分を写す鏡でもある。
実はキョンに世界が変えられるのを必死に食い止めている。もしくはキョンによって全て作られている世界の物語なのかな?

関連記事
2011年05月07日 (土) 04:59 | mixiからの引越しブログ | 編集 |
ドラマBOSSだけど最近、ちょっとパワーが落ちたというか面白さが物足りないというかそんな気がします。

きっと、前話から間が空いたせいかもしれないけど、それを証明するように月9とコラボするらしい。

温水洋一氏がそのままの配役で月9に結構相談に現れる設定。
今逆のBOSSに月9が出演する事も検討中とか。。

関連記事
2011年05月07日 (土) 04:44 | mixiからの引越しブログ | 編集 |

最近はまったアニメの中に、もしドラ、日常、涼宮ハルヒの憂鬱、東のエデン、攻殻機動隊が有るんだけど、これって京都アニメーション、Production I.Gの制作なんだよね。

今日、もしドラと涼宮ハルヒの消失を観終わったんだけど、もしドラはちょっと背景画面がおかしなところが沢山あって違和感がありProduction I.Gにしては、失敗作じゃないのかな?

作品自体はいいいんだけど背景だけがおかしすぎる場面が多かった。

関連記事