このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2000年02月28日 (月) 23:14 | autopageからの引越し分日記 | 編集 |
・2000/2/27 21:31
「(無題)」  日記
今朝、会社に行く前に母に初めて仕事を辞めることで相談しました。
母は次の仕事が見つかってないのなら我慢しなさいとのことだった。
正論であった。 やはり想像していたとおりの考えだったよ。。。

先ほど初めて相談したと書いたけどこれまでいつも自分で次の仕事を見つけてから辞めることを母に告げていました。 でも今回は事情が違うからね。
前回、「辞める目的を見つけてから辞めないと」と書きましたが、今の仕事をしながらだと見つからないままなんだよね。 一週間仕事をしながら考えたけどここにいても今までと同じ何も見つからない。
会社と家と往復して、見つけられないままにあっという間に一年経っちゃった。。って事もね。
それはそれでいいけど、でもそれじゃーダメなんだよ。

ところが家に帰ってみると話が変わっていた。
昔、両親の世話になった人が居て以前我が輩も一緒にその人と仕事をしていたんだけど、今は独立して仕事をしてるんだけど。。日中家に彼が遊びに来た場に我が輩の話が出て「もしその気があるのなら、来てほしい」と誘われてしまいました。
正直心揺らいでます。 どういう仕事かは以前していたから解るんだけど4年のブランク。。
体が悲鳴を上げるだろうなー 痩せるにはいいけどね。

・2000/2/21 21:31
「(無題)」  日記
今日会社を近い将来辞める決心が付きました。
このままじゃダメなんだよね。
仕事だけの生活が続いて、、今の生活環境では何も生まれる物はないようです。
会社の経営状態も正直やばい状態。。来月一人辞めるし、我が輩の現場でももう辞める決意を固めている人がるし。。

でもこれまでも、今もだけど自分で何がしたいのかが解りません。
これまで気ままに生きてきたから? 
目的がない。目標がない。守る物がない。大切な人が居ない。。。
だからころころ転職してきたんだけど、、人は言う「家庭を持っていないからだと」
でも家庭を持っていたらその為に逆に無理をして嫌な仕事をしなきゃ行けないの?
いやだいやだ! 我が輩の人生なんだよ。 結婚したって妻と子供と一緒に暮らした我が輩の人生。
休みも無くて子供や奥さんと孤立して。。働き蜂なんて絶対に嫌だ! 我が輩は仕事より家庭を大事にしたい。。 その為に自分に合う仕事を探している。。 もしかしたら自分にあった仕事を自分でしたら?とも思うんだけど。。でも今は何もできない。 合った仕事が解らないから。。。
会社を辞めるにも辞める目的を見つけないと。。目標を見つけないと。。
今までと同じ事。逃げるんじゃなくて向かうためにね。 守る物や大切な人はそれからかな。

まずは真剣に自分がしたいことを見つけよう

・2000/2/13 21:30
「(無題)」  日記
12日にシュルツ氏が亡くなりました。
チャールズ・M・シュルツ氏は、スヌーピーの著者でスヌーピーのコミック「ピーナッツ」は今年での10月2日に掲載開始50周年を迎えるはずでした。
昨年大腸ガンのために入院され今年には引退。 残りの人生を家族のために使いたいという彼の生き方には共感をうけました。 でも本当はもっと早く引退したかったのではないでしょうか?

我が輩もスヌーピーは好きです。 でも正確にはピーナッツに出ているスヌーピーよりチャーリー・ブラウンが好きです。 我が輩に似てるから、、彼の生き方って、、何か解るんだよね。
そして何からかは忘れたけどチャーリー・ブラウンはシュルツ氏本人のことらしいです。
そうそうキャラクターとは別に「ピーナッツ」はすごく考えさせられる大人のコミックですよ。

だから我が輩とも似てるところが有るんじゃないかな? きっと周りの要望に応えるために今まで連載してたのではないか?と言うことです。 ファンの為に書き続けたんじゃないかな?

今年は何か嫌なことが続きます。
今まで長く付き合ってきた物が失われていく。。。 18年居た我が家の「ミミ」そして、、
でもね。 「ミミ」を失って慰められた言葉の中に「ミミは心の中にずーっと生きてるよ」って言葉がすごく救いになりました。 そう「ミミ」にはいつでも会えるから。。

そしてスヌーピーにもこういうコピーが「きみのそばにいつもいるよ」
我が輩もいつかはいつも傍にいてあげたいと思う巡り会いが有るのでしょうか?

・2000/2/9 21:30
「(無題)」  日記
この間魚津市に新しい美容室が出来ました。
その店長(男)を友人から紹介されて一緒にみんなと飲みに行き話す機会がありました。

魚津市にはもう100軒以上の美容室があるそうで。。理容室は全然増えないのにどーして美容室は増え続けるのでしょうね。
店長は地元出身で東京修行中に知り合った二人をスタッフに使っています。
このスタッフ男女なんだけど彼らの出身は千葉と。。どこだったかな(^^;
まー同じ東京周辺で今までの都会生活を捨てこの片田舎に彼を慕って来るなんて。。これってすごいよね。 彼以外知り合い居ないんだよ。 なのに。。彼らにそう決めさせたのは彼の腕か?人柄か?

彼の評判を聞いたり仕上がりを観たりして今回直接話をする機会もあったので、次回は美容室に初めて挑戦しようと思ってます。
今まで興味はあったけど機会がなかっただけで今回の機会はいい機会です。
どーなることやら(^^;

・2000/2/6 21:29
「(無題)」  日記
前回に日記、いつもの事だけどもっと日本語めちゃくちゃ(^^; 伝えたいことも伝わりにくい解りにくい表現だったのでちょっと追加と訂正しました。

もうすぐ我が輩の誕生日。 今年も去年のようないい思い出が作れたらいいですね。
以前、誕生日とバレンタインデーの時期に別れたことがあってこの時期って嫌な時期だったのですが、昨年は貴方に会えて成長しました(笑)

・2000/2/3 21:29
「(無題)」  日記
今日は豆まき節分だったようですな。
今日のニュースでトラがアルバイトの人をかみ殺しちゃったのをしていましたね。
このトラ、薬殺されたそうだけど、いつも思うこと。。
それは人間って人間の勝手な都合で動物捕まえて(飼って)調教しておいて、都合が悪くなると処分してしまう。

我が輩に家でも以前ノミがわいて体を壊して捨てられていたと思われる猫を母がゴミ収集箱から拾ってきました。 その時はすごく怒りがわきました。 今はその猫は元気で家ではもう大事な家族になっています。

トラが人を殺したら殺さなければいけないの? トラは人を襲うのが当たり前のことなのに。 生き物なんだから感情もあるし本能だってあるから人を襲いやすい状態の時もあるよ。
出来ることなら、野生に戻してほしい。 費用はかかるけどそれぐらいの責任は取ってほしい。

以前、友だちの子供が猫をほしがってあきらめさせるのに大変だった話を聞きました。
その子はまだ保育園に行っていて、猫が可愛いから飼いたいのだろうけど、それだけでは飼ってほしくない。 生き物なんだから最後までちゃんと責任を持って世話をするという意味を自覚してから飼ってほしい。 物じゃないんだからね。
関連記事