FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2019年05月29日 (水) 19:51 | honor6 Plus | 編集 |
honer6 Plusで今の所十分に要求を果たしてくれているので
新たなスマホには目移りしますが
今ではhoner6 Plusを3台持っている吾輩

以前はroot化していましたが
アプリがroot化していると対応しないものが出てきたので
今年からノーマルのスマホを使用しています

でもやはりroot化していると便利だった機能の一つが
カメラのシャッター音の無音化です

ノーマルでも無音化カメラのアプリをインストールしたら
問題無く使用できると思うのですが
最近ふとスマホを使用している時は常時マナーモードで
動画を見る時はイヤホン使用で
スマホのスピーカーを使用するのは
車中泊中に中でくつろいでいる時位です

マナーモードにしていると思っていたら
いきなり着信音が鳴る事もあるので
たまにドキッとします

そこで今回
ハード的にスピーカーを外してしまえば
絶対に音が鳴らないスマホにできるという事で
スマホのスピーカーを外しました

スマホの裏蓋は以前内蔵電池を交換した時に
そのまま貼り合わせずに閉じてスマホケースにセットしていたので
簡単に外せます

内蔵電池を取り外す要領で
中のカバーを取り外すと
カバーと一体になっているスピーカーも外れます
honer6 Plus 内蔵

裏面から
honer6 Plus 内蔵

このスピーカーははめ込んであるだけなので
ピンセット等で取り外します
honer6 Plus 内蔵

取り外したスピーカーはすごい磁力を持っていました
これでキャッシュカード等に悪さし無くなりますね

外したスピーカーが無くしてしまうと心配な方は
スピーカーの端子の間に紙やビニールなどの絶縁物を入れて元に戻せば問題無しです

あとは元に戻して究極の無音スマホの完成です(笑)


今後は必要に応じてヘッドフォンや
Bluetoothワイヤレススピーカーを用意して使用したいと思います

SoundCore mini by Anker Bluetoothスピーカー
【15時間連続再生 / 内蔵マイク搭載 / micro SDカード & FMラジオ対応】
 ブラック・ゴールド・ピンク
by カエレバ

2019年01月04日 (金) 16:46 | honor6 Plus | 編集 |
通販で購入したhonor6 Plus 用バッテリー
取り付けてみました
honor6 Plus 互換バッテリー

まずは届いたバッテリーの確認ですが
剥がさなくても機能に変わりはないのですが
一応表面に貼ってあるシールを剥がしますと
HUAWEIの正規品と瓜二つのデザインになります

なぜ表面に目隠しの様なシールがしてあるのでしょうか
実際シールを剥がそうとすると上下の黄色いシールが一緒に剥がれてきそうになりました

細かく違いを見ると記述に
日本HuaweiがPSEマークを取得しているという違いだけで
これは日本向け仕様とグローバル仕様の違いだけの正規品では?と思ったり
バッテリー比較

でもサイズでは購入したバッテリーは一回り小さく
アプリでバッテリー温度を確認しても30〜32度の表示で
温度センサーが全く機能していません

Battery Mixのバッテリー温度分布
Battery Mix


購入後交換して充電してみましたが
3000mAhまで届きません
2019年01月03日 2656mAh 4%->97% 2710mAh 100%
2019年01月04日 2930mAh 1%->100%
2019年01月05日 2782mAh 4%->100%


商品案内には「”使い切ってから、満充電する”という作業を2〜3度繰り返すと、
そのあとより効果的に使用できるようになります。」とあります
一度繰り返して200mAh増えましたから繰り返せば3000mAhを超えるかもしれませんが
3600mAhには程遠く先にも書きましたが
バッテリーサイズが一回り小さいのも関係しているのでしょうか

最後にこの購入したバッテリーは
正規品のグローバル仕様バッテリーの可能性がありますがっ!

ただ正規品ならばバッテリーの大きさが小さい。温度センサーが働いてない。という事は
ありえ無いと考えこれはコピー商品の互換バッテリーという勝手な判断しました

【全国送料無料】HUAWEI ファーウェイ honor6 Plus スマートフォンバッテリー HB4547B6EBC
by カエレバ


2019年01月03日 (木) 23:59 | honor6 Plus | 編集 |
名古屋から帰ってくると
honor6 Plus用に注文していた内蔵バッテリーとジャンク品が届いていました
honor6 Plus ジャンク品

そこで早速バッテリー交換と亡くなったhonor6 Plusを
ジャンク品から部品取りして再生させる事にしました

届いたジャンク品のhonor6 Plusを確認すると
落札時の説明通り液晶割れ等の外ケースの破損以外は問題なさそうです
あとバイブ動作中に音がするので落下か何かの衝撃で中で基盤が外れているか壊れているか

その後にカメラなどの機能も確認しましたが中の基盤には問題なさそうです
まずはバッテリー取り外し時の発熱などの事故防止で
急速放電アプリを使用して放電し残り残量を0にします

バッテリー強制放電中のジャンク品
honor6 Plus ジャンク品

しかしここでおかしな事が発生します
少しでも早く残量を無くしたかったので
CPU負荷を最大の20に設定して放電しました
honor6 Plus 純正バッテリー

ところがバッテリー温度が低すぎるという表示が出ました
確認するとマイナス42度と表示されます
honor6 Plus 純正バッテリー


原因は判りませんがとりあえずCPU負担を10設定に戻して続けました

届いた交換する互換バッテリー
honor6 Plus 互換バッテリー

表のシールを剥がすとこの様な純正品と間違える様な商品です
honor6 Plus 互換バッテリー

以前亡くなったhonor6 Plusを分解していたので
ここでメイン基盤をジャンク品と交換します
honor6 Plus 分解

またバイブレーションも動作すると擦れる様な音がしていたので
バイブレーション部分も半田付けしてあっただけなので
こちらも亡くなったバイブレーション部品から交換しました

あと水没の有無に反応するテープが有り表示でした

バッテリーの取り外しもhonor6 Plusで3回目です
まずは使用するバッテリー周りのパーツを取り外してから
隙間にヘラを入れてバッテリーを剥がしていきますが
ここで今回もダイソーのシールはがし液を使用します
液晶もすでに割れているので液が液晶に影響を与えても問題無しです

できた隙間にこのシールはがし液を入れて粘着力を少しずつ無くしながら
時間をかけて慎重にゆっくり剥がしていきましたので今回は綺麗に取れました
まだジャンク品に内蔵されていたバッテリーが
まだ使用できるのかもしれないので後日確認します

ダイソーのシールはがし液と
取り外した純正の内蔵バッテリー
honor6 Plus 純正バッテリー


組み立てて見ますが購入した互換バッテリーは
以前購入した互換バッテリーよりさらに小さいので(W43.6mm×L113.6mm×D4.3mm)
全周に隙間が生じています
honor6 Plus 互換バッテリー


とりあえずまずは動作確認してみます
アプリでバッテリー温度を確認してみると
また前回の互換バッテリーと同様に30度です
互換バッテリーは全てこうなのかな〜
とりあえずカメラ等も確認しましたが問題なさそう

まぁメインで使用している互換バッテリーは
取り外した純正バッテリーから基盤を付け直しましたし
落札したサブのhonor6 Plusもありますので
この再生したhonor6 Plusの使用予定は無しです

しばらくはジャンク品の取り外した内蔵バッテリーと
この互換バッテリーの2つを
定期的に充電するだけの専用機にしたいと思います
[READ MORE...]
2018年12月31日 (月) 23:42 | honor6 Plus | 編集 |
昨日落札したhonor6 Plusが夕方に発送されて
今日の午前中に届きました

流石に関東圏からだと翌日に届きますね

届いたhonor6 Plusは白色で
おまけでモバイルバッテリーやその他の付属品も全て付いていました

ボディも液晶面はガラスカバーで背面もカバーがされていて
傷を見つけるのが困難な程に非常にきれいな商品でした

電源を入れるとAndroid6.0バージョンにアップデートされていて
アップデートする手間が省けました

スマホは初期化してありますが
再度ファクトリーリセットをかけてから
毎度の純正「バックアップ」アプリで複製します

ファクトリーリセット中
honor6 Plus

バックアップにて復元中
honor6 Plus

復元後調整した後のホーム画面
右がAndroid5.1で左が落札したAndroid6.0
honor6 Plus

Android5.1とAndroid6.0の違いがあって
設定の場所も微妙に変わっていて手間取りました

Android5.1のフォント文字が白文字シャドーなのに
Android6.0のフォント文字は黒文字
この設定は変えられないのかな?

【全国送料無料】HUAWEI ファーウェイ honor6 Plus スマートフォンバッテリー HB4547B6EBC
by カエレバ


2018年12月30日 (日) 21:40 | honor6 Plus | 編集 |
午前中にhonor6 Plusの交換したバッテリーの
温度センサーがうまく働いていなくて
純正の交換用バッテリーを注文した
のだけど
時間を持て余しているので
ふとこう考えちゃいます

 「交換した互換バッテリーの温度センサーがうまく働いていないなら
   honor6 Plusから外したバッテリーに組み込まれていた基盤と
   交換したら良いんじゃね?」

更に午前中オークションでhonor6 Plusを2つ落札していますし
その1つは明日にはもう届く予定です

最悪失敗しても代わりのスマホが明日届きますし
純正バッテリーも年明けには届くと思うので
暇つぶしでやってみるか!って事になりました

まぁ詳細は危険な行為なので省きますが
バッテリーを分解して中の基盤を
純正バッテリーに入っていた基盤に付け直しただけです

中に入っていた基盤で右が純正バッテリーで
左が互換バッテリーのものです
honor6 Plus バッテリー交換 基盤

基盤を入れ替える前にもしかするとスマホ本体側の故障ということもあるので
純正バッテリーに入っていた基盤を仮に結線して温度表示確認しましたが
純正の基盤では問題なく温度表示されていたので
やはり互換バッテリーの基盤の不具合の様です

確認後無事に基盤入れ替えが終わりました
honor6 Plus NOHON 改造バッテリー

昨日バッテリーを固定する為に貼り付けた両面テープをまた剥がすのが手間でした
前日は固定した方が良いと言いながら
次回も交換するつもりでいるなら両面テープで固定はしないで
バッテリーをセットした時に生じる隙間に詰め物をして動かない様にした方が良いと考えます

今回は基盤を入れ替えた時に
隙間ができる余裕があったのは分かっていたので
無理にコンパクトにまとめず意図的に大きめに
固定せずにそのまま中にセットできる大きさにしました

まず意図的に急速放電を使用してバッテリー温度をあげました
その後風呂に入る為に急速放電を中断し
次に寒い部屋にスマホを置いて冷やしました

そして風呂の後に再度急速放電をかけて残量0状態までの
電圧と温度の変化をBattery Mixでグラフ表示した物です
バッテリー基盤交換後



電源が落ちているのはバッテリーの改造中で
その前は改造前のもので
温度センサーがいかに働いていなかったかが解ります

その後急速放電で急速放電する上限の設定温度を45度にしていたので
48度まで計測していて下は12度でした
赤外線温度計で測ってみても大きな温度差が無いので
これで使用しても問題なさそうです

後は充電です
仕様では互換製品で全く同じですが中身の基盤が違った様に
電池自体が違う仕様だったらと思うと怖いですよね

バッテリー残量を無くしてから
満充電して確認したいと思います
【全国送料無料】HUAWEI ファーウェイ honor6 Plus スマートフォンバッテリー HB4547B6EBC
by カエレバ

2018年12月30日 (日) 15:18 | honor6 Plus | 編集 |
先日バッテリー交換に失敗してお亡くなりになったhonor6 Plus

部品取りにそして今後掘り出し物のジャンク品が出たら
復活できるかもという淡い期待と年末年始の休みで時間を持て余しているので
honor6 Plusを更に分解しました

honor6 Plus 分解

honor6 Plus 分解


honor6 Plus 分解

ネジを取り各パーツを結線している端子を外せば簡単に分解できる構造でした

今回メイン基盤が逝かれてしまいましたが
基盤は左側の1枚だけです

なので基盤が壊れていないジャンク品があれば
外装の液晶割れ、ケース割れ、操作ボタンの欠け故障、IN/OUTカメラ故障、
スピーカー、3.5mmジャック、バイブレーション、赤外線等々
なんでも入れ替えれば使用できます

ヤフーオークションでジャンク品探してみますかね

【全国送料無料】HUAWEI ファーウェイ honor6 Plus スマートフォンバッテリー HB4547B6EBC
by カエレバ

[READ MORE...]
2018年12月30日 (日) 11:39 | honor6 Plus | 編集 |
前日に無事にhonor6 Plusの内蔵バッテリー交換を無事に終了した吾輩

実は交換後に気になる事がありました

まずBattery Mixにて見る情報で
バッテリーのというのがあるのですが
これをバッテリーを交換したのだから
この累計情報もリセットしたいのだけど
その方法がわからないです

※これは単純にBattery Mixが得た情報からの累計情報でしたので
Battery Mixのバッテリーログを削除したら消えました

累積情報
Battery Mix 累積情報

出荷時の設定にリセットするという方法が気になりますが
ただこの方法でもバッテリーの累計情報もリセットされるか微妙です

そしてもう一つがバッテリー温度の表示です
交換後からほぼ30度です

Battery Mix グラフ(バッテリー残量と温度の表示)
Battery Mix

バッテリー消費量が増えている時には少しだけ温度が上がっていますから
温度センサーは一応付いていると思いますけど
まず装着直後から30度というのはおかしい

とりあえず一度就寝します
この状態で冷え切った早朝でもバッテリー温度に
変化がなければ「おかしい」が確信に変わります

今朝起きて確認するとやはり30度のままです

はいこのバッテリーはダメです
温度センサーが死んでいます

最終確認で急速放電アプリを使用して
意図的にCPU負担等をかけてバッテリー消費を増やして発熱させてみました
上記Battery Mixグラフにて8時位からバッテリー消費が増えているのはこれが原因です
急速放電

その後、急速放電をかけたまま二度寝してしまい💦
次に目が覚めて確認したらスマホが異常な程に熱を持っていましたが
それでもバッテリー温度は34度でした

これはありえませんし
これだと今後このまま使用していると
いつか異常発熱した時にスマホ本体をまた壊してしまいそうです

またバッテリーを交換するきっかけになった
残量が十分残っている表示なのに
朝起きていたシャットダウンは一切発生しなくなりましたので
やはりバッテリーに寿命が来ていてシャットダウンが発生していたのは確定です

ここでバッテリーの注文決定です
前日に検索をして見つけていた純正バッテリー互換品を単品で販売している
Yahooショップでは価格 1,640円 (税込)と工具無しで安いので
確認すると在庫3個だったので即1つ注文しました


このバッテリーが届いて交換したら
今使用中のバッテリーに温度センサーが壊れているか実装されていないか確認したいです

【全国送料無料】HUAWEI ファーウェイ honor6 Plus スマートフォンバッテリー HB4547B6EBC
by カエレバ


2018年12月29日 (土) 20:33 | honor6 Plus | 編集 |
前日にhonor6 Plus 内蔵バッテリーの交換に失敗しましたが
中古品で知り合いから譲っていただいたhonor6 Plusの内蔵バッテリーは
更にバッテリーが弱っていました

今朝はバッテリーの温度が7度の時に画面を開いて見ると
それまでバッテリー残量70%だったものが
いきなり0%となりシャットダウン

その後何度かスマホの起動とシャットダウンを繰り返して
バッテリー自体の温度を上げる事によって
電圧が復活しバッテリー残量63%で復活できました

この日はその後もバッテリー残量34%でシャットダウン

Battery MIXの記録だと
どうやらバッテリーの電圧が3.3V以下になるとシャットダウンするみたいで
冬場は気温が下がるのと同時にバッテリーの性能が落ちていると
バッテリーの温度が下がっている状態で
アプリを起動すると電圧が下がってシャットダウンという図式の様です

その後にもシャットダウンが起きて1日で3回です
正確には朝から昼までの5〜6時間の間に3回のシャットダウンです

この調子では年明けに行く予定にしている名古屋に行っても
スマホが使用できる状況では無さそうです

という事でまたバッテリー交換したいと思います

今年の1月に交換用バッテリーを購入したまま放置して
未使用でバッテリー劣化させている様な状態でした
 
2日前に交換に失敗してますので今回は更に慎重に行いました

裏のカバーは前回と同様に充電コネクターがある
下側に吸盤をくっつけて引き上げると隙間ができましたので
その隙間にヘラを入れてカバーを外します
この時にカバーの縁を温めてから剥がすと
粘着力が下がってますのでより綺麗に剥がれるかもしれません
吾輩はしていませんが💦

カバーを外すと前回の失敗の原因である
白いテープで目隠ししてあるネジを外します
honor6 Plus 内蔵バッテリーの交換

目隠しの白いテープを外した写真
honor6 Plus 内蔵バッテリーの交換

問題のカバーを外してから
バッテリーを取り外す前に交換するバッテリーをスマホに接続して
今回はちゃんと充電出来る事を先に確認しました
honor6 Plus 内蔵バッテリーの交換

前回の時はバッテリーの残量が45%位まで落ちていたので
後で充電しても良いのですが充電を続けて
充電中にスマホから剥がした裏カバーを戻す時に
本体に接着させる為にダイソーの両面テープを使用して
カバーの裏側の周りに貼ります
honor6 Plus 内蔵バッテリーの交換

元々はブチルテープみたいなもので貼り付けてあり
剥がして開いてますので気にしないのであれば
そのままカバーを戻しても残っている粘着剤でカバーが落ちないくらいには
接着してくれると思います

でも吾輩はそれでは気になるので
手元にはクッションタイプの厚手の物と薄いタイプの両面テープが在ったのですが
今回は凹凸している接着面には厚手の方が良いかと思い使用しましたが
後で貼り合わせると手持ちのものはちょっと厚すぎました

まぁスマホケースにセットして使用していますから
最終的にはスマホケースで裏カバーを押さえる感じになるので
後で考えるとどちらでも又は貼らなくても良かったです
honor6 Plus 内蔵バッテリーの交換

さてそれでは本題のバッテリー剥がしに取り掛かります
前回は充電コネクターのある基盤を保護するカバーを
外したままでバッテリーを取り外しました

前回はこの保護カバーを取る時かバッテリーの取り外しの時に
この基盤に傷をつけた様なので今回はこの基盤を保護する為にカバーを一度戻しました

そして交換バッテリーを購入した時に付属していた金属のヘラを隙間に差し込んで
少しずつバッテリーを固定している両面テープから剥がしていきます

もちろん今回は基盤がある側では無い方から差し込んで行きました
又今回は以前ダイソーで購入していたシールはがし液も使用しました
前回の失敗でシールはがし液を使用しても基盤にはほぼ影響が無い構造だと確認できてましたから

そしてバッテリーが無事に剥がれた写真です
今回は写真で説明すると左上からヘラを差し込んで
バッテリーを少しずつ剥がして行きました
honor6 Plus 内蔵バッテリーの交換

実は今回のバッテリーを剥がす時も
半分位までは問題無く剥がせていたのですが
その後にバッテリーが暖かくなって来て甘い匂いが漂って来ました

この匂いは以前分解したリチウムポリマー電池の時にも嗅いだ匂いでした
確認すると両面テープを剥がす為に差し込んでいた金属ヘラで
バッテリーの外装を破って破損し穴が空いていて銅板が見えました

やばい!
穴の空いた状態でまた90度台まで発熱されてはたまらんので
スマホ本体の破損とバッテリー発熱が怖くて慎重にバッテリーを剥がしていましたが
穴が空いたので後半は急いでバッテリーを剥がしました

穴の空いた剥がしたバッテリーです
honor6 Plus 内蔵バッテリーの交換

バッテリーを剥がした後に
ついでにダイソーのシールはがし液で残った粘着剤も取りのぞき
その後にバッテリーの交換キットに入っていた両面テープを貼ります
これは勝手にバッテリー固定用だと思い込みで貼りました
honor6 Plus 内蔵バッテリーの交換

次に交換用のバッテリーをセットして本体とコネクターを繋ぎます
honor6 Plus 内蔵バッテリーの交換

バッテリーの長さが純正品より小さいので2mm位の隙間ができました
純正バッテリーを外した時にもプラスチック板がこの隙間を埋める為に入ってましたので
この2枚分を隙間に入れてもまだこの状態です
まぁ両面テープでバッテリーが張り付いているのでこの隙間はこのまま放置しました

でも今考えるとこの隙間を埋めておかないと両面テープで固定はしましたが
落とした時の衝撃などでバッテリーが動いてしまう可能性があり
そうなると本体とつながっている接続部が損傷する可能性があります

これを書いている内にこの隙間の放置はやばいと考えまして
この隙間は後で紙を折った物を押し込んで埋めました
honor6 Plus 内蔵バッテリーの交換

これで剥がしたカバーを元に貼って今回は無事にバッテリー交換に成功しました
これで今後再度バッテリー交換が必要になったとしても簡単に出来る事と思います

今後交換用のバッテリーが手に入るかの方が問題ですが(笑)

gearbestで今の所まだ手に入れることが可能です
3600mAh Li-Polymer Battery Fitting for Huawei Honor 6 Plus
なんと!655円 但し合計で2290円以上でないと注文できません
なんかAmazonみたいですね

でも再度検索してみると
今では日本のAmazon、楽天市場、Yahooショッピングでも販売されてました
販売されてから時が経過して交換バッテリーの需要が増えて来ているという事でしょうか?
純正品で1,640円から手に入れることが可能です
HUAWEI Honor 6 Plus 交換用電池パック+交換用簡易工具キット HB4547B6EBC
by カエレバ



[READ MORE...]
2018年12月28日 (金) 00:05 | honor6 Plus | 編集 |
中古のhonor6が手に入ったので
これまで使用していたhonor6をバッテリーを交換してみました
honor6 battery交換

バッテリーを購入してから半年以上経過しているので
そろそろ充電してやらないとバッテリーの劣化が進みそうです
honor6 battery交換


honor6 Plusの電池交換の方法はネットで探せば出てくると思います
HUAWEI Honor 6 Plus 交換用電池パック + 交換用簡易工具キット
by カエレバ



自分が参考にしたのは
バッテリーを購入したページに出ていた手順を参考にしました
honor6 battery 交換法

実はこれが罠でした

写真の手順通りカバーを開けてます
この時、ドライヤーで温めてから開けると
カバーを固定している両面テープが剥がれやすくなります
honor6 Plus


その後5箇所の固定ネジを取りカバーを開きます

所がここのネジが5箇所じゃなくて6箇所なのです
honor6 battery交換

最初それに気づかずカバーの裏に接着剤でもついているのかと思いつつ
ちょっと力任せに外そうとしましたがそれでも外れず

途方に暮れて手順写真を確認すると
元に戻す時のネジの箇所が6箇所になっていました

原因が解りカバーを無事に外すことができましたが
すでに遅しでカバーは変形してしましました
honor6 battery交換


その後も手順通りにバッテリーを外しますが
これも情報通りバッテリーが両面テープで強力に固定されています

これを外すのにも一苦労しました
最終的にはこちらも力任せでバッテリーの外見が変形するのを
承知の上で剥がし取りました
honor6 battery交換


剥がしている段階からカイロみたいに少し熱を持って来まして
取り出した後は外観が膨れて来て発熱も相当な物でした

バッテリー交換をするのを思い立った時
丁度バッテリー充電し終わって満充電の状態でした(笑)

実際に赤外線温度計で測ってみると90度前後出ていましたので
これはもしかすると破裂か発火するかとこれはちょっとやばいかな〜と
思い金属の箱に入れて離して放置してました

放置後熱が冷めて膨らみも引いた取り出したバッテリー
honor6 battery交換


なんとかバッテリーも取り外して後は手順通りに元に戻して
裏カバーをする前に動作確認です
honor6 battery交換

問題無くバッテリー残量は46%残っていましたので
早速充電しようと充電コードを挿しても全く反応しません

接触不良を考えて何度かバッテリーをつけ直してみたり
しましたけど結局充電は出来ません

カバーを取り外す時にプラスチックのピンセットを差し込んだ時に
カバーに隠れていた基盤を傷つけたか
力任せでカバーかバッテリーを取り外した時かは解りませんが
電源コードを挿したコネクターの部分まではちゃんと電流が流れていました

どちらにしてもお亡くなりになりました


今回交換して気づいたのがバッテリー残量がなるべく少ない状態で
交換した方が交換時のバッテリーの発熱が抑えられると思います

またカバーを開く時に電源ボタンに触れてしまい
うっかり電源が入ることが度々起きてしまいましたので
触れても電源が入らないようにスイッチにカバーをするとか
対策をしてから作業するといいと思います

またバッテリーを外す時は
一度外したカバーをして基盤を保護する事もお勧めします
もしくは基盤を全て外しましょう

基盤が無い側のボディ端からバッテリーを外したかったのですが
隙間が無くて基盤がある方からヘラを差し込んでテコの原理で浮かせてましたので
その時に基盤に力がかかって傷つけたのかもしれません

まぁこの様に失敗することもありますので交換される方は自己責任でお願いします
とりあえず購入した交換用のバッテリーは外して
もう一台のバッテリー交換の時に使用したいと思っています

交換に失敗した吾輩が言っても説得力が無いですが
交換自体は簡単です
罠にハマらなかったら今回も交換できていたと思います

また自分は今回バッテリーを購入していたので
自分でしましたが今はファーウェイやファーウェイ認定修理店で
バッテリー代を含めて7000円(税別)から12800円(税抜)程で交換してくれますので
自信がない方や面倒な方は保険代と思って交換依頼された方が良いと思います

Huawei Huawei honor6 plus 32GB (PE-TL10) [Gold 国内版 SIMフリー]
by カエレバ


【全国送料無料】HUAWEI ファーウェイ honor6 Plus スマートフォンバッテリー HB4547B6EBC
by カエレバ


2018年12月27日 (木) 00:29 | honor6 Plus | 編集 |
来年1月からroot化されていると
使用できなくなるアプリがあるので
新たなスマホの購入を新品中古の両方で考えていました

そこにSNSで以前honor6 Plusを使用されていた方が居て
その後契約会社を変更されて居たので
ダメ元でもし手元に残っていたら譲ってもらえないかと確認した所
お安く譲って頂ける事になりました

12/25
仕事終わりに
お会いしてスマホを受け取ってきました

では早速クローンスマホを作ります

今回はhonorの純正アプリ「バックアップ」を使用して
現在使用しているスマホから
アプリと設定等をひっくるめてバックアップを最初に取り
そのデーターを使用して移行します

まず初期化されているスマホに移行に必要な最低限の設定だけをします

GoogleアカウントとWi-Fi接続の設定します
 これはGoogleのPlayストアに接続する為に必要です

スマホに設定しなくてはいけないのはこれだけです

次にWi-Fi接続でGoogleの「Playストア」アプリを起動します
 ここでhonorの純正アプリ「バックアップ」を最新版に念の為アップデートします

 これはバージョン違いによる復元不可を回避する為に
 念の為最新版もしくは同じバージョンでバックアップと復元を行ってください

「バックアップ」を使用して現在使用しているスマホから
アプリとシステム設定等をひっくるめてバックアップを保存します

メニュー画面 保存方法保存先を選びます
honor6 バックアップ


今回は外部ストレージを選びその中からメモリカードを選びました

過去にバックアップされた復元リストが表示されますが
今回はバックアップを選びます
honor6 バックアップ

使用状況にもよりますがバックアップの保存にある程度の時間が掛かります

 グーグルのアプリ「フォト」で写真などをバックアップ設定して居る場合
 グーグルにバックアップファイルがあるのでここであえて写真のバックアップをする必要はありません

吾輩が今回バックアップした項目は
連絡先、メッセージ、発着信履歴、メモ帳、アプリとデータ、システム設定の6項目のみです

バックアップ選択画面
honor6 バックアップ

音楽や写真などは必要に応じて後でファイルコピー対応で良いと思います

バックアップ中の画面
honor6 バックアップ

その後、頂いてきたほぼ初期化状態のスマホにて
この「バックアップ」を利用して復元します

メモリカードを入れ替えるのが面倒だったのと
先日購入したOTGマイクロUSB SD TFカードリーダーを
使用してみたかったので
スマホ2台をOTG接続して復元してみます

写真は復元中のものです
honor6 バックアップ

OTG接続後「バックアップ」のメニューで
外部ストレージ>USBストレージを選択しました

今回はバックアップリストから復元を選びます
honor6 バックアップ

復元中の画面
honor6 バックアップ

復元完了画面
honor6 バックアップ

復元後の画面です
honor6 バックアップ

微妙にアイコンデザインが違うものがありますが
ほぼ同じ状態で復活しました

この後、使用できないroot化専用アプリを削除しました

次にLINEはセキュリティーが高くこの方法では復元できませんので
過去にメモっておいたhonor6 Plus 初期化するを参考にして
必要ならトーク履歴をバックアップしてからアカウント引き継ぎをします


もしくはこちらの公式ブログを参考してください
【最新版】 LINEのアカウントを引き継ぐ方法

 トーク履歴のバックアップと復元方法

他に今の所設定が必要だったリスト
・モバイルネットワーク 設定
・Facebook ログイン設定
・ジョルテクラウド ログインパスワード
2018年07月31日 (火) 23:44 | honor6 Plus | 編集 |
以前からしていた楽天Edy-楽天ポイントカードプレゼント
プレゼント楽天Edy-楽天ポイントカードプレゼント

ず〜と放置していたのですが
そろそろEdy200円分を頂いておこうかと申し込んでいました

そして届いた楽天Edy-楽天ポイントカード
楽天Edy-楽天ポイントカードプレゼント


早速届いた楽天Edy-楽天ポイントカードの利用登録をします


そしてファミリーマートに行って200円分を受け取るとありますが
もしかしたら今使用している「Edyチャージアプリ」で
ファミマに行かなくても楽天Edy200円分を受け取れるかもしれないと思い確認してみます

「Edyチャージアプリ」を起動して
今回頂いた楽天Edy-楽天ポイントカードを登録してみると
楽天Edyの受け取るリストに表示されました

なんだやっぱり受け取れれそうじゃん
楽天Edy-楽天ポイントカードプレゼント

そこでカードを選んでみると今回プレゼントされる200円分が表示されています
楽天Edy-楽天ポイントカードプレゼント

そのまま受け取るを選択して「Edyチャージアプリ」でカードに書き込みます
すると問題無く今回のプレゼント200円分をファミリーマートに行かなくても頂く事ができました
楽天Edy-楽天ポイントカードプレゼント

確かに200円分頂きましたm(_ _)m
そして後日早速利用し残金0円のカードのみが残りました
2018年07月25日 (水) 22:17 | honor6 Plus | 編集 |
楽天Edyアプリ

2018年7月23日より
Edyチャージアプリ機能が「楽天Edyアプリ」に統合されたということで
早速インストールしました

ところがアプリを起動すると
「デバイスがroot化されているため、このアプリを使用することができません」ときた

速攻アプリ削除しました

これまで使用していたEdyチャージアプリは
統合されたので2019年1月末で利用できなくなります

楽天Edyアプリ ご利用可能端末について

これは困りましたね〜
root化していない楽天Edyアプリ対応の中古スマホを新たに購入するかですが
Huaweiでは以下の機種が対応しています

楽天Edyアプリ対応スマホ

ちなみに今使用しているhonor6 Plusだと
楽天市場では1万円台で購入できるようだ(発売日2015/06/20)
Huawei SIMフリー honor6 Plus
by カエレバ


honor6 Plusを使用していて
不満はNFC読み取りの精度があまり良くない事で
楽天Edyチャージに失敗する事が度々起きます

なのでどうせ買うならhonorの新しい機種が欲しいかな

honor9なら3万円前半(発売日2017/10/12)
Huawei SIMフリー honor9
by カエレバ


P9は2万円台前半(発売日2016/06/17)
Huawei SIMフリー P9
by カエレバ


Mate 9が3万円台後半から4万円(発売日2016年12月)
SIMフリー HUAWEI Mate 9
by カエレバ


P10は4万5千円から5万円とちょっと手が出せないかな(発売日2017/06/16)
Huawei SIMフリー P10
by カエレバ


楽天ペイのアプリも立ち上げると
最初にroot化している警告が出ているので
いつかは使用できなくなるかもしれませんね
2018年06月03日 (日) 11:31 | honor6 Plus | 編集 |
先日バッテリーを注文しバッテリーはもちろん届いています
バッテリー交換はまだしていません

実はバッテリー交換で裏蓋を開くのは良いのですが
裏蓋を閉じて止める方法が問題で実行できずにいます

そしてその後何度かの過充電を繰り返すとバッテリーも安定して
急なシャットダウンも起きなくなり急ぎで交換する必要性も無くなって放置状態です

更にその後システムを初期化してからバッテリーの消費も激減しました

昼の休憩時間に動画再生をしたのでこの時間だけで5%消費していますが
17時間で20%の消費で動画再生を除くと17時間で15%の消費となります

昼の動画再生以外はスマホ操作を通常より極力避けた結果ですが
以前他の方のページで1時間で1%の消費を目標にしている方がいましたが
これならほぼクリアしているような

この消費なら3日はバッテリーが持つ感じです

バッテリー消費グラフ

購入して2年以上経ちますが
ここにきてバッテリーの調子も復活しバッテリー消費も少なくなりいい感じです

バッテリーが不調だった原因は
想像するにバッテリーの残り寿命を少しでも伸ばそうとして
まず過充電を避けて充電量が80%から90%位で充電をやめて
残量が20%になる前になるべく早めの充電というのを繰り返していたのが
急なシャットダウンを繰り返すようになった原因だと思います
2018年05月22日 (火) 20:38 | honor6 Plus | 編集 |
Wi-Fiの接続動作がおかしくなってしまい
設定

色々と調べてみると設定の「無線とネットワーク」の
「その他」の設定画面も表示されなくなっていました
無線とネットワーク


この中のモバイルネットワークの設定を確認したかったのですが
移ろうとしても設定画面が強制終了してホーム画面に戻ってしまい
常に設定の確認や変更が出来なくなっている事が判明しました

TeamWinRecoveryProject(TWRP)のバックアップファイルからの
設定ファイルの復活を試みましたけど改善せず
Wi-Fi接続の他にもモバイルネットワークの設定もおかしいので
原因が分からないので「こりゃダメだ」という事で初期化する事にしました

とりあえず現在の状態をバックアップします

心配性の吾輩はここでルート化しているので元に戻せるTWRPで丸ごとのバックアップして
更にhonorの純正アプリ「バックアップ」を使用してバックアップしました

その後初期化します

その後設定>プライバシーとセキュリティ>バックアップとリセット>個人データ>データの初期化から
リセットを選びます
リセット

再確認されますのでリセットします
確認

はい初期化された画面が以下の通り

ロック画面
ロック画面

ホーム画面ホーム画面2ホーム画面3

これで純正の「バックアップ」から復元すれば
ほとんどのアプリはこれまで通り使用できるようになります

ただここで注意が必要でした
吾輩も「バックアップ」から復元をしたのですが
最初アプリ関係がほとんど復元できませんでした

原因は「バックアップ」アプリのバージョンも初期化されていたのに
バックアップしたバージョンアップしていたアプリより古いバージョンで復元をしていた事でした
なので復元には同じバージョンが必要だと思っていた方が良いです

それとLINEはいろんなバックアップアプリからも復元してみましたがやはりダメでした
なのでLINEだけは最終的に移行しても良くなったら
 ※ルート化していない方はTWRPで初期化前の状態には戻れないのでそのまま引き継ぎしてください

トーク履歴をバックアップしてからアカウント引き継ぎをしましょう
アカウント引き継ぎ設定


アカウント引き継ぎ設定

機種変や今回のように初期化した後にLINEを再インストールして登録アカウントでログインします

これでトーク履歴以外の設定は引き継がれますので
後はバックアップしたトーク履歴を復元したら元どおりです

後MVNO契約なのでLINEの年齢認証が出来ずID検索ができませんが
Androidスマホでroot化してあれば条件に自己責任で書き換えすることができます


最後に細かな設定等は再度設定が必要な場合もありますが
先のモバイルネットワークの設定の不都合とWi-Fi接続の動作不具合は無くなりました

復活し表示されたその他
その他

モバイルネットワーク設定
モバイルネットワーク設定

[READ MORE...]
2018年05月19日 (土) 23:03 | honor6 Plus | 編集 |
最近、5月11日ごろからか
日に何度も知らない内にWi-Fiがフリーズしている事があります

詳しく書くとWi-Fi接続(ON表示)していたはずなのに
いつの間にかWi-Fiの接続が切れていて
延々とWi-Fiの接続先を探している状態の表示
(接続先表示が"Wi-Fi"の表示のままで実際に接続先を探しているとは思えない)

実際にショートカット画面ではWi-Fiがオン状態で接続先はWi-Fiと表示されています
このアイコンをクリックしてWi-FiをON/OFF操作をしても一瞬OFFになりますが
常にONの状態でOFFにする事ができません

設定メニューからWi-Fiの操作をしても反応は無く
Wi-Fiの設定画面に移行すると場面は真っ暗になり画面表示されずしばらくすると
応答せずの案内が出て待機を続けるが終了するかの選択画面表示が出ます。
設定

実際待機選んで更に待って見てもWi-Fi設定画面が表示された事は一度も無く
再度Wi-Fi接続するには再起動するしか今の所ないです

バックアップからシステムを入れ替えても症状は変わらず
設定を初期化しても症状は変わらず
そして最後に昨年の夏に取ったバックアップに総入れ替えしたけど
しばらくすると結局同じ症状になりました

何らかのアップデートが関係していると思うのだけどその何かが分かりません

う〜む

同じ症状の方の情報を求めますm(_ _)m
2018年02月12日 (月) 22:15 | honor6 Plus | 編集 |
先日楽天ペイのアプリをhonor6 Plusにインストールしました
logo-red.png

楽天ペイはまだ使える所が少ないのですが
コンビニではローソンで使用できます

基本楽天Edyを使用しているので
楽天ペイは基本使用する事はまず無いと思うのですが
今回インストールした理由は期間限定ポイントを使用できる事

楽天Edyでもポイントチャージ申請をしたらポイントを利用できますが
期間限定ポイントや提携サービス会社から交換されたポイントは対象外ですし
第一ポイントチャージ申請をその度にしなければいけなく面倒です

それが楽天ペイを使用すれば
事前に設定で「ポイントをすべて使う」「一部使う」を設定することで
後は面倒な手続きが一切不要で期間限定ポイントを使用できます
ポイントで支払った分にも「楽天ペイアプリご利用」のポイントがつきます
楽天ペイ 支払い方法

つまり期間限定ポイントを楽天市場で使用するより
ローソンで使用する為に今回インストールしました

また支払いも事前に登録したクレジットカードからの支払いなので
楽天Edyの様にチャージしなくても良いのも良いですね

また利用履歴も簡単に表示されるのも素晴らしい
Edyチャージアプリの使用だとEdyの利用履歴を見るにも
まずはNFCにてカードのEdy番号を読み取る所から始めなければならない

まぁこれはEdyチャージアプリでは
複数のEdyカードを登録できる仕様になっているので
カードの確認が必要にあり仕方が無いです


楽天ペイをインストールした後にキャンペーンで
ローソンにて楽天カードまたは楽天Edyで300円(税込み)以上のお支払いで
もれなく楽天ポイントを2倍プレゼントだけど
ローソンにて楽天ペイアプリで300円(税込)以上お支払いで
もれなく楽天ポイントを2.5倍プレゼント


そう同じ買い物でも楽天ペイで支払いをした方がポイントが0.5倍多く頂けます

また偶然だけどインストールした週末に
ローソンのLチキが無料で1個頂けるキャンペーンもしていました
ローソンLチキ

ちょうど週末に名古屋に行く機会があったので
行く途中でローソンに立ち寄ってローソンLチキ旨塩チキン(150円/税込)を頂きました
ローソンLチキ
2018年01月13日 (土) 23:58 | honor6 Plus | 編集 |
以前から調子が悪くなっていたhonor6 Plusのバッテリー
バッテリー消費が激増した現象は解消されましたが
その後もいきなりシャットダウンが起きていました

購入のきっかけになった当日のシャットダウン
バッテリーミックス

残量21%で電圧が3.15Vで強制シャットダウン
0%で電圧が3.36Vを記録しています
バッテリーミックス


どうやらバッテリー残量が少なくなっている時に
カメラを使用したりアプリを立ち上げたり呼び出し音が鳴る等
消費電流が増えて電圧が一気に下がると
システムがそれをバッテリー残量0%と判断してシャットダウンという図式みたいです

そこで以前からチェックしていたHUAWEI Honor 6 Plus用の
交換バッテリー
を購入することにしました

チェックしていたバングッドは1,711円に送料566円
合計2,277円ですがここは以前から完売状態のままです

そこでネットで再検索

GearBestで見つけました!
残り6つ
GearBest

バングッドよりちょっと割高になりましたが残り数が6で
あまり出てこない交換用バッテリーなのでここで購入しておかないと
今後買う機会が無いかもと思い注文を決断しました

1,404円に送料999円で2,403円ですが
GearBestでは初めての買い物だったので
新規登録から初めて何かで50GB Points分(115円)頂いていたので
ポイント使用して2,288円のお支払い

あとで気付いたのですが先にメルマガに登録して
スマホアプリで購入したらもっと安く購入できてました

スマホ本体の買い替えも考えてましたけど2,288円のお支払いだけで改善されればラッキーです

[READ MORE...]
2017年11月17日 (金) 21:18 | honor6 Plus | 編集 |
今週初めからhonor6 Plusのバッテリーの減りが激増!

通常使用で2日はバッテリー使用出来ていたのに
おかしいと思いつつBattery Mixにて確認してみるけど
原因は解らず

14日の昼からこのバッテリー激減少が始まっていました
ここで何かをしたのかな?思い出せません💦
BatteryMix

そして日中昼頃にバッテリーが無くなる事が2日連続で起きてしまい
そこで16日の夜に過去のバックアップシステムに戻すことにしました

まずはhonor純正アプリ「バックアップ」にて
これまでのバックアップを取ります
バックアップ画面

そしてTeam Win Recovery Project(TWRP)を使用して
念のため更に今の状態のROMを保存しました💦
これで先に取った「バックアップ」アプリでの復元操作が失敗に終わっても現在の状態に戻せます

その後8月に保存しておいたROMからリカバリー操作します
Team Win Recovery Project(TWRP)

そしてリブート後「バックアップ」から復元操作をします
LINEが復元できるかが心配だったのですが
LINEを含めて問題無く復元できました
「バックアップ」すげ〜!

その後1日使用し(昼に20分の動画再生あり)確認しましたが
バッテリーの激減は無くなり問題は解決しました

17日夜に激減しているのは
このブログを書くのに画面表示操作している為です
BatteryMix


[READ MORE...]
2017年09月26日 (火) 00:17 | honor6 Plus | 編集 |
root化するとその後のシステム更新で
問題が起きる事が在ります

現在もPE-TL10C900B350の更新案内が来ているのですが
実際更新しようとインストールを開始しても
再起動後にROMバックアップツールTWRPが起動してしまい
システム更新できません

まぁ今の状態でも問題ないので
放置していますが
ちょっと気になる記事を見つけたのでメモ的な感じで書いておきます

honor6 Plusを初期化する方法、楽天モバイルの初期ROMの代わり

systemフォルダ内のxbinの中に
.tmpsuという隠しファイルが作成されていて
おそらく、この .tmpsuファイルが原因で
削除できれば回避できるかもしれないとの事

しかしroot化取り消していて削除できないので
システムファイルを初期化してから更新する方法が紹介されています

HUAWEIのサポートページに在るアップグレードやダウングレードのファイルを利用して
システムを初期化してみようというもので

・現在のスマホのアンドロイドバージョンへダウングレード

ファイル(中継パッケージ PE-TL10_C635B500)を利用して
root化したシステムにANDROID 5.1 (EMUI 3.1)を上書きします

システム内root化の痕跡を消した後に本来の目的であるアップグレードを行う

必要に応じて
honor6 Plusソフトウェアアップグレード(ANDROID 5.1.1、新カメラ機能有り)


その後HUAWEI標準のバックアップアプリでアプリやデータを復元して終了!
2017年07月14日 (金) 00:16 | honor6 Plus | 編集 |
バングットでHuawei Honor 6 Plusの
交換用バッテリーが販売されていました

手持ちのバッテリーはまだ問題なしですが
将来必要になった時のメモ的な意味です

NOHON Built-in 3600mAh Batteries with Tool Kit For Huawei Honor 6 Plus
NOHON Built-in 3600mAh Batteries with Tool Kit For Huawei Honor 6 Plus

【全国送料無料】HUAWEI ファーウェイ honor6 Plus スマートフォンバッテリー HB4547B6EBC
by カエレバ


2017年03月03日 (金) 20:09 | honor6 Plus | 編集 |
なんと!
知らぬ間に2016年12月から
おサイフケータイ非対応のhonor6 Plusで
楽天Edyのチャージ等が
お店に行かなくても出来るようになっていました

「Edyチャージ」アプリ とは

「Edyチャージ」アプリ で出来ること

・残高の確認
・楽天会員IDに登録しているクレジットカードからのチャージ
・Edyの受け取り(Edyギフト機能)
・ポイントチャージ(対象カードは楽天カード付帯Edy)
・利用履歴の確認
・キャンペーンの確認

間違いのないように整理すると
支払い時にスマホを機械にかざすのではありません
手持ちのEdyカードをかざして支払います
このアプリは手持ちのEdyカードの残高表示やチャージをする物です

早速ダウンロードして確認しました

オートチャージ設定もしていますが
オートチャージ出来るのは特定のコンビニだけだし
設定の変更やチャージだけの為に
そのコンビニに行くのもこれまで辛いものが在りました

実際先週名古屋に行った時に
わざわざ買い物をしてEdyを使用してオートチャージをしたのですが
後半はオートチャージする機会が無く
残高不足だと不足分は現金や別のEdyで支払うという二度手間になるので
これだとEdyを使用する気が起きなかったのです

そこで帰ってきてからオートチャージの設定額を変更したのですが
その設定変更をコンビニに行ってカードに書き込みしないといけないのですが
行く機会がなくて現在放置状態です

そこにこのアプリの存在を知り使用した次第です
これでチャージの為にコンビニに行かなくても済みます

初期状態のメイン画面
Edyチャージ

カードをタップしてカードデザインを変更できます
Edyチャージ

手持ちのカードデザインに変更した画面
Edyチャージ


最新更新のアイコンをクリックすると
カードをかざすように画面表示されます
Edyチャージ

最新に更新されると残高が表示されます
Edyチャージ

履歴も見ることが出来ます
2/17のチャージはカード加入時に頂いた500円分で
2/26のチャージのみオートチャージ分です
Edyチャージ

チャージアイコンを押すと
千円から2万5千円まで千円単位でチャージできます
Edyチャージ


試しで1000円をチャージしてみます

注意しなければいけないのはカードはかざしたままでいること
これをうっかりカードを離しているとチャージが失敗します
まぁ失敗してもその分のチャージが損する訳ではないので
Edy チャージ進捗画面

無事1000円をチャージできました
Edy チャージ完了


他にも楽天スーパーポイントをEdyに交換できたり
Edyの使用可能なお店を検索し地図に表示し
そこにナビが必要ならGoogleマップを使用したルート検索もしてくれます

楽天スーパーポイントをEdyに交換
Edyチャージ


おサイフケータイ非対応のスマホでもEdyが使える「Edyチャージ」アプリ。楽天Edyがサービス開始。

サービス開始時点ではAndroidスマホ9機種が対応で
今現在も対応機種は追加されていました

最新の対応スマホの情報はこちらから
2017年02月21日 (火) 23:11 | honor6 Plus | 編集 |
honor6 Plus の音楽アプリで
音楽リストが文字化けしていました

文字化けの解決に以前ネットで調べた
Mp3tagを使用して
MP3タグを一種類(ID3v2.3/文字コードUTF-16)に統一して
試してみましたが
honor6 Plusの音楽アプリでの文字化け表示は解消しませんでした

元のファイルタイプがUSのせいなのかもせれませんが(確認してません)
ファイルに英文と漢字が混在していると起きるようです

タイトルに日本語と英語が混在していたり
英文タイトルでアーチストが漢字だとアーチスト名が文字化けするという現象です


いろいろ設定を変え確認してみると
honor6 Plusの音楽アプリにてリスト表示が文字化けする問題は
(ID3v2.4/文字コードUTF-8)に統一することで解消出来ました

画像は最初撮るの忘れていたので
後で再現した物を使用しています💦

文字化け表示(T.M.Revolutionの2つのタイトル)
文字化け


同様に文字化け解消後のリスト
文字化け解消


2017年01月15日 (日) 12:05 | honor6 Plus | 編集 |
今朝の新聞に画面構成が1:1の真四角(正方形)写真が人気だそうだ
北日本新聞

なんでもSNSで真四角の写真を採用しているのが影響しているらしく
プリンターメーカーも真四角の写真プリントに対応した製品を出し始めています

記事にはiPhoneはこの撮影に対応しているけどAndroidには触れていない
そこで早速調べてみるとhonor6 plus(Android5.1.1)にも真四角写真の設定ありました
解像度設定

6M 2448✕2448
黄金ブリュレチーズプリン

う〜む
これまで長方形写真に慣れているから違和感あるし
撮り方にもよるけどこれは上下に無駄がありますな

とりあえず設定戻しとこう(^_^;)
2016年11月13日 (日) 19:36 | honor6 Plus | 編集 |
現在の使用しているhonor6 Plusのメモ的なアプリリストです

Android5.1.1にしてから
標準で入っている設定>省電力>保護されたアプリから
画面がオフになっている時のアプリの実行を設定できるので
消費電力を抑える事が出来ていて
これまでの様にバックグランドで動作していたアプリを削除する必要も無く
タスクマネージャーは今の所必要無しです


3C System Tuner 3.20.5 (ccc71.pmw)
Android HwResolver 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.huawei.android.internal.app)
Android System WebView 39 (eng.jenkins-arm) (com.android.webview)
Android System WebView 54.0.2840.85 (com.google.android.webview)
Android Work Assistant 5.1-1743759 (com.google.android.androidforwork)
androidhwext 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (androidhwext)
aSQLiteManager 4.7.1 (dk.andsen.asqlitemanager)
Battery Mix 6.0.3 (jp.smapho.battery_mix)
Bluetoothのペアリング情報 (com.keramidas.virtual.BLUETOOTH_PAIRINGS)
Bluetooth共有 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.bluetooth)
Bluetooth経由でインポート 5.2.017 (com.huawei.bluetooth)
CaptivePortalLogin 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.captiveportallogin)
Chrome 54.0.2840.85 (com.android.chrome)
com.android.backupconfirm 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.backupconfirm)
com.android.browser.provider 5.1-1743759 (com.android.browser.provider)
com.android.providers.partnerbookmarks 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.providers.partnerbookmarks)
com.android.sharedstoragebackup 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.sharedstoragebackup)
com.android.smspush 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.smspush)
com.android.wallpaper.holospiral 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.wallpaper.holospiral)
com.android.wallpapercropper 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.wallpapercropper)
com.huawei.qrcode.dispatcher 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.huawei.qrcode.dispatcher)
ConfigUpdater 5.1-1743759 (com.google.android.configupdater)
CosmoSia 3.5.1 rev:ea8cbac build:444 (com.access_company.android.nfcommunicator)
Device Provisioner 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.managedprovisioning)
DMM GAMES 3.9.0 (com.dmm.app.store)
Dropbox 22.2.2 (com.dropbox.android)
DW 電話帳 3.0.4.2 (com.dw.contacts.free)
ES ファイルエクスプローラ 4.1.4.3 (com.estrongs.android.pop)
Exchangeサービス 3.1.0.27 (com.android.exchange)
Facebook 102.0.0.28.70 (com.facebook.katana)
FREETEL 1.0.1 (jp.freetel.app.android)
Fused Location 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.location.fused)
Gmail 6.10.9.136347105.release (com.google.android.gm)
Google Backup Transport 5.1-1743759 (com.google.android.backuptransport)
Google One Time Init 5.1-1743759 (com.google.android.onetimeinitializer)
Google Play Music 6.16.3624-0.I.3421865 (com.google.android.music)
Google Play ゲーム 3.7.24 (3051774-038) (com.google.android.play.games)
Google Play ストア 7.1.15.I-all [0] [PR] 137333487 (com.android.vending)
Google Play ニューススタンド 3.5.3 (com.google.android.apps.magazines)
Google Play ブックス 3.10.29 (com.google.android.apps.books)
Google Playムービー&TV 3.19.11 (com.google.android.videos)
Google Play開発者サービス 9.8.77 (238-135396225) (com.google.android.gms)
Google キーボード 5.1.23.127065177-armeabi-v7a (com.google.android.inputmethod.latin)
Google 日本語入力 2.18.2581.3.129228829-armeabi-v7a (com.google.android.inputmethod.japanese)
Google+ 9.1.0.138578129 (com.google.android.apps.plus)
Googleの連絡先の同期 5.1-1743759 (com.google.android.syncadapters.contacts)
Googleアカウントマネージャー 5.1-1743759 (com.google.android.gsf.login)
Googleアプリ 6.7.21.21.arm (com.google.android.googlequicksearchbox)
Googleカレンダーの同期 5.1-1743759 (com.google.android.syncadapters.calendar)
Googleサービスフレームワーク 5.1-1743759 (com.google.android.gsf)
Googleテキスト読み上げエンジン 3.10.10 (com.google.android.tts)
Googleパートナーのセットアップ 5.1.1-1900399 (com.google.android.partnersetup)
HTML ビューア 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.htmlviewer)
Huaweiバックアップ 7.1.1.306_OVE (com.huawei.KoBackup)
Huaweiホーム 6.3.25 (com.huawei.android.launcher)
Huawei連絡先 V3.0.4 (com.android.contacts)
HwMultiWindowLauncher 2.0 (com.huawei.hwmwlauncher)
HwStartupGuide 1.0.5 (com.huawei.hwstartupguide)
InCallUI 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.incallui)
Input Devices 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.inputdevices)
internavi LINC 1.15.0 (jp.ne.internavi.internavilinc)
internavi POCKET 3.0.1 (jp.ne.internavi.drivelocator)
iWnn IME 2.5.1 (jp.co.omronsoft.iwnnime.ml)
iWnnIME Keyboard (Chic) 1.0 (jp.co.omronsoft.iwnnime.ml.kbd.chic)
iWnnIME Keyboard (Metal) 1.0 (jp.co.omronsoft.iwnnime.ml.kbd.metal)
iWnnIME Keyboard (Simple) 1.0 (jp.co.omronsoft.iwnnime.ml.kbd.simple)
iWnnIME Keyboard (Vivid) 1.0 (jp.co.omronsoft.iwnnime.ml.kbd.vivid)
LINE 6.8.2 (jp.naver.line.android)
Messenger 96.0.0.16.70 (com.facebook.orca)
MMIAutoTest 3.0 (com.huawei.mmiautotest)
MMITest huawei.openos.baseapp.general.B111 (com.huawei.mmitest)
MMI機能テスト ver5.0 (com.huawei.mmifunction)
Mms suspend window 1.0 (com.huawei.floatMms)
MmsService 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.mms.service)
MOCALite 2.0.4 (com.futurewei.ecens.mocalite)
MX Player 1.8.10 (com.mxtech.videoplayer.ad)
NFCサービス 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.nfc)
PacProcessor 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.pacprocessor)
Power Genie 6.0.18 (com.huawei.powergenie)
ProjectMenu 2.00.03 (com.huawei.android.projectmenu)
ProxyHandler 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.proxyhandler)
Quickset SDK 1.0.33.2 (com.uei.quicksetsdk.huawei)
RBB TODAY SPEED TEST 2.0.2 (com.rbbtoday.speedtest)
SetWifiAPNameAndPassWord 4.4.2-eng.root.20150107.101145 (com.android.custsetwifiap)
SIMツールキット 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.stk)
SIS-パス管理 3.3.16 (jp.sisyou.kumikashi.mpassmgr)
SmartcardService 3.1.0 (org.simalliance.openmobileapi.service)
Swarm 2016.10.24 (com.foursquare.robin)
System App Safe Remover 3.6.2019 (com.jumobile.manager.systemapp)
TalkBack 5.0.4 (com.google.android.marvin.talkback)
Titanium Backup PRO 1.3.0 (com.keramidas.TitaniumBackupPro)
Viber 6.5.0.3367 (com.viber.voip)
VpnDialogs 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.vpndialogs)
WebAccess A 1.51–0.89 (jp.co.buffalo.WebAccess)
Wi-Fi Direct 6.0.8 (com.huawei.android.wfdft)
WPS Office 9.9.7 (cn.wps.moffice_eng)
Y!カーナビ 1.23.1 (jp.co.yahoo.android.apps.navi)
Y!ショッピング 5.0.8 (jp.co.yahoo.android.yshopping)
Y!地図 5.11.7 (jp.co.yahoo.android.apps.map)
Y!天気 4.0.6 (jp.co.yahoo.android.weather.type1)
YouTube 11.43.54 (com.google.android.youtube)
にゃんこ 2.2.25 (jp.colopl.nyanko)
ねこあつめ 1.8.0 (jp.co.hit_point.nekoatsume)
のぶニャがの野望 1.2 (com.tks.nyagaapp)
アカウント (com.keramidas.virtual.ACCOUNTS)
アップデータ 14.5.01 (com.huawei.android.hwouc)
アドレス帳 Huawei_V3.0.1 (com.android.providers.contacts)
アプリウィジェット (com.keramidas.virtual.APP_WIDGETS)
カメラ 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.huawei.camera)
カラオケ効果 2.0 (com.huawei.android.karaokeeffect)
カレンダー JB_Calendar_V100R001C00B006 (com.android.calendar)
カレンダーの保存 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.providers.calendar)
ガスト 2.1.0 (jp.co.skylark.app.gusto)
キーチェーン 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.keychain)
キーボードロック 3.0.5.1 (com.android.keyguard)
ギャラリー 3.1.0.1 (com.android.gallery3d)
サウンドビジュアル壁紙 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.musicvis)
シェル 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.shell)
システムUI JB_SystemUI_V100R001C00B003 (com.android.systemui)
ジョルテ 1.8.52 (jp.co.johospace.jorte)
スマートヘッドセットコントロール 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.huawei.internetaudioservice)
スマートロック解除 1.0 (com.huawei.trustagent)
セットアップウィザード 2.0 (com.google.android.setupwizard)
タイムズ駐車場検索 3.0.3 (jp.co.park24.timesapps)
タグ 1.1 (com.android.apps.tag)
ダウンロード 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.providers.downloads.ui)
ダウンロードマネージャー 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.providers.downloads)
テザリングON/OFF 1.4 (com.taiseiko.tetherShortCutApp)
テレビ番組表 2.0.21 (tv.bangumihyo)
テーマ 7.1.1 (com.huawei.android.thememanager)
デュアルカード設定 3.0.5.14 (com.huawei.android.dsdscardmanager)
ドキュメント 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.documentsui)
ドライブ 2.4.382.19.35 (com.google.android.apps.docs)
ハングアウト 14.0.136618992 (com.google.android.talk)
バックアップ 1.4.23.0 (com.seagate.android.dashboard)
バブル 1.0 (com.android.noisefield)
パッケージアクセス支援ツール 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.defcontainer)
パッケージインストーラー 3.0.55.G (com.android.packageinstaller)
ビデオ 1.1.49.1 (com.huawei.hwvplayer)
ファイル 6.31.013.02.L (com.huawei.hidisk)
フェーズビーム 1.0 (com.android.phasebeam)
フォト 2.4.0.138563255 (com.google.android.apps.photos)
フォトスクリーンセーバー 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.dreams.phototable)
フローティングボタン 1.0 (com.huawei.android.FloatTasks)
ブックマーク(標準ブラウザ) (com.keramidas.virtual.XML_BOOKMARKS)
ブラウザ 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.browser)
ブラックホール 1.0 (com.android.galaxy4)
プライバシー保護 1.0.01 (com.huawei.privacymode)
ベーシックスクリーンセーバー 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.dreams.basic)
マクドナルド 4.0.7 (jp.co.mcdonalds.android)
マジックタグ 1.00.01 (com.huawei.android.nfctag)
マップ 9.40.2 (com.google.android.apps.maps)
マルチスクリーン 4.0.55 (com.huawei.android.airsharing)
マーケットフィードバックエージェント 5.1-1743759 (com.google.android.feedback)
ミラー 1.0.0.0 (com.android.hwmirror)
メッセージ (SMS & MMS) (com.keramidas.virtual.XML_MESSAGES)
メディアストレージ 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.providers.media)
メモ帳 010 (com.example.android.notepad)
メール 3.1.0.27 (com.android.email)
モバイル 5.3.6 (jp.co.rakuten.broadband.sim)
モーション 9.1.323 (com.huawei.motionservice)
ヤマダ電機 6.3.0 (jp.co.unisys.android.yamadamobile)
ユーザー辞書 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.providers.userdictionary)
ライブ壁紙ピッカー 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.wallpaper.livepicker)
リアルタイム通信監視 2.10 (com.m_hi.netwatcher)
レコーダー 3.0 (com.android.soundrecorder)
利用状況データ(ポリシー&統計) (com.keramidas.virtual.DATA_USAGE)
印刷スプーラ 1 (com.android.printspooler)
国、言語、タイムゾーン設定 (com.keramidas.virtual.COUNTRY_LANG_TZ)
壁紙 (com.keramidas.virtual.WALLPAPER)
外部ストレージ 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.externalstorage)
天気 5.1.83 (com.huawei.android.totemweather)
快活CLUB 1.0.4 (jp.kaikatsu.official)
拡大鏡 1.0 (com.huawei.magnifier)
時計 6.1.01 (com.android.deskclock)
楽天でんわ 2.6.2 (jp.co.rakuten.denwa)
楽天カード 5.9.1 (jp.co.rakuten.kc.rakutencardapp.android)
楽天ポイントカード 3.3.0 (jp.co.rakuten.pointpartner.app)
楽天市場 3.9.0 (jp.co.rakuten.android)
無線LANアクセスポイント設定 (com.keramidas.virtual.WIFI_AP_LIST)
無線LANアクセスポイント設定 (com.keramidas.virtual.XML_WIFI_AP_LIST)
燃費マネージャー 1.3.3 (com.htnux.npManager)
端末マネージャー 3.30.510 (com.huawei.systemmanager)
艦これ 1.0.8 (com.dmm.dmmlabo.kancolle)
設定 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.settings)
設定を記憶 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.providers.settings)
証明書インストーラー 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.certinstaller)
通話履歴 (com.keramidas.virtual.XML_CALL_LOG)
録ってREGZA 4.2.0 (jp.becomesystem.regzamailreserve)
電卓 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.calculator2)
電話 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.server.telecom)
電話 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.phone)
電話/SMS用ストレージ 5.1.1-eng.jenkins.20151114.032640 (com.android.providers.telephony)
音楽 V7.1.27 (com.android.mediacenter)
音楽タグ編集(文字化け対応) 8.3.0 (tk2013.mp3_tag_convert)


2016年10月25日 (火) 22:10 | honor6 Plus | 編集 |
先日ROMバックアップツールをTWRPにして
やっとhonor6 Plusのバージョンアップが落ち着いたのですが
ちょっと気になる事が

CWM Recoveryをインストールしたシステムに
更にTeam Win Recovery Project(TWRP)をインストールしたので
内部ストレージにCWM Recoveryのフォルダが残っていて
それを消してもすぐに自然発生してきます

CWM Recoveryの削除を検索して
CWM Recoveryの削除場所を探しても全く該当するフォルダもファイルも全くなし!

インストールしたCWMと消えないフォルダが気になるだけなんだけど
honor6 plusの場合どこにインストールしてあるのでしょうか?

  情報求む!です

もう一度インストールして
TWRPバックアップを利用して
システムだけ入れ替えれば済むのかな?
2016年10月23日 (日) 17:17 | honor6 Plus | 編集 |
honor6 Plus のAndroidを5.1.1にしたのですが
その後からCWM Recovery の保存サイズがおかしい

一度はスマホ自体の動作は安定しているので
このまま使用していくつもりでしたが
そのつもりでCWM Recoveryでバックアップを取ろうとしても
今度は保存ファイルのサイズが大きすぎて
取ることが出来なくなりました

最終的には18GBまでサイズが膨れ上がりました

honor6 Plus には32GBストレージが在りますが
内部ストレージは25.77GB
そこのアプリとデータが入れると
簡単に空きが足りなくなりCWMが使用できなくなるのです

どうしたもんでしょう
ここで考えたのは
「もうAndroid4.4に戻そう」と

【CWM】ClockworkmodでのカスタムROMの書き込み(ROM焼き) の記事を参考に

CWMでROMのWipeの3つの項目を実行します

・wipe data/factory reset
 …data以下のユーザー領域をwipe(cache含む)、端末の工場出荷状態に近い
 ※sdcard領域内(/data/media)にあるデータは消えません
・mounts and storage>format /system/
 …systemをformatしOS自体が消去されます
・advanced>wipe dalvik cache
 …dallvik cacheをwipe

この時点でふと思ったことですが
この記事が2年前だからなのかnonor6 Plusが異端児なのか
Androidのバージョンが違うからかは分からないのだけど
記事には※sdcard領域内(/data/media)にあるデータは消えませんとあるけど
・wipe data/factory reset実行すると
honor6の場合
内部ストレージも初期化されてしまいます

CWMの書き込み為に準備したROMファイルも消去されてしまい
結果CWMでは書き込み事が出来なくなり先に進むことが出来ませんorz

なのでHonor 6 & 6Plus Multi-Toolを使用してインストール

前回、3つのwipeを実行しないでインストールしていたので
一度CWMをインストールして症状が改善されていないか確認しましたが
やはり初期状態でも保存ファイルは4GB超えorz

これでCWMでのバックアップを諦めました
CWMがこの端末のAndroid5.1には未対応という事で結論づけました

正直CWMでの保存も10ヶ月間使用してなかったので
安定していれば純正のバックアップで問題無さそう
今まで感謝です

その前にせっかくだからと
初のTeam Win Recovery Project(TWRP)をインストールしました

現在開発の更新が止まっているらしいCWMよりは
今後の将来性を考えるとTeam Win Recovery Project(TWRP)らしい

Honor 6 & 6Plus Multi-Toolを使用してTWRPをインストール

2.8.7.0というバージョンがインストールされ
起動方法が解らなかったけど
CWMと同じ音量大ボタン長押しで起動を試しました

いつもどおり画面がグレーになったら我輩の場合ボタン押しを離します

すると問題なくTWRPの起動画面表示になりました(手ブレ写真ですいません)
TWRP 初期起動画面

後はネットで使用方法を見ながらの操作
【TWRP】Team Win Recovery Project(チームウィンリカバリプロジェクト:TWRP)の起動と操作・使用

タイムゾーン設定
メニューから「Settings」>「Time Zone」に進んで
リストから「UTC +9(DSTチェック無し)」をえらんで
CWMでは設定ができないタイムゾーンを日本に変更します

そして試しにROMのバックアップ
メニューから「Backup」を選んで
バックアップしたい項目にチェックを入れ
最後に「Swipe to Back Up」の矢印ボタンを右にスワイプすると実行されます
※通常ROMのバックアップは「System」「Data」「Boot」の3つで問題なし
TWRP バックアップ設定画面

この時点で保存されるサイズが分かるので
CWMより良いですね
アプリを復元インストールした時点での
ファイルサイズは3.5GB前後

おっこれは使えるかも!

早速矢印ボタンを右にスワイプしてバックアップを実行

結果は内部ストレージ内にバックアップファイルが作成されました
保存されたファイルも3.4GBとこれまでのCWMの保存サイズ並

内部ストレージに保存されるので
これだとPCにバックアップを移動するもの
Android File Transferを使用してUSB接続で簡単に移動出来ます
Android File Transfer

TWRPが使えることが解ったので
一度CWMのバックアップで取ってあるファイルで
ある程度の設定まで戻してから
TWRPを上書きすることにします

あっ!これ動作が不安定だった時のCWMファイルでした
今回バックアップ取ろうとして取れなかったので
Android4.2に戻そうとしていたのでした(笑)

なので再度設定をしていきます

CWMの保存サイズがおかしいせいで
結局今週の休日も終わってしまった

これで問題がなければしばらくhonor6ネタは無いかな〜
2016年10月22日 (土) 20:03 | honor6 Plus | 編集 |
18日会社のロッカーで着替え中に
スマホが棚から下に落ちてしまい保護ガラスが割れてしまった

先週からスマホは不運続き
嫌な予感がしたんだけど
電源も入りその時はホッとしたんだけど

後で見ると保護ガラスが割れていました
保護ガラス

まぁ保護ガラスだけですんだとラッキーだと思う事にします

即ネットで探して注文しましたけど
送料税込で488円!

一年でずいぶん安くなりましたね

偶然Xperia SO-03Dのも売っていたので衝動で同時に注文しちゃいました


クロネコDMで届きましたけど
問題無しです

早速honor6は張り替えましたけど

エア無しでやはりガラスは綺麗に貼れていいですね

2016年10月22日 (土) 19:38 | honor6 Plus | 編集 |
先週からhonor6 PlusのAndroid5.1.1へのアップデートをしています

なんとかAndroid5.1.1にはなったのですが
初期化直後にCWMで保存したサイズが4GBと大きい
初期ファイル量

気になるので
また週末で時間が作れるので
二週連続で
再インストールする事にしました


まず準備としては
これまで設定したスマホのバックアップです

honorの端末に標準でインストールされている”バックアップ”で
連絡先、マルチメディア、アプリとデータ、システムデータをバックアップしました
バックアップ

zipファイルを作成
Titanium Backupのバックアップから
CWMでアプリをインストールする為にzipファイルを作成


更にCWMで保存
この時点で16GBのサイズになっていました
おいおい
やっぱりこれ絶対なにかがおかしいと思う
CWMでB336のアプリ設定後のサイズ

そして内部ストレージ内のCWMのROM保存ファイルを外部ストレージに移動して
バックアップ終了後

まぁ心配性なのでバックアップを3種取りました


さてこれからが本番のアップデートの操作


ところがここで問題


標準のローカル操作のアップデートが使用できない


ローカルで更新の操作をすると
再起動後CWMが先に起動してしまい更新できません

そこで荣耀6Plus可刷第三方REC
MT7-TL10_Recovery.exeを使用してリカバリー操作

ところがこれも使用できません
前回もですが何度操作してもリカバリーの進捗画面が出ません
どうやら自分のPC環境が原因の可能性が濃厚(WIN10使用)

次にHonor 6 & 6Plus Multi-Tool

ここで文鎮化した時に使用する予定に準備していたUnbrick機能を使います
前回はバージョン違いが原因だと思われる文鎮化しましたけど
今回は楽天用で同じバージョン
ただしここでもめんどくさかったので
PE-TL10C900B333から作った物を使用しました

元のスマホや初期化して入れるバージョンは
新カメラ機能も使用できるPE-TL10C900B336です

メニューから6:Unbrickを選びます
Honor 6 & 6Plus Multi-Tool:Unbrick進捗画面

データを流し込み終了の案内が出たのを確認してから
スマホの3つボタン押しの操作で
Huaweiの純正更新アプリEMUIが起動し自動インストールされます
emui SOFTWAREインストール

インストール完了後自動で再起動しますが
初期化されていますので
起動時間が通常より長いです

起動後使用言語を選択する画面が表示されます
使用言語選択画面

案内される使用言語や使用許諾、Wi-Fi接続設定等を
必要に応じて設定してアップデートは終了

これでほぼ初期状態のスマホの出来上がりです
次にroot化します

Honor 6 & 6Plus Multi-Toolでroot化

次にHonor 6 & 6Plus Multi-Toolを使用してroot化します
操作は以下の3つ

・BootloaderのUnlock化
・CWMのインストール
・SuperSUのインストール

HONOR_6_and_6Plus_Multi-Tool_menu

細かな操作方法はAriさんの
Honor 6 Plus をRoot化してみるを参考にしてください

ただし吾輩はStock Recoveryのインストールはしていません
これはStock Recoveryの操作方法と意味が理解できず必要性を感じなかった為です

上記の3つの操作をして
root化終了です


バックアップからのシステム・アプリ等の復元


すぐにTitanium Backupで作成したアプリのZIPファイルを使用しても良かったのですが
先にCWMでこの状態を一度保存しました

これは初期化直後のROMファイルが欲しかったのと
先の初期化後の保存サイズとの比較確認のためです

その後Titanium Backupで作ったZIPファイルを指定する予定でしたが
前回同様予想通り初期化時に内部ストレージも初期化されています

なので手っ取り早く
純正で入っているバックアップの
ローカル復元から復元してみました

この方法で大体のアプリは復元できました

前回と同様
LINEと燃費マネージャー、aSQLiteMangerはダメでした

LINEの年齢認証で使用する
aSQLiteMangerは
一見動いているんだけど
書き換えができず

LINEとaSQLiteMangerは
一度削除して再ダウンロードし
インストールすることで対応

ただしLINEはあまりにも頻繁に
アプリを入れ替えていたので
電話番号の登録にだけ制限がかかりましたが
年齢認証は書き換え済み

年齢認証書き換え前
LINE年齢認証未確認


年齢認証書き換え後
LINE年齢認証確認済み


最後に最初の初期化と今回の初期化での
CWM保存ファイルのサイズ確認ですが

前回は、4.13GB
CWMで初期化後のサイズ


今回は4.22GBでほとんど変化無しです
Android5.1初期化サイズ

どうなんでしょう?
Android5.0からメモリ保存関係の仕様が変わっている感がするので
これが関係しているのでしょうか?

後記:Android4.4で変わり5.0で改善されてました

なんとなく内部か外部ストレージ域の一部まで保存されている感が在ります

前回は壁紙の設定で
ロック画面の壁紙指定が表示上は保存されましたと出るのですが
ロック画面の画像表示は変わらず原因不明で変更できてなかったのですが
今回は問題無く指定保存できています
壁紙



前回の初期化後には4Ḡアイコンが表示されていたのですが
いつの間にか消えてましたが今回は復活して今の所在ります
4Gショートカットアイコン


Google Play開発者サービスは
前回同様に初期化後にはインストールさせていない状態で
Google関係アプリから案内が出ましたが
今回はちゃんとダウンロードできインストールされました

今回完全に初期化されたみたいで
Titanium Backupを起動すると
Android ID が変更されたという案内が出ます
Android ID確認

これはどうしたものかと悩むのですが
今の所問題がないので
書き換えは保留中です

まぁ書き換え前に在ったAndroidの不具合は今の所無しです

2016年10月20日 (木) 23:59 | honor6 Plus | 編集 |
前日からの続き

とりあえずCWMが起動できなくなった原因ですが
Honor 6 & 6Plus Multi-Toolで
CWMをインストールした後に
Stock Recoveryのインストールの案内が出て
いつもはしないのに何故か今回一緒に行ったこと

まぁStock Recoveryのインストールしか原因が思いつかないです

そこでHonor 6 & 6Plus Multi-Toolで
再度CWMをインストールしてみると
CWMは問題無く使用できるようになりました
*後日音量大ボタン長押しで起動しなくなりました
 音量大+電源ボタン長押しで起動します

ここで一度前日に行ったアプリの保存をしたかったので
CWMで保存

しかし何故かバックアップ途中でエラーが出ます
最初は原因が解らなかったのですが
調べるとCWMの1回のファイルサイズが10GB前後在ります

過去に2回保存していたので内部ストレージの空きが全く無い!

アップデート前のファイルサイズが5GB位だったのに💦
それがなぜ10GBにふくれているのかな
おかしくないですかこれ?

意味が分からない

とりあえず
先にインストールしたStock Recoveryは
ネットで調べても必要無さそうだし
microSDカードを32GBのFAT32フォーマットに入れ替えて
System Tunerで昨日のアプリ設定の労力をバックアップ取り
CWMでも現在の状態を保存する事に

ところが2回分のCWMを削除して
新たに保存すると12GBに
バックアップの構成を見ると
約1GBのデータファイルが12個も在る!

いらないゴミデータが在るみたいですね
Honor 6 & 6Plus Multi-ToolのUnbrickや
MT7-TL10_Recovery.exeの転送データが残っているのでしょうか?


バックアップ後
一度工場出荷状態に戻してみますか

ということでバックアップです

Xperia SO-03Dで使用しているmicroSDカードを取り出して
PCにコピーして初期化

honor6 Plusに指すと
低速microSDカードだと注意される(笑)

まずSystem TunerでmicroSDカードにバックアップ
更にAndroidの設定>バックアップとリセット>
データのバックアップと自動復元を選択しデータをmicroSDカードにバックアップ

更に更にCWMで内部ステレージに保存後にmicroSDカードに移動

そして
設定>バックアップとリセット>データの初期化>内部ストレージの消去

その後EMUIのメニュー画面で工場出荷状態に戻す予定だったのですが
CWMが起動してしまいます

CWMをインストールしてたのが原因だと思います

そこでCWMメニューに在るwipe data/factory resetを使用しました
この操作では完全な工場出荷状態では在りませんが
その近い状態まで戻せるみたいです
root化の状態とCWMは残っていました

*ここで余談ですが
吾輩の勉強不足で
これまでAndroidのバージョン違いを焼く事ができないと思っていました
過去にXperia SO-03Dで4.0.4から4.1のバージョンへ変更するのに
また逆の場合もCWMのrestore操作で文鎮化してました

【CWM】ClockworkmodでのカスタムROMの書き込み(ROM焼き) の記事

現在のROMをWipe(消去)するに

特に、ROMのインストール手順でWipeを指定されている場合
異なるバージョンや種類のROM(例:Android 4.3→4.4やCM→AOKPなど)を書き込む場合は必ずWipeを行って下さい
と在ります

つまりWipe操作をしていなかったので文鎮化した
Wipe操作をちゃんとしていればバージョン違いでも焼けるという事ですよね
4.4.2バージョンのCWMバックアップファイルで試したい衝動が起きてます💦

話を戻してCWMのwipe data/factory resetを実行した後にリブート
いつもより起動に時間がかかりますが無事起動しました

初期状態に戻っているので使用言語から選んで行きました
ここでこの初期状態をCWMでバックアップ

保存されたファイルサイズの確認です
初期ファイル量

4GBまで落ちましたけど
う〜微妙
何故なら購入時の初期ファイルサイズは1.1GBでした
そしてアップデート直前に保存したファイルサイズは5.6GBでした

これが正常な状態なのかご存じの方もしくは
アップデート後の初期状態のCWM保存サイズをご存じの方情報をください
m(_ _)m

とりあえずこの状態でアプリなどを一度設定保存してからまた考えますか


4GBとまだゴミが入っていそうなので工場出荷状態に一度戻したい

アップデート前にCWMでバックアップしたAndroid4.4.2に戻して
再度アプリデータをバックアップしアップデート後のスマホに移行したい


その後Titanium Backup(寄付版)でCWMの保存ファイルからアプリを復元できることが解りました

Titanium Backupの使い方2:CWM(ClockWorkMod)のバックアップファイル(Nandroid Backup)からアプリを復元する。


Titanium Backupに694円の寄付をして
Titanium Backup寄付

System Tunerで取れてなかったねこあつめを
CWMファイルから復活です!
ねこあつめ

ねこあつめの壁紙がお気に入りでこれが欲しかった
ねこあつめ壁紙

ねこあつね壁紙2


lineはダメみたいです

あと燃費マネージャーも不安定で記録したデータがまず読めず強制終了します
ただレビューを見るとこれは機種変した方やAndroidバージョンアップされた方に起きているアプリ側の不具合みたいです
2016年10月19日 (水) 00:14 | honor6 Plus | 編集 |
実は週末に行っていたAndroidのアップデート

ローカルで更新を行っても
以下の写真の様に失敗していたのですが

ローカルで更新

root化していても普通にインストールできるという情報も得ていたので
なぜ?って考えて見ると外部ストレージにアップデートファイルを保存しての操作

良く考えると外部ストレージのmicroSDカードはSDXC

フォーマットがexFATなので
対応していないと全く使い物になりません

今の所、問題在りのアプリは

CWM
 認識しません

ES File Explorer

最近何故かESファイルエクスローラでファイル操作するときも
外部と内部のストレージ表示が逆だったりしていました
アップデート後にストレージの表示は直ったのですが
何故かファイル操作をする度にexFATが原因でおかしな案内が出ます

ヒントで操作手順が出ていますが読めない
ES File Explorer


後記:後日こういう仕様になったのだと理解しました
 Android5.0で可能になったSDカードへの書き込みを試す


System Tuner
過去のバックアップファイルを認識しなかったり
新たにバックアップ操作をしても保存されずに終了します

後記:こちらはこちらのSystem Tunerの設定ミスでした



話を戻して

もしかすると原因はSDXCかもと思い
そこで内部ストレージにコピーして
再度ローカルで更新の操作を行ってみました

すると今までの苦労が嘘のように
インストールが終了して
システムを最適化しています

起動画面で楽天モバイルのロゴ表示が
復活してしまいましたがこれは仕方が無いですね

これで無事アップデートできました

と言いたいのですが
何故かアップデート後
Google関係のアプリから案内がでます

Google Play開発者サービスをインストールしてください。と

案内をクリックしてスマホからインストールしようとしても
アプリは強制終了してダウンロードできません

それならばPCでGoogle Playからダウンロードしようとしたら
何故かインストール済みとの表示で
ダウンロードできずorz

そこで再度3ボタン押しで強制的に更新操作
すると今度は中身が綺麗に初期化されて
立ち上げると使用言語の選択画面に
出荷状態に戻っちゃいましたorz
使用言語


これではバックアップを取っていたCWMが全く使えません
5.1でルートを取りCWMでバックアップを取ってからだったら良かったのですが
バックアップ無しになりました


後記:こちらの勉強不足でまだ確認は取っていませんが
    Androidのバージョンが違ってもCWMでwipe操作をする事で可能です



System Tunerのバックアップが在りますし
ゲーム系はサーバーにデータ保存されているし

それでも月曜から火曜日までは
ダウンデート(Android5.1⇒4.4)出来ないか試行錯誤してました

しかしうまく行かず

水曜はアップデート前に保存したCWMのバックアップは使用できませんが
とりあえずは、5.1で使用できるように
System Tunerからバックアップの在るアプリを復元したり
Google Playからダウンロードしたりして何とか使えるように

残念だったのは
ねこあつめの直前のデータが保存されて無く
更に古いデータから復元したのですがそれが相当古かった事orz

コンプリしていたので
また途中からは辛いっす

後記:ねこあつめは復元出来ました

ここで再度CWMでバックアップしようとしたのですが
何これまでの操作で
故か音量大押し起動ではCWMが起動せず
EMUIのメニュー画面になります
emui_menu

う〜むどうしてかな?

とりあえず
今日はここまで就寝です
2016年10月16日 (日) 17:06 | honor6 Plus | 編集 |
ずーと保留にしていたhonor6 Plusのアップデート

今年の夏にはバージョン6にまでアップデートしているのに
吾輩のスマホは
まだ4.4のまま

購入して丁度1年経過して
保証も切れたのでそろそろ5.1にバージョンアップしようかと考えています
というかroot化した時点で保証は切れてますね

6はメーカーからダウンデート用が出ているくらいで
あまり評判が良くないので保留です

以前紹介していただいた
Honor6 Plus リカバリ CWM を参考にしました

root化していて
まずは文鎮化が怖いので
文鎮化した時の対応を先に準備しました


その後

荣耀6Plus可刷第三方RECダウンロードし解凍後
フォルダ内にあるMT7-TL10_Recovery.exeを起動します

MT7-TL10_Recovery.exe

中国語で表示がおかしく読めませんが
ここで3を入力後


MT7-TL10_Recovery.exe USB
電源を落とした状態でUSBケーブルを挿し
音量下げるキー+電源キーの長押しを続けて
PCの画面が変われば成功!?みたいですな?

中国語で案内が短時間出るのですが成功しているのかわかりません
画面保存もできませんでした

後記:通常リカバリ中と表示され進捗状況が表示されますので
    我輩の場合は失敗でMT7-TL10_Recovery.exeを使用できてませんでした


その後2つの音量キーと電源キーの3つを同時押しにして
起動させて楽天モバイルのロゴ表示後に
そのまま画面が灰色の表示になるとキーを離します

うまくいくと以下のHuawei software innstallingという画面が表示されて
dloadフォルダ内のUPDATA.APPでアップデートされます
Huawei software innstalling


この画面が表示されるまで悪戦しました
手順かキー操作が間違っているのだと思います

ところがです
この画面のダウンロード過程の進行表示のバー表示が
終了手前でフリーズした様に止まった感じになります(残り1mm位で止まります)

後記:この原因は外部ストレージのmicroSDカードにアップデータファイルを置いていたのですが
    外部ストレージのmicroSDカードはSDXC
    フォーマットがexFATで対応していないのだと思います


その後更に30分程放置しましたが
全く変化が無し

とっくにダウンロードも終わっているし
ダウンロード開始してからも3時間経過していたので
業を煮やして電源キーを押すと
電源キーが押された。システム破損したかもという案内が
Huawei software innstalling ng


再起動すると問題無くこれまで通り

その後も試行錯誤


次にメニューから2を選び
CWMを使用する方法も試して見るが
しばらく放置していたけど見た目全く変化なし

色々試したけどWindows10がいけないのだろうか?


ここでMT7-TL10_Recovery.exeを諦めて
文鎮化した時用に用意していた
PE-TL10C900B333から作ったファイルで
強制的に焼いちゃえ!って感じの最終手段

HONOR_6_and_6Plus_Multi-Toolを使用する事に

HONOR_6_and_6Plus_Multi-Toolの
メニューから6:Unbrickを使用します
HONOR_6_and_6Plus_Multi-Tool_menu


そして文鎮化


強制的に焼いてから起動しても
以下の写真のエラー表示に
文鎮化

やっちゃいました

まぁ後から考えるとAndroid4.2に5.1を強制的に入れて動くはずがないですよね

確認すると何とかFASTBOOT&RESCUE MODEは生きていたので
先のHONOR_6_and_6Plus_Multi-Toolメニューの6:Unbrickを再使用して
以前中華サイトからダウンロードしておいたPE-TL10用の
PE-TL10C900B324(Android4.4バージョン)を使用して再度焼いてみる

再起動するがやっぱり変化なし
楽天ロゴの後に先と同様のエラー画面


そこで次はCWMの再インストール

HONOR_6_and_6Plus_Multi-Toolを使用して
CWMの再インストールし再度電源を入れると
運に良くCWM画面に

メニューからリストアを選んで
この作業の前にバックアップを取っておいたファイルを使用

問題無く焼けて再起動させると
楽天ロゴが出ないでいきなりhonorのロゴが!

おぉ〜
楽天の起動ロゴが何故か消えたぞ

きっと中華版のPE-TL10C900B324(Android4.4.2バージョン)を入れたのが原因でしょうね

その後見慣れたアニメーションのhonor画面に切り替わり
いつもの見慣れたホーム画面に戻りました

何とか文鎮化から復活しました

休日はこれで終わってしまいました

今日この操作をしているときに
何度か工場出荷状態に戻すメニューが現れていたのだけど
これを使用したら良かったのかな?
emui_menu

それともこれを選ぶのが正解だったとか?
後で確認しましたがこれもダメでした

2016年10月09日 (日) 16:04 | honor6 Plus | 編集 |
9月の頃からカメラのデータが上手く保存できていない事が
たまに起きていました

そして昨日スクリーンショットの操作をすると
保存できませんでしたという案内が

購入して丁度一年
保証が切れたらこれかよ💢

一応原因が本体かSDカードなのかを調べる

再起動したり
ゴミファイルを削除しようと
設定からストレージを表示して
ストレージクリーナーを使用してみても

スキャン途中でフリーズしたり
画面自体が真っ黒表示で操作自体出来なかったり


他のアプリで確認しようとしたけど
今まで起動していた一部のアプリも起動しない

何かおかしなアプリアップデートしたかな?

ここでmicroSDカードに読み書きしている
アプリが動作しないことに気が付きました

microSDカードもhonorの購入に合わせて購入したのだけど
先程のストレージで確認すると
このカードの認識が遅かったりしなかったりしている

”マウント解除”操作をしても
解除しないで同じ画面に戻ってきたり

”カード内データを消去”の操作をしても操作が完了しない

どうやら不具合原因はこのmicroSDカードみたいです

とりあえず他のmicroSDカードと入れ替えて動作確認すると
やはりストレージでもすぐにカードを認識してくますし
動作不良を起こしていたアプリも
すべて問題無く起動動作しました

原因が判明したところで
不具合の起きているmicroSDカードを
一度Macでバックアップを取り
その後Macのディスクユーティリティで初期化フォーマット

バックアップしたファイルを戻して確認を取ると

復活しました!
普通にストレージで開いても認識されているし
アプリ動作も今まで通り

もちろんスクリーンショットも問題無くできました


一年前に購入した
microSDXC 64GB UHS-I クラス10 超高速90mb/s 変換アダプタ付 クリアケース付バルク品
【特価】1998(円) (税込、送料込)

やはりバルク品が悪かったのかな?

一年経過した現在
バルク品を購入した価格以下で
ブランド品の海外パッケージ物が購入できいる様になっています

まぁ今回のような頻度が増えれば買換えですね

2016年08月28日 (日) 22:36 | honor6 Plus | 編集 |
楽天モバイル等のMVNOにすると
LINEの年齢認証が出来ずID検索ができません

これまではLINEは滅多に使用することは無かったのですが
最近新たな方をLINE登録しようとする事が度々
所が登録がスムーズに進まないのです

そろそろこの年齢認証の問題をクリアにしたいと思い検索してみると
その方法が以下のページで紹介されていました

格安SIM(MVNO)でLINEの年齢認証を突破する!


この年齢認証の変更で必要な条件

・ スマホがAndroidであること
・ Androidをroot化してあること


準備するもの


データーベースデータを書き換える必要があるので
データベースを操作できるアプリをスマホに入れておく必要が在ります

これは情報元のサイトで紹介されていた「aSQLiteManger」を
GooglePlayからダウンロードして利用しました


紹介されているページには
このアプリを使用して書き換える手順が載っているので
一番わかり易いと思います



後は紹介したページを参考にして「aSQLiteManger」を操作して
設定値を変更していただければ
簡単に年齢認証の設定を変更する事が可能でした

まず>aSQLiteMangeで以下のデーターベースを開きます
/data/data/jp.naver.line.android/databases/naver_line

その中にある"setting"を開くと中の一覧が表示されます
リストの「AU_USER_AGE_TYPE」の年齢認証できていない場合はここの値(右端の数字)は「3」なので
「AU_USER_AGE_TYPE」の左側の「Edit」を選んで値を3から2に書き換え「OK」を選択します
AU_USER_AGE_TYPE


後はバックキーでnaver_lineファイルから離れようとすると
書き換た部分を保存するかの最終確認(Commit)がありますので
Yesを選んで書き換え保存します
Commit

最後に確認で
まずLINEアプリを立ち上げて「設定」>「年齢確認」欄で

ちゃんと「ID検索可」の表示になっていれば年齢認証の設定が変更されています
これで友人のIDや電話番号から検索して登録が可能になりました
ID検索可


そして自分のIDを知らせて相手に検索してもらい
登録してもらうことも設定の変更で可能になります

「設定」>「プライバシー管理」の画面で
「IDによる友だち追加を許可」のチェックボックスをオンにすること
IDによる友だち追加を許可

これでスマートにお互いを登録することが可能になりました

最後にお決まりですが
設定を変更する操作によって起きた損害の責任は負いかねますので
自己責任にて判断し実行をお願いします
2016年05月21日 (土) 22:55 | honor6 Plus | 編集 |
以前から「開発者サービス」の強制終了案内は
たまに出ていたのでけど
Screenshot_2016-05-04-09-00-15.jpeg

今朝から頻繁に
Google関連の複数アプリから同様の終了案内表示が
同時に複数出るようになりました


それもアプリ毎に複数出ている同様の終了案内を確認して消しても
しばらくするとまた同様の表示が出てくる始末でして
もううんざりです

どうやらGoogle関係のアプリが全く使用できなくなっている様で
特にGmailはメインで使用しているので
今後メール確認できないと問題です

そこでネットで調べると手順が出ていました
追記:以下の操作をされる前に端末の再起動をすることで改善する可能性があります

1.「設定」から「アプリケーション」の「アプリケーション管理」を開く
2. アプリリストから「Google Play開発者サービス」を選択し「アップデートのアンインストール」または「削除」を実施
3. 同様に「キャッシュの削除」も実施
4. 端末の再起動
5. Play ストアから「Google Play開発者サービス」を再度アップデート

この手順通りに行い
これで表示が止まれば良いのですが

アップデート後、
Google検索やGmailはアプリを起動しても終了しなくなったの安堵していたら
しばらくして「Google Playミュージック」アプリの問題発生案内が出ました
Screenshot_2016-05-21-21-16-15.jpeg

今度は案内の出た「Google Playミュージック」の
アップデートをアンインスールし同時にキャッシュも消去
再度「Google Play開発者サービス」もアップデート

すると今度は元に逆戻り

1度目はミュージック以外は改善したのでもう一度
今度は「Google Play開発者サービス」のみ
アンインストールとキャッシュクリア後に再起動して更新

更新後にGoogle検索とGmail、ミュージックを開いてみると
今度は強制終了なし

これでしばらく様子見てみます

追記:その後も同じ症状が現れてしまいその度に端末を再起動することで対応しています
2016年01月10日 (日) 15:02 | honor6 Plus | 編集 |
貧乏なのでhonor6 Plusを購入してから
これまで液晶画面のフイルムを
購入時のまま剥がさないで使用していた為
フイルム表面にホームボタン等よく使う場所に跡が残っていて
そろそろ剥がして
購入時に製品に入っていた
液晶画面保護フイルムに張り替えることにしました

ところが貼る時に位置決めがうまく行かずに手間取り
その結果ホコリが間に入ってしまい直そうとしたけど
更に悪い結果になってしまい収拾が効かず
最終的に貼るの諦めました

そこで急遽ネットで調べて注文
今時の強化ガラスフイルムで角が取ってあるもので
探しても沢山あるある

まだ安い商品も出ていましたが
こちら送料込み845円の
HUAWEI honor 6 plus ガラスシート フィルム 強化ガラス 液晶保護 ガラスフィルム
全部ポイント払いで注文

送料無料でクイックポストという定型外郵便の為
7日の夜に発送案内が在って届いたのが10日と
宅配よりは時間がかかります

更に定型外郵便なので郵送中の保証も無く
ちょっと不安でしたが
定型外郵便規格に合わせた箱に入り届いて
箱にも潰れや折れの跡も無く中身も無事届きました
保護ガラスフイルム


中には貼り付け前に画面を拭く
湿式で拭いて乾式で仕上げる商品が中に入っていたので
綺麗に拭き取ることが出来て良かった

今回は初のガラス製だったのですが
持ってみるとやはりガラスで意外と重量感があり
厚みもあり貼り付け前の位置決めもしやすく
両手で持って画面の4端に位置に合わせて決めたら落とすだけ

後は自然と吸着されて隅に若干残った空気も
外の方に出すように圧着すると簡単に出ていき
非常に簡単に綺麗に完璧に貼れました

これまでも何度か保護フイルムを貼ってきましたが
これまで完璧に貼れたのは初めてです
ガラス製スゴシ!です
ガラスフイルム貼り付け

この商品は本体よりフイルムサイズが全体的に1mm程小さかったので
長く使っているとそこに汚れが溜まりそうで
特に画面四隅のR部分の隙間が大きく目立って気になります

あとこうやって見るとインカメラの穴あけ位置が微妙にずれているかな〜
まぁインカメラを使用する機会が殆ど無いので良いのですが
これだとこの穴にも汚れが溜まりそうですね
別に穴が無くても良かったんじゃない?

ガラスフイルム貼り付け隅

この商品が同じか解りませんが
ガラス製だと通常3年くらい使える製品が紹介されていたので
これで次の買換えまでこのまま使用できたら嬉しいかな
2015年11月25日 (水) 20:27 | honor6 Plus | 編集 |
ふとホーム画面を見ると
見慣れないアイコンが表示されていて
確認してみると新たなシステム更新案内でした
PE-TL10C900B333

PE-TL10C900B333変更ログ

おぉ〜!
root化したhoner6 Plusには
システム更新の設定で
Wi-Fi経由で自動ダウンロード欄に
”システムが変更されているため、この機能は利用できません”と在り
勝手に案内は来ないものと思っていたのですが
来ちゃいましたね〜
システム更新設定


これ悪魔のささやきですよね(笑)
これをうっかり使用しちゃうと文鎮化しちゃうんでしょうね

ちなみにAndroid5.1と4.4とは
どのような変更があって便利になったのでしょうか?
全然興味が無かったので調べていないし解らないです
今回の更新案内はカメラ機能も強化されたバージョンをインストールする物でしたが
公式ページではカメラ機能に不具合が生じた場合の対処法として
現在のカメラ機能のままAndroidのバージョンのみ変更するファイルも存在しています

とりあえず両バージョンのファイルを
PCでダウンロード保存しましたけど💦

どちらにしても今の所
root化し使用に問題を感じていないし
新たなカメラ機能にもあまり興味が起きてませんので
吾輩はこのままAndroid4.4のままで行きます

2015年10月17日 (土) 23:59 | honor6 Plus | 編集 |
honor6 Plusには
IRCファイルを追加する事で
歌詞表示が可能になります

iPodで慣れ親しんだ歌詞表示機能だけど
IRCファイルだと
更にカラオケのように画面スクロールできて
歌い出しのタイミングに合わせて歌詞を表示することも可能らしい

吾輩の場合はカラオケみたいな機能は必要で無く
ただiPodと同様な歌詞表示が出来ればいいんだけど〜

そう言う訳でまずは
iTunesに登録してあるmp3ファイルには
すでにLyrics Master 2を利用して歌詞が入っているのだけど
この歌詞をそのまま抽出して
IRCファイルを自動で作成してくれれば一番良いので
そのようなアプリが無いかと探してみたのですが
見つからず

在るよ!ってご存知な方はコメントよろしくお願いしますm(_ _)m

そこでSONYのMedia Goをダウンロードして
歌詞(同期テキスト)を作成します

Media GoはSONY製のiTunesもどきでして
SONY製のWALKMANやXperiaやオーディオ機器で対応しています

手順は上記のページを参考にしていただくとして💦

iTunesの音楽ファイルの保存フォルダを
ライブラリ フォルダを設定して音楽ファイルをMedia Goへ取り込みます

後はiTunesも同時に開いた状態で
曲情報から歌詞を表示しコピーし
それをMedia Goの同じ曲のプロパティーを開き
[歌詞]タブから[歌詞の編集]を選び
更に[テキストの編集]をクリックし
テキスト編集エリアに歌詞をペーストして
曲を再生して更に時間情報を入力するも良し
時間情報は省いて即保存しても良しです

とりあえず1曲だけ
どのような感じなのか確認の意味で
時間情報を曲を聞きながら
タイミングに合わせてクリックを繰り返し作成しました

その作成したIRCファイルをhonor6 Plusに保存して
再生し歌詞の表示確認
音楽 歌詞表示

歌詞が下部から上部に流れながら表示されると同時に
カラオケの様に
歌い出しのタイミングに合わせて文字色が変わりながら
左から右に流れていきいます

ただ間奏の時には
前の歌詞が間奏中の時間も合わせて
移動するので歌詞表示が遅れてしまいます

そのような時は
マニュアルで歌詞の入っていない行を作成して
そこに前の歌詞が終了する
時間情報を入れて回避しないといけないようです

面倒ですね
吾輩のiTunesには
1300曲以上入っています

1300曲1曲毎に時間情報を入れる作業は無理ですが
好きな曲の歌詞だけを入れて置くだけでも良いかなと考えています

2015年10月17日 (土) 23:44 | honor6 Plus | 編集 |
honor6 Plusのカメラの解像度を
16:9の600万画素(3264×1840)の最低設定にしても
カメラ解像度
ファイルサイズが約3.4MB前後
これまで使用していた
Xperia SO-03Dに比べると
約9倍と異常に大きくなっている事が発覚し
これはどうしたものかと

そこでbuild.propをカスタマイズして効果を確認しました

JPEGの描画品質の変更

とりあえず50%まで落としてみました
以下の設定をbuild.propに書き込んでリブート

 ro.media.enc.jpeg.quality=50

結果は期待した程でも無く
条件によっては2.7MBまで落ちましたが
これなら通常設定で撮影後に加工した方が良さそうだったので
元の設定に戻しました

次にお遊びで💦


起動時のアニメーション表示の無効化

debug.sf.nobootanimation=1

楽天モバイルのロゴも消えるかな?と
期待したのですが
楽天モバイルのロゴが表示されてから
honorの起動アニメーションが表示されないだけでした

こちらもオリジナルに戻しました

残念!
2015年10月17日 (土) 22:28 | honor6 Plus | 編集 |
購入してから一週間
今まで使用していたスマホからの
移行と設定等をしていたので
購入を決めたhonor6 Plus ダブルレンズのカメラ機能を
やっと確認しました

比較にはこれまで使用していたXperia SO-03D

受光部が2つということで(一般的なスマホに比べて感光度が60%up)
暗い時の撮影が更に鮮明に映るという

そこでまずフラッシュOFFで撮影した車中と風景写真の比較です

Xperia SO-03D(レンズ焦点距離:4.5mm)

自動設定324KB (1920 x 1080)
SO-03D
 (中央重点(平均)測光;露出1/16秒;f/2.4;ISO2000)

自動設定324KB (1920 x 1080)
SO-03D 外
 (中央重点(平均)測光;露出1/1000秒;f/2.4;ISO50)


honor6 Plus(レンズ焦点距離:3.8mm)
オリジナルファイルサイズが約3.4MB前後(3264×1840)の為
 アップロードできません💦
 1920×1082にリサイズ加工のみしています

自動設定1136KB(1920×1082)
honor6 Plus
 (スポット測光;露出1/17秒;f/2.0;ISO2500)

HDR設定1181KB (1920×1082)
honor6 Plus HDR
 (スポット測光;露出1/17秒;f/2.0;ISO2500)
確かに助手席の下部分のレールが見えるけど
LEDの室内灯が原因か?カラーバランスがちょっとおかしいかな

自動設定1175KB(1920×1082)
honor6 Plus
 (スポット測光;露出1/1429秒;f/2.0;ISO80)

HDR設定1358KB (1920×1082)
honor6 Plus HDR
 (スポット測光;露出1/1305秒;f/2.0;ISO80)
川の薄暗い部分はいい感じで補正されています

基本的には画質が良くなった感が在るけど
その分ファイルサイズが約9倍!に
大きくなったのがちょっと

出来るか解らないけど
build設定でjpg品質を下げないといけないかな?


[READ MORE...]
2015年10月17日 (土) 18:10 | honor6 Plus | 編集 |
honor6 Plus の機種変更に伴った
データや設定等も一段落したので
音楽再生アプリの方を検証を
現在使用しているWALKMAN(6.0.A.0.26)と比較をしながらやってみます


まずは純正で入っている
ずばり!”音楽”という名前のアプリ(笑)

ガラケー時代からSONYで
今までWALKMANでの操作に慣れていたので
仕方が無い事ですがちょっと操作に違和感


honorのマイミュージック

上半分が再生
下半分が曲リスト
honor6 音楽マイミュージック

もちろん再生画面のみのモードも有ります
honor6 音楽再生

再生画面での
リピートやシャッフル設定にお気に入り設定等の操作性は
honorの方が画面に常時表示されているので
1操作で出来ます

ちなみにWALKMANでは
メニューを表示させるので2操作必要です


WALKMANのマイミュージック
タブ切り替えで再生とマイミュージックに分かれています

マイミュージック画面
SO-03D WALKMANマイミュージック

再生画面
WALKMAN 再生

表示方法は違いますが
どちらにも

お気に入り
プレイリスト作成
最近再生した曲
アルバム
アーチストが在りますが
honorには更にフォルダ毎に表示する事が出来
これは意外と重宝しそう

音の方は再生環境の違いと個人の好みも在るので
機能の方で比較しますと
honorにはdts Sound
WALKMANにClearAudio+が入っていて
好みでON/OFFを切り替えれます

どちらも迫力のある低音と高音の再生をしています

ただしhonorで出来るのはここまで

WALKMANではClearAudio+をOFFにすると
サラウンドエフェクトが使用可能になり
イコライザーやヘッドオン設定等使用できますが
基本ClearAudio+ON設定で使用していたので
ここまで設定使用した事は無かったです

サラウンドエフェクト設定画面
サラウンドエフェクト



honorの設定で良かったもしくはWALKMANには無い機能

フィルタ設定

再生時間を設定する事で
それ以下の短い曲を表示しなくなります

またスキャンするフォルダを指定することで
無駄な音楽ファイルがリストに表示されませんし
スキャン表示された曲を個別に非表示設定することも可能です

追記:honor6 の場合、内蔵の0(sdcard0)のMusicフォルダ内しかスキャンしません
  外付けでSDCard1を増設してそこに音楽ファイルを追加してスキャンしてもファイルは認識されませんでした
  つまり内蔵の空き容量分しか音楽ファイルは追加できませんのでご注意ください

 更に追記です
 その後Android5.1にすると外部メモリー内の音楽ファイルも認識するようになりました


音楽 設定


タイマー機能

単純に言えばスリープ機能
他のアプリを入れることでWALKMANでも可能ですが
こちらは単独で出来ます

音楽を聞きながら寝たい人は
任意に”10,20,30,60,90分”から設定し音楽アプリも終了します

歌詞表示

honorはIRCファイルを使用する事で
カラオケのような歌詞表示をする事ができます
歌詞表示

試しに一曲だけ導入したのですが
タイムタグをいちいち一曲毎再生しながら
タイミングに合わせてポッチっと入れるのは非常に面倒ですし
間奏中も歌詞の表示は先に進んでいってしまい
表示方法にも工夫が必要みたいで
めんどくさがりの吾輩には無理!!

iPodで歌詞表示には慣れていたので
歌詞表示機能だけでも欲しいので
タイムタグ無しで歌詞表示される設定でも良いかな

曲を追加したらアプリで
即!曲を登録するスキャンを実行できるので
スキャンするフォルダを指定出来ない
WALKMANの様にミュージックデータが更新されるのを
じっと待たなければならないような事は無く
ストレス無く曲を登録できます
2015年10月12日 (月) 20:52 | honor6 Plus | 編集 |
今後Xperia SO-03DやMacBook Proを
テザリングのhonor6 Plus へWi-Fi接続する機会が多くなると思います

でも今はテザリングの切り替えと接続に
手間がかかるので何か良い物が無いかと
早速”1クリック テザリング切り替え Android”で検索

検索リストの中から
テザリングON/OFFが目に止まりインストール
テザリングON/OFF


動作確認も兼ねて試しに使用してみると素晴らしい!

1クリックでWi-FiがON⇒OFFに切り替わりテザリングがOFF⇒ONに変更されました

更にこのアプリのすごいのは
テザリングに切り替わった時のWi-FiのON/OFF状態を記憶していて
テザリングをON⇒OFFにした時に
Wi-Fiの状態が元の設定に戻る!

先の例だと
1クリックでテザリングが終了し自動でWi-FiがOFF⇛ONの状態に切り替わりました

吾輩の求めていたドンピシャのアプリでした

2015年10月12日 (月) 16:53 | honor6 Plus | 編集 |
楽天モバイルのhonor6 Plusに乗り換えて早一週間

乗り換えと同時に購入したスマホに
ほぼアプリの移行も済みまして
通常は一台持ちで問題無くなりました


後は個人的にはこれまで
良い思いのしていない
ヤマダ電機モバイルのアプリは
予想通り移行に失敗しました

というか機種変更手続きで
アプリからどれだけ手続きのメールを送信しても
メールの返信がありません!

メールが届いたら
1時間以内に手続きをしろと案内にあるけど
16時間経過した今現在
複数送ったメールが一つも届いていません💢

”あなたのメール設定がおかしいのでは?”と
思われている方も居ると思います

その後も機種変更手続きをしても
 返信が無くあまりにもおかしいので確認してみると
 Gmailでフィルター設定していたのをうっかり忘れてましたm(_ _)m


でもマクドナルドのアプリも
同時に手続きしていて
こちらは問題無くメールも届き
変更手続きが完了しています

まぁヤマダ電機モバイルは
昔からセキュリティーが高いのか?
毎回機種変更やアプリを入れ替えたりしてから
店に行っても何らかの手続きが発生してしまい
店長を呼んでもらったいざこざも在ります💦



ちょっと脱線しましたが
今日はちょっと気になっていた通信速度規制
「高速通信切り替え機能」を使ったYahoo!カーナビ使用の確認をしました

今年の春に「楽天モバイルSIMアプリ」に高速通信切り替え機能追加された事で
この機能を使い高速通信をオフにすると
契約プランである高速通信容量を消費せず節約することが可能となります

そこでまずhonor6 Plusをテザリング設定にして
これまで使用していたXperiaSO-03Dでhonor6 PlusにWi-Fi接続して
XperiaSO-03DでYahoo!カーナビを使用してみました


片道5キロ程のちょっとした用事で
行きは高速通信ONの状態
帰りは高速通信OFFで使用しました

行きに使用した通信量は2MB
行き2MB

帰りは高速通信OFFに切り替えても使用量は2MBの表示のままでした

確かにこれなら今後通信量を心配せずにYahoo!カーナビを使用できます
帰り0MB
2015年10月11日 (日) 14:16 | honor6 Plus | 編集 |
Honor 6 Plusの音楽アプリは使いづらいです

特にプレイリストの作成には
コツが有りちょっとめんどくさいです


そこで前日に引き続き
CWMを使用して
今日はWALKMANをインストールしてみました
CWM WALKMANインストール


使用したファイルは
galaxyでの起動報告が在った以前にダウンロード済みの
Sony_Xperia_Z_Walkman_by_Ravi.zipを使用してみました

インストールはエラー表示も無く問題なかったのですが
こちらもWALKMAN起動中に問題が発生したという事で駄目でした

残念

これは今まで使用していたスマホのWALKMANを
そのまま再生機として使用した方が良さそうです
2015年10月11日 (日) 02:06 | honor6 Plus | 編集 |
先日購入した
楽天モバイル honor6 Plusですが
今一つ解らない設定も

ふと見たこのページは
購入6日目でまだまだ知らなかった便利な設定が
あったことを思い知らされたページでした💦

楽天モバイル honor6 Plusを買ったら設定しておきたい10のこと

この10の内
知らなかった便利な設定は以下の通りで
早速設定しました

3)ダブルタップで画面をオンにする

 購入した時に無料でついてきた純正レザースマートカバーだけど
 カバーを止めておく事が出来ないので
 カバーが何かの拍子で少しでも開く度に
 画面がONになりこれにはちょっとどうしたものかな〜と思ってました

 そこでこの設定に変更して
 カバーが開いても画面がONにならないようにしました


5)端末を伏せて着信音をミュート

 まぁこの設定と同時に
 ”耳に近づける”動作の設定でも着信音をミュートにしたので
 どちらかの動作をしたら着信音が消える様にしました

9)通知パネルのショートカットを並び替える

 ショートカットの位置を編集できるこれは機能は便利です

 多くのアイコンが並び
 うっかり編集のアイコンを見落としてましたので
 早速良く使う機能は上段に移動しました

10)ウルトラスナップショットをカメラ起動のみにする

 これはXperiaでもカメラボタン長押しで使用できた機能

 honor6 Plusではボリュームの下キーを2回押すのですが
 まだボタンの位置がXperiaと真逆でこの操作に慣れていて
 押し間違いが多くて困ったものです

 というか電源ボタンと音量ボタンの間を
 もう少し広くとって欲しかったかな

2015年10月10日 (土) 23:03 | honor6 Plus | 編集 |
以前使用していたPOBox Touchですが
Honor6 Plusに試しに入れてみました

入れてみたのは
POBox Touch 6.2そして6.3でして
どちらも駄目でした

POBox Touchを使用しようとすると
”問題が発生しました”との表示が出て強制終了します

まぁXperia用に調整されているzipファイルだったので仕方がありません

どなたかXperia以外で
POBox Touch 6バージョンを
インストールできる物ご存知ありませんか?
2015年10月10日 (土) 21:22 | honor6 Plus | 編集 |
honor6 Plusを購入してから
ゲームアプリもなんとか移動できて
やっと2台持ちから開放されました

そこで次は
気になっていたカメラのシャッター音です(要root

正確にはhonor6 Plusに
元々インストールされている音ファイルがダメダメで
気に入るものが全く無いので
シャッター音の無音化ついでに
これまで使用していた音ファイルもついでに入れちゃおうと思います



まずはシャッター音

日本向けの携帯電話やスマホは
カメラのシャッター音が基本消せない設定ですよね

楽天モバイルのhonor6 Plusも
日本向け仕様なので
きっとこの設定がしてあって
設定画面が出ないのだと予想して

そこでまずは
これまで使用していたXperia SO-03Dにも設定していた
system/build.propファイルの設定変更をしました

手順は過去のブログを参考にしてもらえば良いと思うので省きます💦


System Tunerでbuild.propファイルの
設定画面を開くとro.camera.sound.forcedの項目が
初期設定の状態から在りました
System Tuner ro.camera.sound.forced=1

この初期設定1を0に書き換えて
スマホを再起動

カメラを起動して設定画面を見るのだけど
シャッター音のメニューが現れてません

残念


そこで次の手です


もしかするとシャッター音ファイルを削除するだけでも良いのかもしれませんが
後で不具合が出るのも嫌なので
ファイル自体を無音化したファイルに置き換え
もしくはファイル名を変更します

システムファイル(/system/meia/audio/)を見てみると
honor6 Plusにはカメラ用のフォルダ自体が無く
カメラのシャッター音は画面のスクリーンショット音と同じでした

そこでcamera_click.oggファイルを無音化したファイルに上書き
もしくはファイル名を変更します
camera_click.ogg

これでカメラのシャッター音と画面のスクリーンショット音は
無音化されました



次にバッテリー残量が少なくなった時のアラーム音等

LowBattery.ogg
これまで使用していたお気に入りの声優さんによる音声に置き換え


次に着信音ですが
こちらは標準の音楽アプリからも指定できるので
まだ自由度が在るのですが
こちらもついでなので
過去にXperia等に入っていた着信音を集めた
お気に入りファイルを追加して終了しました
[READ MORE...]
2015年10月09日 (金) 21:35 | honor6 Plus | 編集 |
スマホの機種変更(SO-03D⇒honor 6 Plus)で
アプリの移行がうまく行かなかった”ねこあつめ”等
その為に現在テザリングで2台持ち状態

公式サイトには「現在、アプリ側ではデータの引き継ぎを行う方法はありません。」と
在りますのでしかたがないのですが💦

それでもこのまま2台持ちは辛いので
System Tunerを使用して(両方の機種とも要root化
前回失敗したのですが
再チャレンジして今回はうまく移行できましたのでメモも兼ねてます


移行後にこれまで使用していたスマホSO-03Dのねこあつめを起動した画面
ねこあつめ SO-03D

データと設定の移行が成功したHonor6 Plusのねこあつめ画面
ねこあつめ


データ保存の時間差のせいか
若干煮干しの数が違いますが
どうやら前回は操作を間違っていたみたいです💦

まずSystem Tunerを使用して(両方の機種とも要root化
これまで使用していたスマホのアプリをバックアップ

バックアップしたファイルをHonor6 Plusの
System Tunerで保存されている
同じバックアップファイルに上書き

その後System Tunerを起動して
バックアップファイルを選び復元の操作

その時にデータと設定のみの復元を選び実行します
System Tuner
(上画像はねこあつめの移行後に他のアプリの移行を実行した時に保存した画像です)

その後”成功しました”と画面に案内が出れば無事移行できていると思います

これでやっと2台持ちしなくてすみそうです

最後にこの方法で全ての環境のアプリ設定とデータの移行が保証されるものではありません
あくまでも成功例の一つであって
実行はあくまでも自己責任でお願い致します
2015年10月08日 (木) 23:59 | honor6 Plus | 編集 |
honor6 Plusが届いて4日目

届いた初日にアプリデータを移行したくて
いきなりrootを運よく取ることが出来て

rootを取った目的である
System Tunerでバックアップしてるアプリデータを
移行しようと試みたのですが
どうやらAndroidのバージョンが違うので
ファイル構成が違い失敗しました

追記;吾輩の操作が悪かったようでその後問題無く移行できました

その後は
アプリ自体で機種変更の手続きで移行できるものや
共有できるものは
そちらを利用しました

出来ないものは
データー入力で対応できるものは
ちまちまと暇な時にする事に

LINE、ほしの島のにゃんこは機種変更手続きで移行
にゃんこ 機種変更

ジョルテはジョルテのクラウドに登録して共有

ねこあつめは機種変更に対応していないので
困ったものです
追記:翌日移動に成功しました


旧スマホはWi-Fi専用になり
honor6 Plusをテザリングにして使用しています

最初テザリングをしても
接続が切れるので
MACアドレスを許可されたデバイスとして登録することでうまくいきました
テザリング

2015年10月05日 (月) 23:59 | honor6 Plus | 編集 |
ゲームアプリデータを移行したくて
BootloadeのUnlockと
CWMとSuperSUのインストールを実行しました

まずはHow to root Huawei Honor 6 Plusというページを参考にして
root化

しかしここで紹介されているRoot kitのバージョンが新しくなり
更にアプリが中国語表示で全く解らないまま実行!

途中何度かスマホが勝手に再起動しながら
進行ゲージが上がっていったんだけど
途中でスマホが起動途中にフリーズ

あ〜っ! 購入初日にまさかの文鎮化!?と思い
半信半疑で電源ボタン長押しで再起動したら無事起動しました💦

そこでこちらでは辞めて
How to Root Huawei Honor 6 Plus [FULL TUTORIAL]
参考に再実行

こちらはHuaweiの公式ページからbootloaderのロック解除キーをもらうので
まだ信頼出来ます
解除キー

画面のようにメニューから
智能手机>PE-TL10>S/N>IMEI1 を入力し
画像表示されているパスワードを入力し
最後にグリーンの提交アイコンクリックで
解除キーが表示されます

S/NとIMEI1はHonor 6 Plusの購入した箱裏に在ります

解除キーをメモって後は
紹介されているページを参考に進めていきます

吾輩は無事成功しました
アンロック



進行中の画面を見ると
EMUI3.1もリストに在ったので
もしかするとすでにAndroid5.1にも対応しているのかもしれません


Honor 6 Plusの開発者向けオプションは
最初表示されていませんので
まず端末情報を表示してビルド番号を7回タップすると表示されるようになります
端末情報

ここでUSBデバッグ>デバッグモードを有効にします


CWMの表示は
再起動しボリューム大キー と 電源キーの長押し
楽天モバイルのアイコン表示後に画面が切り替わるとキーを離します

SuperSU画面
SuperSU

CWMで早速バックアップ
CWM バックアップ


CWMでバックアップが取れたので
もしかするとこれで文鎮化して
楽天ROMが無くても国際版を一度入れて
起動できなくても
BootloadeのUnlockと
CWMをインストールできれば
CWMで復活できるんじゃない?って安易に考えてる吾輩

最後に自己責任で実行してくださいね
2015年10月05日 (月) 19:07 | honor6 Plus | 編集 |
先日注文しました
楽天モバイル Huawei honor6 Plusが
仕事から帰ると予定通り届いてました
honor6 外箱

右が端末本体が入った箱で
左は期間限定で無料で付いてきた本体と同色のレザーケースです

電話機能以外で一番使用していると思う写真機能で
Wレンズというのに魅せられたのと
やはり端末が通常の半額は美味しかったです

更に分割手数料無しなので24回払いにしました

中には端末本体とUSB充電ケーブルと充電用のUSB ACアダプタ(出力 DC5.0V 2.0A)
そして端末の表と裏に貼る傷防止フイルムが入っていました
箱の構成

箱の中身

SIMカードをセットして早速設定

事前に今まで使用していた端末に
以下の設定をしてバックアップ

”設定”>”バックアップとリセット”で
Googleアカウントを登録し
データのバックアップと自動復元

新たな端末も同様の設定をすると
Google Play経由で
アプリケーションのインストールが自動で開始されます

実は初のスマホの機種変だったので
これでアプリのデータも移るものだと思っていたのですが
電話帳などのデータはコピーされるけど
ゲーム等のアプリデータは移りませんでした

そこでSystem Tunerを使用して
アプリの復元を試したのですが

honor6 Plusのrootを取っていないので
復元を実行してもGoogle Playからアプリを新たにダウンロードして
インストールするだけ

そこでAndroid5.1にどうせアップデートされるので
最初はしない予定だったroot化をすることにしました

続く